LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

セーフティビデオで世界一周。オリコンならぬSV再生ランキング!(前編)

 

新世界向かう航空会社の

『安全なフライトの在り方』

について様々な憶測が飛び交う昨今。

 

これまで世界中の航空会社がつくりあげてきた

「Safety Video」

(以下SV)

今回はこれについて振り返りまとめてみたい。

 

独断と偏見ってやつで

地球を繋ぐエアラインズの個性ある映像

ユーチューブ再生数でランキングにしてみた。

注1:各社公式サイトから投稿されている動画のみ対象

注2:重複した航空会社は最多回数のみ対象

 

ということで前編は

 

第20位~11位まで

 

ご紹介!

 

Cathay Pacific Inflight Safety Video

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

実写とアニメーションを交えたタイプ。

香港ご自慢のラウンジから始まり

広東語と英語の二か国言語。

会社規模にしては意外と控えめなつくり。

 

362,346 回視聴
2016/01/04
 

 

 

www.youtube.com

 

Delta Global Safety Video

 

「あいさつをモットーとしてます!」

と言わんばかりの多言語ご挨拶にはじまる。

アメリカ大手、さりげないCGを加えながらも

極めて真面目な真剣な内容。

 
393,000 回視聴
2016/06/02

 

www.youtube.com

 

KLM Flight Safety

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

地元デルフト陶器を前面に押し出してくる

さりげないビジネス上手のヨーロッパ系

でもやっぱりアジア人の心をがっちりつかむ

アニメーションと言っていい。

金髪美女のアナウンスで最後は締める。

 

393,534 回視聴
2015/10/16
 

 

 

www.youtube.com

 

[VietnamAirlines] Inflight Safety Demonstration - Boeing 777

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

2012年製とはいえ、THE社会主義国家映像

という空気感はいなめない。

これが安全ビデオの基本ですと

言わんばかりの内容。ゲームボーイ

出てきたりする。アニメーションやや

恐怖感あり。

453,132 回視聴
2012/12/06
 

 

 

www.youtube.com

 

Bangkok Airways Safety Demonstration

 

ついには旅客機前駐機場でダンスし

アイドル路線で注意を引き付ける確かな戦略。

最後までしっかり見ないと再び彼女らに

出会えない設定。これぞ観光大国タイ王国の力

609,172 回視聴
2012/06/01
 

 

 

www.youtube.com

 

Trip: The Virgin Atlantic Safety Film

 

苦境のバージン・アトランティックが

てがけるSV。アニメーションが

しゃべっちゃうところが特徴的。

シートベルト締め付けられちゃうあたりが

素敵です。海外のアニメらしさ全開の

センスありビデオ。

 

679,189 回視聴
2014/02/24
 

 

 

www.youtube.com

 

Qantas Safety Video 2016

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

広大な大地を所有していますアピールから。

アクティビティ大国。地元の暮らしを紹介

しながらさりげなく自然を盛り込み伝えていく

SV、BGMも中々いい感じで世界一安全な

航空会社の落ち着きある内容はさすがです。

どうみてもオーストラリアに

行きたくなってしまう映像美。

 
680,928 回視聴
2016/02/03

 

www.youtube.com

 

#HainanAirlines

 

中国系新生エアラインの登場。どうみても

下手な映画よりお金かかってますという

トイストーリーを彷彿とさせるような

浮き出てくるような美しい

CGアニメーション。

想像を超えてくる乗客達の動きがもはや

カオス。墜落しちゃう辺りも

リアリティー満載。これはこれであり!

 

Hainan Airlines Fun Cartoon Safety Video - Don's air adventure 阿唐的空中奇遇

 

1,128,612 回視聴
2017/05/06
 

 

 

www.youtube.com

 

Corendon Airlines I Safety Video

 

日本では全く無名ながらも前半上位に

食い込む実力派トルコのレジャー航空会社

終始笑顔の絶えない人々の映像と観光アピール

がもはやメインの内容。リゾート感出すぎてて

本題が全く入ってきません。

バカンスってこうやって過ごすらしい。

しまいにはなんと機内でプロポーズシーンが

ご覧いただけます。必見のラストシーン!

ハイレベルSV!

1,186,012 回視聴
2016/01/19
 

 

 

www.youtube.com

 

SriLankan Airlines In-flight Safety Video

 

まさかのここでスリランカ航空。

アニメーションタイプ。ローカル感満載の

個性派キャラがひかる。宗教宗派をこえた

シンプルかつ適切な内容。

 

1,325,251 回視聴
2014/05/03
 

 

 

www.youtube.com

 

どうだったろうか?

 

お気に入りが1つでも見つかっただろうか?

 

セーフティビデオだけで

 

航空会社のお国ながら、

センスやその土地の魅力まで

楽しめてしまう。ちょっとした

小(海外)旅行した気分になって

いただけたなら幸い。

 

さぁここから

 

大混戦のSVランキング

 

後編へと続く!

 

STAY HOME ならぬ STAY HOTEL 推奨(高級シティホテル編)

 

粘り強く

 

続ける

 

ホテルステイ・ネタ。

 

これにて第4シリーズ目か。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ホテルでの休日の過ごし方。


こんな使い方として

最適なのが街のど真ん中にある
「シティホテル」というジャンル。
 

そこは大阪ミナミのど真ん中に

鎮座する4つ星ホテル。

 

f:id:tetsu7906:20200510162029j:image

 

見ての通りの地下鉄なんば駅直結

というより直上にそびえるホテル。

新歌舞伎座の意匠を継承して

建てられたらしい。

 

なんとも大胆なデザインのホテル。


f:id:tetsu7906:20200510161913j:image

 

正面より対面その入口。

 

その名も「ホテルロイヤル

クラシック大阪」と言う名のホテル。

 

hotel-royalclassic.jp


f:id:tetsu7906:20200510161721j:image

 

自動ドアを開けるとそこに受付があり

ホテルのご案内エレベーターへの誘導がある。


f:id:tetsu7906:20200510161807j:image

 

建物の構造はエレベーターボタン参照。

20階建てのフロントはその中間


f:id:tetsu7906:20200510172523j:image

 

難波の街の東側が一望できる

スカイビューのフロントフロア。

扉が開くとそこでさらなる

チェックインのお出迎えがある。


f:id:tetsu7906:20200510161937j:image

 

今回は12階のお部屋にチェックイン。

エレベーターフロア。

ミュージアムホテルという別の顔を

もつだけあってさりげなく現れる

美術品が高級ホテルステイ感を倍増させる


f:id:tetsu7906:20200510161902j:image
f:id:tetsu7906:20200510161732j:image

 

廊下・通路の広さがホテルの

器の大きさを表すという勝手な推測。


f:id:tetsu7906:20200510161958j:image

 

飾らないシンプルすぎる客室の扉は

非常に好印象そして期待値を高める。


f:id:tetsu7906:20200510172556j:image

 

扉を開けるとその景色は大阪ミナミの

西側の街風景を貫いている。


f:id:tetsu7906:20200510161839j:image

 

シティホテルの魅力。

まるでその街のタワーマンション

一夜限りの世帯主になったかのような

錯覚に陥ることができる事。


f:id:tetsu7906:20200510161910j:image

 

ツインベッド手前から外に向かって1枚。


f:id:tetsu7906:20200510162015j:image
f:id:tetsu7906:20200510161944j:image

 

とあるユーチューバー曰く。「良きホテルには

必ずボトルウォーター有り。」

だそうだ。そして意外と良心的価格の

有料備え付けドリンク類。


f:id:tetsu7906:20200510161917j:image

 

加湿機能付空気清浄機、この辺りの装備は

もはや中級ビジネスホテルでさえも

常設になりつつある装備。

特筆すべき点ではない。


f:id:tetsu7906:20200510161712j:image

 

すっきりテーブルのうえには

美術的雑誌等々が並ぶ。

ちょっと異色のカラーを見せるホテル。


f:id:tetsu7906:20200510161836j:image

 

ベッドの奥にもこんなさりげない演出。


f:id:tetsu7906:20200510161907j:image

 

アメニティ群に移る。


f:id:tetsu7906:20200510162008j:image

 

特徴はこの「PANPURI」(パンピューリ)

タイスパを起源とした、

ナチュラルスパブランド。

 

こんなこだわりのアメニティが

しっかり備え付けられている。

 

panpuri-store.com

 

インド・デリーの高級シティホテルが「KAMA」や「TWG」とコラボするように

これが世界標準ということなのか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200510161801j:image

 

もちろんシャワー・バスルームにも

固定のアメニティもある。


f:id:tetsu7906:20200510162022j:image

 

引き出しをあけていくと。

癖のある、いや酒好きのための

ドリンクとグラスが誘惑をしてくる。


f:id:tetsu7906:20200510162025j:image

 

ワイングラスが収納された引き出しは人生初。


f:id:tetsu7906:20200510161843j:image

 

あとは簡易つまみが備え付け。


f:id:tetsu7906:20200510161751j:image

 

着心地抜群のルームウェア。


f:id:tetsu7906:20200510162019j:image

 

タンス仕様の収納


f:id:tetsu7906:20200510161829j:image

 

こんなミナミの一等地で

風呂から客室を貫いて街並みが見える。

 

そんなシティホテルライフ。

 

この場所に居座らない理由はない。


f:id:tetsu7906:20200510161953j:image

 

ツインベットの奥には

ソファーベッドが窓側に置かれている。

転がって外の景色を眺めながら

夕日を見るも良し。うたた寝するもよし。


f:id:tetsu7906:20200510161747j:image

 

もちろん機能性も抜群なホテルであって

ベッドわきのタッチパネルで

だいたいのコントロールが出来てしまう。


f:id:tetsu7906:20200510172716j:image

 

何インチあるんだいうレベルの大型テレビでは

国外含め日・米・中・韓のテレビが

視聴できる。国際標準。


f:id:tetsu7906:20200510161934j:image

 

こうやってみると我が家ですと。

言いたくなるような。インテリア。


f:id:tetsu7906:20200510161717j:image
f:id:tetsu7906:20200510161754j:image
f:id:tetsu7906:20200510161810j:image

 

大阪ドームと南港、

その奥には六甲の山並み。とても美しい。

贅沢なサンセットの時間。


f:id:tetsu7906:20200510161739j:image

 

夕日の照らされた

その部屋の奥行を強調する。


f:id:tetsu7906:20200510161757j:image

 

そして日没。

息をのむほどの美しい

都市の夜景がそこに映し出される。


f:id:tetsu7906:20200510161726j:image

 

きっとそこには上質な眠り

町のど真ん中であなたを包み込むことだろう。

これが私のすすめるの

シティホテルライフ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

緊急事態宣言解除直前、関西国際空港(KIX)の「今」を切り取った写真集。

 

今回はブログというよりも

むしろ写真集というくくりで

みていただきたい。

 

コロナウイルス感染防止のための

緊急事態宣言。

 

2020年5月21日

その宣言の解除された日、

お昼前後の関西国際空港の風景

お伝えしたい。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

数多くの「KIXファン」の方から

したら信じられないような光景という表現が

妥当かはわからないが、この歴史的風景

今後どうなっていくのか?

再び元の姿を取り戻すのか、はたまた

別次元の世界へと新たな道を切り開くのか。

 

少なくともこんな1日が関西空港にあった

という事を記憶の片隅に残していただけたら

幸い。

 

では。

 

簡単に淡々と

撮影箇所及び撮影時間

それに一言を記載していく。

 

1.

JR改札前から切符売り場(10:20)

~視界ヒト、ゼロに始まる~

 

f:id:tetsu7906:20200521122041j:image

 

2.第1ターミナル側からエアロプラザ側

(10:21)

~到着して1分以内にヒトが掃ける空港駅~


f:id:tetsu7906:20200521122107j:image

 

3.

駅前両替所「Travelex」(10:20) 

~国際線の飛ばない国際空港~


f:id:tetsu7906:20200521121825j:image

 

4.南海駅東側カート置き場(10:21)

~行き場を失うカート群~


f:id:tetsu7906:20200521122011j:image

 

5.2階北側4階行きエスカレーター

(10:23)~必要性を失った移動手段~


f:id:tetsu7906:20200521121729j:image

 

6.1階北奥到着フロア(10:23)

~まるで海外のような薄暗い照明~


f:id:tetsu7906:20200521121907j:image

 

7.2階北エスカレーター下国内線出発案内

(10:24)

~キャンセルを知らせるための案内モニター~


f:id:tetsu7906:20200521122133j:image

 

8.2階北エスカレーター前から中央

(10:24)

~床の輝きが関空の美しさをこんな形で証明~


f:id:tetsu7906:20200521121923j:image

 

9.2階「KIX AIRPORT LOUNGE」

(10:25)

~待てども待てども搭乗便は来ず~


f:id:tetsu7906:20200521121845j:image

 

10.2階国内線北出発(10:25)

~保安検査すべきヒトもモノも無し~


f:id:tetsu7906:20200521121946j:image

 

11.2階町屋小路北から中央(10:25)

~注意書きは多数あるも人影無し~


f:id:tetsu7906:20200521121920j:image

 

12.2階町屋小路通路からフードコート

(10:25)~初めて見るフードコートに

かかるシャッター~


f:id:tetsu7906:20200521121732j:image

 

13.

2階国内線到着フロア北側通路からスタバ

(10:27)

~貴重すぎるスターバックス再開直後~


f:id:tetsu7906:20200521121828j:image

 

14.2階国内線到着出口前(10:27)

~微かに呼吸を続ける国内線~


f:id:tetsu7906:20200521121914j:image

 

15.2階町屋小路南から中央(10:28)

~空港で人とすれ違う事のない感覚~


f:id:tetsu7906:20200521121716j:image

 

16.2階国内線南出発(10:29)

~立ち入り禁止、そして照明ダウン~


f:id:tetsu7906:20200521121859j:image

 

17.2階日本航空チェックインカウンター(10:30)~日本屈指の空港、日本屈指の

エアライン閉店中~


f:id:tetsu7906:20200521122058j:image

 

18.2階日本航空チェックインエントランス(10:30)~地方空港並みの雰囲気~


f:id:tetsu7906:20200521121949j:image

 

19.2階ジェットスタージャパン

チェックインエントランス(10:31)

~文句なしの全便欠航~


f:id:tetsu7906:20200521121841j:image

 

20.2階南ジェットスター前から中央

(10:32)

~チェックインの待ち人はおらず~


f:id:tetsu7906:20200521122000j:image

 

21.1階南到着出口から中央(10:34)

~どのフロアへ行っても

同じ空気が流れるだけ~


f:id:tetsu7906:20200521121818j:image

 

22.1階南国際線到着出口前(10:35)

~運航はたった1便、降車確認は

パイロットのみ~


f:id:tetsu7906:20200521122007j:image

 

23.1階北任天堂展示前(10:37)

~動物の森ブームとは対称的~


f:id:tetsu7906:20200521121725j:image

 

24.1階北国際線到着出口前(10:38)

~必要のないモニターは消灯~


f:id:tetsu7906:20200521121835j:image

 

25.1階外北団体バス乗り場から北ウイング(10:41)

~団体が訪れる日はいつの日か~


f:id:tetsu7906:20200521122033j:image

 

26.

4階北国際線Cチェックインカウンター前

(10:44)

~こんな日が来ることを想像出来ただろうか~


f:id:tetsu7906:20200521122024j:image

 

27.4階国際線北出発1保安検査場

(10:45)~到着同様北は閉鎖~


f:id:tetsu7906:20200521121943j:image

 

28.4階保安検査場前北から中央へ

(10:46)

~遥か彼方まで見渡せるフロア~


f:id:tetsu7906:20200521121911j:image

 

29.4階Fチェックインカウンターから南

(10:48)

~ここまでくるとホラー映画に近い~


f:id:tetsu7906:20200521122004j:image

 

30.

4階Fチェックインカウンターから西側ベンチ

(10:48)

~スーツケース広げて荷物を

積み込んでいる人々の残像~


f:id:tetsu7906:20200521121956j:image

 

31.4階Fチェックインカウンターから北

(10:48)

~「だるまさんが転んだ」でも

するしかない場所~


f:id:tetsu7906:20200521121933j:image

 

32.4階国際線南出発3保安検査場

(10:49)

~出発便ゼロ、それでも構える検査場~


f:id:tetsu7906:20200521122028j:image

 

33.4階国際線出発案内(10:49)

~もはや表示する意味を失っている~


f:id:tetsu7906:20200521121831j:image

 

34.4階国際線西側から出発3保安検査場

(10:51)

~あまりに寂しすぎる国際線フロア~


f:id:tetsu7906:20200521121927j:image

 

35.4階外北搭乗ゲート(10:55)

~乗客を待つ旅客機では決してなく~


f:id:tetsu7906:20200522173238j:image

 

36.

3階飲食ショッピングエリア西通路南から北

(10:59)

~従業員のための従業員によるフロア~


f:id:tetsu7906:20200521121822j:image

 

37.3階中央東ココカラファイン

(11:01)

~ラストスパート旧お土産買い込みコーナー~


f:id:tetsu7906:20200521122045j:image

 

38.3階中央西ぼでぢゅう前(11:01)

~KIXユーザー常連の家~


f:id:tetsu7906:20200521122113j:image

 

39.3階南「神座」前(11:06)

~店内飲食できる数少ない飲食店~


f:id:tetsu7906:20200521121850j:image
f:id:tetsu7906:20200521121712j:image
f:id:tetsu7906:20200521121838j:image

 

40.2階エアロプラザ正面(11:39)

~無敵の24時間営業ローソンは健在~


f:id:tetsu7906:20200521121952j:image

 

41.2階元無料休憩室&シャワールーム前(11:39)~コロナの影響で完全閉業へ~


f:id:tetsu7906:20200521122036j:image

 

42.3階飲食フロア中央から北

(11:41)

~安定の庶民の味を提供するゾーン~


f:id:tetsu7906:20200521122020j:image

 

43.2階空港駅南から第2ターミナル

(11:37)

~冴えわたる青、行き場を失う桃~


f:id:tetsu7906:20200521122053j:image

 

44.

1階エアロプラザ南1タ連絡バス乗り場前

(11:52)~やむなしの減便体制~


f:id:tetsu7906:20200521121930j:image

 

45.ターミナル間連絡ベンツ連接バス車内

(12:01)

~当然満員御礼となるのは過去の話~


f:id:tetsu7906:20200521121853j:image

 

46.

連絡バス車内から第2ターミナル南駐機場

(12:02)

~朝一で2タにやってくる時の

風景…ではない~


f:id:tetsu7906:20200521122017j:image
f:id:tetsu7906:20200521121708j:image

 

47.第2ターミナル国内線ゾーン

(12:05)

~スタンションの多さが寂しさを増幅させる~


f:id:tetsu7906:20200521121939j:image
f:id:tetsu7906:20200521121936j:image
f:id:tetsu7906:20200521121856j:image

 

48.第2ターミナル国際線ゾーン

(12:08)

~もう二度と見たくない旅人殺しの地獄絵図~


f:id:tetsu7906:20200521121720j:image
f:id:tetsu7906:20200521122110j:image

 

最後に

HPより

当日の始発兼最終の1便案内

 

f:id:tetsu7906:20200521122428j:image

f:id:tetsu7906:20200521122308j:image

 

以上が

2020年5月21日緊急事態解除直前

関西空港の1日の1部時間を

切り取った風景である。

 

ほんの数か月前まで外国人、特にアジアの

玄関口として賑わっていたこの場所が

ここまで変貌してしった様子を

ご覧いただけたのではないだろうか。

 

旅行好きで

あろうが

なかろうが

 

ただただこの現実をお知らせしたい

という思いで作らせていただいた

「空港写真集」である。

 

終わり。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ドーミーインでおうち時間→ホテル時間(前向きに、コロナせいで✖️コロナのおかげ◯)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

ホテルステイライフシリーズ。

 

今回はコロナせい

というネガティブな考え改め

「コロナのおかげ」

というにふさわしい内容。

 

 

 

 

その滞在ホテルは

「ドーミーイン・

global cabin浜松」さん

 

www.hotespa.net

 

ドーミーインの

個人的イメージは

大浴場(温泉)付きホテルの先駆け。

「夜泣きそば」のサービスが

地味に好評のホテル!

 

このキャビンタイプのホテルが

楽天クーポン併用と開業1周年記念プラン

組み合わせで格安で泊まれる

とのことだったので予約。

 

f:id:tetsu7906:20200515023719j:image

 

いわゆるカプセルホテル型のホテルに

3000円プランがクーポン2000円引き

1000円で泊まれる

との内容で即決予約。

 

 

f:id:tetsu7906:20200515023722j:image

 

ところが・・・。

ドーミーインさんの方針により

一部ホテルの休館が決まり

振替のお電話をいただく。

近場のホテルの提案をいただくが…

特に大きく決めていたなかった

東海エリア滞在予定であったので

名古屋にあるホテルを

ざっくり振り替えていただく。

 

この辺りは大阪の東急ホテルズスーパーホテルなんか(※振替といいつつ差額を徴収)とは

違ってコロナによる休館に対する対応は

最も優れていたホテルと言っていい。

器の大きいホテルドーミーインと絶賛したい。

 

ということで

今回振替ていただいたホテルが

こちら。↓↓↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200512043813j:image

 

キャビンタイプのドーミーインから

プレミアムに。JALで言うところの

エコノミーからプレミアムエコノミー

アップグレード

で宿泊させていただいた。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

立地は名古屋のど真ん中、栄にある

「ドーミーイン

プレミアム名古屋栄」

  

www.hotespa.net

 

客室は極めてシンプル。


f:id:tetsu7906:20200512043800j:image

 

室内着というか館内着。


f:id:tetsu7906:20200512043711j:image

 

入ってすぐ洗面台、最近のホテルステイに

必須のカップコーヒーがチェックイン時に

いただけるのは非常にありがたい。


f:id:tetsu7906:20200512043739j:image

 

テレビに加湿器付き空気清浄機。

ホテルライフの定番メニュー。


f:id:tetsu7906:20200512043708j:image

 

ベッドわきに椅子がポツンと一脚。


f:id:tetsu7906:20200512043715j:image

 

大通りに面した西側ビュー。


f:id:tetsu7906:20200512043704j:image

 

緊急事態宣言延長宣言前

若干一部の機能に制限がかかっていたものの。


f:id:tetsu7906:20200512043746j:image

 

自慢の風呂と朝食は健在。


f:id:tetsu7906:20200512043808j:image

 

そこにはほぼチェックアウトまで

好きになように利用できる

天然温泉が都会のど真ん中

にあるわけであって。


f:id:tetsu7906:20200512043825j:image
f:id:tetsu7906:20200512043757j:image

 

新規予約中止中。時期的に

誰にも風呂で遭遇することもなく。


f:id:tetsu7906:20200512043732j:image

 

例え客室に浴槽が無かったとしても

貸し切り温泉大浴場

そこにはあるのである。


f:id:tetsu7906:20200512043753j:image

 

建物の内側に空が見渡せる

吹き抜けの露天風呂があり。


f:id:tetsu7906:20200512043652j:image

 

もはや個別用のサウナさえある

コロナリモートワークステイ的ホテルライフ。


f:id:tetsu7906:20200512043742j:image

 

全員が自粛して全員が緩んだら

結局一緒なわけで

人間なんだから時と場を使い分けて過ごす

そうやって生きることが出来る素晴らしさを

いまこそ再認識するべきなんじゃないかと

思いながらこの貸し切り風呂につかる。


f:id:tetsu7906:20200512043804j:image
f:id:tetsu7906:20200512043658j:image

 

2Fの温泉前には

フリースペースがあって

広くてきれいな喫茶スペースになっている。


f:id:tetsu7906:20200512043723j:image
f:id:tetsu7906:20200512043829j:image

 

大きなテレビがあってコーヒーお茶なんかが

フリーで飲めてコンセントありの

ワーキングスペースが温泉と隣り合わせ

というすばらしさ。これが

都心温泉的ビジネスライフ

として使われていないことがあまりに悲しい。


f:id:tetsu7906:20200512043726j:image

 

3名どころが誰一人出会うことのない浴場。

でもしっかりこんな配慮をしたうえで

営業されています。


f:id:tetsu7906:20200512043840j:image

 

そして同じく2Fにはお隣レストラン「Hatago」

こちらも続けてくれていました

「夜泣きそば」


f:id:tetsu7906:20200512043736j:image

 

ただのシンプル醤油ラーメンではあるのだが。

なぜかこの21時過ぎにいただく

いっぱいのほぼかけそばの旨さ。

ドーミーインマジックなのである。


f:id:tetsu7906:20200512043720j:image

 

何度言っても誰にも出会う事のない風呂。

本当に快適に過ごさせていただきました。


f:id:tetsu7906:20200512043843j:image

 

翌朝。今回の変更の件で

朝食をつけていただけてまして。

翌朝同じくその会場へ

 

 

ドーミーインの朝食もそこらの

ビジネスホテルとは別格のレベルの高さ

というイメージがあったがこれまた

こんな時期でもそれは健在。


f:id:tetsu7906:20200512043749j:image

 

選べる各種ライス。


f:id:tetsu7906:20200512043837j:image

 

ご当地ご飯。


f:id:tetsu7906:20200512043817j:image

 

小分けにラッピングされた

ビュッフェメニューへの気遣い。

コロナがあろうがなかろうが決して低下しない

そのサービスレベルの高さ

感服しながらおいしくいただきました。


f:id:tetsu7906:20200512043821j:image
f:id:tetsu7906:20200512043729j:image
f:id:tetsu7906:20200512043648j:image

 

チェックアウトは11時

日本標準の10時+1それまで

食後ゆったりと過ごさせていただきました

 

 

「ビジネスホテルの

価値観を変えるクオリティ」

 

間違いなく

☆トップレベルビジネスホテル

☆ドーミーインプレミアムの力

 

存分に堪能しました。

 

 

マイナポイントに備える。LINEアカウントとウォレットはお友達。きっちり使ってしっかり節約。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

生活ちょい

工夫ネタシリーズ。

 

「LINE」アカウント。

 

ただのメッセージ送受信用としか

使ってない人がまだまだ多数おられる

平和と信用がアピールポイント

 

「NOキャッシュレス社会JAPAN!」

 

どうせ毎日使っているLINE

 

そんな人は「LINE」アカウント右下にある

「ウォレット」にも着目して

いただきたい。

 

f:id:tetsu7906:20200515153656j:image

 

10万給付の波に乗り滑りに滑った国家戦略

 

マイナンバーカード」

 

強制普及にも今後関わる

キャッシュレスペイ比較的先駆者

 

www.nikkei.com

headlines.yahoo.co.jp

 

「LINE Pay」

 

アプリの上部にポイント

下部にチャージ金額が表示されている。

 

こいつが先月、制度改め

財布にランクを設定してきた。

条件は以下↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200515153651j:image

 

獲得したポイントによって

財布の素材が変わる的なイメージだ。

もってる(設定してる)だけで

レギュラーにはなっている。

 

 ちなみにそこらのコンビニセブンイレブン

130円のお茶を買うと50Pもらえるなんて

キャンペーンはざらにあるわけで。

 

f:id:tetsu7906:20200515153902j:image

 

つまりは少なくとも

このお茶を2本買うだけで100P

あっさり「シルバー」の財布へと

ランクアップするのである。

 

もちろん

ここで手に入れたポイントはそのまま ・・・

 

f:id:tetsu7906:20200515154328j:image

 

1ポイント1円

として利用できるのは当然の事つまり。

258円支払ったお茶2本は

158円相当で買えたわけで。

 

そのうえ。ここからが

ポイントのポイント!

 

f:id:tetsu7906:20200515153304p:image

 

表示はちょっとゴールドながら

シルバーだと思っていただき。

この財布クラブにはなんと

特典というものが存在する。

 

ここで見ていただくのは6枚となっているが

シルバーであれば先に戻っていただくと

わかるように特典クーポンの付与は3枚

表示されるそれは。


f:id:tetsu7906:20200515153308p:image

 

以下に示される

ちょいより道してしまうような店舗

「100円引きクーポン」に化けるのである。(※ただし当然差額支払いに制限あり。)


f:id:tetsu7906:20200515153255p:image
f:id:tetsu7906:20200515153300p:image

 

 つまり簡単にいえばこれらの店で

500円以内の買い物であれば少なくとも。

20%OFF以上の恩恵が

受けられるわけであって

シルバーであれば300円相当が

翌月には還元されるのである。

もちろんすき家納豆朝食

330円-100円の200円代(30%OFF)

でいただくもはやアジアの朝飯物価。

 

f:id:tetsu7906:20200515153231j:image
f:id:tetsu7906:20200515153226p:image

 

結局のところ

「LINEウォレット」をしっかり広げて

セブンイレブンお茶を2本買う。

100円のポイントバック

300円分のクーポン

 

「あなたの本物の財布の

負担を減らす」

 

というそんなお話。

朝マック、ちょいマックユーザー向け!マックひと手間無料節約術!!

朝の節約小ネタ。

 

現在絶賛テイクアウトのみ営業中の

 

マクドナルド。

 

通勤前、休日の朝等々根強い

朝マッカー(朝マックする人)は

このご時世でも多数おられることであろう。

 

マクドナルドと言えば

結構な数の人が利用している

このアプリ↓↓↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200511044508j:image

 

その使い道はもちろん

みんな大好きクーポン。

自分も含めきっちりこういうツールを

使っている人は多いはず。


f:id:tetsu7906:20200511044511j:image

 

特にこの朝マック定番メニュー。

ソーセージエッグマフィンセット。

(ハッシュポテト+Mドリンク)こちら定価は

なんと450円もするんですね。

それがまさかの100円引き

これって割引率にして20%

余裕でこえてくるんですね。

10%消費税の現代社会において

この割引率は馬鹿にならない。

 

ここまでは結構浸透された

利用率の高いツール。

 

350円。悪くはないモーニングコスト。

 

もう少し引っ張ってみたい

 

それがこれ。↓↓↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200511044504p:image

 

『KODO』という名のアプリ。

店頭でも見かけたことのある人が

多数だが意外とスルーしている。

アンケートアプリである。

なんとなくめんどくさいオーラを

だしているあれ。

なんのためにとかそんなことは

どうでもよくて。

 

f:id:tetsu7906:20200511044613j:plain

 

報酬として翌日以降ご利用いただける

無料クーポンをさしあげます。

という割引ではなく

フリークーポン提供アプリである。

 

www.mcdonalds.co.jp

 

回答はアプリから利用した店舗を選ぶ。

正式には過去に利用している店舗、

その利用の評価をすすめるが

決定的なレシートやら証拠を

もとめた内容の入力はない。

 

なので以下のように

淡々と回答をしていくだけ。


f:id:tetsu7906:20200511044616p:image
f:id:tetsu7906:20200511044623p:image

 

一心不乱

アンケート回答時間30秒ほど。


f:id:tetsu7906:20200511044619p:image

 

このひと手間

前日の24時日付変更までに入力しておけば


f:id:tetsu7906:20200511044627p:image

 

御覧のようなフリークーポンが

「KODO」アプリの中に到着している。

有効期限は2週間。同一店舗では月に

1回までという条件付きなので

月1朝マックに一品添えるという方のためには

極めて有効である。

 

f:id:tetsu7906:20200511044803j:plain

 

ということでこの無料クーポンを朝マック

締めのコーヒーにでも使ってみれば

「ソーセージエッグマフィンセット」350円

-「Sサイズコーヒ」ー100円

250円

 

www.mcdonalds.co.jp

 

気分的には

200円代の朝マックの完成である。

 

f:id:tetsu7906:20200511131357j:image

 

都市部のマクドナルドが乱立するエリアで

あれば相当数のマクドナルドが選択できるので

正直1か月使いまわすこともできる。

もしくわ・・・。

この先、あの駅で待ち合わせがあるなとか。

あそこでちょっとした空き時間出来るなど計画

されているなら今流行りのちょいマック

に組み合わせていくも良し。

 

www.ssnp.co.jp

 

www.mcdonalds.co.jp

 

マックコーヒー

時にフリーで提供されるぐらいの代物。

時に100円時にプライスレス。

自分のタイミングで有効に使いたい

 

そんなお話。

~旅の目的地は航空券の価格次第~そんな旅人が巣ごもり読書「自分の時間を取り戻そう」【ブックレビュー②】

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

まだまだ

自粛体制継続中ニッポン。

 

若干世界から批判を受けている

この国のコロナ対策。

 

コロナ対応に海外から批判続出 政府、発信力強化に躍起 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 

続きを読む

国際線ビジネス&ファーストクラス 旅の土産アメニティ特集。(後編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

前編に続けて

昨年のアメリカ弾丸ツアーでの出会い。

 

これより続ける。 

 

  

PART5⃣

 

~奇跡の国内線ビジネスクラスアメニティ~

アメリカン航空ニューヨーク・ロサンゼルス線」(2019年)

【APL】

アメリカン自慢のフラッグシップ路線の

ビジネスクラスだけに国内線にして

アメニティつけてしまう心意気。それも

ロサンゼルスを拠点とする靴メーカー

Athletic Propulsion Labsのアメニティ

 

まさかのここにきて靴メーカーとの

コラボポーチが登場するアメリカ独自路線

 

www.athleticpropulsionlabs.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200501083810j:image
f:id:tetsu7906:20200501083825j:image

 

Amazon.co.jp : Athletic Propulsion Labs

  

PART6⃣

 

~新規就航路線ロングビジネス帰国路線~

「日本航空、シアトル・東京線」(2019年)

【龍村美術織物】

 

 帯、テーブルセンター,和装小物、茶道具、緞帳

などを扱う京都、龍村美術織物

色合い的にもあらゆる場面で使えそうな

大人の小物入れといっていい。

さりげなく鶴丸が盛り込まれているのが

ポイント。ということで日本起点で往路は

スペイン、復路は日本ブランドの

アメニティ日本航空

 

www.tatsumura.co.jp

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083821j:image

 

amzn.to

 

PART7⃣

 

ヤンゴン発券復路丸1日遅延KL行き~

マレーシア航空、

東京・クアラルンプール」

(2019年)

Aspinal of London

ロンドンのデザイナー、製造業者、

小売業者で、男性用と女性用の高級革製品と

アクセサリーを販売。ここで初登場の

英国ブランド。マレーシア起点の往路は

ドイツ、復路は英国アメニティを

取り込んでくるマレーシア航空。

パッと見での高品質感はここまでで

NO.1ではないだろうか。収納力に

難があるもののおしゃれ度は高い。

 

www.selfridges.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083831j:image
f:id:tetsu7906:20200501083828j:image

 

https://amzn.to/3bV1fdJ

 

PART8⃣

 

~短距離路線それでも付くアメニティ~

タイ国際航空

バンコク・デリー線」(2019年)

【マンダリナ・ダック】

 アメニティ史上最もカラフルなバナナ色

いやオレンジ色の個性的ポーチ。

最初見たとき地元タイのブランドではないか

と疑いはなかったが実は。イタリア

革製品ブランド。イタリア・ボローニャ

本拠を置いている。

CAに別の色はありませんかと思わず

要請してしまうほどの一品。

 

www.mandarinaduck.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083804j:image
f:id:tetsu7906:20200501083818j:image

 

https://amzn.to/2z3YDeL

 

ということで

ここまでのアメニティsを並べてみる。

f:id:tetsu7906:20200501083814j:image

 

こんな感じで行先、エアライン、クラス

によって千差万別、空の旅のお供

 

アメニティグッズというお話。

 

終わり。

国際線ビジネス&ファーストクラス アメニティ特集。(前編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

続・巣ごもり

模索シリーズ自宅整理編。

 

国際線ビジネスクラス

 

搭乗の楽しみの一つが

アメニティポーチorケース

収集であるという人が

多数いるのではなかろうか。

それはもっともわかりやすく

手元に残る思い出の品となるからだろうか。

 

今回そんなこれまでに手にしてきた

アメニティ軍団過去のブログ

合わせて紹介していく。

  

  

PART1⃣

 

ビジネスクラスデビュー戦でのアメニティ~

キャセイパシフィック航空・香港ニューヨーク線」(2011年)

【アニエス・ベー】

さすがにだいぶ使い古されて汚れが目立つもののなおも現役で使われているポーチ。

フランスのデザイナーアニエスさんが

手掛けるブランド、日本でもだいぶ根強い

人気を誇っているのは言うまでもない。

 

https://www.agnesb.com/dispatch/

 

f:id:tetsu7906:20200430184359j:image

 

このように外側には有名ブランドのロゴ、

内側にはそのブランド名とコラボしてます

エアライン名も記載されているのがこの手の

アメニティの特徴でもあり特別感のある

マニア受けの一品いっていい。

 

f:id:tetsu7906:20200430184500j:image

 

amzn.to

 

amzn.to

 

PART2⃣

~ファーストクラスでデビュー戦アメニティ~

日本航空・今は亡き成田・ジャカルタ線」(2017年)

【LOEWE(ロエベ)】

ちょっと素材的にほこりをかぶってしまった感が

否めないけれでも他にはないファーストクラス

らしい拘りのある造りが特徴。皮革製品で

有名なスペインのブランド

 

https://www.loewe.com/jap/ja/home

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200430184437j:image
f:id:tetsu7906:20200430184340j:image

 

Amazon.co.jp : ロエベ

 

PART3⃣

マレーシア航空・クアラルンプール・成田線」(2019年)

~中距離ビジネスクラスでの深夜便にて~

AIGNER(アイグナー)】

ドイツの最高級ファッションブランド、

レザーアイテムが特に人気らしい。

デザインよりも機能性を追求した感のある

ポーチ。持ち手がしっかりとしていて中を

開けてもひっかけられるようなタイプ。

 

www.aignermunich.jp

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200430184349j:image
f:id:tetsu7906:20200430184432j:image

 

 Amazon.co.jp : アイグナー

 

PART4⃣

日本航空・東京・ニューヨーク線」

(2019年)

~ナショナルフラッグ最長路線ビジネス~

【ETRO(エトロ)】

文句なしのミラノに本社を置くイタリア

ファンションブランド。極めて無駄の無い

ザ・ポーチというにふさわしい造りにデザイン。

シンプルに深みのある柄があしらわれている

さすがの日航本気路線のアイテム

 

www.etro.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

f:id:tetsu7906:20200430184355j:image
 

 Amazon.co.jp : エトロ

 

 

こんな具合に後半はさらに加速させて

思い出の品々を公開していく。

 

続く。

 

【映画レビュー・語学学習】毎日巣ごもり生活、気分転換に旅人がすすめる映画~ABOUT TIME~(後編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

メアリーレイチェル・マクアダムス

推しトークは前編で切り上げて

この映画の内容を踏み込む。

 

こんなご時世だからこそ

「アバウト・タイム」(時間とは)

について真面目に考えてみる。

 

 

この映画の最大の売りは

「TIME IN TRAVEL」いわゆる

タイムトラベルで過去に戻る事が出来る点。

 

f:id:tetsu7906:20200501194636j:image

 

そこから何を学ぶかという話である。

 

前半はティム(ドーナル・グリーソン)が

人生を歩んでいく上で数々の失敗に出会って

その人生をやり直しより良い人生に

修正していくという話である。

 

要は

過程を変更させ別の結末を生み出していく。

誰もが望む理想の人生の歩み方かもしれない。

 

始めのうちは自分自身の都合の良いように

タイムトラベルを使うのだが

ティムの人柄、友人や家族のために

タイムトラベルをしティム自身が

損をするという事もしばしば起きる。

 

f:id:tetsu7906:20200501194721j:image

 

善意の行動が時に仇になってしまう

そんな切ない場面も多々ある。

その点でメアリーとの出会いも

序盤少々ぐずつく。

 

そんな映画の大きな転換点となるのが

二人の結婚と出産その後の生活

からであろうか。

 

f:id:tetsu7906:20200501194745j:image
f:id:tetsu7906:20200501194749j:image

 

この時からタイムトラベルをする

必要がなくなる。

充実した人生、毎日が幸せであれば

あと戻りしやり直す必要なんて

ないのかもしれない。

 

f:id:tetsu7906:20200501194843j:image

 

次の大きな転換点は、

父のガンの発覚そして死である。

 

f:id:tetsu7906:20200501194903j:image

 

そこでティムは父から

最後の秘密を教えられるそれが

 

「幸せになる秘訣」

 

f:id:tetsu7906:20200501194924j:image

 

これは2つのパートで構成。

 

パート1それは。

「普通に生活する事、

人と同じように1日ずつ」

何の面白みのない内容にも思えるが・・・。

 

f:id:tetsu7906:20200501195024j:imagef:id:tetsu7906:20200501195155j:image

 

しかしそれが2つ目を活かすうえで

大切な事なのであるそれは。

「毎日を同じように、もう一回繰り返す事。」

 

f:id:tetsu7906:20200501195232j:image
f:id:tetsu7906:20200501195227j:image

 

これのどこが幸せになる秘訣なのか?

と一見おもってしまうのだが

父、いやリチャード・カーティスの思い

くみ取ろうとするのであれば

 

結果としてそこから何が生まれるかそれは。

 

「緊張や不安で気づかなかった人生のすばらしさに、2回目は気づく」

 

というのである。

 

f:id:tetsu7906:20200501195315j:image
f:id:tetsu7906:20200501195312j:image

 

「毎日が同じような人生。毎日が巣ごもり生活を繰り返して、みな今生きているのかもしれない。けれど・・・。実は本当はそこに人生のすばらしさに気づくチャンスは埋もれてはいないだろうか?緊張と不安で隠されていた人生のすばらしさ、意外とそこにあったりしないだろうか?」

 

それを今一度見つめなおし気づく事が

出来るはずであると二人?は言っている。

 

その例をティムは終盤タイムトラベルを

通じて実践演じているでのぜひ参考に。

 

そして最後

父とのタイムトラベル無しの本気のお別れ。

 

コーンウォールというイギリスの

田舎町の美しい海岸をバックに

映しだされる親子愛

 

f:id:tetsu7906:20200501195345j:image

 

それがあまりに美しい。

 

そしてティムは父を超えるのである。

タイムトラベルを使わない人生において

 

f:id:tetsu7906:20200501195448j:image
f:id:tetsu7906:20200501195440j:image
f:id:tetsu7906:20200501195437j:image
f:id:tetsu7906:20200501195432j:image
f:id:tetsu7906:20200501195443j:image

 

これが私が学んだ

「アバウト・タイム」である

 

終わり。

 

ぜひ一度ご視聴を!

そして知りたいあなたの感想を!

 

【映画レビュー・語学学習】毎日巣ごもり生活、気分転換に旅人がすすめる映画~ABOUT TIME~(前編)

 

旅行記をはずして

色々と模索中。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

続けて書いてみるのは

映画レビュー(前編)というやつ

 

ちなみに語学学習向けには

アマゾンプライムで映画を見るより

DVDを購入して日本語英語同時字幕の設定

にしたほうが一石二鳥効果的となるので

合わせておすすめしたい。

いわゆるディクテーションにも

向いた手法がとれるため。

 

 

ということで

ここ最近劇的に壺にハマった映画がある。

 

ではさっそく

そのタイトルがこれ↓↓↓

(本体価格より送料の方が高いのはご愛敬)

 

f:id:tetsu7906:20200426185645j:image

 

『アバウト・タイム〜

愛おしい時間について〜』

と言う名のイギリス、主にロンドン

舞台とした映画。

 

リチャード・カーティス

ニュージーランド出身の

脚本家・映画監督による作品。

ちなみにこの監督の引退作となっている。

まさに有終の美を飾るにふさわしい作品。

  

 

ジャンルはSF恋愛映画。

SFと言ってもそれほど

こてこてのSFではなく。

軽いタイムスリップを交えてくる程度。

重要なのはSFそのものでなく

SFを生かして心に訴えかけてくる

人生観がポイントである。

 

およそ7年前、2013年制作の映画。

時代に大きく左右されないイギリスの

街並みや生活感がおそらく現代においても

さほど違和感なく落ちてくる

ところだと思う。

 

前編では主にこの

女性ヒロイン

レイチェル・マクアダムス

役名「メアリー」(以下メアリーと呼称)

(※男性ヒロイン、ドーナルグリーソンに

ついては今回は割愛。)

 

主演の2人が最初に出会うシーン

それがこれ↓↓↓メアリーの初登場シーン。

推定20代前半で設定。

 

f:id:tetsu7906:20200426190043j:image
f:id:tetsu7906:20200426190010j:image
f:id:tetsu7906:20200426190006j:image

 

ロンドンのほんのりとした夜の

街明かりと街並みを背景に二人が

初対面で話すシーンが印象深い。

メアリーの初々しさというか髪型、服装が

すごくかわいらしさとして際立つシーン。

言葉で表すならクラシックモダン

ビューティー??またはキュート。

 

間にSF要素混ざって

3度目の初対面シーンが発生する。

その時のメアリーの雰囲気が以下。


f:id:tetsu7906:20200426190014j:image

 

ある程度「メアリーブーム」がやってくると

こっちのシーンも結構ぐっとくる。

レストランでの会話シーンへの

シフトしていく流れは必見。


f:id:tetsu7906:20200426190046j:image

 

盛り上がる会話

絶対に言われたいお言葉それが

「Okay,smart -ass」

軽く上手にあしらわれている感じが

何とも言えない。もはやメアリーファから

大抵の男が抜け出せなくなる。

 

レストランを出た辺りで「逆メアリーの作戦」

が始まるシーン(詳しくは内容参照)

こういうところもルックスとは別に

メアリーのかわいらしさ

全面に押し出されてくる。


f:id:tetsu7906:20200426190023j:image

 

個人的解析では

目が美しいのは欧米系独特の武器で

ありながらその特徴を生かし合わせた

頭の動きくわえてさらにその強みを

高めているとわかってくる。


f:id:tetsu7906:20200426190039j:image

 

 一方的「メアリー」推しの感想を

述べて終わる前編。

ぜひともこんな毎日巣ごもり生活に

英語学習も取り入れながら

過ごしていただきたい。

 

後編はメアリーから離れて

映画の本当の意味

について考えていきたい。

 

続く。

  

エアアジア。アプリからAI利用でフライト変更はとても便利で機能的。

 

事態がここまで深刻化する前。

 

こんな実質運賃無料みたいな航空券セール

エアアジアが行っていたのはご

存じだろうか。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

今回はこの時に買った

航空券の変更がネット上で

いとも簡単に出来たのでそれを紹介。

 

※払い戻しについては色々と厳しいご意見がネット上で

散在しているのが見受けられるが

今回はその点には触れない。

 

www.traicy.com

 

というわけで

このセールで購入していた航空券が以下

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200424084454j:image

 

プロモーション価格

「福岡→クアラルンプール」が

総額たったの1500円。

この価格自体が異次元ではあるが

それはまた別の話題として。

 

 

この航空券の

日付アプリから変更してみる。

 

f:id:tetsu7906:20200424031147j:image

 

まずは「ホーム」画面から

メインメニュー右下「メニュー」

選択すると以下の画面に。


f:id:tetsu7906:20200424031202j:image

 

最下段にある

「AVAに聞く」を選択。

すると以下のAIエアアジアのお姉さんが

登場する。


f:id:tetsu7906:20200424031153j:image

 

彼女が意外とやり手である。

はじめに謝罪のお言葉と多くの

要望メニューを提示してくれる。


f:id:tetsu7906:20200424031144j:image

 

単純に一番上「COVID-19によるフライト変更」を選択する。


f:id:tetsu7906:20200424031150j:image

 

続いて再び「フライト変更またはキャンセルを希望」を選択


f:id:tetsu7906:20200424031156j:image

 

ここで強気というかもはや航空業界では常識の

無制限10/31までは変更可能のメッセージを。

さて変更する?払戻す?の2択をせまられる。


f:id:tetsu7906:20200424031159j:image

 

変更つまり「フライト移動」を選択。

 

 

 

ここで

初めて問われる

個人のお持ちの航空券情報の入力。

ご予約番号(アプリのメニューとマイ・ブッ

 キングの移動をしてもAVAとのやりとり

 キープされているのでこの時点で番号確認し

 てもOK)

・続いて名字(姓)そして名前の順に入力。


f:id:tetsu7906:20200424031558j:image

 

さらに生年月日メールアドレスを入力すると

予約状況をAVAが引っ張り出してくれる

仕組み。


f:id:tetsu7906:20200424031549j:image

 

そしてここでまたまた問われる

フライトの変更(移動)か返金かの2択。

やっぱり皆さんご存知の通り

相当お金がない模様。それはさておき・・・。

 

「1.フライト移動」を選択


f:id:tetsu7906:20200424031609j:image

 

もう一つ接続便について問われるが

単発予約なので「N」を選択


f:id:tetsu7906:20200424031606j:image

そしてようやく

自分の予約区間が示されるのがわかる。

ここで初めて変更したい

日にちの入力がやってくる。

 

変更希望日を入力すると

代案となる便を見つけてくる。

そしてその選択へ。 


f:id:tetsu7906:20200424031601j:image

 

直行便含めて経由便の乗り継ぎ時間

選べるようになっている。


f:id:tetsu7906:20200424031612j:image

 

バンコク経由便のロスタイムが

半端ないので直行便を選択。


f:id:tetsu7906:20200424031552j:image

 

改めてこの便で良いかの

確認をしてくれるやさしさ

しっかり確認して「Y」

選択すると・・・


f:id:tetsu7906:20200424031546j:image

 

変更完了のメッセージとともに

変更後の内容のメールが

すぐさま送られてくる。


f:id:tetsu7906:20200424031555j:image

 

正直最初のうちはぐずついていた

エアアジアの変更返金のやりとりも

すこしずつ収束に向かってきているのかな

と感じた。

 

もちろんマレーシア航空と合併話やら、

倒産の噂話やら。会社の存続自体が

危ぶまれているのかもしれないが

とりあえず最低限出来る事への対応は

行っているのがわかった。

 

こんな1500円のプロモ運賃でも

しっかり変更してくれたことには

感謝したい。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

~旅の目的地は航空券の価格次第~そんな旅人が巣ごもり読書「マーケット感覚を身につけよう」【ブックレビュー】

  

 

旅行どころか外出自粛ムード

 

あくまでコロナ特措法(特別措置法)

国または自治体からの要請中であるが。

 

新型インフルエンザ等対策特別措置法 - Wikipedia

 

それはさておき。これもまた良い機会なので

人様からのご紹介より読んだ本をさらなる

ご紹介、【ブックレビュー】

とやらをしてみる。

 

その本のタイトル

 

「マーケット感覚を

身につけよう」

 

という至ってシンプルなタイトルの本。

目的は明確な指南書

 

著者はブログ界の神様といってもいい

肩書・実績ともに非の打ちどころない方

 

ちきりん - Wikipedia

 

初版は2015年2月なので

およそ5年前に書かれた本。

ちょっと古めながらも内容は

適正適時と言おうか。

 

先に結論から言うなら

サブタイトルに書かれいてるように

この本を読み終え読み解けたならば

「これから何が売れるのか?」

わかる人になります。

 

というわけでざっくりと

読み込んだ内容をかいつまんで紹介。

 

 

  

 

まずはとっかかりに

 

  • 序章飛ばして1章では。

 

大きく「論理的思考」とタイトルにある

マーケット感覚」について書かれている。

市場で売られているすべてのものは

モノではなく価値。その価値

論理的に分解して理解出来る能力

マーケット感覚とざっくり

 

そのマーケット感覚重要性について

投げかけたうえで話をはすすむ。

 

2章では

  • 実際社会・世間での市場化について

 

一例として相対取引から市場取引への変化、

つまりコネ採用から市場化した就活への

変化について書かれている。ついでに言うなら

婚活についても市場化しているとの話も。

 

そんな市場化していく変わりゆく社会に対して

市場参加者が大きく変わったとき

ゲームのルールがどう変わったか。

それを見極める能力も必要な

マーケット感覚と書かれている。

 

これからの市場化社会においては、

ひとつの分野にこだわり続けるより、

需要が増える分野を見極め、伸びている分野に

すばやく移動することの方が有用な場合が

多い。それだけネット化された社会の変化は

速いとしるされている。

 

 

ちょっと飛ばして

 

  • 「すべては価値から始まる」

 

そこでまず始めに改めて「マーケット感覚」

マーケティングの違いについて触れている

 

整理すると

「マーケット感覚」とは

社会や人が動く根源的な仕組みを理解する能力

マーケティングとは

社会や人が動く根源的な仕組みを活かして

何らかの目的を達成するための手法 

と定義づけている

 

はこのあたりでマーケット感覚が養われているのであれば、つまりモノの価値を探し気がづけるのであれば、そのプロセスでの能力やスキルなんて必要はないと心強い言葉が添えられている。

 

そしてここで改めて

 

潜在的な価値に気づく能力」=

マーケット感覚と述べられています

 

そしてついに具体的その

サブタイトルにあるように

  • 「マーケット感覚を鍛える5つの方法」という章に

 

①プライシング能力を身につける。

文字通り。普段から様々な取引を

市場と見立てて値付けをしてみる。

それも様々な立場・環境等を勘案しながら

色々とシミュレーション・想像・予測してみる

習慣を持てということである。

 

インセンティブシステムを理解する

新しいキーワードがここえ来てさらに登場する

その意味は「人が動く理由や仕組み」

これを深く考える癖をつけよと言っている。

①と重なるがそういう観点からも市場とは

積極的に関わることが大切だと。

もう一つ面白い言葉が続く。

それが「欲望センサーを磨く」

欲望をごまかすことなく問題に対して

規制や罰則よりもインセンティブシステムを

理解して解決方法を考えよという教えである。

これは個人的にも結構好きな考え方。非日本的

 

③市場に評価される方法を学ぶ。

一言でいうならばそれは会社員なら誰もが

縛られがちな組織評価。そんなものより

市場評価される事を重んじろ

ということである。

案外忘れがちだが自信が消費者(側)なら

当然組織評価されたものより市場評価

されたものを信頼する。この辺りでは組織の

マーケティングにおける弱点をサラリーマン

なら誰でも納得出来るような表現で面白く書かれている。

 

ここであえてまったく役に立たない情報を

1行かかせてもらうなら

「(組織内)人脈派・根回しに長けた人=

大企業では仕事ができる」

 

顧客(市場)に、支持される人で

市場に選ばれるスキルが無いと

今いるその組織でしか通用しない 

という話である。

 

もう少しぐっとくる内容

【市場化した社会】では作りこみ能力より

素早い行動力と迅速な意思決定

重要「やってみてから決める」

のほうがチャンスがつかみやすい

 

後残り2つの事でまとまっているが

この辺りで十分な方法

たった3つでも実行すれば

十分マーケット感覚が身につく

のではないかと思う。

 

以上が

「巣ごもり日々市場動向を意識して

航空券を買いあさる旅人」が読んだ

経済的マーケティング

レビューである。

  

 

JALサクララウンジ名物「特製ビーフカレー」ベストパートナーライス雪若丸のすすめ。

 

 

世界各国が「STAY HOME」

  

それどころか日本全国緊急事態宣言

 

世界の人々が巣ごもりネタ模索中。

 

皆様そろそろ世界同時多発鎖国により

海外旅行好きの方々に禁断症状

あらわれ始めているころでしょうか。

 

そんな最中。ちょっとした

鎮静剤代わりにおすすめしたいのが。

 

絶品の「米」

 

と言ってもここで紹介したいのは

白飯としてではなく。

みんな大好きカレー

ベストパートナーとなる

 

 「米」

 

正確には

 

「ライス」

 

日本から海外に旅立つ時。

国内大手2大キャリアともに

その腹ごしらえの定番として設定している

もはやインドのポストさえもを

奪取してしまっている

 

「日式カレー」

 

中でも最も有名なカレーライスそれが・・・。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200418201756j:image

 

正式名称「JAL特性オリジナル

ビーフカレーと申します。

学校給食を彷彿させるような容器の中に

たっぷりビーフ具沢山カレー。

これに右側にお供として構える

山形県産「はえぬき」

 

f:id:tetsu7906:20200418191157j:image

 

一世代前のカレーのライスはこのはえぬき」


f:id:tetsu7906:20200418191200j:image

 

こんなイメージの

【カレーライスWITH旅客機】

を食べ眺め、逸る気持ちを抑えながら

この最強のコンビネーションカレーライスを

胃袋に投じていくその味わいは

誰しも忘れがたい記憶と

なっていることだろう。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

知る人ぞ知る

JAL

サクララウンジ名物。

 

f:id:tetsu7906:20200418191434j:image

 

www.jal.co.jp


f:id:tetsu7906:20200418191442j:image

 

サクラの模様の

描かれた道を下り。

「THE DINING」への

道を上る。


f:id:tetsu7906:20200418191431j:image

 

そこで味わう

「カレーライスWITH豚汁」


f:id:tetsu7906:20200418191438j:image
f:id:tetsu7906:20200418191446j:image

 

そろそろ

この味をあなたの

味覚が要求し始めてきてはいないだろうか。

そのための必須の米について。

 

本題に戻る。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

現在この特製カレーの最強コンビは

世代交代が進んでおり現在は

はえぬき」から「雪若丸」

というブランド米にアップグレードされている

 

f:id:tetsu7906:20200418201833j:plain

 

知人山形県民曰く

つや姫「雪若丸」はえぬき

という位置付けらしい

山形県産ブランド米らしい。

 

 

というわけで5kgほど購入してみた。

 

f:id:tetsu7906:20200418190517j:image

 

 裏面には以下のような紹介文。

 
f:id:tetsu7906:20200418190529j:image

 

このお米さえあればいつでもどこでも

サクララウンジ気分を味わえる。

 

最強のアイテム。

 

職場でも、巣ごもり自宅であっても

そのカレーのパートナーは何を隠そう

JAL特製ビーフカレーに合わせにいく

山形産ブランド米

「雪若丸」なのである。

 

ということで

世界航空事情の早期復旧、

再びサクララウンジを訪れる日までの間

ちょっといい米

「雪若丸」で堂々たる

ラウンジ気分ライフ(ライス)を送ってみるのも悪くないではなかろうか。

 

ホテル感覚でステイホーム、石川・山代温泉旅館「葉渡莉&瑠璃光」に巣ごもりテレワーク。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

ホテル・旅館生活自粛記

という名が適切か。

 

第2段。

 

緊急事態宣言が出てもホテルや旅館は

休業・休止の対象にはならない

その業界は放っておけばただ体力が

底を尽きるのをまつだけの状態。

 

そんな国家にっぽん。

 

こんな情勢だから結局強制的に

3密にあてはまらない快適なステイ

を楽しめるいま。

もちろんそのお値段も外国人特需で

押し上げられたいた時にくらべれば

お求めやすい価格になっているわけで。

 

 

今回はともに「一休.com」経由

定番の72時間限定クーポンを利用。

(※お風呂体験をメインとしているので

食事に関する内容は無し)

 

f:id:tetsu7906:20200408081914j:image
f:id:tetsu7906:20200408081919j:image

 

そこで今回お世話になるのが

石川県・山代温泉よろずや観光さんが

運営する2つの旅館。

進化する日本の宿をテーマに

「葉渡莉」「瑠璃光」

ともにお安いお値段で

体験させていただいたので

自分なりにまとめてみる。

 

hatori.jp

rurikoh.jp

 

てはまず先に「葉渡莉」から。

 

アクセス

いずれも共通ながら事前予約無くとも最寄り

北陸線加賀温泉駅から1時間おきに無料の

送迎バスが2館共通して運行されている。

これにあわなければ間30分挟んでの

送迎も可、その場合は事前予約必須。

駅から15分少々、遠くに見える雪山を

眺めながら夕暮れの田んぼ道をすすむ。

 

f:id:tetsu7906:20200408050458j:image

 

外観はこれ。

だれがどうみても雰囲気がある。

これぞ「旅館」というにふさわしい

ぼんやりとしたぬくもりある照明。


f:id:tetsu7906:20200408050411j:image

 

何ら加工した写真ではないのだが

なんとも美しい。


f:id:tetsu7906:20200408050508j:image

 

フロント前。


f:id:tetsu7906:20200408050606j:image
f:id:tetsu7906:20200408050505j:image

 

お泊りは最安値と思われる

「シングル和洋室」コンセプトは

ホテル感覚で泊まれる温泉旅館。


f:id:tetsu7906:20200408050513j:image
f:id:tetsu7906:20200408050534j:image

 

ちょっとしたテーブルもあるので昨今

推し続けている、巣ごもりテレワークにも

向いている。疲労がたまればすぐそこ・・・。そうここはホテルではない。


f:id:tetsu7906:20200408050430j:image
f:id:tetsu7906:20200408050556j:image

 

館内案内図。

ちょっと歪なつくりをしているのが特徴か。

大浴場は2か所設けられている。


f:id:tetsu7906:20200408050537j:image

 

お湯の歴史その成分等はこちら。

 

f:id:tetsu7906:20200408050631j:image

 

2Fにあるこちらのお風呂は。

シンプルな内湯、

さほど特徴はないが綺麗に整えられている印象

(※毎度すみません誰もいない事をしっかり

確認したうえで撮らせていただきました。)


f:id:tetsu7906:20200408050628j:image
f:id:tetsu7906:20200408050434j:image

 

続いて1Fフロント付近にある

「九萬坊の湯」


f:id:tetsu7906:20200408050523j:image

 

この眺望それは脱衣所から。

テンションのあがる風景ではないだろか。

すごくこの辺りの見せ方が

上手なよろずや観光さん

バスタオルはお風呂で

お好きなようにのスタイル。


f:id:tetsu7906:20200408050640j:image

 

風情ある大きな

桶型の露天風呂。

これが日差しと植物、木造の屋根と

マッチして目にも体にも癒しの効果がある。


f:id:tetsu7906:20200408050603j:image

 

広く、美しく、大きな浴槽

否定的な言葉は見当たらない。


f:id:tetsu7906:20200408050611j:image
f:id:tetsu7906:20200408050516j:image

 

湯上りにはフリーのジェラートサービス。

こういうちょっとしたお心配りは

じわりと効いてくる。


f:id:tetsu7906:20200408050452j:image

 

夜は一向一揆のパフォーマンスを

お楽しみいただけます。2館共通。


f:id:tetsu7906:20200408050418j:image
f:id:tetsu7906:20200408050448j:image

 

続きまして「瑠璃光」へ。

  

同じく送迎バスにて。

f:id:tetsu7906:20200408050441j:image

 

こちらは何しろ広いそんな印象

古さが少し葉渡莉よりあるかな

と言った感じに見える。

ただ旅館らしいお出迎えやご案内が

しっかり丁寧な言葉を添えられていて

日本人が日本の宿に来たことを

改めて感じられる。


f:id:tetsu7906:20200408050520j:image

 

部屋はAタイプ。一般的なツインルーム。

ビジネスホテルとそれは変わらない。


f:id:tetsu7906:20200408050615j:image
f:id:tetsu7906:20200408050625j:image
f:id:tetsu7906:20200408050415j:image

 

特段特筆すべきこともないが

眺望的に駅前の例の観音様

横目でちらりとこちらをうかがっている。

 


f:id:tetsu7906:20200408050529j:image

f:id:tetsu7906:20200408050526j:image

 

こちらの方が大型の各種エンターテメントが

整ったホテル宴会向けなのだろうか。

と言った内容のフロア案内。


f:id:tetsu7906:20200408050437j:image
f:id:tetsu7906:20200408050540j:image

 

お風呂へ。

葉渡莉に引けを取らないというより。

タイプは変わらず

脱衣所に入った瞬間心躍るタイプのつくり。

するどい演出の旅館です。


f:id:tetsu7906:20200408050455j:image

 

それと何よりやはり

照明の演出が上手です。


f:id:tetsu7906:20200408050600j:image

 

夜はお風呂・温泉であることを

忘れてしまうぐらい

おしゃれ空間に変わる。


f:id:tetsu7906:20200408050553j:image

 

露天風呂で繋がる回廊。たまたまこちらも

他のお客がおられなかったので

殿様気分を味合わせていただきました。


f:id:tetsu7906:20200408050636j:image
f:id:tetsu7906:20200408050444j:image
f:id:tetsu7906:20200408050425j:image
f:id:tetsu7906:20200408050545j:image

 

アルカリ性単純温泉


f:id:tetsu7906:20200408050645j:image

 

こちら同じくあります湯上りサービス。


f:id:tetsu7906:20200408050422j:image

 

違いは大浴場が1つであること、

しかしこちらはそれを補う

足湯庭園があり。


f:id:tetsu7906:20200408050549j:image

 

ちなみに姉妹館だけあって

相互にお風呂は徒歩5分少々で行き来して

利用が可能となっている。

 

チェックインは15時から、

アウトはややゆとりの11時まで。

 

今こそこんな時だからこそいつも以上に

ゆったり過ごせるニッポンの本来の姿を

現した旅館。3密を意識しておだやかな

巣ごもりをしてみてはいかがだろうか。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com