LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

アクセス抜群!バンコク行きつけドミトリー。半日マッサージ1本勝負観光。(デリーからの道⑩)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

入国後は一目散に我が家へ。

 

というぐらい定番となっている

エアポートリンク・パヤタイ駅直結

「ザ・ポッシュ・パヤタイ」

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

このブログで最も登場回数の多いお宿

と言っても過言ではない。

とにかくそのコスパは最強

1泊朝食付1700円前後。

変わらずのドミトリー価格を保っておられる。

 

写真昼間バージョンで失礼します。

 

f:id:tetsu7906:20200311093740j:image

 

内容は以前のブログで紹介さくっとすすめる。


f:id:tetsu7906:20200311094045j:image

 

荷物を置いて最上階の共有スペース

ドリンクバーでひとやすみ。

 

f:id:tetsu7906:20200311093824j:image

 

なんとなく落ち着きのある

常夏の都市バンコクの夜。


f:id:tetsu7906:20200311093805j:image

 

トイレに歯磨き。


f:id:tetsu7906:20200311093626j:image

 

シャワーを済ませてさっさと寝る。


f:id:tetsu7906:20200311093657j:image

 

昨晩の6分の1のお値段です。

スペースは16分の1以下といったところか。


f:id:tetsu7906:20200311093816j:image

 

定番のバンコク母さんの朝食

出来立てが味わえる点で

インドの高級ホテルのモーニングと遜色なし。


f:id:tetsu7906:20200311093702j:image

 

後は重度の大気汚染から解放された、

重度の交通渋滞のある街で

タイ飯モーニング。


f:id:tetsu7906:20200311093622j:image
f:id:tetsu7906:20200311093906j:image

 

間違いなく天候は晴れ

気温差20度といったところ。


f:id:tetsu7906:20200311093753p:image

 

眺めの良いと言えばよい

ポッシュ屋上からの景色。

少しまったりして。


f:id:tetsu7906:20200311093642j:image
f:id:tetsu7906:20200311094053j:image

 

ゆらゆら揺られて


f:id:tetsu7906:20200311093635j:image

 

往路同様

タイ古式マッサージを求めて

貴重なトランジット時間を。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

荷物を預けてサパーンタクシンへ。


f:id:tetsu7906:20200311094056p:image

 

ベスト接続で概ね35分。


f:id:tetsu7906:20200311094123p:image

 

デリーメトロからBTS1回券に持ち替えて。


f:id:tetsu7906:20200311094049j:image

 

秩序ある南国の大都会の

整列乗車


f:id:tetsu7906:20200311093813j:image
f:id:tetsu7906:20200311093615j:image

 

駅から川沿いを歩いて

行ってみる


f:id:tetsu7906:20200311093719j:image

 

若干茶色いものの神聖な川である

その敬意を感じる仏教国タイランド


f:id:tetsu7906:20200311094026j:image

 

歩くと結構あるけどそんな街並み

歩くのも楽しいそんな旅癖。

すぐにわかるマッサージ街の入り口。


f:id:tetsu7906:20200311093707j:image

 

相場は概ね誤差20バーツ前後。

これまた行きつけ化しつつある場所。


f:id:tetsu7906:20200311093611j:image

 

1時間120バーツ400円少々。


f:id:tetsu7906:20200311093639j:image

 

サラっと着替えて。


f:id:tetsu7906:20200311093746j:image

 

横たわり。


f:id:tetsu7906:20200311094040j:image

 

チャオプラヤの風を感じて受けるマッサージ。

それがこの場所最大の魅力。

心身ともに癒される感じなのである。

※マッサージがうまいか下手かはその人次第。


f:id:tetsu7906:20200311093758j:image

 

店から15秒歩いて船着き場。


f:id:tetsu7906:20200311093619j:image

 

本数はやや少なめ。


f:id:tetsu7906:20200311093629j:image

 

やんわり値上げしてきている

ボード代15バーツ40円ほど。


f:id:tetsu7906:20200311093802j:image

 

青空と白い雲がみられる事のありがたみを

インド帰りの日本人はしみじみと

感じているチャオプラヤリバー。


f:id:tetsu7906:20200311093819j:image

 

BTSサイアム1つ手前

ラーチャダムリ駅で降りて北上。

ヒンズー教の国からやってきました

現在仏教マイノリティ。


f:id:tetsu7906:20200311093809j:image

 

さらに北上を続け。


f:id:tetsu7906:20200311093855j:image

 

運河を越える。


f:id:tetsu7906:20200311093632j:image

 

小腹を埋めるために

カオ・マンガイを投入。


f:id:tetsu7906:20200311093652j:image

 

プラトゥーナム市場の路地裏へ入る。


f:id:tetsu7906:20200311093648j:image

 

ちょっと弱気の相場のタイパンツの店を探して

何かと便利お土産にも最適数着調達。


f:id:tetsu7906:20200311093827j:image

 

タイとインドの土産

を詰込みおよそ11kg


f:id:tetsu7906:20200311094009j:image 

 

抱えていざ。

本当の母国へと

 

帰国!