LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

2018旅納め。13000円国際線ファーストクラスの旅(マカオ徘徊編)

 

 

本題までの前座をもう少し続ける。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

13000円国際線ファーストクラスの旅。

 

マカオ徘徊編。

 

 

マカオ(マック)を済ませて午前9時に活動開始。

 

目的は世界一周途中強制終了事件、その後立ち寄ったここマカオ

取り戻すべきだった航空券代8万円の回収。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

再チャレンジをして2018を締めくくるため。

 

f:id:tetsu7906:20190115081422j:image

 

スターワールドホテル前に行ってみる。

 

カジノホテルのシャトルバス。

 

始発はどうやら10時以降。

 

 

向かいのウィン・マカオの高級ブランド店を突き抜け。


f:id:tetsu7906:20190115081354j:image

 

ホテルのフロントに手荷物を預けて時間調整1番勝負。

ちなみにウィン。ここは手荷物預かりフリー。

www.wynnmacau.com


f:id:tetsu7906:20190115081350j:image

 

500HK$敗戦。

 

10時過ぎ。シャトルバスの時間合わせて対岸タイパ島へ向かう。

 

まだまだ建設ラッシュ、経済成長中のマカオが右手の写真からうかがえる。


f:id:tetsu7906:20190115081340j:image

 

バスでギャラクシー・マカオ

第二戦。前回の一発勝負で返り討ちにあった会場。

 
f:id:tetsu7906:20190115081429j:image

 

間違いなく。

悪趣味と言っていいヴィトン招き猫がお出迎え。


f:id:tetsu7906:20190115081357j:image

 

クリスマス仕様のギャラクシーマカオ各エントランス。

あっけなく敗退1000HK$


f:id:tetsu7906:20190115081432j:image

 

個人的に定番コースここからお隣徒歩ベネチアへ。

 


f:id:tetsu7906:20190115081404j:image

 

異常な混雑に嫌気がさし、中央突破してここは見送り。

12月のマカオは気温20度オーバー最適な気候。

 

 

ここからティーオブドリームへ梯子

 

第三ラウンド突入。


f:id:tetsu7906:20190115081326j:image

 

驚異の10連勝で3000HK$奪取。

連勝が止まった時点で逃げるように立ち去る。

 

はじめましてのスタジオシティー。バス待ち。


f:id:tetsu7906:20190115081416j:image

 

エッフェル塔に遭遇し、スタジオシティー

あのどぎつい観覧車見学のみで半島へ撤収。

www.studiocity-macau.com


f:id:tetsu7906:20190115081333j:image

 

バスを乗り継ぎ再びウィン・マカオ

 

1500ドル敗戦から1500ドル勝利で


f:id:tetsu7906:20190115081347j:image

 

命からがらこのギャンブル特別行政区から路線バスで立ち去る。

 

結果なんとか前回失った事故資金は回収して年納め。


f:id:tetsu7906:20190115081426j:image

 

マカオ側ボーダーの出国階。チケット売り場。

ここでの支払いプチ注意事項が1つ。マカオでありがちだがHK$出の支払い。

釣りはきっちりパタカでお返しです。


f:id:tetsu7906:20190115081419j:image

 

ということで使い道薄のパタカでボーダー内自販機でお買い物。


f:id:tetsu7906:20190115081402j:image

 

驚愕の3通貨使用可能自販機。ある意味ギネスではなかろうか。

とっていも一国の通貨であることには変わりないが


f:id:tetsu7906:20190115081336j:image

 

日が暮れる前に香港へ舞い戻る。

平日の16時前後それほどの混雑はない。

一応2階建てバスの場合も運用されいる模様。


f:id:tetsu7906:20190115081412j:image

 

とんぼ返りでヘビの道を折り返す。

別にベジータとの闘いが待っていつわけではない。

 

 

本題に向けて

 

続く。