LCCからレガシーファーストクラスまで✈︎(コスパ最優先の旅ログ)

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【②-6超低コスト!JALステータス修行】マリオット(シェラトン)スイート✈︎JALファースト(国内線)デビューリレー

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

マリオットプラチナによる

「スイート」デビューを

ステータス修行の合間に挟み込む

スケジュールはしっかりスイート最優先

こじ開けてきたわけで

 

概ね24時間滞在折り返すは定番の京急線

 

f:id:tetsu7906:20210225081527j:image

 

蒲田ーン!🚃


f:id:tetsu7906:20210225081600j:image

 

とその前にぶらり途中下車。

この特徴的すぎる、

まるで日本の2大エアラインの

コーポレートカラーを彷彿とさせる2色構成。


f:id:tetsu7906:20210225081444j:image

 

地上に上がってみる、

そうここは。


f:id:tetsu7906:20210225081523j:image

 

旅客機の墓場改め、

「HANEDA INNOVATION CITY」略して HICity

 

haneda-innovation-city.com

 

まさに先程の改札同様の

文字がデザインされている。


f:id:tetsu7906:20210225081447j:image

 

昨日着陸時に見た日没を

ここハイシティーで再び。


f:id:tetsu7906:20210225081604j:image

 

まったりと流れるこの空間で迎える。


f:id:tetsu7906:20210225081530j:image

 

日本人の心、

「足湯スカイデッキ」に浸かりながら


f:id:tetsu7906:20210225081441j:image

 

今頃はわんさか離着陸を

繰り返していたであろう滑走路&駐機場


f:id:tetsu7906:20210225081608j:image

 

魂の抜けた無気力の旅客機に混じり一機。

有名(機)人がお越しになっている。


f:id:tetsu7906:20210225081555j:image

 

「マスクマン」こと

ガルーダインドネシア航空

 

www.asahi.com

 

もう少しってみる・・・。


f:id:tetsu7906:20210225081425j:image

 

これは自粛警察に通報案件!

マスク未着用機の襲来である。


f:id:tetsu7906:20210225081438j:image

 

時にはこんなJL機も訪れる。

まあこの時間は本来、北米便の

おかえりラッシュタイムだったわけで。


f:id:tetsu7906:20210225081510p:image

 

その一つ、嵐ジェットが黙々のと

その職責を全うしているのであって。


f:id:tetsu7906:20210225081507j:image

 

縁起の良い松(五葉松)

この場所に多数植えられているのは

明るい未来の到来


f:id:tetsu7906:20210225081542j:image

 

強い願いは航空業界皆共通の思いであろう。


f:id:tetsu7906:20210225081545j:image

 

さて「冗談」と「願い」はほどほどに。

青い看板の方東京モノレールにて

我が家と言っていいでしょう

国内線第1ターミナルへ!

※ちなみに2択の京急より運賃は高い。


f:id:tetsu7906:20210225081503j:image

 

ニッポンの玄関口

ここ羽田、ファーストクラスチェックイン

 

www.jal.co.jp

 

そこで気になる質問をしてみる。

深い意味はない。

こちらには理解出来ない

2通りの扱いがあるので

その真相を伺った。その番号札がこれ。

(内容は後日ブログにて・・・。)


f:id:tetsu7906:20210225081548j:image

 

そしてここで合わせて

「ファーストクラス当日アップグレード」

いわゆるキャンセル待ちというものを

初めて仕掛けてみる。

 

ちなみに質問の答えはここ羽田でもわからず、

もしくは答えられなかったのかもしれない

ただ誠実に対応してくれたのは確かなので

その羽田プライドというものは強く感じた。

 

もう一つ。

ここからホーム関西への帰り道に当たるのだが

どうしても買う気になれない東京→大阪便

移動に対する対価というものを意識するならば

あまりにコスパが悪い!!!ということで

もう一度、否、3日連続3度目の沖縄へ

 

戻る。

スイートで1日を過ごして拍車をかけて

リラックス✖️リラックスさせる⬇️


f:id:tetsu7906:20210225081534j:image

 

そしてやってくるUG答え合わせ。

なぜかちょっと早めにきてしまうドキドキ感。


f:id:tetsu7906:20210225081552j:image

 

JGP力発揮の「S」一番手待ち。

チェックイン時にそのご案内。


f:id:tetsu7906:20210225081514j:image

 

さあこの機材の767の1列目。


f:id:tetsu7906:20210225081451j:image

 

「当確です」

わかっていてもクラスJとは訳が違う

課金額7000円

概ね2倍の運賃の支払いに等しい。

毎度格安運賃ユーザーとしては

ちょっとビビる。

もちろんその効果はそれに

見合っているのだが。


f:id:tetsu7906:20210225081537j:image

 

遅咲きながら

「国内線ファーストデビュー」

(国際線では過去に・・・以下参照⬇️)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

久しぶりに拝みますJALスリッパ。

最後に見たのは2019年大晦日

台北桃園行きだったでしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210225081454j:image

 

ちょっと遅めの

夕食のお時間です。


f:id:tetsu7906:20210225081458j:image

 

ああなんでしょうこの感覚は。


f:id:tetsu7906:20210225081434j:image

 

ファーストがどうこうというのではなく

機内で食事を楽しむ瞬間というものが

あまりに懐かしく。

もちろんメニューも日航自慢のラインナップ。

 

おしぼり

後方席とは訳が違うプレミアム。

それでも本当はタオル地の

良き香りのしたものが

欲しいと願ってします

ビフォーコロナ旅人。


f:id:tetsu7906:20210225081518j:image

 

シートは2-2-2の6席仕様。

最も少ないパターンながら当確。

ということになる。

 

f:id:tetsu7906:20210225082038j:image

 

シートもピッチも国際線から

入ったものとしては

大きな感動はない。


f:id:tetsu7906:20210225082046j:image

 

ただこの森伊蔵という

秘蔵っ子だけは

国内国際共通の代物であることに

変わりはない。

 

www.jal.co.jp

 

お酒はこの一択一杯に集中する。


f:id:tetsu7906:20210225082108j:image

 

お食事とボトルを並べさせてもらうその迫力。


f:id:tetsu7906:20210225082116j:image

 

お酒を除けば国際線ビジネス以下、

エコノミーを超える内容でしょうか?

もちろんお味は十分なもの。

 

www.moriizo.com

 

ちなみに

JALの味噌汁には

日本人の涙腺を崩壊させる力がある

という噂の実体験話⬇️

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210225082050j:image

 

食後の余市のフレッシュトマトジュース

「岳人 GAKUTO」

 

watanabefarm.main.jp

 

f:id:tetsu7906:20210225082058j:image

 

そして締めの

〜機内で本当に美味しいコーヒーを〜
JAL CAFÉ LINES 」


f:id:tetsu7906:20210225082105j:image

 

こちらも本来ならば赤い紋章の入ったマグカップでいただきたいところ。

それはまた再び訪れる国際線復活を夢見て。


f:id:tetsu7906:20210225082102j:image

 

ファースト最長堪能路線。

東京羽田✈︎沖縄那覇

2021年1月現在最も「贅沢な空の旅」といっていいかもしれない。


f:id:tetsu7906:20210225082112j:image

 

コーヒーについても少しお尋ねをしたので

真夜中ながらもお持ち帰りのコーヒーを

持たせてくれました。

 

おもてなしという

非物質的サービスに関しては

どこをどの時間飛んでいようが共通の

高品質

誇っていたことだけは伝えておきたい。


f:id:tetsu7906:20210225082043j:image

 

というわけでこのシーズン②

3日連続3度目の那覇に襲来。


f:id:tetsu7906:20210225082054j:image

 

これが「マリオット・プラチナ力スイート」

からJALJGP力・ファーストクラス」

黄金のリレーの1日である。

 

www.jal.co.jp

 

最終話へと続く。

 

単発フライト一般的獲得実績⬇️

「ファーストクラス」 

これが少々お値段はりました

特便割引11810円プラス

UG8000円=19810円 

獲得マイル2522マイルFOP4090

 

FOP単価なんとな5円未満を死守!

4.84

 

もう少しだけ続く〜。

 

tetsu7906.hatenablog.com