LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

シンガポールトランジット第3国へ渡航。~初めましてLCC~

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

F1+夜景観賞に満足して

少し仮眠をとる。

0時前にホテルをチェックアウト。

 

理由は1つ。次の便の出発時刻が5時

という考えようには深夜便の残骸。

 

空港へアクセス出来る最終バスの時間は

0:02これより少し早めのバスを

狙って出発。

 

f:id:tetsu7906:20191227200558p:image
f:id:tetsu7906:20191227200536p:image

 

意外にとホテルの裏手側は親しみやすそうな

飲食店に歩行者天国が広がっていた衝撃

次回の課題へと先を急ぐ。


f:id:tetsu7906:20191227200507j:image

 

交通整理交通規制がまだまだされている市内。


f:id:tetsu7906:20191227200549j:image

 

マリオットの中からイケイケな音楽が

爆音で漏れているF1ナイト。


f:id:tetsu7906:20191227200514j:image

 

お向かいのラッフルズホテルさんは、

大人な静寂と高級車のコラボといった絵面。


f:id:tetsu7906:20191227200421j:image

 

F1帰りの観客集団とは逆走しながら

バス乗り場へ。


f:id:tetsu7906:20191227200454j:image

 

ドミトリー宿泊まりの客が高級ホテルの

前から乗車。36番バス空港行き

ほぼ定刻さほど混雑もなく到着。


f:id:tetsu7906:20191227200424j:image

 

概ね快調に真夜中のシンガポールを走り抜ける

メルセデスベンツバス。


f:id:tetsu7906:20191227200457j:image

 

空港へ向かう客は一人でした。

結局高級バスを最後は貸し切り。


f:id:tetsu7906:20191227200555j:image


f:id:tetsu7906:20191227200616j:image

 

深夜1時、こんな時間のターミナルに

活況があるわけでもなく。

2夜連続深夜の空港をうろつく不審な日本人。


f:id:tetsu7906:20191227200428j:image

 

これジュエルです。

水が完全に無い状態。ある意味レアな

これ噂のあのジュエルです。


f:id:tetsu7906:20191227200522j:image

 

チェックイン時間までまだもう少し

時間がある。

便利すぎる搭乗案内ディスプレー。

 

そして今回乗るにはこれ。

f:id:tetsu7906:20191227200450j:image

 

インドのLCC、その名の通りの

「インディゴ・エアー」

真夜中のインディゴ4兄弟が出発を連ねる。

 

www.goindigo.in

 

T2でチェックインそこまでの

案内カウンターまで親切にご案内。


f:id:tetsu7906:20191227200540j:image

 

T1名物?ぱたぱた発車案内の前で待機。

こんな時間はインディゴかスクートか。

そんな時間らしい。いやSQはT3か。


f:id:tetsu7906:20191227200544j:image

 

こちらチェックインカウンター

結構本数有った割に空いている。


f:id:tetsu7906:20191227200501j:image

 

コルカタとデリーが

現在チェックイン対象時間。

 

f:id:tetsu7906:20191227211220p:image

 

当然インディゴにアーリーチェックイン

なんてものは存在しない。


f:id:tetsu7906:20191227200623j:image

 

3時間50分前チェックインとやや早め良心的。

 

f:id:tetsu7906:20191227211244j:image

 

ということで今回の行先は

インド・チェンナイ

運賃はこちらイオン割効かせて

10000円を下回る価格。

 

とりあえず無事チェックイン完了

スタミナ確保のため足早にラウンジを目指す。


f:id:tetsu7906:20191227200510j:image

 

直近の「sats」ラウンジで

シャワーを浴びる。

 

www.prioritypass.com


f:id:tetsu7906:20191227200447j:image

 

 軽食と睡眠ビア

を投入して仮眠をとる。


f:id:tetsu7906:20191227200431j:image

 

御覧のように深夜のラウンジは

空いているわけでご利用は3時間制限。


f:id:tetsu7906:20191227200619j:image

 

定刻での出発ゲートにむかって


f:id:tetsu7906:20191227200519j:image

 

そして機内へこの迫力。

 

ひさびさびびりました。この統一感のある

乗客パターンとパンパンの荷物棚。


f:id:tetsu7906:20191227200434j:image

 

土曜の早朝便、おそらく祖国に

帰る人でいっぱいなのであろう。


f:id:tetsu7906:20191227200610j:image

 

インディゴ就航先リスト。

いつの日か日本にやってくる日が

あるだろうか。


f:id:tetsu7906:20191227200503j:image

 

カラーリングは結構おしゃれな感じのある

インディゴA320


f:id:tetsu7906:20191227200530j:image

 

シートピッチいわずもがな

絶望的で4時間少々のフライト。


f:id:tetsu7906:20191227200444j:image

 

ベンガル湾の上空を

ただひたすらに北西に飛ぶ。


f:id:tetsu7906:20191227200552j:image
f:id:tetsu7906:20191227200613j:image

 

なんかいい感じです手土産片手に

地元に帰るんです。

みんなで楽しくおいしくいただきます。

的な空気を感じる免税品。


f:id:tetsu7906:20191227200533j:image

 

ちょっと滞在の都合トラブりかけましたが。

なんとか入国。このパターンでやってくる

日本人なんて皆無にちかかったので

若干対応に困ったのでしょう。


f:id:tetsu7906:20191227200602j:image
f:id:tetsu7906:20191227200440j:image
f:id:tetsu7906:20191227200527j:image

 

よくわからない

多くのものに歓迎され


f:id:tetsu7906:20191227200606j:image

 

あれよあれよと外に放り出されてしまった

感じ・・・。そして最初に事件に直面する。

 

続く。