LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

往復航空券総額8120円~0泊3日香港へ~⑥(定番夜景編)

f:id:tetsu7906:20171207181518j:image 

 

日没17時半。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

少しずつ街並みの人込みの混雑が顕著になってくる時間。

 

午前中に立ち寄った「JCBプラザ」の無料手荷物預かりサービス

 

閉店18時に合わせて受け取りに。

 

道路を挟んで向かいの

まだまだ新しいショッピングモール

「ハーバーシティ」の中へ。

 

www.harbourcity.com.hk

 

手荷物(リュックサック)を移動させる。

 

 

ここからは有料コインロッカーでお世話になる。その移動は徒歩3分ほど。

 

f:id:tetsu7906:20171207181255j:image

 

小型で2時間150円ほど。

比較的良心的なお値段といっていいと思われる。

 

f:id:tetsu7906:20171207181319j:image

 

www.hongkongnavi.com

 

このプラザ&シティーの合わせ技おすすめである。

コインロッカーの使い方は日本と変わらず。

当然のオクトパス対応なので簡単に使える。

300円もあれば9時から~22時まで手荷物フリー。

宿無しの日帰りの旅人に一押しのプランである。 

 

再びに身軽になって近辺をぶらり。昔いった「重慶マンション」裏の雑貨屋を探すもおそらく閉店、発見出来ず。

 

 f:id:tetsu7906:20171207181421j:image

 

早めの晩ご飯に「池記」ド定番のエビ入りワンタン麺を。

 

www.hongkongnavi.com

 

相席で単品でさくっと食べる。一杯600円程度ボリュームにかけるが味と触感は記憶に残る、さすがにそれなりの有名店。18時半数人待ち程度の混雑で利用。

 

f:id:tetsu7906:20171207181400j:image

 

19時頃、コンビニでコーヒーとフェリー乗り場前でエッグタルトを購入しビクトリアハーバー沿いで夜景を眺めつつ飲み食いしながら程よい気温と湿度の海風を浴び小一時間ゆったりとする。

 

f:id:tetsu7906:20171207181623j:image

 

夜の「ビクトリアハーバー」。何度も見ているギネスの夜景は見飽きそうで見飽きない。流行りの言葉を使うならダイバーシティー満載の香港を感じるふさわしい場所の一つ。

 

あとは20時の無料ギネスショー

「世界最大の光と音のショーシンフォニーオブライツを適当に鑑賞する。

 

シンフォニー・オブ・ライツ | 香港政府観光局

 

f:id:tetsu7906:20171207181655j:image

 

10分少々の夜景と光と音楽の演出を楽しみ、そのあと辺りをぶらりとすると謎の劇団員風の小集団の撮影。よくわからないがここの良さは、こうやって質の高いストリートパフォーマーについでにたくさん出会えることでもある。

 

f:id:tetsu7906:20171207181805j:imagef:id:tetsu7906:20171207181815j:image

 

かくしてハーバープラザに戻りコインロッカー終了時間22時の30分前に再び手荷物を受け取り22時。リュックサック1つ担いで夜の街へ。

 

次回0泊3日香港の旅最終回へ

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

続く。