LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【Little Birds Hostel】今こそ滋賀を旅しよう!~ホステルステイびらり八幡堀~

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

今こそ滋賀を旅してます!

このシリーズ何作目でしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

大津、雄琴草津・・・。

 

続きまして。

ここ近江商人の街。近江八幡

駅から徒歩25分ほど。

歴史と伝統の旧八幡郵便局前におります。

 

f:id:tetsu7906:20200822102925j:image

 

仲屋町、近江商人バージョン、

こちらも滋賀県名物飛び出しなんとか。


f:id:tetsu7906:20200822103059j:image

 

「まちや」というキーワードで日本中、外国人なりなんなりを

惹きつけてきた観光定番のお言葉。

 

 

本日はこちらのまちや


f:id:tetsu7906:20200822103021j:image

 

まちや倶楽部でチェックイン!


f:id:tetsu7906:20200822103001j:image

 

本日のお宿はチェックイン時間に

基本制限あり。

15時から18時までに入らないといけない、

逆に言えばコスト意識のとっても高い宿

という言い方も出来る。

(その他時間も別途対応可と記載は有り。)


f:id:tetsu7906:20200822103043j:image

 

フロントはレトロな雰囲気で

溢れかえっております。


f:id:tetsu7906:20200822103116j:image

 

そのお宿HPはこちら↓↓↓

 

https://www.littlebirdshostel.com/

 

そのお値段は1泊素泊まり。

3980円いわゆるサンキュッパ。

個室割されたお部屋のドミトリータイプ。

そこにGOTO35%キャッシュバック

お支払いは補助金と言う名の明細を

差し引いて2587円という

端数だらけの請求金額へ。

ここに滋賀県クーポンブック5000円分

追加で後はもう何も言うまでもない。

 

そういう国です。アフターコロナのにっぽん。


f:id:tetsu7906:20200822103139j:image

 

そのお宿の外観はまちやとは一切合切異なる。

おしゃれ雑貨の看板の上、

2階に位置した窓それが本日のお宿。


f:id:tetsu7906:20200822102933j:image

 

普通に通過して見落としていまいそうな

ホステルの看板。

まぁ考え方次第では隠れ家感があって良い。


f:id:tetsu7906:20200822102948j:image

 

古いビルをリノベーションして

バックパッカーを呼び込んできたホステル

だったのでしょう。ホテル価格全盛の時には

国内外問わず本当にこういうお宿に

お世話になりました。

 

昔話をついでに貼り付けます↓↓↓

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20200822102929j:image

 

なんだか秘密の階段を上がっていく感じ。

なんとなくこういうのが

懐かしかったりもする。


f:id:tetsu7906:20200822102951j:image

 

自室に入るまでに3つのカギ

必要するあたりもなんとく

ドラクエ的要素があったりする。

 

入ってすぐのカフェエリア。


f:id:tetsu7906:20200822103038j:image

 

多いか少ないか。なんかそれが気になる。


f:id:tetsu7906:20200822102941j:image

 

滋賀県内の観光情報も

しっかり用意されていて、

このホステルが滋賀県の意思をもって

救済しているのがよくわかる。


f:id:tetsu7906:20200822103015j:image

 

全6室のスイートじゃなくてドミトリー。

ベッド以外はすべて共有です。


f:id:tetsu7906:20200822103035j:image

 

でもこれで十分です、

それが非滞在型のアグレッシブ行動派向け。


f:id:tetsu7906:20200822103008j:image

 

その客室は。


f:id:tetsu7906:20200822103030j:image

 

2段ベッドの縦長のお部屋。


f:id:tetsu7906:20200822103132j:image

 

布団。テーブル。エアコン。

以上!


f:id:tetsu7906:20200822103126j:image

 

あとはタオルと歯ブラシがあって

最も旅の基本がここにはあると言っていい。


f:id:tetsu7906:20200822102937j:image

 

旅をしっかりしてください!

と言わんばかりの資料に

あふれるチェックイン。

 

f:id:tetsu7906:20200822103643j:image

 

おそらくは全盛からすれば

活気を失っているのだろうが

綺麗に綺麗に整った共有スペース。

 

tetsu7906.hatenablog.com

(↑↑↑なんとなくホノルルの民泊に似ていて・・・。) 

 

この整った空間からはコロナの

「コ」の字も感じさせない。

超優良ホステルといっていい。


f:id:tetsu7906:20200822103447j:image

 

このような学問存在している模様。


f:id:tetsu7906:20200822103658j:image

 

滋賀を旅し続ければ

そのうち身についてくるのでしょうか。


f:id:tetsu7906:20200822103511j:image

 

お風呂とシャワーはセットの模様。

そして予約制ながら本日?はお1人も

ご予約がおられませんでした・・・。


f:id:tetsu7906:20200822103442j:image
f:id:tetsu7906:20200822103450j:image
f:id:tetsu7906:20200822103521j:image
f:id:tetsu7906:20200822103616j:image

 

なんら申し分のない非常に清潔にかつ

整頓された日本品質の素晴らしい

ホステルです。

こういった施設を今こそ滋賀を旅して

使っていく必要があると感じながら

 

ちょいトリップしてみる。


f:id:tetsu7906:20200822103501j:image

 

学ラン着た飛び出しなんとかと

八幡宮の鳥居。

そこに琵琶湖から引き入れた八幡掘

ここの商人達の物流の生命線

令和の現代まで観光の見どころとして

生き抜いてきたわけである。


f:id:tetsu7906:20200822103415j:image

 

余計なものの映り込まない

夕暮れお堀はなんとも風情がある。


f:id:tetsu7906:20200822103620j:image

 

ホステルから5分少々

検索結果

ウェブ検索結果

日牟禮八幡宮

f:id:tetsu7906:20200822103716j:image

 

御朱印もやってます。


f:id:tetsu7906:20200822103631j:image

 

そしてとっても映えます。


f:id:tetsu7906:20200822103517j:image
f:id:tetsu7906:20200822103556j:image
f:id:tetsu7906:20200822103432j:image

 

コロナ禍、

鈴も鳴らせぬ現代社会。


f:id:tetsu7906:20200822103507j:image

 

鳥居➡堀➡宮を越えて

その先にロープウェイ

誠に無念ながら営業終了眺めるのみ。


f:id:tetsu7906:20200822103526j:image

 

こちら蔵の街。

以前訪れたことのある


f:id:tetsu7906:20200822103408j:image

 

クラフトビアカフェ。

tworabbitsbrewing.com


f:id:tetsu7906:20200822103457j:image

 

こんなおしゃれな

カフェと歴史が共存した観光地。

日本人が今こそ埋めていくべきなのでしょう。


f:id:tetsu7906:20200822103612j:image

 

すごくゆったりと日本を日本語を聞きながら

過ごせるニッポンの観光地がたった半年で

戻ってくることを誰が予想できただろうか。


f:id:tetsu7906:20200822103439j:image
f:id:tetsu7906:20200822103654j:image

 

そんな

八幡ショートぶらりを済ませて。


f:id:tetsu7906:20200822103607j:image

 

コロナルームエアコンの頑張るお部屋へ。

 

f:id:tetsu7906:20200822103927j:image

 

チェックアウトはフリーです。

部屋に鍵を残して立ち去る出来る旅人タイプ。


f:id:tetsu7906:20200822103934j:image

 

2段ベットの下段で就寝。


f:id:tetsu7906:20200822103945j:image
f:id:tetsu7906:20200822103941j:image

 

指定箇所に鍵を残して。


f:id:tetsu7906:20200822103923j:image

 

次の目的地を求めて

 

旅立つ!