LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

ヤンゴン発券本丸、弾丸渡米旅。⑲(JALスカイスイート帰国最終話)

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

空港内駅から最も近い位置に何かと話題の

アラスカ航空のカウンターがある。

 

f:id:tetsu7906:20191012163122j:image

 

こちらがタコマップ。

7番付近から入ってきて

日本航空は・・・。

完全逆サイドの1番へ。


f:id:tetsu7906:20191012163127j:image

 

空港のど真ん中には。

この街の顔、amazon従業員向けと

思われる専用カウンターが陣取る。


f:id:tetsu7906:20191012163119j:image

 

そしてやっと見慣れたマークを発見。

チェックインへ。


f:id:tetsu7906:20191012163137j:image

 

最後の優先レーン、プレミアムを

感じながらすすむ。


f:id:tetsu7906:20191012163140j:image

 

保安検査場をぬけるとそこに。

一羽の鶴が舞い降りていたわけで。


f:id:tetsu7906:20191012163134j:image

 

本当に新旧入り混じる自然豊かな

美しい街でした。弾丸でしたが。


f:id:tetsu7906:20191012163115j:image

 

 

「CLUB SEA」

というなのラウンジが搭乗口の前に。


f:id:tetsu7906:20191012163131j:image

 

JALの搭乗客としてラウンジへ。

適当に管理された専用ゾーン。


f:id:tetsu7906:20191012163110j:image

 

日本人の胃袋を黙らせるヌードル

ひっそりと置かれている。

  

 

そこはなんとも単一民族が窮屈に座っていて

居心地が悪いので共通エリアに移る。


f:id:tetsu7906:20191012163143j:image

 

JL67便

これがヤンゴン発券の肝となる一便。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

東京からの往路は残念ながら

手放してしまったが。

 

www.traicy.com

 

これが最強のダブルFOP&マイルの

スーパー路線なのである。


f:id:tetsu7906:20191012163107j:image

 

2クラス制のアメリカ路線、

さすが復刻路線。機内へ。

 

f:id:tetsu7906:20191012163900j:image

 

何日ぶりの再会か。

ただいま戻りました感のある

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

JALスカイスイート

 

www.jal.co.jp


f:id:tetsu7906:20191012164058j:image

 

通路側からもぱしゃり。

大きな窓が良く目立つ

完全プライベート空間。


f:id:tetsu7906:20191012163904j:image

 

誰一人とも視線がうことはないでしょう

という構造。


f:id:tetsu7906:20191012163852j:image

 

心落ち着けるプラカップ

シャンパをいただく。


f:id:tetsu7906:20191012163944j:image

 

さぁ、いよいよ

弾丸渡米もフィナーレへ。


f:id:tetsu7906:20191012164016j:image

 

ベルトを締めカーディガンを羽織り、

海を渡る。


f:id:tetsu7906:20191012164022j:image

 

デルタ。


f:id:tetsu7906:20191012164042j:image

 

デルタ。さよならシアトル。

さよならアメリカ。


f:id:tetsu7906:20191012163912j:image

 

日本から最も近いアメリカ本土

復路はおよそ9時間

7000kmの旅の始まり。


f:id:tetsu7906:20191012163927j:image

 

生おじさんとはしばらくお別れ、

 

 

オンライン上でまた

お世話になりことでしょう。


f:id:tetsu7906:20191012163916j:image

 

最後はしっかり快晴の空へ飛び立つ。


f:id:tetsu7906:20191012163954j:image
f:id:tetsu7906:20191012164033j:image

 

なんて人口密度の低い贅沢な空間。

往路の777とはちがった1列少ない

787こじんまりスタッガードがでている。


f:id:tetsu7906:20191012163939j:image

 

久々日本語を耳に流し込み。


f:id:tetsu7906:20191012164101j:image

 

おしぼり片手に極上の空の味を待つ。


f:id:tetsu7906:20191012163957j:image

 

進行右側にはまだ大陸の海岸線が


f:id:tetsu7906:20191012163907j:image

 

美しい機窓が広がっている。


f:id:tetsu7906:20191012164005j:image

 

進むカウントダウン。待ち遠しい機内食


f:id:tetsu7906:20191012163923j:image

 

アメリカ発なので洋食指定してましたが、

やはり和食に。お願いして

変更させていただきました。


f:id:tetsu7906:20191012163950j:image

 

「酒」を合わせてすすめていく。


f:id:tetsu7906:20191012164019j:image

 

色とりどりの小鉢が食欲をそそる。

甘みのある日本酒と絶妙にマッチング。


f:id:tetsu7906:20191012164029j:image

 

メインには焼酎を合わせにいく。

炊き立てご飯北米の海上で先取りして

いただける喜びは何事にも代えがたい。


f:id:tetsu7906:20191012164051j:image

 

締めのスイーツ湯呑に入った緑茶


f:id:tetsu7906:20191012163934j:image

 

この何の変哲もない緑茶。

別に何もはいっていない。しかし

ひとたびこの湯呑に口をつけた瞬間。

涙腺がゆるゆるになる。

2度目とは言え。1人アメリカ。

弾丸ながらもどこか気を張っていた部分

あったのだろう。それがこの一杯の緑茶を

投じた瞬間日本人としてのDNAが

この香りと味に反応して涙腺を

崩壊させたのである。

 

 

スカイスイートであるがゆえに

人目をはばからず涙腺を緩められた

その感覚は今も忘れられない。


f:id:tetsu7906:20191012164026j:image

 

その後は欧米育ちのコーヒー

ちゃっかり切り替える。そして少し


f:id:tetsu7906:20191012163930j:image

 

寝る。


f:id:tetsu7906:20191012163856j:image

 

全力で


f:id:tetsu7906:20191012164009j:image

 

安心感に包まれて寝る。


f:id:tetsu7906:20191012164046j:image

 

日付変更線を跨いだあたりで。


f:id:tetsu7906:20191012164012j:image

 

さりげない日本ブランドらしい

整えられたミニバーを眺める。

「おもてなし」空間が

日米の上空に確かにある。

 

f:id:tetsu7906:20191012164454j:image

 

お好きな時にシリーズに突入する。

それはもちろん・・・


f:id:tetsu7906:20191012164447j:image

 

もはや日本の国民食

「らーめん」 日本にいる時より

日本らしい食事を続けている。


f:id:tetsu7906:20191012164503j:image

 

食後にすっきりフルーツとスカイタイム

名コンビ。


f:id:tetsu7906:20191012164506j:image

 

着前にもう一食。鮭定食

センターの鮭が外国人らしい雰囲気を

だしているのは言うまでもない。

日本風を醸し出しているので文句なし。


f:id:tetsu7906:20191012164510j:image

 

終焉の一杯は、

シアトルのチョコレートと

JAL CAFEで。


f:id:tetsu7906:20191012164443j:image

 

この大きな窓からのぞく787の

美しい日本の翼のしなり


f:id:tetsu7906:20191012164518j:image

 

見慣れた漢字の地名が映り込んでくると

もうすぐお別れなのである。


f:id:tetsu7906:20191012164514j:image

 

ここまでになんとかクリスタル

に昇格してこの空間を選ばせていただき。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

いまこの赤いカードの力を改めて

実感しているところ。


f:id:tetsu7906:20191012164457j:image

 

マウントレーニアならぬ

マウント筑波


f:id:tetsu7906:20191012164522j:image

 

およそ9時間フライトこれにて終焉。


f:id:tetsu7906:20191012164450j:image

 

最高の空間に感謝して


f:id:tetsu7906:20191012164500j:image

 

別れを告げる。


f:id:tetsu7906:20191012164439j:image

 

4日前ここ成田を旅立ち。

ニューヨーク・ロサンゼルス・シアトルを経由して再びこの地を踏む。

ヤンゴン発券による完全ビジネスクラスの旅だからこそ成せる行程


f:id:tetsu7906:20191012164436j:image

 

今ここに、弾丸渡米旅

 

終わる。

 

↓↓↓以下が弾丸アメリカでの収穫。

 

f:id:tetsu7906:20191012200152j:image
f:id:tetsu7906:20191012200148j:image
f:id:tetsu7906:20191012200144j:image

 

弾丸アメリ部分において

獲得マイル&FOPはクリスタルをもってして

34862マイル&

25410FOP


f:id:tetsu7906:20191012200158j:image

 

すなわちこれまでクリスタルまでの

33394FOPを加えて

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

58804FOPとなり晴れて

これにてサファイファJGC

到達


f:id:tetsu7906:20191012200155j:image

 

※※※タイトルがぶれていますことをこの場をお借りしてお詫びいたします※※※

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com