LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【里湯昔話雄山荘】今こそ滋賀を旅しよう!~おごと温泉~

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

絶好調?

「今こそ滋賀を旅しよう!」シリーズ第二段!

 

www.biwako-visitors.jp

 

前回大津プリンスに続き

再び大津市雄琴温泉へ。

 

www.ogotoonsen.com

 

「おごとん」のお出迎え看板。

 

f:id:tetsu7906:20200811090804j:image

 

JRおごと温泉駅より送迎があります。

 

老舗温泉旅館。


f:id:tetsu7906:20200811090638j:image

 

まぁバスというよりバン。

乗車時間は5分ほど。

小高い山をぐいぐい登っていきます。


f:id:tetsu7906:20200811090745j:image

 

少しはげかけている看板が

その伝統を物語っております。

yuzanso.co.jp


f:id:tetsu7906:20200811090720j:image

 

1階フロント前を2階から見下ろすと

いかにこの旅館が大きなものであるかが

すぐにご理解いただける。


f:id:tetsu7906:20200811090650j:image

 

フロントを抜けて正面には拘り

焙煎珈琲を飲みながら

琵琶湖を眺められるカフェ。


f:id:tetsu7906:20200811090635j:image

 

地元観光情報等を仕入れるのに

つくられたくつろぎスペース。


f:id:tetsu7906:20200811090646j:image

 

今回は使ったプランは最安値

といっていいででしょう。

素泊まりビジネスプラン。

お部屋にお風呂・シャワーはありません。

シンプルにベッドとお手洗いのみございます

 

お値段は税込み7150円!

結構ないい値段ですそれがこのお部屋。


f:id:tetsu7906:20200811090703j:image

 

ここからまずはGOTO

そして例のクーポンブック代を

引き去っていけば

 

f:id:tetsu7906:20200811200008j:image

 

まずは2503円が差し引かれ

4647円、は数まみれの宿代を支払い。


f:id:tetsu7906:20200811200012j:image

 

そのおみや代的なものとして

5000円分のクーポンキックバック

それすなわち300円少々

プラスになるというお泊り。

 

 

宿のお話に戻る。


f:id:tetsu7906:20200811090700j:image

 

ビジネスプランといってもしっかり

温泉旅館にいる感覚セットは装備されている。


f:id:tetsu7906:20200811090711j:image

 

客室最上階に位置しているため

眺めはすこぶる良好であるが

さすがに古さは少しは気になる程度。


f:id:tetsu7906:20200811090708j:image

 

ただこの絶景はプリンスと渡り合える??


f:id:tetsu7906:20200811090749j:image

 

【ごあんない】どうでしょう。

主には宴会を楽しむため。

という今となっては禁止行動

一種をメインにしているタイプの旅館で

そういう意味ではかなりの苦境であることは

容易に想像できる。


f:id:tetsu7906:20200811090723j:image

 

メインディッシュ、

素泊まりだけに温泉を目指す。


f:id:tetsu7906:20200811090800j:image

 

最も遠いフロアから

およそ5分ではつかないぐらい。


f:id:tetsu7906:20200811090657j:image

 

道中はなかなか

見ごたえのある場所もあったりと。


f:id:tetsu7906:20200811090643j:image

 

エレベーターを乗り換え連絡通路を渡り

10Fから1Fへの大移動その先に。


f:id:tetsu7906:20200811090735j:image

 

大浴場が現れる!


f:id:tetsu7906:20200811090714j:image

 

他にどなたもおりませんでしたので。

ちょっと写させていただきました。

この広大な脱衣所からし


f:id:tetsu7906:20200811090807j:image

 

さすがに名湯老舗雄琴温泉旅館!


f:id:tetsu7906:20200811090733j:image

 

こんなデッキスペースの

喫煙コーナーもあったりと。


f:id:tetsu7906:20200811090741j:image
f:id:tetsu7906:20200811090632j:image

 

おいしい湯上り茶もしっかり装備


f:id:tetsu7906:20200811090729j:image

 

という事でお風呂はもうちょっとひっぱり。

一応客室からの夜景はプリンスほどの

高さはなくとも

それなりの北からの夜景が。


f:id:tetsu7906:20200811090810j:image

 

そしてその温泉がこちら。


f:id:tetsu7906:20200811090726j:image

 

とにかく広い。屋根も高い。


f:id:tetsu7906:20200811090756j:image

 

小高い丘の上にあるので

程よい涼風もあり。

なんでしょうか。文字通り

雄大な気持ちで温泉を楽しめる

という感想が的確でしょうか。


f:id:tetsu7906:20200811090654j:image

 

最後に。

 

個人的最近おもうこと。

日本の観光業、

特にホテル旅館業は・・・・

超スーパー供給過剰。

インバウンド需要あって成立するもの。

誰がそうしたかは別として…。

いかに日本人がいまGOTOでその穴を

税金を交えて補填にいっても

おそらくは焼け石に水

時間稼ぎでしたないのではないか。

 

なんて思いもあるが

今はそれでもその時間稼ぎ。

つなぐしかない。

移動=悪。ではない。

 

なんて思いながら

このザ・和風ホカンスを閉じる。