LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【モクシー大阪新梅田】修行Ⅵ、斬新過ぎる新鋭マリオット系ホテル(前編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

マリオット修行は続く・・・。

一部重複利用は割愛。

 

とにかく連泊を避け、最安日を狙い

地域クーポン等を併用するそれが

定石の現代ホテル修行。

 

そして今宵お世話になるのが

お初となりますモクシーシリーズ。

 

www.marriott.co.jp

 

マリオット系でも

異色のカラーを放つこのホテル。

1階外観をみてこの異端児。

 

f:id:tetsu7906:20200918164500j:image

 

近づいてみればそもそもホテル?

ホテルだけどホテル業に

ばりばり重心を置いている感じではない。


f:id:tetsu7906:20200918164525j:image

 

それは一歩足を踏み入れればすぐにわかる。

イケイケの音楽が玄関であなたを迎え入れる。

そしてそこには昼はカフェ。夜はバー

に化けそこにホテルがある。


f:id:tetsu7906:20200918164559j:image

 

そうつまりチェックインですと、

明確に言わないと何の客かわからない。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この手のタイプは確かに

弾丸アメリカ・ニューヨーク

経験したスタイル。

ミラーボールの回るエレベーター。


f:id:tetsu7906:20200918164518j:image

 

ゴールドレベルながら

最上階ご用意していただけました。


f:id:tetsu7906:20200918164618j:image
f:id:tetsu7906:20200918164602j:image

 

なんとも異国感のある部屋の扉。


f:id:tetsu7906:20200918164635j:image

 

扉を開けるとさらなるオーラ。

おもしろい。ユニークというのが

適切であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164507j:image

 

水回りは浴槽無しのシンプル構造。

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

難波のマリオット

このあたりは同種のライバルか。


f:id:tetsu7906:20200918164607j:image

 

マリオットでありながら

ホステル的要素があって

「必要なものはフロントに

あるのでご用命を。」と言うスタイル。

新マリオットスタイルと言っていいか。


f:id:tetsu7906:20200918164615j:image

 

モクシーブランド。


f:id:tetsu7906:20200918164503j:image

 

客室もやや狭いというのが本音。

通路が何しろせまい。

ただこのホテルの特徴は1階にある。

おそらくホステル的ステイの要素

入っているのであればここで過ごす時間は

極めて短い。したがってそれほど

問題になる要素ではない。


f:id:tetsu7906:20200918164528j:image
f:id:tetsu7906:20200918164552j:image
f:id:tetsu7906:20200918164657j:image

 

窓の外を眺めれば

梅田らしい景色が一望できる。

交差点にたっている最大の特権であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164439j:image

 

そして出来立てほやほやホテル、

テレビがすこぶる巨大。

大して左下の黒い英文字の箱。

これ冷蔵庫。


f:id:tetsu7906:20200918164429j:image

 

おそらく旅慣れた人、そしてホテル全体で

過ごすことに目的とした人には

しっくりハマるスタイルである

とわかってくる。


f:id:tetsu7906:20200918164510j:image

 

狭い分、窓が近い。その迫力。

ホテル設備の案内もA4の一枚用紙にパウチ。


f:id:tetsu7906:20200918164432j:image

 

客室の椅子はこんな感じ。

一応言っておくとシンプルにこのホテルは

1室1泊1万円。

(感覚的には使いこなせないと高い。)


f:id:tetsu7906:20200918164425j:image

 

そしてちょっと変わっているのが

テレビの選曲。

ブルームバーグCNA

(チャンネルニュースアジア)


f:id:tetsu7906:20200918164623j:image

 

ではこの奇抜なルームキーをもって


f:id:tetsu7906:20200918164638j:image
f:id:tetsu7906:20200918164701j:image

 

お出かけ。


f:id:tetsu7906:20200918164632j:image

 

このホテルの売り、それは繰り返す

1階共有(フリー)スペースにある。

フロント兼バー&カフェ。


f:id:tetsu7906:20200918164521j:image

 

こちらは宿泊者専用のコーヒーメーカー。

これがある分、客室には

何も設置されていない。


f:id:tetsu7906:20200918164436j:image

 

広々快適なカフェが滞在中自由に使える、

そこにこのホテルの真価がある。


f:id:tetsu7906:20200918164629j:image

 

1階まるまる使っていて

ところどころ雰囲気が異なるのも

利用者を飽きさせない。


f:id:tetsu7906:20200918164555j:image

 

白馬でみたようなダミーの暖炉があったり

ロングソファーもあれば

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

個人用のハイチェアー等々。


f:id:tetsu7906:20200918164548j:image
f:id:tetsu7906:20200918164544j:image

 

照明やインテリア、見ているだけでも

好きな人には楽しい空間であろう。


f:id:tetsu7906:20200918164610j:image
f:id:tetsu7906:20200918164514j:image

 

そんなこんな思い思いの時を過ごしている間にじわじわと日が暮れてくる

 

f:id:tetsu7906:20200918165005j:image

 

またその味わいも変わってくる。


f:id:tetsu7906:20200918165018j:image
f:id:tetsu7906:20200918165037j:image

 

客室の窓から見る景色も徐々に

都会の夜景へと。


f:id:tetsu7906:20200918165001j:image

 

とこうなるわけで、すごく小技演出

効いた素敵なホテル

ここにはありました。


f:id:tetsu7906:20200918165033j:image
f:id:tetsu7906:20200918165021j:image

 

ピンクのネオンを看板に出すなんて。


f:id:tetsu7906:20200918165029j:image

 

話少しそれまして晩飯の調達。

 

www.hotelwbf.com

 

それがこちら。

WBF仕入れた

クーポン消化していきたい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ということでこちら梅田・福島エリア

居酒屋さんのお弁当に注目するそれも夜弁!

 

www.hotelwbf.com

 

新福島駅の南側にある

ちょっと入り組んだ路地のなかにひっそりと

佇む文字通り晩酌食堂。


f:id:tetsu7906:20200918165009j:image

 

ディナーを調達して我が家へ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

「なんだこれはマカオのカジノか!?」

的なオーラに変わっている。


f:id:tetsu7906:20200918165014j:image

 

その居酒屋さんの夜弁!


f:id:tetsu7906:20200918165025j:image

 

お値段ぴったりぽっきり1000円

「本日の焼き魚弁当。」

 

f:id:tetsu7906:20200918165124j:image

 

おいしく無いわけがありません。

先日紹介のこのクーポンもちろん

1000円以下のコストで仕入いるので

これよりお安くいただいてるのです。

 

ちなみにTAKE OUTでしたが店内の店員さん

雰囲気すごく良かったです。

それがこのお弁当のお味に間違いなく

反映されているわけである。


ちょっと長々となって参りましたので

一端こちらで絞めて

 

続・後編と~~~

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com