LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

タイトルなき悲しい旅の記録⑮最終話(思い。)

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

 

※※※最後にその思いをぶちまける※※※

 

ここまでお付き合いいただいた方、新たに御覧になられた方。

ぜひお読み同意・拡散・共有を切に願うところ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

定刻で関西空港母港へ着陸。

 

当初の旅程最終日の深夜2時である。

 

半日以上ここに早く戻ったことになる。

 

f:id:tetsu7906:20181018163046j:image

 

深夜の到着は沖止めである。明日の国内線にでも使われるのだろうか。

 

深夜完結便。最後の砦、国内での入国。

 

査証欄節約のためいつもの自動ゲートへ。

 

何事もなく指紋認証されゲートが開く。


f:id:tetsu7906:20181018163040j:image

 

見慣れた帰国のルート。物静かな真夜中。

 

気持ちも重く。テンション低めな税関も何事もなく通過。


f:id:tetsu7906:20181018163055j:image

 

照明薄目なT1到着フロアへ。

 

目的を果たせず帰国するその気持ち。帰国できた安堵とともに

 

初めて味わう言葉にならないむなしさが込み上げてくる。


f:id:tetsu7906:20181018163100j:image

 

ブラジル上空を。安倍マリオの登場した上空を跳び越すはずだった。


f:id:tetsu7906:20181018163049j:image

 

もはや機能していないというのは数日後の台風での出来事。

休養している駅前のこの静寂。


f:id:tetsu7906:20181018163052j:image

 

行きつけの寝床方面へ向かう。


f:id:tetsu7906:20181018163043j:image

 

もはやこの辺りまで照明落とされている日本ブランド。

ということで世界屈指の良心的空港泊スポット。

満員御礼ということで向かいのバーガーキングで朝を待つ。


f:id:tetsu7906:20181018163034j:image

 

8月の最終日。まだまだ真夏の暑さである。

南半球仕様を準備したのに常夏の国で完結しその役目を果たすことはなかった。


f:id:tetsu7906:20181018163037j:image

 

そして関空連絡橋を渡ったころ。

あのメールが飛んできたのである。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

まるでタイミングを計っていたかのような

とどめを刺すかのような

 

オーストラリア入管からのビザ取り消しの通知。

 

3日前に阻止しておいてその正式書面は後付け。その数日は有効であったのか。

 

※※※ではその思いをぶちまける※※※

 

ビザの取り消し理由は簡潔に言えば

上記書面にあるように滞在時間と旅行者としての不一致。

マイル加算目的旅行でのマイレージ登録がされていなかったこと。

(提出書面に記載ありあちらの見落とし)

 

とのことだが、もちろんその理由は不当だと返信している。

 

それを百歩譲ってオーストラリアの入国を拒否したとしても

トランジット権限まで潰されているのが納得いかず

その事についての説明を求めているが

 

回答がない。

 

みなさんは同じ旅人として納得がいくだろうか。

1国の入国審査が事前にビザを許可しておいてたった30分、その当事国より前の国で突如行われ、その先無関係の国の搭乗券を含めてすべて没収されるようなこと。

 

オーストラリアをすべて非難するわけではない。

この判定をしたタイ在勤のオーストラリア入国管理局の担当者。

その判断を非難しているのである。

 

※※※繰り返しとなるが

ここまでお付き合いいただいた方、新たに御覧になられた方。
ぜひこの旅の記録に同意・拡散・共有をしていただければと

切に願うところである。

 

以上がこの

 

「タイトルなき悲しい旅の記録」

 

の全てである。

 

終わり。

タイトルなき悲しい旅の記録⑭

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

香港島に上陸。

  

 

まるで何かに追われているかのような動向。

 

別に何も追われていない。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

ただその道のりを強制的にある国の入国管理官に変えられただけである。

 

f:id:tetsu7906:20181013115733j:plain

 

19時過ぎに完全に夜景モードの香港。

見とれる間もなくボーダーをこえ足早に歩く。

 

f:id:tetsu7906:20181013115711j:plain

 

足早、写真に手振れ。

 

f:id:tetsu7906:20181013115706j:plain

 

セントラル(中環)から香港駅まで歩く。地下鉄にして1駅。

 

香港らしい風景をもう1枚。

 

 

 

駆け抜ける。

 

この辺りの土地勘に迷いわない。

 

f:id:tetsu7906:20181013115640j:plain

 

エアポートエクスプレス香港駅へ。

 

フェリーターミナルより歩くこと10分少々。

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

ここで韓国AREX以来の再登場「KKday」3割引きクーポンを利用。

 

www.kkday.com

 

これは結構大きい。

1000円少々で空港へ高速アクセスができる。

チケットもすべてオンラインで解決。

 

f:id:tetsu7906:20181013115738j:plain

 

送られてきたQRコードをダイレクトにこの改良型改札機かざすだけ。

KKdayの力ふたたび。足を止めることなく24分で空港へ。

 

f:id:tetsu7906:20181013115633j:plain

 

フェリーターミナルから空港まで40分ほどであろうか。

余裕をもって20時ごろにはT2チェックインカウンター到着。

 

f:id:tetsu7906:20181013115649j:plain

 

片隅にしいたでられたジェットスタージャパン

 

チェックインカウンターに人影はなく。

 

f:id:tetsu7906:20181013115728j:plain

 

ウェブチェックイン済み、パスポート確認の搭乗券発券は1分もかからず。

 

f:id:tetsu7906:20181013115636j:plain

 

ここでお別れ常夏バンコクから共にやってきたタイウォーター。

 

お馴染みEチャネルでさくっと離港。

 

f:id:tetsu7906:20181013115720j:plain

 

目指すは遥か彼方。

当然T2からT1経由のミッドフィールドへ。

格安の200番台搭乗口はもはや常識。

 

www.plaza-network.com

 

プライオリティパス、当然いきつけのプラザ・プレミアムラウンジで寄り道。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

夜食を投入。フィッシュボールヌードルと黒ビール。

 

f:id:tetsu7906:20181013115715j:plain

 

もはやこれは締めの香港の味と化してきている。

  

 

胃袋を満たし深夜で完結する深夜便の搭乗口へ。

再びシャトルトレインへ。

 

f:id:tetsu7906:20181013115651j:plain

 

やってきました遥かかなたのミッドフィールド。

 

f:id:tetsu7906:20181013115656j:plain

 

定刻の出発の模様。

関空到着は深夜の2時。ということでお値段は前日にして9000円。

うまく繋ぎあわせればアジア間のフライトはもはや1区間1万以内。

  

 

そういう時代である。

 

f:id:tetsu7906:20181013115741j:plain

 

無念の最後の帰国便は自国の航空会社となる。

 

深夜完結便とは思えないほどの搭乗率。

 

体力さえあれば超合理的な移動とも考えられなくもない。

 

香港上陸時間およそ2時間

 

そして深夜の母国へ向かう。

 

最終話へ

  

 

続く。

タイトルなき悲しい旅の記録⑬

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

  

tetsu7906.hatenablog.com

 
tetsu7906.hatenablog.com

 

 

そしていま、マカオギャラクシーマカオにいる。

 

Homepage | Galaxy Macau, the World-Class Asian Resort Destination

 

ここでは淡々とカジノであった小話を続ける。

  

 

急遽やってきた。マカオ

 

当然持ち合わせの香港ドルもなければ、ICカードオクトパスもない。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この国では一文無し状態というやつである。

 

こんな事は普通の国では起こりえない。

無料シャトルバスで街中へなんてことはありえないからだ。

 

だからカジノで両替すればいいという頭があったので気にせずカジノへ直行。

 

到着しギャラクシーホテルの手荷物預かり所を探す。

 

ホテルのチェックインカウンターとは別に預り所がある。

 

有料20香港ドルほど。

 

これがない。

 

カードでの支払いはできない。

 

そんなプチトラブル発生。両替所は中にしかない。

 

ATMもあるが反応せず。わずかな勝負時間が過ぎていく。

 

そこで絶対に真似してはいけない人込みのある場所にちょっと荷物を紛れさせておいて人間のみカジノの中に入って両替してくる暴挙にでる。

 

※絶対に真似してはいけない(そもそものこんなやつは普通いないが)

 

そして身軽になり無事にカジノ内へ潜入。

 

そこで本来使うべきだった

オーストラリアドル・米ドル・ユーロをすべて両替を試みる。

 

いわゆるドラゴンボール的表現をするなら

元気玉作戦の決行をする。

 

アジアのカジノ。レート表にはしっかり記載されているものの。

 

スタッフのオーストラリアドル・ユーロの取扱い計算に手間取る。

横にいた中国人らしき男にここはRMBかHKDだと冷やかされる。

 

これもロスタイムが想定されたので

米ドルと日本円のコラボ約20000円を両替することにする。

 

16時のマカオ。その晩21時過ぎには問答無用香港を旅立つ。

 

18時頃がマカオ離港のリミット。

 

短期決戦。

 

激し攻防のすえ、バンコクからの帰国便代は取り戻せそうになるも

 

結果敗戦、撤退。

 

 

 

人生とはそんなもの。

 

f:id:tetsu7906:20181013115701j:image

 

そんなことを気にしている暇もなく。

 

macau.navi.com

 

17時30分ごろホテルシャトルバスで

空港横にあるタイパ島のフェリーターミナルへ。

 

f:id:tetsu7906:20181013115631j:image

 

もうすでにこんな時間。18時過ぎの香港セントラル行きに駆け込みたい。


f:id:tetsu7906:20181013115646j:image

 

巨大なチケット売り場。平日の夕方の香港方面は閑散。

 

セントラルか、九龍か問われる。

 

18時を希望すと18時30分のを指定される。この30分は大きい。

 

過去の経験からこの指定は目安だという記憶を掘り起こし

 

乗船口へ突き進む。


f:id:tetsu7906:20181013115745j:image

当然の閑散具合で。あっさり18時便に飛び乗る。

 

マカオ滞在

 

3時間。

  

 

続く。

 

タイトルなき悲しい旅の記録⑫

 

 

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

いまその旅の記録は帰国の路を歩んでいる。

 

搭乗口までやってくる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

ここまでは一昨日とおなじ。

 

f:id:tetsu7906:20181008181554j:image

 

どこかの自国ルールで勝手に二度目の手荷物検査をする航空会社と

ちがいさらっとゲートにたどり着く。

 

チケットを機会にかざす。

 

アラームはならない。

 

スーツをきた白人の二人組もいない。

 

無事スタンバイゾーンの椅子にこしかけられる。

 

もちろんいきなり質問攻めにあうこともない。

 

この感覚が出国を取り消された男が陥るトラウマなのである。

 

第三関門突破。

 

かくにもこれでバンコクを飛び立つ権利を与えられたわけである。


f:id:tetsu7906:20181008181637j:image

 

翼の上の窓側席からは脱アジア感のあるエアラインが駐機している。


f:id:tetsu7906:20181008181607j:image

 

エアマカオA320。シートピッチはまずまず。

シートも思った以上に綺麗。3時間ほどのフライト。


f:id:tetsu7906:20181008181545j:image

 

共有ながら機内エンターテーメントもある。

イヤホンを差し込んで見入る。意外と面白い三蔵法師的な映画。

 

御覧のように搭乗率も結構高い。そう思えば12000円でもありがたい。


f:id:tetsu7906:20181008181601j:image

 

こちら機内食。撮り方的に結構ボリューム感がある。

バンコク発便の機内食にはずれはない。

味もしっかりしみこむ食材は文句なし。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

機内食は発地で決まる。これは不動。


f:id:tetsu7906:20181008181613j:image

 

定刻の離着陸でマカオ特別行政区へ降り立つ。

ホームでありながら沖止めショック。

バスでイミグレへ向かうもタイミング的にエコノミー客一番乗りで入国。

 

ここでも少々緊張感が走る。

搭乗券を見せてと言われる。ぐらいで問題なく入国。

 

ひとまずこれで滞在ゾーンは中国ゾーンに渡ったわけである。

 

 

現地時間15時。先をいそぐ。


f:id:tetsu7906:20181008181604j:image

 

この辺りのお車事情も理解している。

空港出て右にカジノホテルシャトルバスが発着している。

 

コタイサイドにいるわけであってリスボア・ウィン方面などに橋を渡っていっている余裕はない。


f:id:tetsu7906:20181008181551j:image

 

行きつけの相性のいいギャラクシーを選択。

意外と家族ずれが多かったような車内というかマカオ


f:id:tetsu7906:20181008181558j:image

 

お馴染みの建物が視界に入ってくる。


f:id:tetsu7906:20181008181639j:image

 

福を寄せ付けるであろうモニュメントが玄関に。

バンコク市内に続き神頼み。

来るたびに派手にパワフルになっている気がする。

 

そしてここで諸問題が発生。

 

 

といったところで世界一周からアジア徘徊潜伏の旅。

 

次回へ

 

続く。

 



タイトルなき悲しい旅の記録⑪

 

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

  

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

バンコクに無泊のはずが結果2泊3日の滞在となる。

 

f:id:tetsu7906:20181006192845j:image

 

お世話になってますこのドミトリーベッドに別れをつげ。


f:id:tetsu7906:20181006192835j:image

 

出国カード回収されたままでいたにも関わらず

事情を理解して泊めてくれたフロントに礼をし旅立つ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

というより帰国路につく。

 

いつも格安でありがとう。


f:id:tetsu7906:20181006192839j:image

 

2日前に降り立ち同日に打ち返されたスワンナに3度訪港。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

問題はない。

何も悪いことはしていない。

ただ疑われただけ。

  

 

それでも気になるチェックイン。

ちょっトラウマ。


f:id:tetsu7906:20181006192950j:image

 

例のごとくチェックインの混雑はない。

前日片道購入のフルキャリアで12000円で飛ばせてくれる

良心的航空会社エアマカオ関空マカオ便以来のまさかの再会。

 

聞かれたのはマカオから先の足。

香港からのジェットスターの乗り継ぎの予約画面をスマホ画面で見せる。

同日かといったところにちょっと驚くも問題なくチケット発券。

 

まず第一関門クリア。

  

 

続いて出国審査。

 

タイの入国で渡される出入国カード。

出国カードは本来はキープして出国時にパスポートと一緒に提出する。

これがルール。

 

しかし1回目の出国(普通の人は2回もしない)で回収されたまま、

取り消しにあったためそのまま出国カードなしのまま

ほったらかしという具合なのである。

 

それこそここが本来の経由地のチリであったなら大変な話であるが、

ここアジア・タイ王国では普通に亡くしたと言えば

用紙を出国前イミグレでもらえる。

 

なぜ出国を2日前に取り消されたかをとがめられることなく

 

無事第二関門クリア。


f:id:tetsu7906:20181006192933j:image

 

思ったよりスムーズにことは進み、

行きつけになりつつあるオマーンラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20181006192822j:image

 

昼前のこの時間。利用客はほぼいない。


f:id:tetsu7906:20181006192830j:image

 

バンコクにいることを感じさせない食べ物と内装。

経由地に中東は含まれていなかったものの

ちょっとした旅の続きの妄想が出来る悲しい現実。


f:id:tetsu7906:20181006192825j:image

 

デーツにアラビックコーヒー。

ドバイで頂いて以来だろうか。


f:id:tetsu7906:20181006192947j:image

 

こんなしゃれたフルーツの盛り方はセレブ仕様。


f:id:tetsu7906:20181006193006j:image

 

ということでこちらはハラル限定。

テルモーニングと機内ランチの合間の食事を済ませる。


f:id:tetsu7906:20181006192944j:image

 

ラベルの一番下の国名に異常な腹立たしさを覚える。


f:id:tetsu7906:20181006192940j:image

 

それらしいお客さんも珍しくおられた。


f:id:tetsu7906:20181006192937j:image

 

御覧のように一通りそろった設備。

そしてやや他のラウンジからすれば小さめだが混雑はない分ゆったり過ごせる。


f:id:tetsu7906:20181006192959j:image

 

ついでのその近所、搭乗口的にも最後の経由地こちらも行きつけのラウンジ。


f:id:tetsu7906:20181006193003j:image

 

ここの良さは、窓があってゲートも誘導路も見られるところかもしれない。

しかし欧米的オーラ満載さは否めない。


f:id:tetsu7906:20181006193024j:image

 

そして向かう。

搭乗口。

  

 

果たして

 

続く。

タイトルなき悲しい旅の記録⑩

 

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

帰国ルート。

シンガポール・クアラルンプール・香港・台湾・ソウル・プサン経由など

代案をやまほど考えた。

  

 

その1つ以遠権フライトの代表作。

 

f:id:tetsu7906:20181001131528p:plain

 

思い切ってこんなことでもしてやろうかとか。

 

f:id:tetsu7906:20180925153338p:plain

香港の行きつけの重慶マンションで1泊して帰ってやろうか。

 

f:id:tetsu7906:20181004202530p:image

 

等々。

 

色々考えた。

 

 
悩みぬいて総合的に判断したベストルートがこれ。
まずはエアマカオでいくマカオ午前便。

フルキャリアで12000円。

 

f:id:tetsu7906:20181001131522p:plain


失われた時は、取り戻せない。
しかし失われた金は、取り戻せる。
かもしれないという感情がふつふつと沸き起こる。

行先を見失った旅は

 

新たなルートに変わる。

 

ではマカオから先はどうするか。

 

その同日夜に香港を出る格安便を発見。

 

f:id:tetsu7906:20181004202431p:image

 

香港を21時過ぎ出発深夜2時に関空へ着くジェットスタージャパン便。

エアマカオに続いて前日で9000円という国際線。

良心的価格といっていいだろう。うち諸税が4000円も含まれているのだから。

 

マカオ・香港の交通事情は知れている。

 

同日でもターボジェットで十分乗り継げる。

 

マカオ=カジノに関しては短期決戦で十分やれる。

 

香港・マカオの滞在時間は6時間程度。

 

どこぞの国の入国管理局の横暴判定からしたらこっちのほうが遥かに

怪しい。

 

バンコク・パヤタイの行きつけの宿を延泊潜伏して丸一日。

 

やっと答えがでる。

結果帰国にかかった飛行機代は2万円少々。

前日の予約にしては、経由を前向きに考えれば妥当との判断を下す。

  

 

 

やっとの思いで外出する。

 

海外で丸一日帰国手段を考えることなんて未だかつてない。

 

f:id:tetsu7906:20181004202748j:image

 

夜のバンコクは活力がある。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そしてなぜかまだバイヨークスカイホテルのふもとにいる。


f:id:tetsu7906:20181004202800j:image

 

市場路地裏の店は19時ごろ店じまいを始めている。

なんとか100バーツをパンツを仕入れる。


f:id:tetsu7906:20181004202739j:image

 

日本のどこかの街の風景といってもあまり違和感はないアジアは1つ。


f:id:tetsu7906:20181004202731j:image

 

伊勢丹前のテントでフードフェスタの盛り上がり。


f:id:tetsu7906:20181004202757j:image

 

と思ったらいきなり交通規制、キングダム臭の漂う雰囲気に変わる。


f:id:tetsu7906:20181004202744j:image

 

行き詰ったとき、困ったときは異国の神でも神頼み。

しかないのかもしれない。

しばしたたずむ。


f:id:tetsu7906:20181004202753j:image

 

近所のレストランで麺をすすって

まさかのバンコクに2泊滞在最後の夜更けていく。

  

 

続く。

 

タイトルなき悲しい旅の記録⑨

  

 

これはタイトルなき悲しい旅の記録である。

ただその記録は残念ながら途中で途絶えた。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

あの青い台帳に記載された人間は、

出国スタンプの上にこの赤文字が押印される。

 

f:id:tetsu7906:20181001131537j:image

 

空港スタッフの誘導。

カンタスの地上担当かはよくわからないが

非制限エリアに出たら、さようなら。

 

あとは勝手にしてくれ。

 

放心状態とはこのこと。

 

あの国は自国の入国を防ぐために他国のタイの出国まで取り消す。

そしてその者の母国への帰国便の航空券があろうがなかろうが知ったこっちゃない。

そういう考えらしい。

 

簡単に言えば自分の国さえ良ければいい。

  

 

そういう主義なのだ。

 

空港のネットを使いとにかく寝床の確保。

 

この状況での野宿は不可能。

 

もちろん本来ならここから怒涛の機内3連泊が続くはずだったわけだが。

 

バンコクは何度も紹介している絶賛の格安アクセス良好の定宿がある。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

1600円のドミトリーだが清潔でフリースペースの充実。

一旦頭を整理するため予約してパヤタイへ折り返す。


f:id:tetsu7906:20181001131534j:image

 

まるでバンコクの自宅に引き返した感のある今年3回目の利用。

 

www.tripadvisor.jp

 

直面した悲劇。人災なのか天災なのか。

 

なぜこんなことになったのか。

パスポートは生きているのか。

タイを出国出来るのか。

日本に帰れるのか。

 

様々な不安で頭がいっぱいになる。


f:id:tetsu7906:20181001131519j:image

 

いつものバンコクのおかんのモーニング。

考えているうちに早々に朝を迎えている。

  

 

帰りの足の確保が最優先でいくらアジア内バンコクとは、

そこが固まらない限り動けない。


f:id:tetsu7906:20181001131539j:image

 

フルーツを食べてもシリアルを食べても。

詰まらない帰国路。


f:id:tetsu7906:20181001131517j:image

 

インターネットから流れるオンラインラジオのJAZZ。

優雅な時間なはずが悲壮感はまだ残る。

 

皆朝食を終え、暑さ控えめのうちのタイを満喫しに出かけていく。


f:id:tetsu7906:20181001131548j:image

 

前日に見たあの景色は、前日である必要もなかったわけで。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

今は時間があるようで、ない。

 

そんな感覚。

想定してない時間に想定してない国にいる。

そんな経験はなかなかない。

  

直行で数日あけても2万はする。

それも当然LCCで。

 

トランジットして組み合わせても変わらない。

 

もはやこのブログをご覧の方はおわかりいただけるように

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

片道2万のバンコクなんて受け入れられない。


f:id:tetsu7906:20181001131525j:image

 

バンコクで帰国便を探す時間が無情にも過ぎていく。

 

 

 

行先を失った悲しい旅の記録は

 

続く。