LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【ホテルインディゴ箱根強羅】全室露天温泉付きおしゃれ高級デザイナーズホテル

巨大提灯 at 小田原駅

 

改札頭上

 

f:id:tetsu7906:20210114092927j:image

 

ここは年の瀬GOTO停止寸前

小田原駅新幹線側駅前広場。

 

そこに一台のイケイケのデザインのバス。

それが今年最後の

極上のお宿ステイへの始まり。


f:id:tetsu7906:20210114092923j:image

 

その名も

HOTEL INDIGO

HAKONE GORA」

 

hakonegora.hotelindigo.com

 

いきなり脱線すると個人的には

インディゴといえばこれ⬇️⬇️⬇️

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

インドのLCC・・・

 

話を本題に戻しまして

小田原駅からは概ね時間1本送迎バスあり。

まさに高級デザイナーズホテル品質。

 

f:id:tetsu7906:20210114093841j:image

 

東海道線小田原駅、小田原の宿場町を

抜けてバスは一路箱根路へ。


f:id:tetsu7906:20210114093713j:image

 

箱根本来のポテンシャルは

こんなレベルではないのかもしれませんが

一応、玄関口湯本駅前はご覧の様相、

このエリアの突破にやや苦戦。

 

f:id:tetsu7906:20210114093926j:image

 

なんとなく、路肩路上は

密な気もしなくもない、

全く持ってこの旅に関係の無いエリア。


f:id:tetsu7906:20210114093615j:image

 

40分ほどかかったかお宿に到着。

この外国人キラー的な玄関。


f:id:tetsu7906:20210114093719j:image

 

もちろん着席の個別チェックインから

ウェルカムドリンク高級ホテルの常識


f:id:tetsu7906:20210114093837j:image

 

素敵なお庭を横目に見ながらお部屋まで

しっかりご案内される形式。


f:id:tetsu7906:20210114093830j:image

 

所々にアーティスティックな要素が

散りばめられたホテル。

泊まる側にもそれなりの教養が必要か・・・。


f:id:tetsu7906:20210114093933j:image

 

4階最上階から見るリバービュー足湯庭園。

こちら箱根の観光エリアから切り離された

「完全ステイ型ホテル」

であることを感じさせる。


f:id:tetsu7906:20210114093708j:image

 

客室へ。


f:id:tetsu7906:20210114093559j:image

 

「デラックスキング リバーサイド露天風呂付」

これがそのファースト写真。


f:id:tetsu7906:20210114093806j:image

 

今年は客室温泉付きホテル

というものに2箇所ステイしましたが

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

露天と名乗るものには2020年の瀬

初めてお会いしました。

 

洋風なようで基本は

和テイストでステイにも対応した

全室露天温泉付きホテル。


f:id:tetsu7906:20210114093810j:image
f:id:tetsu7906:20210114093642j:image
f:id:tetsu7906:20210114093733j:image

 

なんとなくマリオットでいうところの

「モクシー&アロフト系」「リゾート系」

の要素の融合という感じに近い

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210114093901j:image
f:id:tetsu7906:20210114093759j:image

 

全室バルコニー付きホテルならぬ

全室露天風呂付きホテル。あまりに贅沢。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そのテーブルにさりげなく置かれた

リボンに包まれたギフトボックス。


f:id:tetsu7906:20210114093905j:image

 

そのソファーから見る眺め。


f:id:tetsu7906:20210114093911j:image

 

「2020今年のホテルの総集編」

と言ってもいいぐらいこれまでの

体験してきたさまざまなホテルの

要素がまとまっているホテルインディゴ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

当然ならがのTWG装備はお久しぶりです。


f:id:tetsu7906:20210114093814j:image
f:id:tetsu7906:20210114093921j:image

 

美術・芸術

力を入れるエリアである以上

このホテルどの角度で切り取っても

絵になるものしか映り込まないわけであって


f:id:tetsu7906:20210114093857j:image
f:id:tetsu7906:20210114093605j:image

 

もはや語らずとも伝わる

いけてる奴らがずらりと並んでいる。


f:id:tetsu7906:20210114093740j:image

 

そしてこれがこの度最もお世話になる

「マイ・客室温泉」


f:id:tetsu7906:20210114093635j:image

 

露天風呂バルコニーから客室を振りかえる。


f:id:tetsu7906:20210114093751j:image

 

シャワールームは別途設置。


f:id:tetsu7906:20210114093908j:image

 

対岸の景色はご愛嬌。

されどこの雰囲気。

蛇口をひねれば温泉が吹き出す。


f:id:tetsu7906:20210114093701j:image
f:id:tetsu7906:20210114093820j:image

 

一応参考バスルーム(お手洗い)


f:id:tetsu7906:20210114093723j:image

 

視界を落とせば

美しい山並みも視界に入ってくる。


f:id:tetsu7906:20210114093748j:image

 

先程のボックス、メッセージよると

インディゴ・サンタさんからの

プレゼントだった様子。

遅れてやってきたお客にも

しっかり対応素晴らし。


f:id:tetsu7906:20210114093736j:image

 

非ジョーーーーに豊富なテレビラインナップ。


f:id:tetsu7906:20210114093726j:image

 

前後します、中身シフォンケーキ?


f:id:tetsu7906:20210114093620j:image

驚きとワクワク感がたっぷり詰まったホテルインディゴ・スタイルの温泉エクスペリエンス

👆ホテルHP抜粋 1階その場所へ。


f:id:tetsu7906:20210114093729j:image

 

これがいわゆる

温泉エクスペアリアンスというらしい。


f:id:tetsu7906:20210114093854j:image
f:id:tetsu7906:20210114093705j:image

 

3D??CG映像

あまりよくわかりませんが近未来的。


f:id:tetsu7906:20210114093744j:image

 

レモン水が置かれたなんとなく

中央セレブなソファー空間。


f:id:tetsu7906:20210114093847j:image

 

詳しくはHP参照・・・

 

hakonegora.hotelindigo.com

 

自室にガッチリ温泉があるので

エンタメ的要素のお風呂といったところが

ここの持ち味。

 

皆様こちらの足湯リバービュー

お気に入りの様子。


f:id:tetsu7906:20210114093623j:image

 

日没が迫ってくる。


f:id:tetsu7906:20210114093602j:image

 

するとこうなる。


f:id:tetsu7906:20210114093824j:image

 

庭園の暖炉と

ライトアップのコラボ。


f:id:tetsu7906:20210114093941j:image

 

部屋の壁面はモノクロの

クラシックな写真がベッタリと。


f:id:tetsu7906:20210114093817j:image

 

最近思うに。

大物ホテルは実は玄関の作りは

意外とこじんまりとしている説

2020年多くのホテルライフを

させてもらって気づいたこと。


f:id:tetsu7906:20210114093651j:image
f:id:tetsu7906:20210114093756j:image

 

チェックインカウンター及び

ロビー的な場所はこの雰囲気。


f:id:tetsu7906:20210114093914j:image

 

別館客室を繋ぐ通路。


f:id:tetsu7906:20210114093827j:image

 

日没バージョン・マイルーム露天風呂温泉。


f:id:tetsu7906:20210114093648j:image

 

自室露天風呂

コーヒーワーケーション。


f:id:tetsu7906:20210114093658j:image

 

夜が更けてくればそのパートナー

アルコールへと変化するわけであって。



f:id:tetsu7906:20210114093628j:image

 

誰にも邪魔されない空間で

「湯治ケーション」も可能なお部屋。


f:id:tetsu7906:20210114093555j:image

 

夜が明けたら

温泉饅頭でも食べながら

コーヒーを嗜むもよし。


f:id:tetsu7906:20210114093929j:image
f:id:tetsu7906:20210114093844j:image

 

朝ランしにフィットネス

行って汗を流すもよし。


f:id:tetsu7906:20210114093833j:image
f:id:tetsu7906:20210114093632j:image
f:id:tetsu7906:20210114093639j:image

 

もちろんしっかり

コロナ対策エチケットを守りながら


f:id:tetsu7906:20210114093645j:image

 

そして毎度の事ながら

代謝の上がったボディー

ご当地極上モーニングを流し込む。


f:id:tetsu7906:20210114093608j:image

 

「リバーサイドセット」神奈川ソーセージ

メインディッシュでしょうか。

 

セミビュッフェ形式で並べてみまして。


f:id:tetsu7906:20210114093944j:image

 

メインディッシュの到着。


f:id:tetsu7906:20210114093937j:image

 

なんかアメリカン航空

大陸横断路線AA1便で食べた

アメリカンブレークファイトを彷彿とさせる。

それを日本仕様に鮮やかに

仕上げたそんなメイン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ホテル・インディゴ。

IHGの出来立てほやほやホテル。

境遇は厳しくともハイレベルなホテル。


f:id:tetsu7906:20210114093917j:image
f:id:tetsu7906:20210114093612j:image

 

また、再び訪れる日を

 

「SEE YOU AGAIN」