LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【白馬マリオット】コロナ前後。変わらない良き隠れ家的ホテル再訪!(仮想スイス)


白馬RUN

 

 

人生には再び訪れてみたい場所がある。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そして「幸せになる秘訣」

あの映画のあの言葉を信じて

「毎日を同じように、もう一回繰り返す事」

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

なんだか良くも悪くもコロナから

学んだこともそれなりにあったわけで。

 

本題へ。

 

例の如く、シーズンオフに前もって

押さえておくとコロナ前の常識では

前回同様圧倒的破格

抑えられた正式名称

 

www.marriott.co.jp

 

f:id:tetsu7906:20200606231137j:image

 

今回も「一休.com」

クーポン力にあやかり

入湯税含め3000円少々

でお世話になりました。

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

季節は変わり、ハイシーズンの入り口この価格

あまりに価値がある。

 

f:id:tetsu7906:20200606230912j:image

 

御覧のようには、

これから最盛期を迎えるにあたり

草木、花々強くその存在を示しあっている。


f:id:tetsu7906:20200606230955j:image

 

前回訪れた9月は

この苗が収穫の時期を迎えていた。


f:id:tetsu7906:20200606231024j:image
f:id:tetsu7906:20200606230847j:image

 

今回特に感銘を受けたのが、

その香りである。

花の香りでそこら中

あふれかえっているのである。

そして初夏?に下界では

感じ得ない心地よい風。


f:id:tetsu7906:20200606230833j:image
f:id:tetsu7906:20200606231050j:image

 

これが

雪解けの進む高地から受ける恵の一つ

なのだろうか。


f:id:tetsu7906:20200606230809j:image

 

「みそら野エコーランド」


f:id:tetsu7906:20200606230818j:image

 

別荘群の入り口へ。


f:id:tetsu7906:20200606230843j:image

 

「再び訪れてみたい宿、勝手に10選」

ぐらいが現れる。


f:id:tetsu7906:20200606230757j:image

 

看板に「お帰り、ようこそ。」

と言われていると錯覚しながら


f:id:tetsu7906:20200606231019j:image

 

コロナ対策「Social distance」

徹底されてますモード


f:id:tetsu7906:20200606230947j:image
f:id:tetsu7906:20200606230815j:image

 

これは結構斬新4分割方式。


f:id:tetsu7906:20200606230937j:image

 

この自動除菌用マシーン

そこかしこに設置されている。

この辺りの徹底は他のホテルとは

群を抜いている。

 

 

特に話題のアパなんて話にならないレベル。


f:id:tetsu7906:20200606231003j:image

 

帰ってきた感のます通路。

おしゃれBGM

その気持ちをさらに高める。


f:id:tetsu7906:20200606231016j:image

 

コロナの影響により温泉が売りのホテルが

利用不可(大浴場休止)になりかけたので

今回も温泉利用出来るように

出来ないかと相談したところ・・・

 

 

当日空きがあればとのことで

変更していただけました。

これも結果いい方向にコロナが

作用したわけでもあって。


f:id:tetsu7906:20200606230920j:image

 

あとは変わらぬその空間が。


f:id:tetsu7906:20200606231030j:image

 

その温泉が。


f:id:tetsu7906:20200606230754j:image

 

常時浴槽に注がれているわけであって。


f:id:tetsu7906:20200606230928j:image

 

黙って外を眺めて

 

「お好きな時にお好きなだけ」

tetsu7906.hatenablog.com

 

入浴するだけであって。


f:id:tetsu7906:20200606230825j:image
f:id:tetsu7906:20200606230908j:image

 

いつもの駅前スーパーで

調達したりんご群をお供に。

ひとばん過ごすのであって。


f:id:tetsu7906:20200606231040j:image

 

※2020年6月6日より再開しているそうです。

ご安心を。


f:id:tetsu7906:20200606230930j:image

 

左下にさりげなくおかれた

ご当地チューハイをひとつ。


f:id:tetsu7906:20200606231047j:image

 

ほんの1年前、

東アジア系外国人で溢れていたこの場所も。


f:id:tetsu7906:20200606230944j:image

 

いまはその座席をいくらか取り除かれ

誰もここで過ごす客がいない。


f:id:tetsu7906:20200606231147j:image

 

外の静寂。


f:id:tetsu7906:20200606231010j:image

 

美味しい空気と素敵な闇夜は健在であって。


f:id:tetsu7906:20200606230933j:image

 

部屋に戻ってお隣さんは

DREAMING MODEということでした。


f:id:tetsu7906:20200606231013j:image
f:id:tetsu7906:20200606230905j:image

 

翌朝。

前回とは打って変わって朝活。

してみる。


f:id:tetsu7906:20200606231034j:image

 

付近を散(走)策してみる。雪山がうっすら。


f:id:tetsu7906:20200606230915j:image

 

言葉にする必要のない

最高の朝の空気が流れているわけであって。


f:id:tetsu7906:20200606230941j:image

 

徒歩と言いたいところ。

ジョギングで20分少々(ペースによる)

白馬といえば長野と言えばの

あれがみえてくる。


f:id:tetsu7906:20200606231044j:image
f:id:tetsu7906:20200606231027j:image
f:id:tetsu7906:20200606230801j:image

 

スキージャンプ台。


f:id:tetsu7906:20200606231055j:image

 

皮肉なもので来月、ここ長野で迎えた

1998冬のオリンピックに続くはずだった

東京2020。延期の決まったその年に

ここにいるのである。


f:id:tetsu7906:20200606230924j:image

 

観客席最上段に上がって見る。

およそ20年前に世界がこんなことになるなんて

誰が想像出来ただろうか。

最高の眺めに思いは複雑ながら

価値ある良き時間を過ごさせてもらっている。


f:id:tetsu7906:20200606230822j:image

 

モニュメント。何を思うかモニュメント。


f:id:tetsu7906:20200606230804j:image
f:id:tetsu7906:20200606230828j:image

 

そして。何を思うか我が人生、

そんなAbout Time がゆったりと

雲のように流れ行く。


f:id:tetsu7906:20200606231000j:image

 

もう少し走り足して、部屋帰って窓を開け

天然の風と生き物の声に

耳を傾ける。


f:id:tetsu7906:20200606231006j:image

 

しばらくは何の関係もない

世界の天候でも眺めて。


f:id:tetsu7906:20200606231037j:image

 

疲労を即時取り除き。


f:id:tetsu7906:20200606230839j:image

 

相変わらず高接客レベル。

ビジネスホテルでは聞けない

「良い1日を!」

という最高の見送りの言葉をいただき。


f:id:tetsu7906:20200606230836j:image
f:id:tetsu7906:20200606230950j:image

 

 白馬を立ち去る。