LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【②-1超低コスト!JALステータス修行】激安乗継航空券を乗継変更〜マイル加算は実経路による〜

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

支払い総額28320

獲得マイル7616FOP10384

 

シーズン1の結果です。

極めて優秀な成績であると言って良い。

 

ではシーズン2へ⬇︎ 

 

 

流石に真冬のニッポン!

最大の敵は「寒気&低気圧」

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

本日出発の地、

小松は中々の悪天候・・・。

 

f:id:tetsu7906:20210210055830p:image

 

定刻の出発をご予定。 

早速ですが本日の搭乗券の

原型はこちら⬇️


f:id:tetsu7906:20210210055935j:image

 

これがいわゆる

伝説かつ謎の特定日限定の

激安乗り継ぎ航空券。誰もが目を疑う

小松東京経由石垣が10480円!

※おそらく本命石垣便だけでも

この数字を叩き出すのは困難。

 

それをいとも簡単に・・・

恐るべし乗り継ぎ割引マジック

小松はヤンゴンですか?

いや釜山ですか?的な働き

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

明らかに雲行きの怪しい旅立ち

過去の経験から

「疑わしきは折り返し便を見よ」

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ちなみに小松は空港は

「条件付きフライト」を発動させていない

一方。こちらもうお分かり。

那覇便はなんと条件付きをつけたまま

(折り返しまたは伊丹降機)

出発しているのである。


f:id:tetsu7906:20210210055823j:image

 

小松はあくまで可能性を示唆しているのみ

「雪国北陸プライド」をかけて

飛ばすのである。

 

ただその相手は乗り気ではない・・・。

果たしてこのオプション。

折り返し便である以上

統一すべきではないかと思うのは

私だけでしょうか?


f:id:tetsu7906:20210210055910p:image

 

世間ではこのように

庶民を恐怖に陥れているわけであって

気がきでない乗客は無条件

恐る恐る空港へ向かうしかないのである


f:id:tetsu7906:20210210055919j:image

 

ちなみに小松駅はご覧の様相。


f:id:tetsu7906:20210210055841j:image

 

歩道は雪で真っ白。時折、強く舞う雪。

後は折り返し機が降り立ってくれるのを

待つのみ。


f:id:tetsu7906:20210210055817j:image

 

チェックイン!

JGC専用カウンター、

いつもの厄介な航空券はこの方が話は早い。

と言う先入観は一気に崩壊する。


f:id:tetsu7906:20210210055852j:image

 

さすがJTAと結ぶ路線琉球寒緋桜」

見事に輸送されて咲き誇っています。


f:id:tetsu7906:20210210055834j:image

 

その奥に金沢冬の風物詩と題しまして

「雪吊り」中々ご当地感があって

素晴らし。


f:id:tetsu7906:20210210055915j:image

 

ただその空港の雰囲気は・・・。

 

そしてちょっとここから変わった事象

というより事件が起きるので

せっかくなのでお知らせ。

(全段断りを入れると決してJAL全体に

物申しているわけではない)

※ちょっと長々となってしまってますがお付き合い

いただければ幸いです。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

そもそもこんな具合に優雅に写真

撮っているのは何故か???

あらかじめ「ダイヤモンド・プレミア予約デスク」で調整した欠航・減便による航空券変更、発券してもらうだけ。

それを待っているのだが。。。

 

少なくとも10分以上

後方に下がったGSが戻ってこない。

すると何一つマイルの話などしていないのに

「この行程でのマイルの加算は元の航空券

つまり「小松→東京」分が対象となります」

という謎の案内というより主張。

「ですのでこの後の東京直行便

変更されますか?」という誘導。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

「いやいや過去に何回か。。。」

と切り返すも通じないGS

その10分でどんなやりとりが後方で

あったか知らないが強く推してくる、

そしてチェックイン時に行ったクラスJの話は

吹っ飛んでいるGS。

強いて言えば乗り継ぎ割引を変更するのは

初めてなのでもしかしたら。。。

何しろ相手はあくまでプロ

 

と言う事でクラスJは不要ながら

せっかくここまで来たのだから

「そのままでお願いします」

と言うこの選択が後に明暗を分ける。


f:id:tetsu7906:20210210055810j:image

 

そう。改めますとこちら

東京便が欠航したので昼過ぎ出発場面では

(ちなみにここまでどの空港でも電話でも

前段欠航のお詫びからはじまるがそんな話はここにはない。)那覇を経由しても夕方の東京便を待っても同じ時間に到達してしまうので

こちらもシーズン1同様大幅迂回に変更したのである。


f:id:tetsu7906:20210210055838j:image

 

こちら小松のサクララウンジ

受付のスタッフをはじめ

大変「JAPANESE beauty」

を感じさせてくれる作り


f:id:tetsu7906:20210210055900j:image

 

ただ何故か心情は異常なまでに


f:id:tetsu7906:20210210055813j:image

 

落ち着かない・・・。


f:id:tetsu7906:20210210055806j:image

 

わずかに時間があったのと

前日ダイヤモンドプレミアデスクからの

着信があったのでその要件とこの件について

信頼の東京、経験豊富なこのデスク

にお尋ねしてみた。

 

すると「乗継割引であっても変更後も実経路に準じた加算」という

 

明確回答迅速にしていただいた。

本当にその心強い回答には救われた。

この担当の方に深々とお礼を言い


f:id:tetsu7906:20210210055846j:image

 

搭乗時間少しずつ迫っては来ているものの。

何の非もないラウンジスタッフさんに

「プレミアデスクと小松GSの見解」

なっっていると再び確認をお願いする。

 

これまた時間を要する。

全く休まらないラウンジ。

迫る搭乗時間。正直その便の乗客及び

JTAさんには迷惑かけたくない。


f:id:tetsu7906:20210210055903j:image

 

当然の最終搭乗客である。

白いジャケットを着た地上の方が

自らゲートから機内まで来られて

ゲート通過時にギリギリ回答判明。

もちろんプレミアデスクの見解が正当。

小松のGSはどうやら「本社」

確認したとの事。直接のチェックイン担当者

ではないがあくまで推測関わっていたと

思われる白服の方

「取扱いのケースがあまりないもので、

憶測で判断しました」という

絶対に言ってはいけない

最後のお言葉をいただき


f:id:tetsu7906:20210210055820j:image

 

私の主張はこの小松の大地を埋め尽くす

雪のように紛れもない「白」

小松を飛び立つ。

 

続く。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210210055826j:image