LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

最下級上級会員JMBクリスタルへの道⑥(釜山~成田~羽田編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

日本航空最短国際線航路

ボーディング。

 

f:id:tetsu7906:20190616154106j:image

 

日本航空ご自慢の新間隔エコノミー

というやつである。

ビジネス&エコノミーの2クラス。

とても贅沢な近距離路線である。


f:id:tetsu7906:20190616154055j:image

 

HPよりその機材の配席を拝借。

JAL SKY WIDER」

自慢のシートピッチは文句なし。


f:id:tetsu7906:20190616154041j:image

 

所要時間2時間を切ります。

飛行距離は1000km少々。

あまりに短い。


f:id:tetsu7906:20190616154047j:image

 

機内食

1フライト単価8000円程

だとすれば

LCCとの比較して優秀な内容と言える。

完全お弁当スタイル。

いちおうデザート的フルーツ付き。


f:id:tetsu7906:20190616154051j:image

 

遅めのランチをいただき、

食後のJALのおいしいコーヒーを嗜む。

 

JAL -JAL CAFÉ LINES|コンセプト

 

そしてひたすらに西へすすむ767-300.


f:id:tetsu7906:20190616154038j:image

 

1時間もせずに本州中国地方が

進行右手南側に見えてくる。

大山の麓、裾野と日本海との

コラボ演出といった光景。


f:id:tetsu7906:20190616154114j:image

 

陸というか、島の上空には白い雲。

海との境界に砂丘がはっきりと確認できる。

日本横断海上移動。


f:id:tetsu7906:20190616154044j:image

 

小松上空から北関東方面へ抜ける。


f:id:tetsu7906:20190616154111j:image

 

北から進入霞ケ浦が光り輝く絶景。


f:id:tetsu7906:20190616154027j:image

 

犬吠埼を回り込み

いつもの着陸態勢へ突入する。

まったくJAL国際線に乗っている間隔はない

新感覚エコノミー。


f:id:tetsu7906:20190616154021j:image

 

もったいなさすぎるビジネスクラス

ほぼ乗客はおらず。


f:id:tetsu7906:20190616154125j:image

 

そして韓国国内トランジットに続き

日本国内トランジットへ。

成田から羽田へ。庶民の足で向かう。


f:id:tetsu7906:20190616154011j:image

 

こんなハイカラな乗り物には乗らない。

なぜなら乗り継ぎ時間はいっぱいいっぱい

24時間以内でとってある。


f:id:tetsu7906:20190616154100j:image

 

東京で適当に時間をつぶし。

本日のお宿を目指す。


f:id:tetsu7906:20190616154119j:image

 

23時過ぎ。終電はちかい。

浜松町乗り換えの。


f:id:tetsu7906:20190616154122j:image

 

もうすぐ就航、この先またお世話になります。

新しいドラマ。期待してます。

(ダブルマイル・ダブルFOP)


f:id:tetsu7906:20190616154032j:image

 

国際線専用ご利用時間なのか。

閑散とする東京モノレール空港方面行き。


f:id:tetsu7906:20190616154024j:image

 

そして到着、本日のお宿。

羽田空港国際線ターミナル


f:id:tetsu7906:20190616154103j:image

 

24時間運用眠らない国際空港。

ここで朝を待つ。

 

続く。