LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

仙台発券?ジャカルタ行き片道11500円、フルキャリア実質無料の旅⑤(ジャカルタから以遠権フライト編)

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

いつものことながら弾丸

そして退却戦へ。

 

f:id:tetsu7906:20191208153734j:image

 

空港への復路は要領を覚えたので

近郊電車で行けるところまでいって

空港線の利用を最小に抑えるコストカット。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

そしてあまりいないこのパターンでの

アクセス


f:id:tetsu7906:20191208153709j:image

 

半値近くまで抑えられる裏技認定

いってもいい。1駅だけ空港線に乗る。


f:id:tetsu7906:20191208153832j:image
f:id:tetsu7906:20191208153717j:image

 

朝起きて向かった市内への道を巻き戻す。

再びターミナル3へ。


f:id:tetsu7906:20191208153641j:image

 

チェックイン

カウンターリスト。


f:id:tetsu7906:20191208153820j:image

 

日本便は深夜便に当たる模様

それは以前と変わらずか。 

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191208153748j:image

 

ということで退却戦と言いながら

折り返しの搭乗はこれ。


f:id:tetsu7906:20191208153823j:image

 

KLM

さすがにアムステルダムまで

行くことはできないので

以遠権フライトのクアラルンプールまで。

 

f:id:tetsu7906:20191210185004j:image

 

2時間少々の国際線フライト、

それもスカイチームを代表するキャリア。

ただし荷物のお預けなしはLCCレベル。

そのお値段が5000円。(イオンキャッシュバックCP中に付き4000円)

マレーシアへ飛べてしまう驚異の

以遠権フライト。これでひとまずKLへ退避。

 

スカイチームには縁のない平会員。

ましてや格安チケットの手配では

チェックインの行列は回避出来ず。

1時間近く待ったような・・・。

段取りはかなりスローリー。


f:id:tetsu7906:20191208153727j:image

 

やはりターミナル自体は

新しいT3


f:id:tetsu7906:20191208153758j:image

 

救いの

プライオリティパスラウンジはある模様。

 

www.prioritypass.com

 

以前の弾丸ファーストクラスのラウンジの件

があるので期待値は低い。


f:id:tetsu7906:20191208153814j:image

 

だいぶ余裕ある折り返し時間を要する

日系エアラインが並ぶ。

そこに挟まれたUAE


f:id:tetsu7906:20191208153745j:image

 

以遠権区間搭乗なれど一応ヨーロッパ便。

その搭乗口はほぼ真ん中。


f:id:tetsu7906:20191208153654j:image

 

そのラウンジの名はサファイア

まるでワンワールドの上級会員向けと

いわんばかりのネーミング。

 

f:id:tetsu7906:20191208153755j:image

 

期待はある意味裏切らないものの

LCC並みのキャリア利用で使えるラウンジは

やはりありがたい。


f:id:tetsu7906:20191208153720j:image
f:id:tetsu7906:20191208153713j:image

 

こんな具合のお食事がいただける。

にしても搭乗券にもう少しコストかけてほしい

初めてのKLMフライト。


f:id:tetsu7906:20191208153730j:image

 

搭乗時刻。すっかり日も暮れ

さすがに雰囲気も欧州系な感じ。

そしてさすがの777のキャパと言った感じ。


f:id:tetsu7906:20191208153801j:image

 

ちょっと気になった誰も突っ込まない

日本語案内。意味がわかればそれでいい。


f:id:tetsu7906:20191208153636j:image

 

大群衆で乗り込む

ひとなみの搭乗順。


f:id:tetsu7906:20191208153634j:image
f:id:tetsu7906:20191208153804j:image

 

アジア内の移動をしていることを

一瞬忘れるモニターにしても

おしゃれ度が高い。


f:id:tetsu7906:20191208153810j:image

 

京福岡程度だろうか。

本当に短いフライト。4000円。


f:id:tetsu7906:20191208153647j:image

 

エコノミー3-3-3の

ど真ん中指定は回避出来ず。


f:id:tetsu7906:20191208153751j:image

 

しかしUSBポートもモニターも良好。

コスパは高い。


f:id:tetsu7906:20191208153742j:image
f:id:tetsu7906:20191208153650j:image

 

イヤホンとお食事前の

おしぼり&テーブルクロスはセルフサービス。


f:id:tetsu7906:20191208153828j:image

 

お弁当型機内食の登場。

それははっきり言って


f:id:tetsu7906:20191208153624j:image

 

美味しい。接客、実は

とても丁寧だけにさらにおいしいKLM


f:id:tetsu7906:20191208153706j:image

 

WIFIも当然有り。

デルタ的なメッセージはフリーという仕組み。


f:id:tetsu7906:20191208153657p:image
f:id:tetsu7906:20191208153631p:image

 

水色のさわやかカラー機体が

夜のアジア間をフライトしている。


f:id:tetsu7906:20191208153807j:image

 

機長の放送もとてもダンディな感じで

総合的にとても印象の良いKLM初フライト


f:id:tetsu7906:20191208153645j:image

 

そんな気分でマレーシアに入国すぐさま

またしてもの空港泊。

KLIA2へ鉄道移動そこは。


f:id:tetsu7906:20191208153835j:image

 

「カプセルトランジット」

 


f:id:tetsu7906:20191208153627j:image
f:id:tetsu7906:20191208153702j:image

 

空港の1階の隅に設置された

プレハブ的な設備。


f:id:tetsu7906:20191208153738j:image

 

ロールカーテンで一応

しきりはされているのでプライバシーは

それぞれに保たれている。

こちらが1泊3300円のイオン2割引きで

2700円ほど。


f:id:tetsu7906:20191208153839j:image

 

ジャカルタの汗をKLで流してさくっと寝付く。


f:id:tetsu7906:20191208153842j:image
f:id:tetsu7906:20191208153724j:image

 

そして次の行程へと

 

続く。