(13)【アラスカ✖️シンガポール航空】超絶!ハイコスパ航空券の過去旅 〜ブログ投稿500件記念〜(本丸搭乗ロングレンジファースト序章編)

 

空間としてはさいものの

それだけプレミア感の増すペリエ尽くし

ラウンジを後にしてもちろん。。。

カートでゲートへの送迎!🚗

 

道中見えますのは本来なら後続

こちらのA380✈︎スイート

同等の航空券種別ではございますが。。。

 

如何せん訳あり特典航空券トランジット中

身でありまして大人しく。

 

f:id:tetsu7906:20210913022650j:image

 

ラウンジ🍽to搭乗口✈︎

優先搭乗待ちしている数名を

送迎のドライバーが跳ね除ける

セレブ感をここロンドンで味わえるとは。

 

ちなみに・・・。

ご存知の方は多数おられるかも知れませんが

ここロンドンから上位クラス

ビジネス以上で出国すると

持ってるやつから税金を

がっつりいただくと言うことで

有名なイギリス出国!!

(わざわざフランス発に移動するぐらい)

 

ですが。

 

もちろんこれ折り返しながらも

トランジット扱いという名目により

その高額支払いが発生しておらず・・・。

 

※これは下手なロンドン発航空券を買うより

さらにお得度が増していたことになる


f:id:tetsu7906:20210913022652j:image

 

1番早く搭乗して

1番前の座席

1番広い座席

それが「1A」というシート

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

東京那覇便の修行僧向け国内線とは

訳が違う。行き先はおよそ

10000km

シンガポールへの道中を

共にするシートとご対面。

 

f:id:tetsu7906:20210913022640j:image

 

結局SQ新タイプビジネスには

お会いできませんでしたが

色合いがそれに近い。ただ。


f:id:tetsu7906:20210913022645j:image

 

後方から見てお分かりのように

幅奥行きがまるで違うこれぞ

「ファースト」

多分の本当の意味での使いやすさは

このタイプなのかも知れない。本音は

本当はスイート体験したかった・・・。

 

f:id:tetsu7906:20210913022712j:image

 

名実ともに天下のエアライン✈︎

シンガポール航空

LHRロンドン・ヒースローから

SINシンガポールチャンギへ向かう

ファーストクラスの「1A」席を

証明するモニター


f:id:tetsu7906:20210913022647j:image

 

パイロットが限りなく近い席。

最初の一杯ウェルカムドリンク

あえてお水をいただいてみる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

実際ここまでの疲労

ここまでのブログをお読みいただければ

壮絶なものであることは

容易に想像できると思う。

 

f:id:tetsu7906:20210913022704j:image

 

出ました!これが

フランスのおブランド。

 

「LALIQUE🇫🇷」

 

www.lalique.com

 

機内ウェア。

流石にJAL鶴丸ロゴ頼み

機内ウェアとは訳が違う。

 

f:id:tetsu7906:20210913022638j:image

 

そしてやっぱりあちらからプッシュしてくる

ドンペリニヨン 2008🍾」

 

なんという迫力。

 

お値段にして1本2万円ほどでしょうか?

ラウンジのペリエが1万円ほどとすれば

徐々にハードルの上がってくる

高級シャンパ

フライト2019✈︎

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

一応改めてこの1連の航空券

総額を振り返ると8万円です。


f:id:tetsu7906:20210913022655j:image

 

この辺りの電動サービスなんかは

そんなに説明不要、ビジネスと

お変わりございません。

ただ往路旧タイプは

手動組み立て式でしたが・・・。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20210913022709j:image

メニュー表はおしゃれなシートの色合いと

ばっちりマッチしたカバーにかけられたもの。


f:id:tetsu7906:20210913022702j:image

 

出発が待ちきれません🛫

緊急時の案内ビデオが目に入ってきません。

ただただその存在感が半端ない。

 

ドリンクメニュー🍾

概ね定刻でのご出発

どんなに遅れていただいても構いません。

それなりの覚悟を持って

ここロンドンまで

やってきました。

 

f:id:tetsu7906:20210913022633j:image

 

現地時間早朝5時頃到着予定つまり

復路はおよそ

「12時間のロングレンジフライト✈︎」

日本からならまさにニューヨークへ

向かうほど。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20210913022700j:image

 

というわけで

勿体ぶって後編

「超絶機内サービス編へ」

 

続く。