LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【モクシー大阪新梅田】修行Ⅵ、斬新過ぎる新鋭マリオット系ホテル(前編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

マリオット修行は続く・・・。

一部重複利用は割愛。

 

とにかく連泊を避け、最安日を狙い

地域クーポン等を併用するそれが

定石の現代ホテル修行。

 

そして今宵お世話になるのが

お初となりますモクシーシリーズ。

 

www.marriott.co.jp

 

マリオット系でも

異色のカラーを放つこのホテル。

1階外観をみてこの異端児。

 

f:id:tetsu7906:20200918164500j:image

 

近づいてみればそもそもホテル?

ホテルだけどホテル業に

ばりばり重心を置いている感じではない。


f:id:tetsu7906:20200918164525j:image

 

それは一歩足を踏み入れればすぐにわかる。

イケイケの音楽が玄関であなたを迎え入れる。

そしてそこには昼はカフェ。夜はバー

に化けそこにホテルがある。


f:id:tetsu7906:20200918164559j:image

 

そうつまりチェックインですと、

明確に言わないと何の客かわからない。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この手のタイプは確かに

弾丸アメリカ・ニューヨーク

経験したスタイル。

ミラーボールの回るエレベーター。


f:id:tetsu7906:20200918164518j:image

 

ゴールドレベルながら

最上階ご用意していただけました。


f:id:tetsu7906:20200918164618j:image
f:id:tetsu7906:20200918164602j:image

 

なんとも異国感のある部屋の扉。


f:id:tetsu7906:20200918164635j:image

 

扉を開けるとさらなるオーラ。

おもしろい。ユニークというのが

適切であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164507j:image

 

水回りは浴槽無しのシンプル構造。

 

 

 

 

難波のマリオット

このあたりは同種のライバルか。


f:id:tetsu7906:20200918164607j:image

 

マリオットでありながら

ホステル的要素があって

「必要なものはフロントに

あるのでご用命を。」と言うスタイル。

新マリオットスタイルと言っていいか。


f:id:tetsu7906:20200918164615j:image

 

モクシーブランド。


f:id:tetsu7906:20200918164503j:image

 

客室もやや狭いというのが本音。

通路が何しろせまい。

ただこのホテルの特徴は1階にある。

おそらくホステル的ステイの要素

入っているのであればここで過ごす時間は

極めて短い。したがってそれほど

問題になる要素ではない。


f:id:tetsu7906:20200918164528j:image
f:id:tetsu7906:20200918164552j:image
f:id:tetsu7906:20200918164657j:image

 

窓の外を眺めれば

梅田らしい景色が一望できる。

交差点にたっている最大の特権であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164439j:image

 

そして出来立てほやほやホテル、

テレビがすこぶる巨大。

大して左下の黒い英文字の箱。

これ冷蔵庫。


f:id:tetsu7906:20200918164429j:image

 

おそらく旅慣れた人、そしてホテル全体で

過ごすことに目的とした人には

しっくりハマるスタイルである

とわかってくる。


f:id:tetsu7906:20200918164510j:image

 

狭い分、窓が近い。その迫力。

ホテル設備の案内もA4の一枚用紙にパウチ。


f:id:tetsu7906:20200918164432j:image

 

客室の椅子はこんな感じ。

一応言っておくとシンプルにこのホテルは

1室1泊1万円。

(感覚的には使いこなせないと高い。)


f:id:tetsu7906:20200918164425j:image

 

そしてちょっと変わっているのが

テレビの選曲。

ブルームバーグCNA

(チャンネルニュースアジア)


f:id:tetsu7906:20200918164623j:image

 

ではこの奇抜なルームキーをもって


f:id:tetsu7906:20200918164638j:image
f:id:tetsu7906:20200918164701j:image

 

お出かけ。


f:id:tetsu7906:20200918164632j:image

 

このホテルの売り、それは繰り返す

1階共有(フリー)スペースにある。

フロント兼バー&カフェ。


f:id:tetsu7906:20200918164521j:image

 

こちらは宿泊者専用のコーヒーメーカー。

これがある分、客室には

何も設置されていない。


f:id:tetsu7906:20200918164436j:image

 

広々快適なカフェが滞在中自由に使える、

そこにこのホテルの真価がある。


f:id:tetsu7906:20200918164629j:image

 

1階まるまる使っていて

ところどころ雰囲気が異なるのも

利用者を飽きさせない。


f:id:tetsu7906:20200918164555j:image

 

白馬でみたようなダミーの暖炉があったり

ロングソファーもあれば

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

個人用のハイチェアー等々。


f:id:tetsu7906:20200918164548j:image
f:id:tetsu7906:20200918164544j:image

 

照明やインテリア、見ているだけでも

好きな人には楽しい空間であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164610j:image
f:id:tetsu7906:20200918164514j:image

 

そんなこんな思い思いの時を過ごしている間にじわじわと日が暮れてくる

 

f:id:tetsu7906:20200918165005j:image

 

またその味わいも変わってくる。


f:id:tetsu7906:20200918165018j:image
f:id:tetsu7906:20200918165037j:image

 

客室の窓から見る景色も徐々に

都会の夜景へと。


f:id:tetsu7906:20200918165001j:image

 

とこうなるわけで、すごく小技演出

効いた素敵なホテル

ここにはありました。


f:id:tetsu7906:20200918165033j:image
f:id:tetsu7906:20200918165021j:image

 

ピンクのネオンを看板に出すなんて。


f:id:tetsu7906:20200918165029j:image

 

話少しそれまして晩飯の調達。

 

www.hotelwbf.com

 

それがこちら。

WBF仕入れた

クーポン消化していきたい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ということでこちら梅田・福島エリア

居酒屋さんのお弁当に注目するそれも夜弁!

 

www.hotelwbf.com

 

新福島駅の南側にある

ちょっと入り組んだ路地のなかにひっそりと

佇む文字通り晩酌食堂。


f:id:tetsu7906:20200918165009j:image

 

ディナーを調達して我が家へ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

「なんだこれはマカオのカジノか!?」

的なオーラに変わっている。


f:id:tetsu7906:20200918165014j:image

 

その居酒屋さんの夜弁!


f:id:tetsu7906:20200918165025j:image

 

お値段ぴったりぽっきり1000円

「本日の焼き魚弁当。」

 

f:id:tetsu7906:20200918165124j:image

 

おいしく無いわけがありません。

先日紹介のこのクーポンもちろん

1000円以下のコストで仕入いるので

これよりお安くいただいてるのです。

 

ちなみにTAKE OUTでしたが店内の店員さん

雰囲気すごく良かったです。

それがこのお弁当のお味に間違いなく

反映されているわけである。


ちょっと長々となって参りましたので

一端こちらで絞めて

 

続・後編と~~~

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港】マリオットプラチナ修行Ⅴ(後)~ボーイング×朝ラン~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

もうだいたい見慣れてきた

この手の国際線出発案内。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200918053623j:image

 

ちょっと空港の様子を伺いにいってみる。

なんとなく駅から1タ。

その道のりなんとなく似てる?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そろそろ世界レベルの鎖国

はじまって半年オーバー禁断症状か。

 

f:id:tetsu7906:20200918053711j:image

 

左半身は完全にマヒしてます。

別にここに限った話ではないがそれでいて

2タを使う意味ってなんなんだろ

空港運営会社。


f:id:tetsu7906:20200918053635j:image

 

扉は、かたくかたく閉ざされておりました。


f:id:tetsu7906:20200918053631j:image

 

街のじゃなくて空港の本屋さん

こんなコーナーが出来上がっていました。


f:id:tetsu7906:20200918053626j:image

 

デッキに足を運ぶとさ先程降臨してきた

がなんと2機仲睦まじく並んでいる。


f:id:tetsu7906:20200918053616j:image

 

ご自宅のシアトルでお目にかかったときも

並んでおられたのがつい先日のことのように

思う今日この頃。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

やっぱり製造業の街という証明。


f:id:tetsu7906:20200918053613j:image

 

対岸には結構な観光地がずらり並び。


f:id:tetsu7906:20200918053620j:image

 

この海に向かって張り出した部分。

日本で一番、飛行機好きに優しい

ビュースポットを提供している空港

なのではないでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200918053610j:image

 

さてもうは過ぎたか。

セントレアと言えばのあれ。

 

f:id:tetsu7906:20200918054352j:image

 

それは2タに向かう道中にある。


f:id:tetsu7906:20200918054434j:image

 

飛行機のテーマパーク

「FLIGHT OF DREAMS」

 

flightofdreams.jp

 

ちなみに本場シアトル

Future of Flight

 

www.boeingfutureofflight.com


f:id:tetsu7906:20200918054535j:image

 

わざわざ遠くしてエスカレーターつける

コスト意識がどっちに向いてるのか

もはや誰にもわからない


f:id:tetsu7906:20200918054526j:image

 

到着。

1タから10分ではたどり着けません。


f:id:tetsu7906:20200918054441j:image

 

なんとなくシアトルオーラ

でているような気がする。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200918054423j:image

 

試作機が眠っております。

インド帰りANAに見せつけられた

RRエンジン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200918054603j:image

 

美しき主翼のカーボンのしなり。

 

f:id:tetsu7906:20200918054639j:image
f:id:tetsu7906:20200918054634j:image

 

最近なんか問題あった?水平の方の尾翼。

いつきても夜景モードの映え映えスポット

として君臨しております。

撮影は万民にプライスレス!

f:id:tetsu7906:20200918054457j:image

 

一応沖止めなので

地上からも見上げられます。


f:id:tetsu7906:20200918054445j:image

 

ストアもあるが・・・。

本家のあの安売りっぷりを見るとどうも

買う気になれないこれは仕方ない・・・。


f:id:tetsu7906:20200918054454j:image

 

一応さらに奥5分ほど。やっと現れる2タ。

これは完全に関空・成田よりタチが悪い。

といっていいターミナル認定です!


f:id:tetsu7906:20200918054606j:image

 

そしてどうやらさらに

奥のダンジョンが残されている模様。

正直極力避けたいセントレアの2タと

言わざるを得ない。


f:id:tetsu7906:20200918054529j:image

 

黒の案内板上にちらりと

見えているのがお宿シェラトン


f:id:tetsu7906:20200918054431j:image

 

15分ほどかかるか・・・。

圧倒的に窓数で非、密です。


f:id:tetsu7906:20200918054417j:image

 

目の前には海上保安庁巡視船?


f:id:tetsu7906:20200918054437j:image

 

ナイトモード

言わずもがな雰囲気よし。


f:id:tetsu7906:20200918054420j:image

 

「DEL」インド・デリー

本当に行っておいてよかった

と言える時代になってきた。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

行先表示のお品書き


f:id:tetsu7906:20200918054402j:image

 

バー営業おこなっておりました。


f:id:tetsu7906:20200918054406j:image

 

ハッピーアワー半額に乗じて


f:id:tetsu7906:20200918054358j:image

 

お部屋でいただく。


f:id:tetsu7906:20200918054521j:image

 

良き眠りに就き

 

特茶を流し込み脂肪燃焼モードそれを

 

朝ランという。


f:id:tetsu7906:20200918054532j:image

 

半島に上るを確認して


f:id:tetsu7906:20200918054451j:image

 

いざ人工島ランのはじまり!


f:id:tetsu7906:20200918054548j:image
f:id:tetsu7906:20200918054554j:image

 

www.youtube.com

  

概ね走行可能ルート一周して

6km それがこの島で解放されたエリア


f:id:tetsu7906:20200918054545p:image

 

あとはいつものことながら


f:id:tetsu7906:20200918054706j:image

 

じっくりアフター。


f:id:tetsu7906:20200918054428j:image

 

今回は2F階「evolution」にて

モーニング付きケア&イート


f:id:tetsu7906:20200918054355j:image
f:id:tetsu7906:20200918054551j:image
f:id:tetsu7906:20200918054413j:image

 

広い、綺麗、おいしい。

お替りはお好きなだけ。

それ以上に説明は不要です。

 

完璧です!!


f:id:tetsu7906:20200918054410j:image
f:id:tetsu7906:20200918054558j:image

 

これがホテルステイ朝ラン

コラボさせる最大の理由


f:id:tetsu7906:20200918054541j:image

 

プラチナ修行

 

NEXT!!

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

【フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港】マリオットプラチナ修行Ⅴ(前)~ドリームリフター~

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

「プラチナ修行の第5弾。」

 

空旅専門だったはずが今や

をはって進んでおります

ふとを見上げてみれば・・・

 

なんと!

 

f:id:tetsu7906:20200915063328p:image

 

「5Y4316便(747)」

怪しげな4発機!

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

懐かしの

エバレットから遥々会いにきてくれました。(妄想)

 

ということで独占企業地元の雄、

名鉄でアクセス。

おじいちゃんと孫の関係でしょうか。


f:id:tetsu7906:20200915063353j:image

 

もはやT2サイドが主要のような書きっぷり。


f:id:tetsu7906:20200915063504j:image

 

ターミナルを割るほど

乗り入れ航空会社が多くもないような。

ま、時代の流れって奴でしょうか。


f:id:tetsu7906:20200915063344j:image

 

東に向かって少しあるく。

見えてくる異色のタイプのマリオット系。

(その他付近は何とかインビジネス系がずらり。)


f:id:tetsu7906:20200915063411j:image

 

さっそくエンターテメント的要素

浴びせてくる期待値は高い。


f:id:tetsu7906:20200915063407j:image

 

フロント。ひとこと

 

素晴らしい・・・。

 

ちなみにこちらのお宿、朝食付きで1万少々

GOTO補助により6800円ほどのお支払い。

マリオットより3800ポイントバックにより

 

 

概ね3000円

に本気の朝食がついている。

近所の何とかインに泊まる理由がない。

 

このポテンシャルを持ったマリオット系が関空にも

欲しい!という小言


f:id:tetsu7906:20200915063537j:image

 

独特のオーラを発してます。

古き良き大航海時代、西洋の港町的な雰囲気?

あってますでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200915063404j:image

 

その流れを絶やすことなく

客室へ引き継がれる。


f:id:tetsu7906:20200915063415j:image

 

色調もきっちり合わせてきます。


f:id:tetsu7906:20200915063507j:image

 

白のタイル張りの空港ホテルとは思えない

バス・トイレ別の贅沢空間。


f:id:tetsu7906:20200915063443j:image
f:id:tetsu7906:20200915063338j:image
f:id:tetsu7906:20200915063318j:image
f:id:tetsu7906:20200915063540j:image
f:id:tetsu7906:20200915063357j:image

 

再びお部屋へ。

客室はスタンダード以上スイート以下の

 

「プレミアム」

 

www.marriott.co.jp


f:id:tetsu7906:20200915063452j:image

 

しいて言えばほぼ最上階なのですが

どの角度をみてもあまり元気のない海が

見えるかなといったところ。

ただそれを十分カバーする

センスが光っているのは間違いない。


f:id:tetsu7906:20200915063433j:image
f:id:tetsu7906:20200915063401j:image
f:id:tetsu7906:20200915063333j:image
f:id:tetsu7906:20200915063511j:image
f:id:tetsu7906:20200915063418j:image

 

テレビ・デスクまわり。

お笑い風に言えばクセ。本気で例えれば

拘りのこもったつくり。


f:id:tetsu7906:20200915063447j:image

 

通路及び扉もこんなしゃれーた照明。


f:id:tetsu7906:20200915063440j:image

 

エレベーターフロア。


f:id:tetsu7906:20200915063514j:image
f:id:tetsu7906:20200915063313j:image

 

常滑×飛行機」

をさりげなく盛り込んでいる

見ごたえのあるホテル。


f:id:tetsu7906:20200915063459j:image

 

2階レストランフロアからの眺め。


f:id:tetsu7906:20200915063456j:image

 

今回は利用なし。というより

みながら鍛えられるジム。


f:id:tetsu7906:20200915063533j:image
f:id:tetsu7906:20200915063324j:image

 

ショップもフロントと兼用で

営業されています。


f:id:tetsu7906:20200915063529j:image

 

このホテルは某有名アミューズメントパークの

直営ホテル的なやつの空港版

といっていいと思われる。

旅情を掻き立てる素晴らしい要素が

たくさんつめこまれてる。

他のシェラトン系にはない

斬新さがたくさんある。

 

というのが感想。


f:id:tetsu7906:20200915063321j:image

 

ロビーには当然の着発案内。

見ると悲しくなるのでほどほどに。


f:id:tetsu7906:20200915063421j:image

 

バーと併設したフロントがあるのが

流行りと言うか

インバウンド向けの鉄則だったのでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200915063341j:image

 

ではせっかくなので

空港内ぶらり

 

続ける。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

【シェラトン都ホテル大阪】マリオットプラチナ修行Ⅳ~コスパ最強のシティホテル

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

とあるアンバサダーさんの

発見により爆発的人気を誇る

こちら上本町にあるホテル。

 

f:id:tetsu7906:20200914093359j:image

 

近鉄のためのホテル

と言っても過言ではない。

なんとも歴史のありそうな

旧式シェラトンホテル。

 

www.miyakohotels.ne.jp

 

 

先にお支払い内訳をざっくり。

 

総額1泊15000円

プラス宿泊税100円お支払い。

 

GOTOの恩恵で9915円へ。

そこに1000円の喫茶券プラス

大阪いらしゃい2500ポイント

締めにマリオットから4471ポイント

(※1000円の喫茶券はSPGにより20%オフの力を発揮するため事実上1300円近い食事券へ)

 

これをすべて総額から取っ払うと

1600円ほどで

宿泊していることになる。

 

もちろんレートチェックアウトに

ツインへのアップグレード?も適用される。

というプラチャレである。

 

続ける。


f:id:tetsu7906:20200914093406j:image

 

門構えもなかなか渋い。


f:id:tetsu7906:20200914093342j:image

 

エントランスエリアも

クラシック、アダルトな感じ

という表現が適切か。


f:id:tetsu7906:20200914093345j:image

 

シェラトンというより都ホテル的イメージの

方がしっくりくるのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20200914093423j:image

 

中2階?には喫茶店

これがこの旅プランに含まれる

お食事券1000円分(1300)利用箇所。


f:id:tetsu7906:20200914093403j:image

 

フロアはこんな配置。

まぁ様々な施設が入り込んでいる

と言った感じ。

 

残念ながら最上階トップオブミヤコ

その時臨時休業中。


f:id:tetsu7906:20200914093339j:image

 

チェックインを済ませ客室へ。


f:id:tetsu7906:20200914093352j:image

 

客室も少し年代を感じるものの

色合いスペース。申し分なくゆとりある

シティホテルといった感じ。


f:id:tetsu7906:20200914093416j:image
f:id:tetsu7906:20200914093355j:image

 

アメニティシェラトンブランドながら

原産国はほぼ中国製。


f:id:tetsu7906:20200914093413j:image

 

強いてポイントにあげるなら

バスソルトが置かれているところか

 

welco.co.jp


f:id:tetsu7906:20200914093349j:image

 

窓の外は異国情緒あふれる景色が

広がっている8階コンフォープレミアムツイン

客室一覧 | シェラトン都ホテル大阪 | 大阪


f:id:tetsu7906:20200914093426j:image
f:id:tetsu7906:20200914093420j:image
f:id:tetsu7906:20200914093409j:image

 

お食事はいわゆるデパ地下

徒歩30秒のところにある。

近鉄のB1floor

 

f:id:tetsu7906:20200914093554j:image

 

大抵のものはここで調達できる。


f:id:tetsu7906:20200914093551j:image

 

イカ焼きを添えたら

それっぽくなる質素な晩御飯。


f:id:tetsu7906:20200914093546j:image

 

ということでシティで万全の体制をつくって

 

翌早朝、走る。

 

それ旅ラン(早朝)

 

 

スタート地点は環状線をつかって

大阪城公園へ。

内回り2番列車で鶴橋より到着

 

f:id:tetsu7906:20200914094757j:image

 

外堀から攻め行くのが城攻めの基本です。


f:id:tetsu7906:20200914094719j:image

 

城内へじわりじわりと詰め寄っていく走路。


f:id:tetsu7906:20200914094730j:image

 

コロナ。SDは完璧!

体にも優しい民度の高い事を証明する

朝の城前体操!

「上質の朝を迎える人々には隙はない。」

という


f:id:tetsu7906:20200914094754j:image

 

城の裏手に回り込み。


f:id:tetsu7906:20200914094750j:image

 

初代城主の嫁、子供

最後の無念に祈りを捧げ。


f:id:tetsu7906:20200914094743j:image
f:id:tetsu7906:20200914094726j:image

 

真夏の大阪のど真ん中、

こんなに緑があれば

絶対的気温は測定不能となるのわけであって。


f:id:tetsu7906:20200914094733j:image

 

ぐるりぐるぐると走り抜ける

大阪城RUN ということで動画へ・・・。

 


大阪城RUN


f:id:tetsu7906:20200914094712p:image

 

番外編ですが

地下1階フィットネスもやってます。

ただし・・・。

 

f:id:tetsu7906:20200914095501j:image

 

マスク必須の営業時間は8時ー20時。

スタッフも絶対常駐の中の走行となります。


f:id:tetsu7906:20200914095516j:image

 

マシンやドリンク


f:id:tetsu7906:20200914095512j:image

 

設備は最強なので


f:id:tetsu7906:20200914095520j:image

 

上本町にいながら

ニューヨークマラソンにも参加可能!


f:id:tetsu7906:20200914095505j:image

 

YouTubeを併用しながら

室内で30分ほど走りきると

マスクが悲惨なことになります・・・。


f:id:tetsu7906:20200914095508j:image

 

あとは早起きの遅めのランチ


f:id:tetsu7906:20200914094740j:image

 

コミコミ喫茶券を利用


f:id:tetsu7906:20200914094722j:image
f:id:tetsu7906:20200914094716j:image

 

セットメニューが充実、

パン屋さんケーキ屋さんも兼ねてます。

そしてありがたいゴールド会員でも2割引き


f:id:tetsu7906:20200914094800j:image

 

カレーセットにモンブラン

押し込んでみる。


f:id:tetsu7906:20200914094709j:image

 

カリカリのパンをカレーにつけて食べる。

それがシェラトン大阪・カフェベルスタイル

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

決してスタンディング50円カレー

とはわけが違う。

そんな時代が再び訪れる事を切に願う。


f:id:tetsu7906:20200914094736j:image

 

ということで


f:id:tetsu7906:20200914094746j:image

 

 撤収!

 

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

【ウェスティンホテル淡路】プラチナ修行第3箇所目~極上のリゾート~(朝ラン×ぶらり編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

毎度のことながらワークマンランスタイル

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

準備万端の早朝起床!

 

f:id:tetsu7906:20200913214158j:image

 

こちらのホテル

2002日韓W杯

イングランド代表が合宿拠点にしたホテル

 

ということで実は1階のエスカレーター裏に

こんな素敵なものが展示されている。


f:id:tetsu7906:20200913214305j:image

 

ベッカムのサインだけ

特別にテプラシールで強調。


f:id:tetsu7906:20200913214223j:image

 

ややスタート出遅れ海岸沿い北上していく。


f:id:tetsu7906:20200913214146j:image

 

日の出飛行機雲のコラボ。


f:id:tetsu7906:20200913214206j:image

 

瀬戸大橋手前では

すでに日はのぼりきっており。


f:id:tetsu7906:20200913214151j:image

 

往復5kmオーバー。

相変わらず鋭いボディのホテルへ

 
f:id:tetsu7906:20200913214219j:image

 

それではダイジェストムービーを↓↓↓

 


淡路島RUN(海)

 

バルコニーがあれば生活できます。

海岸ランを終えて軽く洗濯。

 

f:id:tetsu7906:20200913215847j:image

 

窓ガラスにホテル名は

そのブランド力の強調証明。


f:id:tetsu7906:20200913215854j:image

 

もはや気分的には

淡路島もホノルルも変わらない。


f:id:tetsu7906:20200913215819j:image

 

日中少しおでかけ連泊です。


f:id:tetsu7906:20200913215905j:image

 

気合と根性、真夏の淡路。

南へ歩いてみる。


f:id:tetsu7906:20200913215827j:image

 

少しガスっていて残念ながら

対岸の関空は拝めない。


f:id:tetsu7906:20200913215919j:image

 

帽子があれば海風を感じながら

汗ばみながらも歩けぬことのない気候。


f:id:tetsu7906:20200913215858j:image

 

浦県民サンビーチ。

 

www.awajishima-kanko.jp


f:id:tetsu7906:20200913215813j:image

 

数人の人々が海風に当たっておられます程度。こんな欧米風な建物もあるにはあります。


f:id:tetsu7906:20200913215909j:image

 

南国オーラMAXなのです。


f:id:tetsu7906:20200913215843j:image

 

この島にはどうやらバスの他に

UBERという選択肢があるようで。

 

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20200913215913j:image

 

そう淡路島のと言えばこちらたまねぎ。「道の駅東浦」

 

www.awajishima-kanko.jp


f:id:tetsu7906:20200913215916j:image

 

こういうの惹かれてしまうたちでして。


f:id:tetsu7906:20200913215832j:image

 

タコとタマネギの島

といっても過言ではない。


f:id:tetsu7906:20200913215822j:image

 

お近くに回転ずしがありましたので。


f:id:tetsu7906:20200913215807j:image

 

ランチがてら立ち寄ってみる。


f:id:tetsu7906:20200913215924j:image

 

「金太郎」

と言う名のチェーン店らしい。

 

r.gnavi.co.jp


f:id:tetsu7906:20200913215851j:image

 

ぐるなび赤だし無料をつけて700円少々


f:id:tetsu7906:20200913215839j:image

 

特に当たり障りのないおいしいお寿司でした。という感想。

ということで今宵も

海から山にかけて月が沈むそのさまをみて

 

就寝。


f:id:tetsu7906:20200913215836j:image

 

ほんとうに上質な時間であることはもちろん

上質な場所といってもいいでしょう。


f:id:tetsu7906:20200913215901j:image

 

3日目再び、朝ランタイム。

 

f:id:tetsu7906:20200913223902j:image

 

本日は海ランから

山ランへ切り替えていく。


f:id:tetsu7906:20200913223609j:image

 

この島の北部全体像が見渡せるその場所それが


f:id:tetsu7906:20200913223914j:image

 

その名の通り淡路島公園内にある

展望広場。

 

記載の通りイノシシのファミリーと

すれ違いました。


f:id:tetsu7906:20200913223839j:image

 

本日のご来光遅れてなんとか

山頂に到達。


f:id:tetsu7906:20200913223630j:image

 

太陽が大きく感じる。


f:id:tetsu7906:20200913223851j:image

 

島が小さいのか?橋が大きいのか?

瀬戸大橋を独占眺望。


f:id:tetsu7906:20200913223829j:image

 

こっちの島から見るとなんとなく

優越感があるのは気のせいだろうか。


f:id:tetsu7906:20200913223612j:image

 

干しタマネギがぶら下がる

家屋をみながら帰り道。


f:id:tetsu7906:20200913223928j:image

 

そして

本日はこちら極上リゾートとの

お別れの日。


f:id:tetsu7906:20200913223836j:image

 

レートチェックアウト14時

そのお別れの時まで

異国のマラソンランナーの走り、

人生に共感しながら残りの時を楽しむ。


f:id:tetsu7906:20200913223910j:image
f:id:tetsu7906:20200913223622j:image

 

本当にリラックスできる、

そしてアクセス抜群の

素晴らしいリゾートホテルだということが

わかりました。


f:id:tetsu7906:20200913223944j:image

 

感謝の意を示して


f:id:tetsu7906:20200913223633j:image

 

立ち退く


f:id:tetsu7906:20200913223906j:image

 

チェックアウト。


f:id:tetsu7906:20200913223923j:image

 

ちなみに参考ながら


f:id:tetsu7906:20200913223847j:image

 

こちらスパアメニティ商品売店ににて


f:id:tetsu7906:20200913223615j:image

 

絶賛発売中。そのお値段は

お値段であると申し上げまして


f:id:tetsu7906:20200913224021j:image

 

お世話になりました。

少しだけイングランド代表気分になれました。


f:id:tetsu7906:20200913224028j:image

 

撤退路もちょっとついでに

それは地元の足、路線島内バス、

なんと1乗車500円。1日券1000円

北の港、岩屋へ。


f:id:tetsu7906:20200913223619j:image

 

高速船で13分。

ここから対岸明石までの船代530円。


f:id:tetsu7906:20200913223843j:image
f:id:tetsu7906:20200913223931j:image


f:id:tetsu7906:20200913223826j:image

 

高速船


f:id:tetsu7906:20200913223626j:image

 

オープン席の2階はどうやら貸し切り。


f:id:tetsu7906:20200913223940j:image

 

スーパーコロナ対策船。


f:id:tetsu7906:20200913223919j:image

 

橋見下ろし、橋をくぐる。

そして立ち去る淡路。


f:id:tetsu7906:20200913223832j:image

 

そんな

価値あるプラチナ修行のお話。

 

終わり。

 

【ウェスティンホテル淡路(グランドニッコー淡路)】プラチナ修行第3箇所目~極上のリゾート~(アクセス概要編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

最近の高級ホテル

GOTOやら地域クーポンやら

旅行会社クーポンやら

ホテル独自のポイントやら・・・

 

 

もはやいくらで売られていても

違和感がない

なんでもありな世界になりつつあるそんな中。

 

今宵もとある高級ホテル

修行を兼ねて宿泊する。

 

まずは修行僧の基本、食料の調達。

 

f:id:tetsu7906:20200909083103j:image

 

「スーパーマルハチ」

 

www.supermaruhachi.co.jp

 

キャッチフレーズが

「食のライフライン

なんとも頼もしい。

 

そして海の向こうの

離島へこの世界最大のつり橋で渡る。


f:id:tetsu7906:20200909082929j:image

 

一応。高速バスに乗車。


f:id:tetsu7906:20200909082848j:image

 

太陽が近い。そんなバス乗り場。


f:id:tetsu7906:20200909082839j:image

 

琵琶湖より少々面積は劣るものの

それぐらいの規模を誇る島

 

淡路島。


f:id:tetsu7906:20200909082551j:image

 

北部のほんの一端のエリアへ向かうのである。


f:id:tetsu7906:20200909082830j:image
f:id:tetsu7906:20200909082925j:image

 

20分も乗車しただろうか。

明らかに。

リゾート感を全面にだした場所で降車。


f:id:tetsu7906:20200909082610j:image

 

「THE WESTIN」

(※現グランドニッコー淡路10月1日リブランド、以下ウェスティンのまま表記

 

www.westin-awaji.com


f:id:tetsu7906:20200909083002j:image

 

錚々たる都市の時刻の刻まれたフロント、

しかし99.9%日本人のご利用

非インバウンド現代ニッポン。

 

www.americanexpress.com

 

ということで

一応高額お金で買ったエリート

チェックイン!


f:id:tetsu7906:20200909082623j:image

 

ヒマワリをグラスにさしちゃうあたり。


f:id:tetsu7906:20200909083106j:image

 

その客室

ワンランクお披露目のお部屋にUP


f:id:tetsu7906:20200909082619j:image

 

素敵やお部屋を通して

窓の外にが透けて見える。


f:id:tetsu7906:20200909082955j:image

 

コーヒーまたはお茶は

粉末固形ものをパラパラ

無しでいただけるタイプ。


f:id:tetsu7906:20200909082851j:image

 

これだけの奥行。


f:id:tetsu7906:20200909082822j:image

 

そしてなんといってもこのホテル


f:id:tetsu7906:20200909082949j:image

 

全室バルコニー付き。


f:id:tetsu7906:20200909082819j:image

 

会議場、海。そして空。

その他余計なものは視界に入らない。


f:id:tetsu7906:20200909082541j:image

 

こうやってよく見るとソファー入れてる分

ややツインベッド感が狭い。


f:id:tetsu7906:20200909082941j:image
f:id:tetsu7906:20200909082548j:image

 

設備だけで十分ぐっすり眠れそうな

オーラでてますがそのうえ

こんな気の効いた小技、ラベンダーバーム

 

心地よい眠り

 

サポートしていただけます。

ハイレベルアメニティ。


f:id:tetsu7906:20200909082908j:image

 

お水回りはこちら。


f:id:tetsu7906:20200909082616j:image

 

完全独立型

さすがに20年弱の歴史は否めないものの。


f:id:tetsu7906:20200909082921j:image

 

そんなものを一瞬でかき消す

スパアメニティがずらりと並ぶ

 

www.westin-awaji.com

 

隙のないホテル、

ウェスティン


f:id:tetsu7906:20200909082904j:image

 

やはりマリオット系列

別格な感じがひしひしと

伝わってきております。


f:id:tetsu7906:20200909082555j:image
f:id:tetsu7906:20200909083110j:image

 

なんだかここで何もしなくていい

それがホカンスであることを

証明する雰囲気。


f:id:tetsu7906:20200909082545j:image

 

国際電話の通話料一覧がございました。


f:id:tetsu7906:20200909082613j:image

 

さかさまですがこの先端がホテルの正面。

明らかに先端のお部屋がトップオブトップ。


f:id:tetsu7906:20200909082911j:image

 

部屋の扉を開けると

「夢舞台」が。


f:id:tetsu7906:20200909082932j:image

 

ぱっとみ古い団地にみえ、るはずがない。


f:id:tetsu7906:20200909083114j:image

 

つまりこんな建物になっている、

とあれを彷彿とさせる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

もちろんこの背後にあるのが


f:id:tetsu7906:20200909082917j:image

 

伝説の黄色?金色の扉。

 

www.westin-awaji.com


f:id:tetsu7906:20200909083009j:image

 

エレベーターフロア、

どうでしょうこの品格。


f:id:tetsu7906:20200909082936j:image

 

エレベーター内、

なんでしょうこの上品さ。


f:id:tetsu7906:20200909082946j:image

 

建物自体はこのような内容となっております。


f:id:tetsu7906:20200909082843j:image

 

想像を絶する

ブライダルin Westin


f:id:tetsu7906:20200909082952j:image

 

ちょっと見学してみる。


f:id:tetsu7906:20200909082834j:image

 

もはや日本とは言い難い雰囲気。


f:id:tetsu7906:20200909082825j:image

 

それもそのはず壁画には名画がずらり。


f:id:tetsu7906:20200909082959j:image

 

フロント横にはこんな

ゆるキャラ

ショップ前でお出迎え。

その名もRastin、

ポテンシャルは高そうな玉ねぎ帽子。


f:id:tetsu7906:20200909083006j:image

 

もうお気づきでしょう

こちらのホテルいやこのエリアの建物

 

安藤忠雄さん監修?設計?でございます。

ということでショップには

こちらの本がずらり。


f:id:tetsu7906:20200909082914j:image

 

国際と冠をつける会議場。

 

f:id:tetsu7906:20200909083937j:image

 

色んなSNS上で

評判のおしゃれお花型チェア。


f:id:tetsu7906:20200909083609j:image

 

夢舞台の建設工程等の展示もあったり。


f:id:tetsu7906:20200909083554j:image

 

突如絵画が表れたり


f:id:tetsu7906:20200909083924j:image

 

どちらかの国旗を彷彿とする教会があったりと


f:id:tetsu7906:20200909083940j:image

 

なにしろ退屈しないエレガントホテル

「WHSTIN淡路」


f:id:tetsu7906:20200909083920j:image

 

それもそのはず夢舞台だけでこれだけの

広大なスペースを有しております。


f:id:tetsu7906:20200909083943j:image

 

ひときわ目を引く百段苑

阪神淡路大震災との関係もあったようです。


f:id:tetsu7906:20200909083557j:image

 

あのタワーよりもさらにうえ

百段苑の最も奥

そのベストビュースポットがある。


f:id:tetsu7906:20200909083933j:image

 

歩いていて本当に楽しい迷路のような

深みのある建築物の合間進んでいく。


f:id:tetsu7906:20200909083550j:image
f:id:tetsu7906:20200909083616j:image
f:id:tetsu7906:20200909083605j:image

 

歩き疲れた客室にもどってティータイム。

大阪湾

徐々にオレンジ色に染まっていくのが


f:id:tetsu7906:20200909083930j:image

 

ウェスティン窓越しからお愉しみ頂ける。


f:id:tetsu7906:20200909083601j:image

 

快適なベッドもあれば


f:id:tetsu7906:20200909083612j:image

 

ただここで


f:id:tetsu7906:20200909083927j:image

 

陽が沈み、月を眺め。


f:id:tetsu7906:20200909084009j:image

 

何も考えずに


f:id:tetsu7906:20200909083946j:image

 

眠り着けば。

 

翌朝すべきことは

 

1つそれは・・・。

 

続く。

 

【琵琶湖マリオットホテル】湖畔に佇む絶景と温泉を備えたリゾート

 

昨今コンビニコーヒー事情

アフターコロナの影響か定かではなくとも

デフレがとまらない。

 

f:id:tetsu7906:20200907162437j:image

 

コンビニアプリのクーポン50円引き

クレジットカード20%キャッシュバック

 

こんな具合に結果支払いは

たったの40円未満・・・。

 

f:id:tetsu7906:20200907162626j:plain

 

f:id:tetsu7906:20200907162545j:plain

f:id:tetsu7906:20200907162655j:image

 

そうかと思えば

公共交通、航空事情LCCですか?

と疑いたくなるような運賃設定。


f:id:tetsu7906:20200907162555j:image

 

いいえこちら歴とした

日本の翼、日本航空の航空運賃であります。

お荷物ついて払い戻し手数料も

お手頃440円です。そのうえ1000P付

(後日この便は欠航となる・・・) 

 

このように明らかにデフレにっぽん、

なんとか銀行の総裁が何とか目標と

立てていたのは過去の話か・・・。

 

前段はさておき。

 

※プラチナ修行、

第2段そちら本題に突入する。

 

正確にはこれが最初の1泊目に実績される

 

今回のお宿その

最寄り駅は滋賀県大津市堅田駅にあたる。

前日までのご予約でこちら駅前まで

送迎してくれるさすがマリオットグループ力。

 

f:id:tetsu7906:20200907162612j:image

 

機内誌ならぬ車内紙

それも「TIMES」が到着前に

気持ちを盛り立ててくれる

 

f:id:tetsu7906:20200907162659j:image

 

大津市に送迎するも

ホテルは琵琶湖大橋を渡った

対岸守山市に属する。

 

比良山系の山々の美しい景色を

眺めながら琵琶湖を渡る。


f:id:tetsu7906:20200907162616j:image

 

15分少々で琵琶湖沿いに聳える

圧倒的存在感のホテルの前にたどり着く。


f:id:tetsu7906:20200907162623j:image

 

「LAKE BIWA」


f:id:tetsu7906:20200907162638j:image

 

天井の高いフロントエリアが

そのハイセンスなホテルを証明しているが

それでもどうやらこのホテルは

修行僧には打ってつけのお手頃ホテル

に当たるらしい。

 

もちろんお宿代は10000円少々

GOTO補助で7000円弱お支払い

それにマリオットポイント

増量キャンペーンで実質3000円未満。


f:id:tetsu7906:20200907162649j:image

 

12階建。まったくもって

大津のあのホテルとはジャンルの異なる。

決定的な違いは温泉を備えている

リゾートであること。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200907162857j:image

 

琵琶湖カラーの通路抜けて客室へ向かう。

 

f:id:tetsu7906:20200907162633j:image

 

新人修行僧にも

アップグレードをいただけましてその客室へ。

 

f:id:tetsu7906:20200907162609j:image

 

扉を開けてみる・・・。

 

f:id:tetsu7906:20200907162642j:image

 

さすがに滋賀といったら偏見か。

この奥行この通路幅、

そしてその奥に見える広大な青。

 

f:id:tetsu7906:20200907162702j:image

 

一回り違うそのスペース。

物理的ゆとりが精神的ゆとりを

生み出すと言っても過言ではない。


f:id:tetsu7906:20200907162619j:image

 

和洋折衷の

TWO BEDの並び。


f:id:tetsu7906:20200907162549j:image

 

おそらくトリプル仕様のための予備空間。

ソファーベッドで転がって湖を

眺めぬわけにはいかない。


f:id:tetsu7906:20200907162542j:image

 

この景色、まさに

天然の絵画が客室の窓に埋め込まれている

と言える。


f:id:tetsu7906:20200907162629j:image

 

では客室の装備に目を移す。


f:id:tetsu7906:20200907162652j:image

 

「なんちゃってゴールド会員」

にはこの装備が結構重要なのである。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

そしてなんとなんとちゃっかり

その中に「TWG」

仕込まれているではないか。

インドの高級ホテル、シンガポール航空

肩を並べる存在。その証明をと言っていい。

 

www.tokyugf-twg-tea.com


f:id:tetsu7906:20200907162753j:image

 

水回りエリアも余裕たっぷり


f:id:tetsu7906:20200907162756j:image
f:id:tetsu7906:20200907162605j:image

 

まぁしいて言えばこの辺りが

やや平凡な装備かなと・・・。

その他それぞれ距離をとっての

独立タイプ申し分なし。


f:id:tetsu7906:20200907162645j:image

 

そしてこちら最大の魅力

といっていい温泉への道

 

f:id:tetsu7906:20200907163442j:image

 

客室からは別館的な場所にある。

それがゴールドレベルには若干こたえる。

 

f:id:tetsu7906:20200907163439j:image

 

インスタ映えする橋を渡って参りました。

若干一部の設備にコロナ禍あるものの。

 

f:id:tetsu7906:20200907163511j:image

 

ある意味「滋賀旅修行」

並行推進中である今、

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

高頻度で目にするあいつ

ちゃっかり売店にいたりするそれが

BIWA LAKE


f:id:tetsu7906:20200907163421j:image

 

プラチナ昇格したには

このマグカップで酒杯を上げたいもの。


f:id:tetsu7906:20200907163520j:image

 

「世界のくつろぎを

日本のリゾートに」

本当にこんなご時世になっては

貴重な存在なのです。


f:id:tetsu7906:20200907163450j:image

 

滋賀旅とは

一切関係のございませんこちらの修行

一応、外の空気も味わってみる目の前には

マザーレイク。


f:id:tetsu7906:20200907163414j:image

 

琵琶湖の明日をみつめてみました。


f:id:tetsu7906:20200907163528j:image

 

インスタ映えする・・・というか

日本離れした風景、おそらく北海道

と言われても気づかない。

 

「琵琶湖湖岸緑地」


f:id:tetsu7906:20200907163504j:image
f:id:tetsu7906:20200907163507j:image

 

そのモニュメントのお隣にはこれ。

ビワいちどもマストスポット

 

「サイクリストの聖地」


f:id:tetsu7906:20200907163446j:image
f:id:tetsu7906:20200907163425j:image

 

ちょっとした木陰にベンチがあって

そこで琵琶湖を眺めていると

この真夏の暑さを忘れさせてくれる湖風が

そよそよと吹き込んでくるのである。


f:id:tetsu7906:20200907163436j:image

 

「湖の畔に

温泉と絶景を備えたホテル」


f:id:tetsu7906:20200907163454j:image

 

それが

 

「琵琶湖マリオットホテル」


f:id:tetsu7906:20200907163418j:image

 

窓枠にはめ込まれた天然の絵画

時とともに変化していくわけであって


f:id:tetsu7906:20200907163432j:image

 

その様子を味わながら・・・。

これまで出遅れたGOTOキャンペーン

アフター申請を済ませていく。


f:id:tetsu7906:20200907163514j:image

 

ゴールド会員の貴重な特権

プールは無料でご利用いただけます。


f:id:tetsu7906:20200907163517j:image

 

高級ホテルの証明アメニティは浴室内蔵。


f:id:tetsu7906:20200907163524j:image

 

プールから温泉直結

それもまたこのホテルの強みか。


f:id:tetsu7906:20200907163429j:image

 

さぁあとは

翌朝に備えて良質の睡眠を。


f:id:tetsu7906:20200907163531j:image

 

そして迎える夜明けそして・・・


f:id:tetsu7906:20200907163500j:image

 

 走り出す!

修行&RUN

 


滋賀(マリオット)RUN

 

 

【JALパック力】5000円以下で行く真夏の北海道札幌4⃣~欠航経路変更A350初搭乗の出会い(空中散歩)~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

では

満足の真夏の札幌。

最後の最後まで充実させていく。

 

「大阪の空港に着くまでが旅行です。」

 

ということで恒例の

JGP(ファーストクラス)専用部屋からの

離道!(北海道から出国すること)

 

f:id:tetsu7906:20200906194653j:image
f:id:tetsu7906:20200906194646j:image
f:id:tetsu7906:20200906194656j:image

 

ラウンジへ直結それがJGPスタイル。

 

www.jal.co.jp

 

5スターの名に恥じない

別格のダイヤモンドプレミアラウンジの軽食!

(東京を除く…。)


f:id:tetsu7906:20200906194709j:image

 

北海道ブランドをふんだんに

盛り込んだ内容は実に素晴らしい。


f:id:tetsu7906:20200906194631j:image

 

もちろん充実のビールラインナップ


f:id:tetsu7906:20200906194650j:image

 

クラシックにはじまり

クラシックに終わるそれが道旅。


f:id:tetsu7906:20200906194716j:image

 

あとはコロナ対策万全ラウンジで。


f:id:tetsu7906:20200906194638j:image

 

悠久の時を過ごす。


f:id:tetsu7906:20200906194635j:image

 

ということで今回はタイトル通り

ちょっと癖のある復路フライトへ。

 

その事の発端は

「復路便欠航」からはじまるそれは。

コロナ禍による利用者減そして減便による

欠航つまりそれはJAL側の都合による

欠航を意味する

 

ということで振替便は他経路の選択が可能

そこでせっかくなので選択肢豊富

ニッポンのドル箱路線首都を経由して

伊丹へ向かうルートに変更

 

ついでながら当然これによって200マイル

ほど往路より加算マイルは増えかつ復路は

関空便であったためペットボトルのお茶ほどの

空港使用料の差額が返金される

時間はさておき良い事づくめになる。

 

f:id:tetsu7906:20200906195340j:plain

 

JL512便

それは513便の折り返し

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

なんだかあれ以来折り返し便の運航状況

気になるようになったのでしょうか


f:id:tetsu7906:20200906194642j:image

 

この広大な滑走路及び大地を眺めながら


f:id:tetsu7906:20200906194626j:image
f:id:tetsu7906:20200906194700j:image

 

復路のメインディッシュ

を待つカフェタイム。


f:id:tetsu7906:20200906194703j:image

 

美しい日本の翼。


f:id:tetsu7906:20200906194712j:image

 

イケイケの

サングラスフェイス。


f:id:tetsu7906:20200906194706j:image

 

A350とは一見わかりずらい

もはやラッピング無しの

本格派最新号機の登場!

 

www.jal.co.jp

 

搭乗便の確認をして

ダイヤモンドプレミアラウンジ

軽食ランキング圧倒的1位を確認して

搭乗口へ。

 

f:id:tetsu7906:20200906195100j:image

 

A350自体は先ほどの

マレーシア航空事件にはじまり

外国籍の方と出会ってはきている。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ナショナルフラッグ便としては

初めましてである。


f:id:tetsu7906:20200906195105j:image

 

粋な演出。

「See you again! CLASSIC!」


f:id:tetsu7906:20200906200430j:image

 

大人しく普通席へ。

いまだに国内線ファーストクラスに

当日UP7000円にでも抵抗がある

国際線ファーストクラス経験者。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200906195301j:image

 

THE・カール。


f:id:tetsu7906:20200906195318j:image

 

THE・エンジン。


f:id:tetsu7906:20200906195311j:image

 

すっきり広々ギャレー。


f:id:tetsu7906:20200906195307j:image

 

最後尾センター、美しいフォルムのシート。


f:id:tetsu7906:20200906195304j:image

 

900型赤い曲線美に鶴丸


f:id:tetsu7906:20200906195335j:image

 

国内線においてはモニター

過去のモノと言いたい派であるが

やっぱりあると嬉しいこの感情は否めない。


f:id:tetsu7906:20200906195325j:image

 

同じモニターでも伊丹運用787では

見られない機外カメラ


f:id:tetsu7906:20200906195329j:image

 

真っ先に使ってみる。


f:id:tetsu7906:20200906195332j:image

 

選べる2択のしかもかなりクリアな映像。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

マレーシア航空A380の

機内カメラを思い出す。


f:id:tetsu7906:20200906195313j:image

 

お隣が空席ならば

こんな贅沢な使い方も出来る

空旅好きにはたまらない構図。


f:id:tetsu7906:20200906195321j:image

 

さすがにご老体777置き換え

大型機材はそう簡単には埋まらず

 

f:id:tetsu7906:20200906200142j:image

 

今回もバックミュージックは

クラシック設定で。


f:id:tetsu7906:20200906200104j:image

 

華麗にテイクオフ!!


f:id:tetsu7906:20200906200246j:image

 

窓も大きくクリア

飛び立ちもエンジン音もしなやか

という言葉が適切か。


f:id:tetsu7906:20200906200300j:image

 

あっという間に北海道とお別れ。


f:id:tetsu7906:20200906200051j:image

 

いやぁ、鳥になったかのようなそんなビュー。


f:id:tetsu7906:20200906200216j:image

 

これエンタメもモニター無し機材より

若干豊富なんですね。


f:id:tetsu7906:20200906200204j:image

 

あっちみたりこっちみたりと

とにかく忙しい、楽しい機材

それが日本航空A350


f:id:tetsu7906:20200906200223j:image

 

日差しを浴びて

白いボディがてっかてかに輝く!


f:id:tetsu7906:20200906200427j:image

 

首都圏に北から迫るケース、

大阪関西ユーザーにはレアケースそれも。


f:id:tetsu7906:20200906200048j:image

 

どうやら羽田新ルートの模様であれば


f:id:tetsu7906:20200906200146j:image

 

なおさら価値ある復路フライト

それも東京都知事より頭が高いところを

越えていくのです。


f:id:tetsu7906:20200906200149j:image

 

いいえ都知事どころかミカドの頭でさえも

越えていくのです。

あぁもはや建てたこと自体が

レガシーになるのか新国立競技場。


f:id:tetsu7906:20200906200108j:image

 

赤坂・六本木

と中途半端なハトバス都内ツアーより

迫力満点の短時間都内一望ツアー。


f:id:tetsu7906:20200906200157j:image

 

台場・レインボーブリッジ。


f:id:tetsu7906:20200906200219j:image

 

東京貨物・新幹線車庫

通り過ぎた辺りはもうかなりの低空。


f:id:tetsu7906:20200906200201j:image

 

失職した旅客機が井戸端会議なう。


f:id:tetsu7906:20200906200134j:image

 

A滑走路??北から進入!


f:id:tetsu7906:20200906200231j:image

 

こうやってみると改めて主翼って

大きくて頼りになりそうだな

って思う航空ファン


f:id:tetsu7906:20200906200054j:image

 

以下は行きつけ。

羽田の湯とは言えぬも

トランジットラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20200906200254j:image

 

もはや欠航に理由説明は不要です。。。


f:id:tetsu7906:20200906200100j:image

 

なんとも殺風景な景色

そしてビジネスオーラが強すぎて

雰囲気もいまいち平日昼間の羽田DPラウンジ


f:id:tetsu7906:20200906200241j:image

 

このラウンジ格差

正直いただけない。


f:id:tetsu7906:20200906200139j:image

 

ということで無通告の

787➡767機材変更で


f:id:tetsu7906:20200906200057j:image

 

馴染みある何の変哲もない伊丹便へ。


f:id:tetsu7906:20200906200044j:image

 

14時に千歳を出て東京で2時間のトランジット

陽はだいぶ傾きはじめ。


f:id:tetsu7906:20200906200154j:image

 

FUJIYAMAが翼のうえ


f:id:tetsu7906:20200906200111j:image

 

UNDER THE WING


f:id:tetsu7906:20200906200115j:image

 

まるで雲海に浮かぶ離島のごとく

その存在感をしめし。


f:id:tetsu7906:20200906200305j:image

 

真夏の積乱雲をぶった切る翼。


f:id:tetsu7906:20200906200258j:image

 

生駒山をこえたあたりの東の風景は

西日に浴びて輝きを放っており。


f:id:tetsu7906:20200906200208j:image

 

ぴったり

新幹線×在来線新大阪駅の交わりを上空から。


f:id:tetsu7906:20200906200213j:image

 

そして復路はたっぷり空の味わいを感じながら

 

終焉

 

あまりに価値ある

5000円以下で行く

真夏の北海道札幌

 

 

【JALパック力】5000円以下で行く真夏の北海道札幌3⃣~レンタカー無料施設市内巡り~

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

朝ランで体をしっかりと起こして

貴重な中日1日を使い倒す。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

1日1000円

ぽっきりオプションレンタカーの力を使って。

天候は良好!

 

市内を西へ進む。

(※藻岩山を最初目指したので

やや南寄りに進路をとっています)

 

f:id:tetsu7906:20200904104448j:image

 

レトロな路面電車とすれ違い。


f:id:tetsu7906:20200904104540j:image

 

道を間違えながら・・・。

最初に目指すのは。


f:id:tetsu7906:20200904104544j:image

 

札幌オリンピックミュージアム

 

okurayama-jump.jp


f:id:tetsu7906:20200904104620j:image

 

有事の時の事を考えて

しっかり対策をとってオープンしてました。


f:id:tetsu7906:20200904104457j:image

 

ミュージアムは一旦後回しにして。

こちら大倉山スキージャンプ台。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

この手のもの

アレ以来↑

 
f:id:tetsu7906:20200904104627j:image

 

白馬は早朝過ぎたのは別としても

さすがに政令市にあるジャンプ台・・・。

そして無料開放中!賑わいが違います。

f:id:tetsu7906:20200904104601j:image

 

1⃣展望ラウンジ

を目指してリフトへ!


f:id:tetsu7906:20200904104532j:image

 

もう言わずもがな

本州とは気温が10度違うこの気候。


f:id:tetsu7906:20200904104434j:image

 

気持ちよくリフトに乗って

逆K点越え!


f:id:tetsu7906:20200904104715j:image

 

ちょっと滑降前ポジションから

写真を一枚撮ってみる。

これは強心臓が必須の競技。


f:id:tetsu7906:20200904104437j:image

 

積乱雲。入道雲

みたいなのはたぶん縁がない街。


f:id:tetsu7906:20200904104525j:image

 

天に向かって突き刺さるスキー板。

それが大倉山ジャンプ競技場展望台。


f:id:tetsu7906:20200904104517j:image

 

気分、ご満悦で


f:id:tetsu7906:20200904104659j:image

 

くだる

足元に気持ちが表れるその快適環境


f:id:tetsu7906:20200904104522j:image

 

ここで一応その証明を。

激安で訪問しといてなんですが。

期間限定札幌市のお力で

フリーで楽しめる夏の札幌。


f:id:tetsu7906:20200904104537j:image

 

併設、いやメインのミュージアムを梯子する。


f:id:tetsu7906:20200904104426j:image

 

平日ながらディスタンスをとりながら

30分ちょっとの待ち時間。


f:id:tetsu7906:20200904104707j:image

 

入場!


f:id:tetsu7906:20200904104605j:image

 

時代を感じるトーチ。


f:id:tetsu7906:20200904104655j:image

 

最新の冬、ピョンチャン!


f:id:tetsu7906:20200904104429j:image

 

そうですよね元をたどれば

木製なわけであって。


f:id:tetsu7906:20200904104551j:image

 

絶対的人気を誇るであろう

アトラクションを発見!


f:id:tetsu7906:20200904104612j:image

 

その前に少し今まさに考え時か

オリンピズムについて。


f:id:tetsu7906:20200904104608j:image
f:id:tetsu7906:20200904104554j:image

 

長野がやはり記憶に新しい

それでも20年前オーバー。


f:id:tetsu7906:20200904104509j:image

 

一応世界の事情が回復すれば

今後のスケジュール・・・。

なかなかいろんな意味で

熱い国が続きます・・・。


f:id:tetsu7906:20200904104623j:image

 

ということで

ひとっ飛びして


f:id:tetsu7906:20200904104413p:image

 

ついでに

ひとっ滑りして


f:id:tetsu7906:20200904104735j:image

 

あの伝説の

少女いや女性のモデルを眺めて

 

引き上げ!

 

プライスレス。


f:id:tetsu7906:20200904104453j:image

 

せっかく西の方までやってきたので

もう一つ奥まで

 

それがここ。


f:id:tetsu7906:20200904104704j:image

 

なんとなくメルヘンな

あの北海道の代名詞と言うべき

お土産お菓子のお店。

 

www.shiroikoibitopark.jp

 

白い恋人パーク」


f:id:tetsu7906:20200904104558j:image

 

こちらミュージアムには

「あの日の裏切りを忘れない」

としっかり記されていました。


f:id:tetsu7906:20200904104529j:image

 

そして店内はしっかりブランド力健在

とある笑いの街ネタにされても

ものともしない商品がたくさん

陳列されている。


f:id:tetsu7906:20200904104513j:image

 

店外もちょっと


f:id:tetsu7906:20200904104711j:image
f:id:tetsu7906:20200904104445j:image
f:id:tetsu7906:20200904104616j:image

 

お土産を車内に積み込みまして。

遅めの昼食は再び東に折り返す道中。

 

www.sapporo-market.gr.jp

 

札幌市中央卸売市場へ。」


f:id:tetsu7906:20200904104506j:image

 

やはり

こういう市場系、

色々ド派手などんぶりやら海鮮丼やらが

ずらりべたべたにお店の前に張ってあるのは

日本全国共通であまりトキメかない

タチでして・・・。

 

そんなのより

そんな中に我が道を貫くこういう渋い

お店がすきだったりしたので


f:id:tetsu7906:20200904104418j:image

 

お食事処「菊水」さん

入ってみる。


f:id:tetsu7906:20200904104547j:image

 

各種定食は1000円には程遠く。


f:id:tetsu7906:20200904104422j:image

 

これにシェアする

刺身の盛り合わせをつければもう十分

北海道らしいランチが出来上がるのである。


f:id:tetsu7906:20200904104502j:image

 

胃袋に給油して

次のフリースポットへ。

 

最初に営業開始時間を誤った

「藻岩山」ロープウェイ乗り場へ!

 

f:id:tetsu7906:20200904105239j:image

 

表記時間は間違ってきたときの時間。


f:id:tetsu7906:20200904105439j:image

 

「あぁなんて素晴らしい街」

この夏この街で感じた人が

どれだけいるだろうか!?


f:id:tetsu7906:20200904105430j:image

 

んーーやはり若干密になるのも否めないが

これでも定員の半分、御覧のように

天然の風をゴンドラ内を貫通させているのが

窓の開きで御覧いただけよう!


f:id:tetsu7906:20200904105317j:image

 

まぁそれでも某除外都市の

朝通勤にくらべたらかわいいもので。


f:id:tetsu7906:20200904105434j:image

 

15分程度の行列を繰り返して


f:id:tetsu7906:20200904105247j:image

 

あっという間に


f:id:tetsu7906:20200904105251j:image

 

山頂へ登頂!


f:id:tetsu7906:20200904105325j:image

 

やはり先ほどジャンプ台とは

また違う高さを誇る山頂からの眺め。


f:id:tetsu7906:20200904105258j:image

 

やっぱり夜なんかな、

そして冬なんかな、なんて思いながら

プライスレス登山に感謝して下山。

 

 

夜は

しっかりこの街の顔になりました

 

北海道日本ハムファイターズの本拠地


f:id:tetsu7906:20200904105306j:image

 

いざ札幌ドームへ。


f:id:tetsu7906:20200904105313j:image

 

下手なすすきの

(コロナ無策の)居酒屋に行くよりは

こっちのスーパーSDをとった屋内のほうが

安全であるわけで。


f:id:tetsu7906:20200904105244j:image

 

見よ!この世界のディスタンスモデルを!


f:id:tetsu7906:20200904105254j:image

 

チアの方の一糸乱れぬ

ディスタンスパフォーマンス

(フォーメーションともいう)


f:id:tetsu7906:20200904105321j:image

 

フタ付きでビールが売られている。


f:id:tetsu7906:20200904105328j:image

 

真夏の札幌のドーム

ビールを流し込む!


f:id:tetsu7906:20200904105302j:image

 

ホームランが出れば

この旅、日本航空様のありがたみを

バックスクリーンで感じ取れる仕組み

となっておりますわけで。

 


f:id:tetsu7906:20200904105809j:image

 

あとはさくっと濃厚味噌ラーメンを帰りがけに


f:id:tetsu7906:20200904105235j:image

 

投入すれば。

 

tabelog.com


f:id:tetsu7906:20200904105310j:image

 

コスパの高い締まりある札幌の1日が

完結するのである!

 

続く。

 

【JALパック力】5000円以下で行く真夏の北海道札幌2⃣~オプション&ホテルそして朝ランへ~

 


札幌RUN

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

空港からはレンタカー。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

それはJALパックなら

楽天1000円レンタカーなんてなくても

オプション1000円それも

免責つきだからである。

 

レンタカー受付に行くと

そこには1台の電話が。

 

f:id:tetsu7906:20200831112628j:image

 

お問い合わせ

すると10分少々で送迎車が到着する。

早着のJALほぼ本来の到着時刻に

空港を出られる

レガシーキャリアの圧倒的強み。


f:id:tetsu7906:20200831112610j:image

 

トヨタレンタカー

注:レンタカーの墓場でありません。

繁忙期にお客様がご都合により

おられないのです。


f:id:tetsu7906:20200831112637j:image

 

受付もさくっと。

夕刻の市内の帰宅ラッシュに

はまり少々そこから時間も様子も

快適に色んな意味で安全に泊地に到着。

 

本日はその関連ホテル

JAL CITY」に宿泊。

 

www.sapporo-nakajimapark.hoteljalcity.com

 

「心が躍る

    ゆたかな時間」

 

こちらがキャッチフレーズ。

 

今一度振り返ると

往復航空券+このホテル2泊ついて

お1人11000円程度なのである。

※GOTO非適用。適用後は5000円以下に!

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

それが

あのクーポンの恐ろしさ。


f:id:tetsu7906:20200831112640j:image

 

1日1000円レンタカーに続いて

そのハーフプライス500円

ワンコインバーベキューへ。

 

ホテルから徒歩5分・・・。

ご近所さんの東急エクセルに

お食事会場がある。


f:id:tetsu7906:20200831112605j:image

 

2人分、お肉セットお野菜もついております。

ドリンクのみ別料金となりますが

それでもコスパは圧倒的!


f:id:tetsu7906:20200831112614j:image

 

ワンコインでいただける

夕食のパフォーマンスではありません!

注:ドリンクは別料金


f:id:tetsu7906:20200831112651j:image

 

クラシック×帆立


f:id:tetsu7906:20200831112631j:image

 

WITHバター。

その他申し上げることはありません。

夜風の涼しさとベストマッチするBBQ


f:id:tetsu7906:20200831112655j:image

 

もはや果たしてこのオプションを選択しない

という選択肢はないのではないかという

(ややこしい日本語)結論に至り

ほろ酔い真新しいお宿に帰着。


f:id:tetsu7906:20200831112646j:image

 

「新北海道スタイル」

安心宣言。

時代は確実に変化そして進化しています。

 

いつまでも怯えて引きこもっている

わけにはいきません。


f:id:tetsu7906:20200831112702j:image

 

高級ホテル感をしっかりでてます

1階エレベーター前。


f:id:tetsu7906:20200831112643j:image

 

すっきりとしたフロント。


f:id:tetsu7906:20200831112619j:image

 

大手他社にも引けをとらない

ティーホテルの客室入口から。


f:id:tetsu7906:20200831112623j:image

 

これをホテルで言うところの

「シンプルモダンな空間」

というのです。


f:id:tetsu7906:20200831112658j:image

 

よく見ると意外に

BBCとCNNないんですね。

 

f:id:tetsu7906:20200831113307j:image

 

この辺りの装備はぬかりなく

やはり北海道・沖縄一段レベルが

高いと今でも感じる

いい意味での偏見有り。


f:id:tetsu7906:20200831113358j:image

 

客室はモデレートからスーペリア

上げてくれてました。一応JGP?

ツアー配分上どう振り分けられているか

わかりませんがなんだかとても

申し訳なくなるぐらいのおもてなし。

 

 

もちろんこの街のこの時期はもう一つの

壮大なイベント

盛り上がっていたわけであるが

 

www.sapporo-summer2020.com


f:id:tetsu7906:20200831113339j:image

 

浴室・洗面お手洗い付近も本当にすばらしい。


f:id:tetsu7906:20200831113406j:image

 

それぞれが独立型の

この独自ブランドアメニティ。


f:id:tetsu7906:20200831113335j:image

 

初日の小移動疲れをいやす

ヨーグルッペを投入して


f:id:tetsu7906:20200831113355j:image

 

GOTO安眠へ。


f:id:tetsu7906:20200831113342j:image

 

すっきり湿度を感じさせない

真夏の北海道の空模様

窓を開ければ直ちに感じ取れる朝。


f:id:tetsu7906:20200831113311j:image
f:id:tetsu7906:20200831113318j:image

 

目覚めにそれでは5時から営業再開です。


f:id:tetsu7906:20200831113331j:image

 

SPAと言う名の

大浴場へ足を運ぶ。

(もちろん新宣言受付人数管理はしっかり!)


f:id:tetsu7906:20200831113303j:image

 

こちらは湯上り処。

この場所にこれだけの空間をとれるあたりが

いかに贅沢なホテルであるかを

することができる。


f:id:tetsu7906:20200831113255j:image
f:id:tetsu7906:20200831113321j:image

 

時間も時間だけに

当然ながら第一番風呂いただきました。


f:id:tetsu7906:20200831113324j:image

 

品格のあるお風呂

というのが適切な表現でしょうか。


f:id:tetsu7906:20200831113327j:image

 

とっても嬉しいサウナも稼働中。


f:id:tetsu7906:20200831113352j:image
f:id:tetsu7906:20200831113314j:image

 

さぁ旅のこれまたオリジナルオプション。

その準備は整った!


f:id:tetsu7906:20200831113347j:image

 

なんだか運動会の朝を彷彿とさせる

国営企業の関連ホテル。

真夏の札幌で日の丸を拝みまして。


f:id:tetsu7906:20200831113253j:image

 

文句なしの気候を感じ取り


f:id:tetsu7906:20200831113402p:image

 

走り出す!!

 


札幌RUN

 

続く。

 

【JALパック力】実質5000円以下で行く真夏の北海道札幌1⃣~出発内容編~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

以前ご紹介

JALGOTO開始前に放り出した

超破壊力抜群クーポン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

先日はこちら那覇バージョンを披露!

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

続いて今回は・・・。

札幌バージョンをお届け。

 

では今回その中身をずばり。

↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200830103619p:image

 

JALパック伝家の宝刀と言ってもいい

(ワンコイン)オプションを織り込むのが

今回の特徴。

 

www.jal.co.jp

 

ワンコイン500円

札幌エクセルホテル東急

ガーデンバーベキューセット

がつけられる。

 

これはひとえにJALの営業さんが

日頃から精進されているからこそと

勝手に推測。

 

 

そしてもうOne more オプション、

それがレンタカー。

何かと必須の北海道のレンタカーそれが。。。

1日たったの1000円3日分、

この(過去の)超繁忙期に。

それも免責付きそして安定の

トヨタレンタカー。


f:id:tetsu7906:20200830103624p:image

 

ご宿泊は大浴場付きの出来立て

ホテルJALシティー札幌中島公園

 

www.sapporo-nakajimapark.hoteljalcity.com

 

HPが証明する

信頼ブランド間違いなし。

 

そちら現地の足

初日夕食含めましてそのお値段が・・・。


f:id:tetsu7906:20200830103615j:image

 

締めて

お1人様あたり

13700円となっております。

※ちなみにこちらはGOTO申請前。

 

もう一つ

これに往復で2000マイルバック

おみや付き。

 

 

それはつまり

実質5000円以下でレンタカー付き

BBQ付きの真夏の北海道の旅が

成立する瞬間なのである。

(※1マイル2円換算)

 

という事で最近めっきり

母港が内陸の都市型空港に

シフトしました伊丹空港

ダイヤモンドプレミアランジ

 

f:id:tetsu7906:20200830104207j:image

 

マッサージ

心身ともにリラックスモードにきりかえ


f:id:tetsu7906:20200830104211j:image
f:id:tetsu7906:20200830104529j:image

 

ドラゴンボールで言うところの

宇宙船の回復カプセル治療する

悟空な気分になって。

 

f:id:tetsu7906:20200830114211j:plain

 

全身疲労回復モード設定!


f:id:tetsu7906:20200830104539j:image

 

旅の戦闘力を高めて今回も旅立つ!


f:id:tetsu7906:20200830104525j:image

 

いざ!

(隣の超大国系を主とする)外国人の消えた

「帰ってきたにっぽんじんの

避暑地へ!」

 

TAKE OFF!


f:id:tetsu7906:20200830104517j:image

 

昨今はクラシック音楽を聴きながら

上空1万mの空を楽しむことにハマってます。

そしてなんとも待望のアイスコーヒーの

復活です。


f:id:tetsu7906:20200830104203j:image

 

梅田再開発いつまでやってんだ

的な感想はさておき


f:id:tetsu7906:20200830104155j:image

 

まずまずのレンジですおよそ

2時間弱のフライト。

搭乗率は繁忙期の札幌へ向かっていたはず。


f:id:tetsu7906:20200830104521j:image

 

セントレア手前というより

名古屋市内を避けるように北へ進路をとる。

 

www.kisosansenkoen.jp

 

木曽三川の河口から


f:id:tetsu7906:20200830104536j:image

 

美しい濃尾平野に沿って

上空を遡上していく。


f:id:tetsu7906:20200830104514j:image

 

北アルプスに並行して北へ向かう、

 

それが

 

関西ー北海道飛行ルートの醍醐味でしょうか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

あちら

隠れ家的白馬の別荘がちらりと。


f:id:tetsu7906:20200830104549j:image

 

新潟で一旦本州を離れ

日本海を上空再び青森上空へ。


f:id:tetsu7906:20200830104147j:image
f:id:tetsu7906:20200830104159j:image

 

津軽海峡は広いようであっという間で。


f:id:tetsu7906:20200830104552j:image

 

夕刻のやや肌寒ささえ覚える

真夏の北海道千歳に降り立つ。


f:id:tetsu7906:20200830104511j:image

真夏の札幌GOTOへ

本編へとさらに

 

続く。

 

【滋賀旅番外編】ビジネスマンよ!今こそ滋賀を旅してクーポン5000円分でお得な革靴を履いて仕事をしよう!!

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

今こそ滋賀を旅しよう!

キャンペーン

始まって概ね2ヶ月程度経過しているが

まだまだしぶとく5000円クーポンブック付き

プランは健在の模様

 

www.biwako-visitors.jp

 

一応販売枚数は20000名分と示されている。

 

ここまでいくつか滋賀県

特に南部を中心に旅してきているが

改めてこのクーポンの一つの使い方

 

一つをお勧めしたい。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

まず1名宿泊で利用する場合

ビジネスホテルで見る限り

最もお安いプランをだしてくれているのが

こちらのホテル。

(以前ご紹介近江八幡、八幡堀にある

ホステルと同価格)

 

f:id:tetsu7906:20200825100059j:image

 

「スマイルホテル大津瀬田」

 

smile-hotels.com

 

チェーン店のホテルで

日本全国結構あるらしい。

(※今回はこのホテルの内容及びこの辺りの旅に

ついては割愛する)

 

そのホテルのお値段が

1泊素泊まり3900円。

 

何事もない平和な世の中であれば

一般的なビジネスホテルの価格であるが


f:id:tetsu7906:20200825100105j:image

 

ここでのお話は当然。

国と地域の補助

受けてのお話となる。

 

まずは。


f:id:tetsu7906:20200825100102j:image

 

割引クーポンと言う名が

ふさわしいかはさておきこれが

国策GOTOプランによる

35%補助金

 

goto.jata-net.or.jp

 

これを差し引いて

お支払いは2535円となる。

 

そこに滋賀県で使える

クーポンブックが

5000円分いただける。

 

これまではこの流れでいくつかホテルと

そのエリアの旅の内容を紹介

 

今回はここでこのクーポンの有効な使い方

一例をご紹介する。

  

 

それが以下の写真↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200825100518j:image

 

何の変哲もない靴

といいたいところまずここはどこか

申しますと。

 

この瀬田駅最寄りのアルプラザ

いわゆる平和堂のショッピングフロアの

一角である。

 

www.hatosen.jp

 

なんとなくスーパーのイメージが強い

こちらのお店もしっかり日用品もまだ

一部の店舗では売られているそこで。

このクーポンをつかってみる。

 

猛暑、いや酷暑の中、出退勤時でも

外を歩く事がたくさんありましょう

令和のビジネスマン!

 

ウォーキングビジネスシューズ、

しっかりしたものお履きでしょうか??

個人的にかなり気に入っている

アシックス商事お墨付き軽く

そして丈夫なこの革靴

 

www.asics-trading.co.jp

 

いわゆる1980円系で売られている靴を

何足も履きつぶすぐらいなら

信頼のアシックスブランドのこの靴を

しっかり履くことを強くおすすすめしたい

アシックス×平和堂

回し者・・・。


f:id:tetsu7906:20200825100507j:image

 

バージョンは結構あって少しお値段

張るものでも1万には満たない。

最安値で5980円、

タイミング次第では2割引きのセールに

出会えたりする。

 

そんなタイミングで購入出来たのなら・・・。

 

話をもとに戻してお金のお話へ。

 

靴本体のお値段が税抜き5980円

それに平和堂セール2割引き

税金含みまして総額は5276円。

 

そこに例のクーポンを投入する。

結果お支払いは残額の276円

それつまりは・・・。

 

 

もう少しさかのぼる

ホテルの宿泊費2535円、プラス276円

すなわち概ね2800円

アシックスブランドの出来る革靴を

購入することができる

その割引率は

定価の50%オフ。


f:id:tetsu7906:20200825100512j:image

 

という旅と物価の掛け合わせ

 

「今こそ滋賀を旅して、

最高の革靴で仕事をしよう!」

 

それが言いたかっただけの

そんなお話なのである。

 

【フェア・フィールド・バイ・マリオット大阪難波】~プラチナへの道~(前哨戦)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

さて滋賀旅を一旦離脱して

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

今年はお国の補助金のお力をお借りして

いわゆる高級ホテルの上級会員資格修行

「マリオット・

プラチナチャレンジ」

というものに挑戦する。

その入口として選んだホテルが

 

こちら!ちょっと遠めから。


f:id:tetsu7906:20200824200045j:image

 

正面に回ってみる。すごく単調な全室

お部屋のサイズは統一タイプのホテル。


f:id:tetsu7906:20200824195812j:image

 

Fairfiled


f:id:tetsu7906:20200824195849j:image

 

BY MARRIOT NAMBA!


f:id:tetsu7906:20200824195938j:image

 

もちろんSPGアメックス

年会費高額クレジットカード入会のうえ

まずは最低でも1泊実績つけてからのチャレンジをはじめる!

 

www.americanexpress.com

 

こちらがシンプルすぎるチェックインカウンタ―その奥は

できる大人のコワーキングスペース営業中。


f:id:tetsu7906:20200824195907j:image

 

フロント前の贅沢ゆったりスペースロビー。


f:id:tetsu7906:20200824195821j:image

 

ということでぬかりなく

Gotoトラベルキャンペーン

STAY NAVIクーポン発行のうえ

35%3258円の補助をいただき

 

f:id:tetsu7906:20200824200418j:image

f:id:tetsu7906:20200824200422j:image

 

6053円のお支払い。

そしてそこに3640ポイントバックということで

 

概ね2500円程度でのご宿泊!

 

f:id:tetsu7906:20200824200911j:image

 

1泊あたりこの単価で渡り歩いていけば

十分に価値あるプラチナ修行への道が開けるだろうと言う話である。

  

f:id:tetsu7906:20200824200531j:image

 

さてではその客室へ足を運んでみる。

ちなみにSPGゴールド特典初回からしっかり14時レイトチェックアウト

&ここは客室サイズ共通のためアップグレード代用として高層のお部屋を用意していただきました。立ち上がりからマリオット素人ながらもその力を感じるデビュー。

 
f:id:tetsu7906:20200824195935j:image

 

先日の「ロイヤルクラシック」には及ばぬながら

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

すっきりした

機能性の高い空間になっている。


f:id:tetsu7906:20200824195904j:image

 

なにかと

この難波ブランドを推してくる。


f:id:tetsu7906:20200824195839j:image

 

浴槽不在ながらもトイレと

シャワールームはきっちり区切られている。


f:id:tetsu7906:20200824195802j:image

 

フォルツァ北浜

彷彿とするコーヒーメーカー。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200824195947j:image

 

とにかくすべてのものにOSAKA NAMBAという文字が刻まれている。

こういうブランドロゴをしっかり

入れていくのは個人的にかなり好き。


f:id:tetsu7906:20200824200040j:image

 

備え付けアメニティ。


f:id:tetsu7906:20200824195831j:image

 

この辺りだけ

少しコストを絞っている感はあるが。


f:id:tetsu7906:20200824195709j:image

 

ビジネスステイ、観光ステイでも

十分に快適に過ごせる装備は整っている。


f:id:tetsu7906:20200824195824j:image

 

奥のロングソファー

大型テレビ。


f:id:tetsu7906:20200824195856j:image

 

超大型キングベッド。


f:id:tetsu7906:20200824195835j:image

 

高層階と言えど視界はそれほどなく。


f:id:tetsu7906:20200824195733j:image

 

申し分ない快適空間。


f:id:tetsu7906:20200824195844j:image

 

窓側奥から入口を写す。

通路の広さが十分伝わるだろう。


f:id:tetsu7906:20200824195827j:image

 

こういう印字が大切です。


f:id:tetsu7906:20200824195919j:image

 

おいしいコーヒー

いつでもいただける喜び。


f:id:tetsu7906:20200824195900j:image

 

館内のご案内。

フィットネス・ジム

ご用意されています後ほどご紹介。


f:id:tetsu7906:20200824195753j:image

 

東アジアンTVにほぼ対応。


f:id:tetsu7906:20200824195728j:image

 

さてここは大阪ミナミ難波エリア。

食には困らぬ街。


f:id:tetsu7906:20200824195930j:image

 

丸井、南海難波駅

通り越してやってきたのはここ。


f:id:tetsu7906:20200824195725j:image

 

お好み焼「ゆかり」さん。

 

www.yukarichan.co.jp

 

はっきり言って某空港

ぼでぢゅうなんかより

遥かにハイパフォーマンスの

老舗お好み焼き屋さん。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200824195957j:image

 

こういう時期だけに

テイクアウトでホテルへ持ち帰る。


f:id:tetsu7906:20200824195816j:image

 

ほんまものの大阪の味を。

 

対日戦勝記念日 - Wikipedia

 

第75回VJ DAYをみながら味わう。

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

こちらのお店を選んだ最大の理由

 

www.hotelwbf.com

 

写真左のWBFクーポン

こちらについては過去の投稿参照↑↑↑

 
f:id:tetsu7906:20200824195758j:image

 

ということで

胃袋を大阪の味で満たしまして。


f:id:tetsu7906:20200824195952j:image

 

消灯します、

 

翌朝。

 

こういう気候でこういう場所ですので


f:id:tetsu7906:20200824200003j:image

 

前日チェックイン時に予約を入れた

2階フィットネスセンターへ。


f:id:tetsu7906:20200824195852j:image

 

24時間完全予約制

で安心して使用できるありがたいジム。


f:id:tetsu7906:20200824195943j:image

 

しっかりルームキー予約情報が

入っているわけで。


f:id:tetsu7906:20200824195809j:image

 

リスクなしで


f:id:tetsu7906:20200824195714j:image

 

貸し切りで利用出来る

価値あるシティホテルライフ。


f:id:tetsu7906:20200824195750j:image

 

徹底しています。


f:id:tetsu7906:20200824195720j:image
f:id:tetsu7906:20200824195805j:image

 

ということで部屋に戻って

CNNの天気予報で眺めながら。


f:id:tetsu7906:20200824195911j:image

 

リラックス・なう。


f:id:tetsu7906:20200824195915j:image

 

あとはゆったり過ぎる価値ある

14時チェックアウト


f:id:tetsu7906:20200824200006j:image

 

この美しきホテルから

デビュー戦いや

前哨戦を終える。

 

【Little Birds Hostel】今こそ滋賀を旅しよう!~ホステルステイびらり八幡堀~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

今こそ滋賀を旅してます!

このシリーズ何作目でしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

大津、雄琴草津・・・。

 

続きまして。

ここ近江商人の街。近江八幡

駅から徒歩25分ほど。

歴史と伝統の旧八幡郵便局前におります。

 

f:id:tetsu7906:20200822102925j:image

 

仲屋町、近江商人バージョン、

こちらも滋賀県名物飛び出しなんとか。


f:id:tetsu7906:20200822103059j:image

 

「まちや」というキーワードで日本中、外国人なりなんなりを

惹きつけてきた観光定番のお言葉。

 

 

本日はこちらのまちや


f:id:tetsu7906:20200822103021j:image

 

まちや倶楽部でチェックイン!


f:id:tetsu7906:20200822103001j:image

 

本日のお宿はチェックイン時間に

基本制限あり。

15時から18時までに入らないといけない、

逆に言えばコスト意識のとっても高い宿

という言い方も出来る。

(その他時間も別途対応可と記載は有り。)


f:id:tetsu7906:20200822103043j:image

 

フロントはレトロな雰囲気で

溢れかえっております。


f:id:tetsu7906:20200822103116j:image

 

そのお宿HPはこちら↓↓↓

 

https://www.littlebirdshostel.com/

 

そのお値段は1泊素泊まり。

3980円いわゆるサンキュッパ。

個室割されたお部屋のドミトリータイプ。

そこにGOTO35%キャッシュバック

お支払いは補助金と言う名の明細を

差し引いて2587円という

端数だらけの請求金額へ。

ここに滋賀県クーポンブック5000円分

追加で後はもう何も言うまでもない。

 

そういう国です。アフターコロナのにっぽん。


f:id:tetsu7906:20200822103139j:image

 

そのお宿の外観はまちやとは一切合切異なる。

おしゃれ雑貨の看板の上、

2階に位置した窓それが本日のお宿。


f:id:tetsu7906:20200822102933j:image

 

普通に通過して見落としていまいそうな

ホステルの看板。

まぁ考え方次第では隠れ家感があって良い。


f:id:tetsu7906:20200822102948j:image

 

古いビルをリノベーションして

バックパッカーを呼び込んできたホステル

だったのでしょう。ホテル価格全盛の時には

国内外問わず本当にこういうお宿に

お世話になりました。

 

昔話をついでに貼り付けます↓↓↓

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20200822102929j:image

 

なんだか秘密の階段を上がっていく感じ。

なんとなくこういうのが

懐かしかったりもする。


f:id:tetsu7906:20200822102951j:image

 

自室に入るまでに3つのカギ

必要するあたりもなんとく

ドラクエ的要素があったりする。

 

入ってすぐのカフェエリア。


f:id:tetsu7906:20200822103038j:image

 

多いか少ないか。なんかそれが気になる。


f:id:tetsu7906:20200822102941j:image

 

滋賀県内の観光情報も

しっかり用意されていて、

このホステルが滋賀県の意思をもって

救済しているのがよくわかる。


f:id:tetsu7906:20200822103015j:image

 

全6室のスイートじゃなくてドミトリー。

ベッド以外はすべて共有です。


f:id:tetsu7906:20200822103035j:image

 

でもこれで十分です、

それが非滞在型のアグレッシブ行動派向け。


f:id:tetsu7906:20200822103008j:image

 

その客室は。


f:id:tetsu7906:20200822103030j:image

 

2段ベッドの縦長のお部屋。


f:id:tetsu7906:20200822103132j:image

 

布団。テーブル。エアコン。

以上!


f:id:tetsu7906:20200822103126j:image

 

あとはタオルと歯ブラシがあって

最も旅の基本がここにはあると言っていい。


f:id:tetsu7906:20200822102937j:image

 

旅をしっかりしてください!

と言わんばかりの資料に

あふれるチェックイン。

 

f:id:tetsu7906:20200822103643j:image

 

おそらくは全盛からすれば

活気を失っているのだろうが

綺麗に綺麗に整った共有スペース。

 

tetsu7906.hatenablog.com

(↑↑↑なんとなくホノルルの民泊に似ていて・・・。) 

 

この整った空間からはコロナの

「コ」の字も感じさせない。

超優良ホステルといっていい。


f:id:tetsu7906:20200822103447j:image

 

このような学問存在している模様。


f:id:tetsu7906:20200822103658j:image

 

滋賀を旅し続ければ

そのうち身についてくるのでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200822103511j:image

 

お風呂とシャワーはセットの模様。

そして予約制ながら本日?はお1人も

ご予約がおられませんでした・・・。


f:id:tetsu7906:20200822103442j:image
f:id:tetsu7906:20200822103450j:image
f:id:tetsu7906:20200822103521j:image
f:id:tetsu7906:20200822103616j:image

 

なんら申し分のない非常に清潔にかつ

整頓された日本品質の素晴らしい

ホステルです。

こういった施設を今こそ滋賀を旅して

使っていく必要があると感じながら

 

ちょいトリップしてみる。


f:id:tetsu7906:20200822103501j:image

 

学ラン着た飛び出しなんとかと

八幡宮の鳥居。

そこに琵琶湖から引き入れた八幡掘

ここの商人達の物流の生命線

令和の現代まで観光の見どころとして

生き抜いてきたわけである。


f:id:tetsu7906:20200822103415j:image

 

余計なものの映り込まない

夕暮れお堀はなんとも風情がある。


f:id:tetsu7906:20200822103620j:image

 

ホステルから5分少々

検索結果

ウェブ検索結果

日牟禮八幡宮

f:id:tetsu7906:20200822103716j:image

 

御朱印もやってます。


f:id:tetsu7906:20200822103631j:image

 

そしてとっても映えます。


f:id:tetsu7906:20200822103517j:image
f:id:tetsu7906:20200822103556j:image
f:id:tetsu7906:20200822103432j:image

 

コロナ禍、

鈴も鳴らせぬ現代社会。


f:id:tetsu7906:20200822103507j:image

 

鳥居➡堀➡宮を越えて

その先にロープウェイ

誠に無念ながら営業終了眺めるのみ。


f:id:tetsu7906:20200822103526j:image

 

こちら蔵の街。

以前訪れたことのある


f:id:tetsu7906:20200822103408j:image

 

クラフトビアカフェ。

tworabbitsbrewing.com


f:id:tetsu7906:20200822103457j:image

 

こんなおしゃれな

カフェと歴史が共存した観光地。

日本人が今こそ埋めていくべきなのでしょう。


f:id:tetsu7906:20200822103612j:image

 

すごくゆったりと日本を日本語を聞きながら

過ごせるニッポンの観光地がたった半年で

戻ってくることを誰が予想できただろうか。


f:id:tetsu7906:20200822103439j:image
f:id:tetsu7906:20200822103654j:image

 

そんな

八幡ショートぶらりを済ませて。


f:id:tetsu7906:20200822103607j:image

 

コロナルームエアコンの頑張るお部屋へ。

 

f:id:tetsu7906:20200822103927j:image

 

チェックアウトはフリーです。

部屋に鍵を残して立ち去る出来る旅人タイプ。


f:id:tetsu7906:20200822103934j:image

 

2段ベットの下段で就寝。


f:id:tetsu7906:20200822103945j:image
f:id:tetsu7906:20200822103941j:image

 

指定箇所に鍵を残して。


f:id:tetsu7906:20200822103923j:image

 

次の目的地を求めて

 

旅立つ!

 

【HOTEL CANATA KYOTO】いそがない京都ステイ~二条城から京都御所朝ラン (後編) 

 


京都(御苑)RUN

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

やってまいりました夜明け。

テーブルの上に鍵と急須と湯呑。

 

f:id:tetsu7906:20200821200908j:image

 

ルームウェアを脱ぎ捨て

ランニングウェアに着替えて

目覚めの緑茶を嗜む。

それが「京都朝ラン」スタイル。


f:id:tetsu7906:20200821200916j:image

 

二条城前を出発、府庁前を通過。

「地球環境宣言都市」ということで

コンビニビニール袋有料化、

定着してきたでしょうか?


f:id:tetsu7906:20200821200857j:image

 

西側から御所?御苑?に到達。

そこは「一般参賀のお知らせ」と。

もはや常識ドローン飛行禁止のお知らせ。


f:id:tetsu7906:20200821200817j:image

 

苑内のコロナ対策

しっかり講じられております。

環境省からのお達し。


f:id:tetsu7906:20200821200943j:image

 

かの有名な蛤御門より入場!

「焼けて口開く蛤」

ぱっくり開いておられました。


f:id:tetsu7906:20200821200647j:image

 

扉の向こう側は輝きと放ちはじめております。


f:id:tetsu7906:20200821200712j:image

 

京都とはいえコンクリートジャングルから

解放された特殊空間。


f:id:tetsu7906:20200821200733j:image

 

「あらまし」「歴史」

熟読したうえで走行されたい。

とうことでどうやら国民公園

というジャンルにあたるらしい。


f:id:tetsu7906:20200821200556j:image

 

地図上にもある砂利道とは別に

森林に紛れた歩道が随所にみられる

ランにはありがたいコース。


f:id:tetsu7906:20200821200614j:image

 

まつのぼっくり

が転がっていたりすごく長閑な異空間

それが京都御苑


f:id:tetsu7906:20200821200728j:image

 

センターには常に御所の

強固な壁が立ちはだかっているわけで。


f:id:tetsu7906:20200821200538j:image

 

そのすぐそばに「大宮御所」

こちらも会津薩摩藩ではなく・・・

現代版国家権力がしっかり

警護しているわけである。


f:id:tetsu7906:20200821200706j:image

 

御所をぐるり周回して御所の正門にあたる「建礼門」


f:id:tetsu7906:20200821200641j:image

 

ここでご来光を浴びることが

どんな贅沢な朝

身に染みております。


f:id:tetsu7906:20200821200807j:image

 

朝ランだから出来る事。

建礼門を独占できる喜び。


f:id:tetsu7906:20200821200740j:image

 

価値ある早朝京都ラン。

水分補給も顔を洗える

御門の御前にて。


f:id:tetsu7906:20200821200949j:image

 

最後まで外界とは全く異なる気温を

保ち続ける御苑をかけぬけ。


f:id:tetsu7906:20200821201000j:image

 

二条城北東へさしかかる。

ここはランナーというよりウォーカー

多数の結構なひとが半時計まわりに

ぐるぐる周回している。

 
f:id:tetsu7906:20200821200628j:image

 

走るのであれば地元高校情報によると

「ニジョラン」というネーミングを

つけられているらしいという付加情報


f:id:tetsu7906:20200821200524j:image

 

徳川にはじまり徳川に終わる

その城のお堀はすこぶる立派に

掘られているわけであって。


f:id:tetsu7906:20200821200717j:image

 

現代ニッポンにおいては

美観地区に指定されている。

慶喜殿家康殿

さぞ喜んでおられることでしょう。


f:id:tetsu7906:20200821200745j:image

 

正門から最も近いホテルと言われる所以これ。

真正面の小さなホテルがステイホテル。


f:id:tetsu7906:20200821200749j:image

  


f:id:tetsu7906:20200821200813j:image

  


f:id:tetsu7906:20200821200838j:image

 

真夏の熱帯夜ライトアップ

されているそうです。


f:id:tetsu7906:20200821200622j:image

 

世界遺産大政奉還

四文字熟語が似合う場所という

キャッチフレーズを与えたい。


f:id:tetsu7906:20200821200721j:image

 

こちらでちょろっと水分補給

でまったりクールダウン。


f:id:tetsu7906:20200821200659j:image

 

 


f:id:tetsu7906:20200821200800j:image

 

 

f:id:tetsu7906:20200821200846j:image

 

以上が

二条城×御所の

スーパーコラボラン。


f:id:tetsu7906:20200821200934p:image

 

後は我が家で。


f:id:tetsu7906:20200821200755j:image

 

羊羹とお茶を再び味わい。


f:id:tetsu7906:20200821200633j:image

 

石風呂に浸かって疲労を取り除き。


f:id:tetsu7906:20200821200736j:image

 

また新たな素敵な旅(宿)

を求めて立ち去る。

 

終わり

 

※参考ラン動画有り