ヤンゴン発券本丸、弾丸渡米旅。③(日本航空長距離便ビジネスクラス堪能編。)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

この回は

JL4便ニューヨーク行き

の魅力について集中してまとめたい。

早速搭乗、運命の分かれ道。

選ばれし8名のみが進める分岐点。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

今回は選ばれぬものとして進む。

 

f:id:tetsu7906:20190819173428j:image

 

シアトルの顔と言ってもいい方の横を

通り抜けていく。


f:id:tetsu7906:20190819173439j:image

 

これが

今回13時間フライトでお世話になるシート。

JALスカイスイート

初号機といってもいい。

概ね3枚窓分のスペースがある。

 

www.jal.co.jp

 

これがクリスタル

こだわったもう一つの理由である。

 

JMBクリスタル(予約) - JALマイレージバンク

 

窓側かつ前列の選択肢。

このプライベート感をもとめて

ここまで前座を整えてきたのである。


f:id:tetsu7906:20190819173432j:image

 

機体中央を見るとこの眺め、

この仕切りを上げた時の個室感は

容易に想像いだける。


f:id:tetsu7906:20190819173434j:image

 

前列が前列でない喜びとはこのこと。


f:id:tetsu7906:20190819173443j:image

 

全席通路アクセスが売りながらやや狭の

弱点を克服している最前列。


f:id:tetsu7906:20190819173424j:image

 

続く後方の眺めはこんな具合。


f:id:tetsu7906:20190819173446j:image

 

右手に見えるサクララウンジ

そこに映る機影が非常に美しい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190819173656j:image

 

ETROのポーチ

プラカップシャンパ

で出発を待つ。

エトロ - Wikipedia


f:id:tetsu7906:20190819173659j:image

 

概ね13時間10000kmのロングフライト

はじまり。

 

f:id:tetsu7906:20190819175017j:image

 

東京ニューヨークのルートは案外陸路を

伝っていくことがわかる一枚。


f:id:tetsu7906:20190819175035j:image

 

18時過ぎ。

日没の迫る第2ターミナルに別れを告げ出発。


f:id:tetsu7906:20190819174957j:image

 

笑顔で他社の旗艦に見送られる。


f:id:tetsu7906:20190819175025j:image

 

そして久しぶり。

BEDDのメニューを表を開く。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 


f:id:tetsu7906:20190819174920j:image

 

要約すると

スターシェフが空の上に特別レストラン

を営業中。


f:id:tetsu7906:20190819175051j:image

 

日本人として日本航空の日本発の日本食

選択する。ごく当たり前の行為である。


f:id:tetsu7906:20190819174936j:image

 

そしてこれが豪華

「ANY TIME YOU WISH」

ラインナップ。


f:id:tetsu7906:20190819174840j:image

 

777-300ER真横にカメラを向けてみる。

大型機の2-3-2配列の豪華仕様である。


f:id:tetsu7906:20190819174955j:image

 

飲み物には当然、日本酒を合わせる。


f:id:tetsu7906:20190819174939j:image

 

切れのある

東洋美人クルーで固められたJL4便

そこでいただく東洋美人は格別で。


f:id:tetsu7906:20190819174824j:image

 

酔いはぐいぐいまわるアルコール分16度。

そして進む料理の数々。

内容はメニュー参照。

以下写真にご紹介ダイジェスト。

 

f:id:tetsu7906:20190819174942j:image
f:id:tetsu7906:20190819174914j:image
f:id:tetsu7906:20190819175001j:image
f:id:tetsu7906:20190819175014j:image

 

「airweave×JAL

のコラボクッション。


f:id:tetsu7906:20190819175011j:image

 

そして食後のひと眠り。

扉はなくとも十分すぎる個室空間

元祖スカイスイート。

半日以上あるその航路。

ストレスは微塵にも感じさせない。


f:id:tetsu7906:20190819175004j:image

 

太陽に向かって進む航路の夜明けは早い。

 

f:id:tetsu7906:20190819175042j:image

 

目覚めのカツサンドにコーヒー。

カツの厚みが豪快な目覚めを演出。


f:id:tetsu7906:20190819174922j:image

 

タッチパネルでお食事及びお飲み物を

オーダーできる素晴らしいシステム。

 

f:id:tetsu7906:20190819174945j:image

 

アンカレッジ上空へ。

一応アメリカにさしかかったと

言っていいのか。


f:id:tetsu7906:20190819174928j:image

 

見慣れぬ大地の美しい機窓を眺めながら。

 

f:id:tetsu7906:20190819174948j:image

 

この上ない優雅な時を過ごさせていただく。


f:id:tetsu7906:20190819175032j:image

 

「ちょっと完成度高すぎました」

といわんばかりのこの

スカイスイートシリーズ第1弾。


f:id:tetsu7906:20190819175045j:image
f:id:tetsu7906:20190819174843j:image

 

頭上の収納からマットを取り出し

ベットバージョンに。


f:id:tetsu7906:20190819174905j:image

 

横になってまったりしたり、

時折外の景気を眺めてみたりと。

至福の時はゆったりと過ぎていく。


f:id:tetsu7906:20190819174908j:image
f:id:tetsu7906:20190819174951j:image

 

史上最もおいしく感じるスカイタイム

文字通りスカイタイムを刻む。


f:id:tetsu7906:20190819175048j:image
f:id:tetsu7906:20190819175029j:image

 

なんとなくレベルの高いクルーに乗客が

埋め尽くしているような。

そんな雰囲気のある機内空間。


f:id:tetsu7906:20190819175039j:image

 

到着前、ANYTIMEに記載の和食をいただく。そこにフルーツを添えている状態。

食欲そそる色鮮やかなお食事。

これが機内でアメリカの上空で食べられる

というのは贅沢な話である。


f:id:tetsu7906:20190819174827j:image
f:id:tetsu7906:20190819174901j:image

 

隣席は空席であったのとでもはや

気分的にはファーストクラス感覚。


f:id:tetsu7906:20190819174857j:image

そして眼下に。

f:id:tetsu7906:20190819174833j:image

 

ロングアイランドが。


f:id:tetsu7906:20190819175021j:image

 

そしてマンハッタンが彼方に。


f:id:tetsu7906:20190819175008j:image
f:id:tetsu7906:20190819174917j:image

 

12時間先の東に進めば12時間後の時を刻む

土地では出発日時同一時刻に到着する。

 

文句なしの日本航空最強最長路線に納得して

 

世界の中心へ。

 

降り立つ。

 

続く。

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com