LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

2018旅納め。13000円国際線ファーストクラスの旅(からくり、そしてチェックインへ編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

どうだろうか。

 

 

ファーストクラスに搭乗するにふさわしい

夜明けの風景。

 

ここらの住人からしたらなんてことない

13000円。

 

f:id:tetsu7906:20190120121428j:image

 

ということで今更ながらだらだらと。
13000円国際線ファーストクラス航空券の内訳を説明する。

昨年の奇跡。
というが正気ではないセール

こちらはこの世界では有名な話。

簡単に言えば。
イベリア航空どれでも一本乗って9000avios付与別にノーショー公認。ばらまきマイルキャンペーン。」
なるものが開催されていた。

ネット上検索をしてみたら

いくらでもでてくる案件
これ以上の説明は不要。

というわけでこちらを活用。

誰もがこぞって
イベリア航空の聞いたこともないような都市へ向かう航空券を
買い漁っていたはず。

その最低コストは

1航空券あたり3000円ほど。

つまり3000円で9000avios。

1円で3avios。
ばらまかれていたのである。

もはや正気ではない。

 


続ける。

イベリア航空が同チームの

ワンワールドのファーストクラス

特典航空券に必要な最低avios数を拾うと。
600マイル以下、往復33000avios

という数字がでてくる。
つまりこのキャンペーンで必要最低aviosは9000avios×4本=36000avios
したがって片道18000aviosに必要最低コストは

前述の6000円

ということになる。

これが一応国際線オンリー。台北行き。
キャセイパシフィック航空

ファーストクラス

航空券の運賃となる。

これにセレブ向け。

運賃をも上回る諸税が加わって
総額13000円ほどの

国際線航空券が誕生

という話である。

これがこの話の正体である。
エラー運賃でもなんでもない

公式チケットである。

 

※その割引率はエラー運賃にも負けず劣らず

定価の90%OFFである。

 

 

さて話は本丸へ。

 


これよりその航空券を迎えに行く。

 

とはいえ。フライト時刻は19時前。


f:id:tetsu7906:20190120121446j:image

 

少しモーニング香港を近所をふらりと散歩する。

異国の朝の景色。これが旅の中で絶対かかせないものである。


f:id:tetsu7906:20190120121403j:image

 

坂の街。香港島。絵になる景色は山ほどある。


f:id:tetsu7906:20190120121450j:image

 

ホテル備え付けのインスタントコーヒーと

近所のパン屋で気休めの朝ごはん。


f:id:tetsu7906:20190120121359j:image

 

天候・気温共に良好。

航空事情に影響を与える要素は

ここにはなさげ。


f:id:tetsu7906:20190120121436j:image

 

さて、ここからはカバン1つ。

それなりにそれらしく。出発。


f:id:tetsu7906:20190120121406j:image

 

庶民の足。


f:id:tetsu7906:20190120121418j:image

 

レール&バス。

いつもの最安値で空港アクセス。


f:id:tetsu7906:20190120121425j:image

 

巷で話題沸騰中のエアライン前を通過。

そしてこれがホームグラウンド。

今回のメインエアラインとなる。


f:id:tetsu7906:20190120121414j:image

 

世界のハブT1。

いざ出発フロアへ。

 

続く。