LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

ANA深夜便ビジネスクラスで行くバンコク、トランジットそしてタイ航空スパへ。(デリーへの道②)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ANA深夜便

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ビジネスクラス搭乗待ち。

 

f:id:tetsu7906:20200209201050j:image

 

3クラス制上位の方へ。すすむ。


f:id:tetsu7906:20200209201014j:image

 

これが深夜便中距離ビジネスの

お休みセットラインナップ。

前回昼便と比較して

巾着袋があるのが特徴。


f:id:tetsu7906:20200209201210j:image

 

座席は前回同様窓側の窓側「7A」

窓側の通路側との差は結構大きいと

感じる今でも。


f:id:tetsu7906:20200209201021j:image

 

今回はバンコク行き、前回シンガポール

比べれば若干レンジが縮む。


f:id:tetsu7906:20200209201143j:image

 

当然真夜中そのまま爆睡するのが

本当のビジネスの客なのかもしれないが


f:id:tetsu7906:20200209201034j:image

 

そうはいかない小市民トラベラー

まずはメニューをチェックし音楽を仕込む。


f:id:tetsu7906:20200209201018j:image

 

あとは上空飛び出すだけ!


f:id:tetsu7906:20200209201130j:image

 

目的地デリーとの時差は3時間半。


f:id:tetsu7906:20200209201132j:image

 

真夜中の

爽やか系ドリンクナッツのはじまり。


f:id:tetsu7906:20200209201140j:image

 

本州を置き去り石垣上空で

「お好きな時に」タイム。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

少々温め等に時間を要するために

すでにこのポジショニングとなる。


f:id:tetsu7906:20200209201153j:image

 

刻々と刻まれていく時を忘れて、築地銀だこ

振りかけられる青のりと鰹節のコラボ。


f:id:tetsu7906:20200209201200j:image

 

東南アジア便ビジネス深夜便のつらいところ。

さっさと食べてさっさと寝ないと

後が苦しくなるところ。

すかさずミルクを投入!


f:id:tetsu7906:20200209201203j:image

 

セルフベッドモードに設定し


f:id:tetsu7906:20200209201119j:image

 

良質短時間睡眠を求めて床に就く。


f:id:tetsu7906:20200209201123j:image

 

到着2時間前

お食事の起床をお願いして。

和食モーニングをいただく。


f:id:tetsu7906:20200209201043j:image

 

JALと比較になってはしまうが、

1つ色どり綺麗さがこちらには

あるような気がする個人的感想。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

締めの

絶品コーヒーチョコレート。


f:id:tetsu7906:20200209201029j:image

 

こうしてあっという間にベトナム

ハノイ上空をさしかかっていく。


f:id:tetsu7906:20200209201110j:image

 

定刻早朝のバンコクスワンナプーム空港

E?F?8ゲートに着岸。


f:id:tetsu7906:20200209201104j:image

 

夜明け前の國微笑みの国の乗客にそんな

スマイルはなく。


f:id:tetsu7906:20200209201056j:image

 

本日はプライオリティパス

頼ることなく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200209201126j:image

 

目指すは

本家エアいtラインラウンジ。


f:id:tetsu7906:20200209201053j:image

 

ターキッシュラウンジにも。


f:id:tetsu7906:20200209201114j:image

 

カタールラウンジにも見向きもせず

(プライオリティパス利用不可)


f:id:tetsu7906:20200209201156j:image

 

ロイヤルオーキッドラウンジ

へせっかくなのでいってみる

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

I am a

ワンワールドトラベラー。


f:id:tetsu7906:20200209201037j:image

 

こんな早朝にラウンジに

やってくるやつなんて知れているわけで。


f:id:tetsu7906:20200209201046j:image

 

タイ・スイーツを少しだけいただく。


f:id:tetsu7906:20200209201025j:image

 

妄想のホワイトクリスマスツリー

名付けたら失礼だろうか


f:id:tetsu7906:20200209201039j:image
f:id:tetsu7906:20200209201107j:image

 

モーニング後の

モーニングを少しつまみつづけ。

ここに来た最大の目的を果たすべき

時を待つ。それが・・・。


f:id:tetsu7906:20200209201147j:image

 

ここ。ここはどこ?


f:id:tetsu7906:20200209201136j:image

 

それは「ロイヤルオーキッド

スパ・ラウンジ」

 

www.thaiair.co.jp


f:id:tetsu7906:20200209201150j:image

 

タイ航空ビジネスクラス以上

選んだものだけに許される特典。

ANAコードシェアながら

これは避けては通れぬ道。


f:id:tetsu7906:20200209201100j:image

 

時間の都合30分のちょっと

短縮バージョンフットマッサージ

をしていただく。


f:id:tetsu7906:20200209201010j:image

 

さすがに本家のスパ。街中の怪しげな

ところよりは遥かに良質な内容に感じた。


f:id:tetsu7906:20200209201207j:image

 

身も心もタイマッサージで

しっかりほぐして、真の目的地へと

乗り継ぐ。

 

続く。

 

ANA国際線乗り継ぎ、羽田ANAラウンジぶらり旅。(デリーへの道①)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

復路

「ROAD TO DELHI」の始まりは

 

okaden-chuggington.com

 

チャギントン仕様のエアポートリムジン

空港へ。

 

f:id:tetsu7906:20200209164320j:image

 

これが噂の「桃太郎空港」


f:id:tetsu7906:20200209164158j:image

 

こんなわけのわからないチケットが

自動チェックイン出来るはずもなく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

パスポートと恒例の

インド紙ビザを見せてチェックイン


f:id:tetsu7906:20200209164303j:image

 

岡山と言えばの

「マスカット」ラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20200209164155j:image

 

マスカット壁画ロードを抜けると

そこには・・・。


f:id:tetsu7906:20200209164212j:image

 

ラウンジマスカットがある。

 

ラウンジ マスカット|岡山桃太郎空港

 

そこにマスカットジュース

あったかは、定かではない。


f:id:tetsu7906:20200209164216j:image

 

チケット発券時合わせてこんな

スタンプ入りの国際線乗り継ぎバス案内

兼チケット?をいただいた。


f:id:tetsu7906:20200209164313j:image

 

ほぼ滞在時間もなく出発。

ANAラウンジによる暇はこざいません。

 

www.ana.co.jp

 

もちろんこちら

ビジネス乗り継ぎ使えるはずですが

チェックイン時にそのようなご案内は無し。

あまりいないのでしょうかそんな乗客。


f:id:tetsu7906:20200209164201j:image

 

あいにくの雨模様。2019JGC

プレミア到達しておきながら、

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ちょっと距離置いている鶴丸を横目に


f:id:tetsu7906:20200209164230j:image

 

なんとも767なんて空席だらけの

搭乗率で首都、羽田へ出発。


f:id:tetsu7906:20200209164325j:image

 

山陽・東海道新幹線と争ってます感の

伝わる日本横断ルート。


f:id:tetsu7906:20200209164323j:image

 

地上時に案内のあった

悪天候予想は全く当たらず。

いつも通りの房総からの進入ルート。


f:id:tetsu7906:20200209164332j:image

 

国際線乗り継ぎの方は

こちらへ~の案内に従い、

なんとも隠れ扉感のあるエレベーターへ。


f:id:tetsu7906:20200209164258j:image

 

ということで専用送迎

国際線ターミナルへ。

 

 

そしてこれがすこぶる長い。

案内用紙にもあったように所要20分。

待ち時間含めたら30分近くかかったような

感じがしないこともない。

何しろ羽田2タと国際線タは真逆に位置づけ。それはそうなる。


f:id:tetsu7906:20200209164341j:image

 

18時過ぎに腹ペコで到着、

出発ロビーのやや中央よりにひょっこり現れる

便利なような便利でない動線乗り継ぎ。


f:id:tetsu7906:20200209164306j:image

 

こちらファースクラスのための

ファースクラスによる名物

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

日航「F」カウンター


f:id:tetsu7906:20200209164204j:image

 

本日はANAビジネスクラスチェックイン済み

ということでおとなしくこちらへ進入。


f:id:tetsu7906:20200209164237j:image

 

待ちわびています

新生ファースクラスラウンジ

開業を。

 

www.jal.co.jp

 

きっと例の関係で

混雑だけは解消された開幕が予想されます。


f:id:tetsu7906:20200209164220j:image

 

まずは中央より最寄りのANAラウンジを訪問。


f:id:tetsu7906:20200209164248j:image

 

当然ながらはじめましての基本はビジネス、

中級上級会員向けラウンジと言おうか

ANAラウンジ」あがってみる。


f:id:tetsu7906:20200209164232j:image

 

まぁ、たしかに。JGP慣れしてきた昨今。

混み具合といい、メニューといい

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

それなりに上質な内容とでも申し上げます。


f:id:tetsu7906:20200209164338j:image
f:id:tetsu7906:20200209164208j:image

 

なんかの口コミでみかけた一番奥の

エリアはダイニング食事エリアからは最も遠く

食後のひとときを過ごすには最適な環境

といえる。


f:id:tetsu7906:20200209164336j:image

 

こういうクッションが意外とありがたい、

こんなポイントに高評価。


f:id:tetsu7906:20200209164317j:image

 

さて出発は深夜の0時過ぎ。

せっかくなので引っ越す。こんな魅力的な

ややフルラットベンチがあったりする。

結構人気のほぼ満席を頂戴しております。


f:id:tetsu7906:20200209164227j:image

 

出国後左手114番ゲート先にある

ラウンジ群の一角に

ANAラウンジというか

もうここ羽田にはANA以外存在しないので

スタアララウンジ

名乗っていいのではないだろうか。


f:id:tetsu7906:20200209164243j:image

 

こちらは開店時間20時

合わせて並んでみたりする。

まるでデパートの開店前かのような

打ち合わせ中。


f:id:tetsu7906:20200209164144j:image

 

こちらは造りはシンプル単調ながら

混雑がないのがポイントか。


f:id:tetsu7906:20200209164152j:image

 

そして入店?直後、ただちにシャワータイム。

きっちり清掃後の一番シャワーをいただく。

 

どうだろうか、この化粧台といおうか

洗面台といおうか見てお通り幅がすさまじい。

これは成田の2タラウンジでは見られない


f:id:tetsu7906:20200209164345j:image

 

そしてその奥行きがこれ。

とにかく。広い!

というのがこのANAラウンジの

シャワ―ルーム。


f:id:tetsu7906:20200209164328j:image
f:id:tetsu7906:20200209164224j:image

 

そのうえここには。ANAと言えばのエース「雪肌精」が。


f:id:tetsu7906:20200209164148j:image

 

こればっかりはちょっとJALとの差を

感じてしまう瞬間であった

風呂上がりの外にはワンワールド軍団


f:id:tetsu7906:20200209164245j:image

 

出発まであと2時間少々。

あとは少し仮眠をとって軽食をつまんで。


f:id:tetsu7906:20200209164255j:image

 

日付変わって最初の便0:05発。

といってもなんと同時刻で

5便競合の激戦タイム


f:id:tetsu7906:20200209164240j:image

 

NH849便にていざ。


f:id:tetsu7906:20200209164348j:image

 

バンコクスワンナプームへ!

 

いってらっしゃい!!

 

続く。

 

海外発券、価値ある予約変更(ANAインド発券ビジネスクラス編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

↑↑↑インド・チェンナイ発券

激安ビジネスクラスの旅↑↑↑

 

この話の折り返し

東京からインドへのお話その前段。

  

 

3ヶ月有効ラクルチケット。

復路は最大で設定。

9月現地出発、折り返しは日本12月出発。

  

f:id:tetsu7906:20200209094418j:image

 

都合復路日程を少し前にずらしてみる。

もちろん手数料無料のオンラインで。

その検索画面がこんな感じ↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200209094926j:image

 

最安値「6450円」

国際線「予約クラスC」

実に良心的な変更価格ではなかろうか。

しかもそれは新設されたばかりの

ANAの直行便を示している。


f:id:tetsu7906:20200209094923j:image

 

プレエコにすると

逆にとんでもないことになるというエラー

目をつぶっていただきたい。

 

その他さまざま変更が可能

タイ国際との組み合わせ羽田発の深夜便

乗り継ぎなんかも検索に現れてくる。

 

結論から先にいうと。

以下のように変更↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200209094530j:image

 

●国内区間(追加)

東京発から岡山発へ。

経由地バンコクANA&タイ航空の

組み合わせは変わらず。

 

●国際線区間

チェンナイ着からデリー着へ。

 

大胆、日付も含めて

まるっきり違う復路チケットに変更。

このチケット要は、インド発日本着の

往復ビジネスクラスの航空券である

という話が見えれば空席と予約クラスを

満たせば可能な変更であることがわかる。

 

このほか小松発や、広島発

デリー以外にもムンバイ着への

変更も可能。これぞ海外発券の醍醐味

という柔軟性ともいえる。

 

変更後の詳細な内容がこれ↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20200209094527j:image

 

メリット

①近畿エリア在住にはありがたい隣国中国エリアからの出発。

②獲得マイルの微々たる増加。

③羽田でのANAラウンジタイムがたっぷりとれる。

④深夜の絶望的なインド入りを回避できる。(これが最大のメリット)

 

微かながらデメリットをあげるなら

ANA便が深夜便サービスになる。

バンコクラウンジマッサージが厳しくなる。

 

そんな良し悪しが

あると言える。

 

ここでこのチケットの運賃ルール

改めてしめすと以下↓↓↓


f:id:tetsu7906:20200209094518p:image

 

出発後復路の変更手数料は衝撃の

「4600円」なのである。

増税との兼ね合いかあまりはっきりしないが

実際にはこれを少し上回るものの

結果支払った運賃差額は


f:id:tetsu7906:20200209094524j:image

 

手数料+運賃差額含めて7850円となる。

日付変更はもともと必要であったうえ、

本来東京までのアクセスがったことをを

考えればほぼ無手数料に等しい。


f:id:tetsu7906:20200209094521j:image

 

(参考)

結果インド日本の往復ビジネスクラス

ANA発券の総額は80000円少々となる。

 

もしかすると最初から国内他の発着で発券できたのかもしれないがそれはまた別のお話ということで

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

価値ある海外発券変更術

といっていいのではないだろうか。


f:id:tetsu7906:20200209094530j:image

 

ということで出発の

10日前に生まれ変わった

幻の搭乗券で折り返し

 

インド・デリーの旅へ。

  

 

いってらっしゃい!

 

続く。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

首里城からDPラウンジへ、そして本州への道。マイル利用最適なJAL利用方法(使い分け)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

ちょっと遅めの沖縄・那覇の朝。

前半のお話は軽く済ませて

本題は後半で。

 

f:id:tetsu7906:20200208170744j:image

 

ダイビングシーサーのお見送りで

強硬観光。


f:id:tetsu7906:20200208170429j:image

 

なんだか全国いや世界中で見かける

マリオカート的軍団。

もはやそれほど珍しい画ではない。


f:id:tetsu7906:20200208170442j:image

 

再び1日券効果継続中。

一応、ゆいレールホームへ。


f:id:tetsu7906:20200208170536j:image

 

もうすぐ12月それでも

このありがたい亜熱帯気候。


f:id:tetsu7906:20200208170531p:image

 

遠く海を眺め少々小高い丘の上まで

上がってきているのだろうか20分弱乗車。


f:id:tetsu7906:20200208170432j:image

 

首里城のいま。こんなタイミングに

出くわす事もないので訪れてみる。


f:id:tetsu7906:20200208170454j:image

 

やはり色々まだまだ調整中の現場。

(2019年11月中旬現在)


f:id:tetsu7906:20200208170643j:image

 

それでも気候と外観には

世界遺産首里城」らしい雰囲気は健在で。


f:id:tetsu7906:20200208170438j:image

 

そこには全国共通、日本人観光客は。

ほぼ、いない。

 

oki-park.jp

 

例のウイルスが猛威を振るうその前は

まだまだこんな大陸のオーラが

ここにも当然あったわけで。


f:id:tetsu7906:20200208170402j:image
f:id:tetsu7906:20200208170759j:image
f:id:tetsu7906:20200208170344j:image

 

残念ながら中には入れず外周を歩いて終了。

 

玉陵|那覇市公式ホームページ

 

ガイドさんがおすすめするこちらを見学して。


f:id:tetsu7906:20200208170358j:image
f:id:tetsu7906:20200208170803j:image

 

暖かみのある

沖縄の風と緑を感じて折り返す。


f:id:tetsu7906:20200208170409j:image

 

これぞモノレールの魅力

というにふさわしい風景。


f:id:tetsu7906:20200208170519j:image

 

「ReTIME」へ荷物を受け取りに。


f:id:tetsu7906:20200208170528j:image

 

そしてこの旅3度目那覇空港へ。


f:id:tetsu7906:20200208170508j:image

 

最短の動線に従ってすすむとそこには。


f:id:tetsu7906:20200208170426j:image

 

誰も列をなしてない

チェックインカウンターがあり。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170347j:image

 

モノレールを降りて一度も足を止めることなく


f:id:tetsu7906:20200208170512j:image

 

専用検査場、そして見送りさえも

封じる看板にブロックされた空間。


f:id:tetsu7906:20200208170630j:image
f:id:tetsu7906:20200208170445j:image

 

それが隠れ家的小部屋

 

www.jal.co.jp

 

ダイヤモンド・プレミア

ラウンジなのである。


f:id:tetsu7906:20200208170741j:image

 

サクララウンジを当然のごとく

上回るビールラインナップ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170619j:image

 

そして小腹を満たす炭水化物軍団。


f:id:tetsu7906:20200208170405j:image
f:id:tetsu7906:20200208170435j:image

 

ど真ん中に鎮座するローカルアルコール「AWAMORI」


f:id:tetsu7906:20200208170637j:image

 

言葉はチープながら、

東横インのモーニングをよりよくした感じ

の映りに見えてもしまうが

そのお味は間違いない。


f:id:tetsu7906:20200208170634j:image

 

内装は。ん?伊丹のサクラにちかい?

改めて見ると、気のせいか。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200208170448j:image

 

グアバ+ミルク

で搭乗待ち本日はこちらJTA

日本トランスオーシャン航空への搭乗


f:id:tetsu7906:20200208170515j:image

 

その行先はこちら「福岡」


f:id:tetsu7906:20200208170622j:image

  

さてここで

マイル利用最適なJAL利用方法の本題へ。

 

 

今回は那覇から福岡

向かうケースでのお話。

 

まず基本通り、

JALのマイルを使って利用する場合・・・

 

通常この区間は下から2番目のランク

「B区間に位置付け」その必要マイルは

7500マイルに及ぶ。どうだろうJALマイルの

一般的価値を仮に1マイル2円としても15000円

ほど。有償でもいいのではないかと

言いたくなるような数字。

 

次にもう一方、

BAマイルを利用する場合・・・

飛行距離650マイル以下の区間に相当。

その必要マイル数は6000マイルである。

こちらのマイルは様々な手段での購入が可能、

タイミング次第では1マイル1.2円程度で購入

できる(直近購入単価)つまり7200円ほど。

ほぼ半値で利用できると言っていい。

 

そのうえさらに決定的なBAの優位性は。

それはキャンセル変更への柔軟性である。

 

 

JALの場合・・・

 以下問答無用の手数料3100円没収である。

 

www.jal.co.jp

 

一方BAの場合・・・

以下必要マイル数とは別に支払ったその他の

空港使用料及び税金(国際線で発生) 

それが実質の手数料であるがためここでは

「120円」が払い戻し手数料となる。

 

f:id:tetsu7906:20200208174059j:image

 

つまり那覇のように空港使用料が安ければ

安いほどその手数料は手軽になるリスクが

低い予約が出来るのである。

 


f:id:tetsu7906:20200208174056j:image

 

最小マイル数「6000マイル」利用で済む

という事に加えてキャンセル手数料の激安さ。

もちろん利用にあたってJALだろうがBA

だろうがどちらのマイルを利用しようが

優位なワンワールドステータスを自身で選択

して搭乗できるのでその点は支障しない。

であればJAL高額マイル(運賃)と高いキャンセル料を支払うリスクを含めればBAの予約

のほうが賢明であると判断できる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

これが

ワンワールドマイレージ

の使い分け。

 

という話である。

 

 

あとは黙ってそのフライトへ。


f:id:tetsu7906:20200208170616j:image

 

にっぽんの空の国防

を感じ取りながら


f:id:tetsu7906:20200208170522j:image
f:id:tetsu7906:20200208170525j:image

 

南の島をテイクオフ。


f:id:tetsu7906:20200208170451j:image

 

鉄板の機上コーヒーを嗜みながら


f:id:tetsu7906:20200208170354j:image
f:id:tetsu7906:20200208170640j:image

 

福岡へ降り立つ。


f:id:tetsu7906:20200208170625j:image

 

そんなちょっとした

旅の小技のご紹介

 

このを閉じる。


f:id:tetsu7906:20200208170351j:image

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

那覇の夜、DFSでヒルトン勧誘から空港、スーパーへ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

   

夜の街へ。

さてここは。と言うような場所。

 

f:id:tetsu7906:20200205143406j:image

 

そこは「DFS沖縄 Tギャラリア」である。

 

www.dfs.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

ぱっと見マカオのカジノの入り口か!」

と言っても遜色なし。


f:id:tetsu7906:20200205143209j:image

 

日本人も免税の特別エリアであるものの。

全くいない日本人。もちろん店員もまた

外国人だらけ。

 

この看板は意外と使い道がありそう。

統一感の無いアジア液体ルール。


f:id:tetsu7906:20200205143351j:image

 

特に買い物することなく。

後ほど紹介のとある勧誘だけ受けて。

折り返し

 

折り返し過ぎて結局空港まで戻って

修行僧みたいな晩御飯、空港食堂。

考えるのが面倒と言う意味で

有りな選択とみなす。

 

www.kukousyokudou.com

 

にが旨いとはこのこと、

癖になるゴーヤの苦み。


f:id:tetsu7906:20200205143242j:image

 

ついでにこんな時間の

那覇の国際線運航眺めてみる。

なるほど若干ハブ感がないこともないピーチ。


f:id:tetsu7906:20200205143328j:image

 

台湾かタイの2択と言うこの時間。


f:id:tetsu7906:20200205143123j:image

 

帰り際に、お隣、赤嶺駅最寄りの

スーパー「ユニオン」へ。

 

union-okinawa.com

 

色々と物色した結果。


f:id:tetsu7906:20200205143139j:image

 

以下のそれっぽいものを購入。


f:id:tetsu7906:20200205143259j:image
f:id:tetsu7906:20200205143220j:image

 

そして今日最大の収穫はこれ、

なのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20200205143238j:image

 

ヒルトングランドバケーションがやっている

キャンペーン。簡単に言うと

「お話を聞いていただければ参加特典として

最低でもハワイのヒルトンホテル3泊または

国内ヒルトンホテルのレストランのお食事券

お渡しいたします。」

(※特典と日程はその場で決める必要がある) 

 

 

 

ちなみにいまだハワイでまともなホテル

と言う名の場所には泊まったことがない。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

住宅展示場やらで来てくれたらとりあえず

粗品を的な奴のホテル版と考えていい。

 

今回はDFSでお誘い受けましたが、ほかにも

空港(KIX&NRT)やホテルなんかでも

やっている結構みんな目撃しているあの

ボールペン配りしているアロハシャツ来た

人たちの一歩突っ込んだ話である。

 

通常はアンケートに答えてレストランの

条件付き割引券とボールペンもらって

抽選で豪華賞品が?という話だった気がする。

 

f:id:tetsu7906:20200205214153j:image

 

しかしある一定の条件(以下写真参照)

さえ越えていれば、もう一つ別の案件の提案

を受けることになる。

それが「バケーション・オーナー

シップ販売説明会」である。

 

f:id:tetsu7906:20200205214213j:image

 

もっとざっくりいうならば

ヒルトンの持つ世界のホテル

週借りレベルオーナーになれるという話。

もちろんお気に召せば契約するもよし、

そうでなければ情報として仕入れて

参加特典だけいただいてもらっても

結構ですと言っても良いという話である。

 

結果那覇には

日程だけ予約調整してきたのである。

わざわざ沖縄まできてハワイの別荘ホテル的な

話の所有提案をうけてきたのである。

 

そんな一日が終わる。

 

続く。

  

ジェットスター、激安セール運賃1359円で行く沖縄那覇キャビンホテルステイ。

 

www.prioritypass.com

 

旅の始まりは、ぽでぢゅうから

という言葉が関空ユーザープライオリティパス所持者の定番である。

  

 

↑↑↑こちらのカード抜きには語れない関西空港

たまにはカード紹介。

 

f:id:tetsu7906:20200205091449j:image

 

およそセール価格で購入したLCCの航空券なら

空港特価は別として

3400円分の食事代は一発で消化できる

日本最強のコンビであることは言うまでもない↓↓↓

  

 

ぼでぢゅう&楽天プレミア

(プライオリティパス)

たまにはちょっとしつこいぐらいに

貼り付ける広告。

 

f:id:tetsu7906:20200205091742j:image

 

串盛り5本セットにはじまり。


f:id:tetsu7906:20200205091648j:image

 

利休の抹茶でしめる。


f:id:tetsu7906:20200205091633j:image

 

その行き先は日本航空札幌千歳便

  

 

ではなく。


f:id:tetsu7906:20200205091624j:image

 

もちろんLCC

ジェットスター沖縄那覇便である。


f:id:tetsu7906:20200205091505j:image

 

そのお値段はもちろん最安値


f:id:tetsu7906:20200205091539j:image

 

ばらまきセールで1359円

 

f:id:tetsu7906:20200205092112j:image

 

どんなタイミングウェブチェックイン

してもセンター席をご指定いただけるのは

気のせいでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200205091627j:image

 

どこぞの英語圏なら来たファミリーでしょうか。乗り継ぎインバウンド客が多数搭乗?


f:id:tetsu7906:20200205091618j:image

 

1300円で、

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

離島に行く生活続いてます。


f:id:tetsu7906:20200205091606j:image

 

2時間少々のご辛抱。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200205091437j:image

 

さすればこんなお花が咲き誇る南の島

上陸出来ます。


f:id:tetsu7906:20200205091518j:image

 

空が違う。冬の南の島。


f:id:tetsu7906:20200205091700j:image

 

空港水槽には熱帯魚達。


f:id:tetsu7906:20200205091705j:image

 

ちょっと一服

アライバルカードラウンジで。

  

 

ここでも旅のお供に必須の一枚

楽天プレミアム↑↑↑


f:id:tetsu7906:20200205091637j:image

 

マンゴー&シークァーサー

タイム。


f:id:tetsu7906:20200205091445j:image

 

一息ついて

ゆいレール1日券というより、

最近主流になりつつある24時間券

 

www.yui-rail.co.jp

 

確かに思う、これがほんとの公平公正1日券。


f:id:tetsu7906:20200205091611j:image

 

そして今宵のお宿が、こちら。

 

f:id:tetsu7906:20200205094741j:imagef:id:tetsu7906:20200205091712j:image

 

「キャビン&ホテルリタイム」

  

retime.okinawa

 

旭橋駅から徒歩5分少々ちょっとした

スナック?飲屋街を過ぎたあたりにある

比較的落ち着いた場所に立地。


f:id:tetsu7906:20200205091433j:image

 

7階構造の今流行りの

キャビンカプセル型ホテルといった感じ。


f:id:tetsu7906:20200205091600j:image

 

沖縄感を出したデザインが随所に。


f:id:tetsu7906:20200205091525j:image

 

カプセルタイプの1つ上のお値段。

1畳ほどのベッドと1畳ほどのスペースに

机があり。寝て作業したりするのに最低限

動ける場所が確保されたキャビンタイプ。


f:id:tetsu7906:20200205091542j:image

 

これぞ必要最低限の設備の格安ホテル


f:id:tetsu7906:20200205091640j:image

 

残るは全て共有施設であるが


f:id:tetsu7906:20200205091511j:image

 

こんなリラックススペースがあったり。


f:id:tetsu7906:20200205091723j:image

 

バーコード管理の自販機もあったり。


f:id:tetsu7906:20200205091533j:image

 

そして、やはり1番の目玉は大浴場

あることに尽きる。そのアメニティも

綺麗にしっかり整っている。


f:id:tetsu7906:20200205091452j:image

 

1階フロント前にも

広めのワークスペースがあったりと。

ネットカフェ以上ビジネスホテル以下の

需要を、見事に抑えた内容と言える。

 

そのお値段が、今回はアゴダで予約

 

f:id:tetsu7906:20200205095816j:image

 

総額2400円というまさしく

中間値なのである。

予算とプランに合わせて使い分けたい

それがお宿チョイスのポイント。

  

 

続く。

一休.com 特別クーポン利用。赤穂温泉、激安絶景露天風呂のお宿。

 

珍しくいわゆる旅館レビューという奴

 

一休.com

昔からなんとなく高級ホテルの予約サイト

と言うイメージが強く敷居が高いイメージ

があったのだがあることをきっかけに

予約してから実はコスパがとんでもない

という事実に遭遇。

 

その一例を紹介。

 

f:id:tetsu7906:20200201203825j:image

 

というわけで、時にこの宿泊サイト。

こんな具合の高額割引クーポンを配布している

場合がある。前述の敷居の高いという話は

間違いで結構幅広い範囲で取り扱いがある

といっていい。そんな中、今回出会ったお宿

がこちら。

 
f:id:tetsu7906:20200201203751j:image

 

兵庫県赤穂市赤穂温泉にある

「潮彩きらら 祥吉」

 

www.ako-syokichi.com

 

なんと5000円割引クーポン対応

最安税込み6600円から利用可能。

 

つまり総額1600円で写真にあるような

絶景露天風呂で疲れをいやせる

という話である。


f:id:tetsu7906:20200201203923j:image

 

若干訳ありプランであるという説明は否めないものの、ここの最大の自慢はこの立地。

瀬戸内海に面した絶景を望む

露天風呂であろう。


f:id:tetsu7906:20200201203932j:image

 

直近の限定日の価格設定の模様。

逆に言えばそれ以外それなりのお値段のする

そういうお宿であるとも考えらえれる。


f:id:tetsu7906:20200201203813j:image

 

若干曇りがちな夕方、

無料送迎バスにてお宿に到着チェックイン。

ロビーから見るその景色に間違いはなく

遮るものない海が一望。


f:id:tetsu7906:20200201203808j:image

 

ゆったり海を眺めながら座れるシートが

ロビーにはあって。すぐそこに小豆島が

あったりなんかする。


f:id:tetsu7906:20200201203830j:image

 

チェックインの手続きの間、

そこに腰掛けウェルカムティーとお菓子

いただく。まるでそこは、とある

ファーストクラスチェックインカウンター

であるかのように。


f:id:tetsu7906:20200201203733j:image

 

部屋は最安値の眺望はないものの

清潔でぬくもりのある雰囲気のお部屋。

デザインもこうやってみると

おしゃれ和テイストとでもいおうか。


f:id:tetsu7906:20200201203917j:image

 

実はわずかに遠く

海も見えなくもないそんな客室。


f:id:tetsu7906:20200201203737j:image
f:id:tetsu7906:20200201203801j:image

 

ここまでで

1600円で泊まらせていただいて

申し訳ないという気持ちになるぐらいの

完璧な内容である。


f:id:tetsu7906:20200201203741j:image

 

チェックインフロア

売店茶店のあるメインスペースを

引いてみるとこんな感じになる。


f:id:tetsu7906:20200201203854j:image

 

そんなフロアになんと

利き酒コーナー

あったりするわけで。


f:id:tetsu7906:20200201203745j:image

 

そのうえ

ご試食用のつまみまである

大盤振る舞い。


f:id:tetsu7906:20200201203847j:image

 

それどころか

風呂上がりのフリーアイスキャンディー


f:id:tetsu7906:20200201203844j:image

 

滞在を飽きさせないというか満足度を

ぐいぐい高めてくれるサービス小技

館内に散りばめられた旅館。これぞ

日本品質と感じざるにはいられない。


f:id:tetsu7906:20200201203903j:image
f:id:tetsu7906:20200201203850j:image

 

こんな具合にベストコンディションであれば

サンセットが望めるというSNS用のネタまで

準備してくれている。


f:id:tetsu7906:20200201203907j:image

 

赤穂と言えばも忘れずに

そんな展示も数々ございます。


f:id:tetsu7906:20200201203936j:image

 

1600円ではございましたが

しっかりベッドメイキングまでしていただき。


f:id:tetsu7906:20200201203836j:image

 

コーヒーなんかも

フリーでいただける完璧すぎる旅館。

JAZZをしっとりと聞けるスペースもあったり

f:id:tetsu7906:20200201203756j:image


f:id:tetsu7906:20200201203729j:image

 

そして何よりもここは露天風呂。

2か所ある露天風呂は先ほどの

西側サンセット側もよし。はたまた

男女入れ替え制で東側サンライズ側にも


f:id:tetsu7906:20200201203858j:image
f:id:tetsu7906:20200201203815j:image

 

こんな個人タイプの

プライベート壺湯があるわけで。

ここから感じる潮風と波の音は

心身ともにその疲れを吹き飛ばしてくれるのは

言うまでもない。


f:id:tetsu7906:20200201203805j:image
f:id:tetsu7906:20200201203819j:image
f:id:tetsu7906:20200201203911j:image

 

文句なしの、

認定再び訪れてみたい宿のご紹介

ざっくりと終わり。