LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

KL発券復路JGP・ワンワールドエメラルドへの道⑤(チャンギ・ワンワールドラウンジ編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

ターミナル1に到着。

 

スカイトレインの乗り場付近に必ずある

便利な出発案内ガイド。

丁寧にアーリーチェックインの場所まで

案内してくれる。

 

 シンガポール チャンギ国際空港/出入国手続き(空港情報) - JAL国際線

 

深夜2時前の出発、現時刻は20時21分。

 

f:id:tetsu7906:20191104185113j:image

 

指示通りターミナル1をすすむ。

 
f:id:tetsu7906:20191104185138j:image

 

搭乗は「JL38便」まだひとつ前の

36便の表示が出ているそんな時間。


f:id:tetsu7906:20191104185000j:image

 

ということでこちらのカウンター通常通り

36便向け。38便は非対応。


f:id:tetsu7906:20191104185020j:image

 

そしてこちら殺風景な

アーリーチェックインラウンジ?


f:id:tetsu7906:20191104185121j:image

 

サファイアのカードを見せると

あなたはそちらです言われてお隣

SATSとの関連性は不明ながら

プレミアムチェックインラウンジの方へ。


f:id:tetsu7906:20191104185050j:image

 

中は確かに先ほどのスタンディングでなく

シーティングスタイル。


f:id:tetsu7906:20191104185101j:image

 

上級感が漂う。

そんなチェックイン


f:id:tetsu7906:20191104185109j:image

 

そして日本航空利用者向けに

こんなご案内マップをいただく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

「dnata Lounge」ここは

プライオリティパスにて何度も使っている

結構優秀なラウンジであるが。


f:id:tetsu7906:20191104185205j:image

 

イミグレ抜けてあえて左のエスカレーターへ。

そこにはワンワールドの顔と言わんばかりの

2大エアラインの看板がある。


f:id:tetsu7906:20191104185005j:image

 

まずはこの何とも煌びやかな看板を掲げる

ブリティッシュエアウェイズラウンジから。


f:id:tetsu7906:20191104193901j:image

 

なんというかこの欧州系ラウンジ、

なんともおしゃれ感がある。

その客層もすごく紳士的な雰囲気が強い。

そんな場所。欧米かぶれなアジア人が

とても浮き立つ素敵なラウンジ。


f:id:tetsu7906:20191104185202j:image

 

ちょっとバーでつまみを嗜む程度。


f:id:tetsu7906:20191104185013j:image

 

そしてお隣、因縁のカンガルーならぬ

カンタス航空ラウンジへ。

 何が因縁か、それはもう1年以上前に

さかのぼる↓↓↓

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191104185134j:image

 

ちなみにいずれのラウンジも

深夜便向けの昼過ぎからの営業中


f:id:tetsu7906:20191104185117j:image

 

こちらはスペースは広大。

ゆったり空間となっているのが特徴。


f:id:tetsu7906:20191104185153j:image

 

食べ物も豊富で。


f:id:tetsu7906:20191104185044j:image

 

オーダー式料理もある。

のでラクサを注文。


f:id:tetsu7906:20191104185142j:image

 

こんな広々としたテーブルで落ち着いて

ゆっくりお食事がお愉しみいただける。


f:id:tetsu7906:20191104185023j:image

 

そして搭乗前のトイレ&シャワータイム。

こちらも数あるチャンギのシャワーの中で

結構広くて清潔快適


f:id:tetsu7906:20191104185008j:image

 

オーストラリアのちょっといいとこの

商品使ってます。

 

Products Archive - ASPAR


f:id:tetsu7906:20191104185159j:image

 

22時を回って来ればこの広大なスペースも

恰幅のいい白人達で徐々に埋まっていく。


f:id:tetsu7906:20191104185146j:image

 

出発は2時。まだ時間を持て余す。

制限エリア内バージョンジュエル

撮影を試みる。


f:id:tetsu7906:20191104185221j:image

 

そして行き着いた先は、

プライオリティパス行きつけ

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ゲートからも近かった

プラザプレミアムラウンジ。


f:id:tetsu7906:20191104185156j:image

 

ここは何がいいってこの眺め

オットマン付きの椅子がある事。

このポイントが極めて高い上質のラウンジ。


f:id:tetsu7906:20191104185034j:image

 

この往復航空券、復路は深夜のこの空港へ

戻ってくることになるので

ちょっと情報収集。絶対に眠れそうな椅子

という名のベッドを現認。


f:id:tetsu7906:20191104185039j:image

 

そして機内へ。日本航空

一段格下げながら新間隔エコノミーと再会。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191104185016j:image

 

今回は深夜便気兼ねないフルリクライニングを

意識して最後方センター通路側を選択。


f:id:tetsu7906:20191104185030j:image

 

JALの777の良いところ 

左から3-4-2配列で

ゆったりバリエーション豊富に

してくれているところ。

 

ボーイング777-200ER(777)/ 機内座席配置 - JAL国際線

 

 

そしてこの便シンガポール発時間的にも

羽田着時間的にもいまいちなため

結構空いているのもポイント。

あまりいい言葉でないが非常に高い空席率。


f:id:tetsu7906:20191104185054j:image

 

出発の消灯バージョン。


f:id:tetsu7906:20191104185218j:image

 

往路共にワンワールドスマートな旅」

実現しております。


f:id:tetsu7906:20191104185026j:image

 

東南アジア便恒例の

到着2時間前の朝食のお時間。


f:id:tetsu7906:20191104185214j:image

 

沖縄の上空辺りでライトアップされます。


f:id:tetsu7906:20191104185208j:image

 

お粥をメインに

ポテサラ、フルーツ、ヨーグルトに味噌汁。

そして緑茶ニッポンヘルシーメニュー

間違いない。


f:id:tetsu7906:20191104185150j:image

 

関空の南をしれっと通過して


f:id:tetsu7906:20191104185010j:image

 

東京湾インコース

巻き込む。


f:id:tetsu7906:20191104185105j:image

 

最強の新間隔エコノミー。

感謝を示した一枚。


f:id:tetsu7906:20191104185211j:image

 

そして獲得2484FOP、加えて

今回紹介は除く国内区間福岡便1534FOPにより

 

計4018FOP

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

これにここまでFOP66997 により 

71015到達

 

エメラルドまでの

カウントダウンのはじまりとともに

 

このお話は一旦

 

終わる。