LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

①日本航空(JAL)「JMBダイヤモンド」会員による実質無料で行く大阪発沖縄経由東京行きフライト✈︎

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

旅の始まりは関西国内空港から。

 

言わずもがな関空発羽田行きのJAL昼便は

絶滅危惧種というよりすでに

この世から葬られてしまったのでしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

もはや説明不要欠航振替那覇経由便

と言っても今回はの

購入額は並々よりややお高め

先得価格8730円

 

f:id:tetsu7906:20210607153217j:image

 

⬆️一応一枚の純粋な

関西✈︎羽田行き航空券が原券です。

 

今となってはFOPなんてものは全く興味もなく

その分をマイルにしていただきたい

という脱修行僧。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そしてそれでもその獲得マイル

およそ4000マイルに達する(加算率100%)

すなわち1マイル2円換算と見なすならば

概ね実質無料で東京へ行くことができる

と言っても過言ではない。

(※所要時間は度外視)


f:id:tetsu7906:20210607153125j:image

 

JTAさんの

世界自然遺産特別デザイン機。」

機内は特にこれといった装飾なし。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

そして中型?小型機?737ぐらいであれば

こよなく愛する後方空席ゾーン。


f:id:tetsu7906:20210607153128j:image

 

本日も「ずらし平日のお昼間便。」

このJTA5便

安定した運航継続しております。


f:id:tetsu7906:20210607153209j:image

 

JTAポストカードセレクションの中に

見覚えのあるお馬様が。

変わらぬコロナ禍でございますが

お元気にされていますでしょうか??

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210607153052j:image

 

飛び立ってしまえば

あっというまに南国の雲の中へ。

f:id:tetsu7906:20210607153159j:image

 

こんな雲をもっと南西の方で拝みたいが

そんなこんなで1年半近くは

経過しているでしょうか?

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210607153045j:image

 

沖縄那覇が実は東京羽田に次ぐ

ハブ空港な気がしているのは

私だけでしょうか??

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

トランジット。

もはや3/4が国際線機材の国内線アプリ画面。

そしてJAL絶賛推し推しの

1000円フルフラットクラスJ

「全滅満員御礼」をいただいております。


f:id:tetsu7906:20210607153110j:image

 

というわけで残念ながら

那覇ダイヤモンプレミア

ラウンジ・バーはクローズ

ついにここも息絶えたという感じでしょうか?


f:id:tetsu7906:20210607153236j:image

 

グアヴァドリンク片手に

おにぎりとパンを流し込む。


f:id:tetsu7906:20210607153104j:image

 

ラウンジからちらりと見えるサメのおびれ。


f:id:tetsu7906:20210607153114j:image

 

こんなに国内を飛び回る事になろうとは

思ってなかった「777-200ER」さん。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20210607153224j:image

 

会員向け人気シート足元広大非常口座席も

変更後の参戦につき窓側とれず

この機材の左から3-4-2の

3列通路は実はかなりきつい。

明らかに通路に跨ぎ出ているので

人が通る度に接触の気を使う。

これお客のみならず乗務員でさえも。


f:id:tetsu7906:20210607153213j:image

 

本当に来るのかそのお座席!

と眺めていると。。。


f:id:tetsu7906:20210607153135j:image

 

やっぱりこない3列窓側センター席。

どこぞの修行僧がアップグレードして前方に

消えていったことといつも思っている

圧倒的快適シート。


f:id:tetsu7906:20210607153221j:image

 

この写真を見れば、

どこかのモデル用の写真ですが

と言わんばかりの前方スペースの広大さ。


f:id:tetsu7906:20210607153049j:image

 

このシートの真骨頂を感じたのは

シンガポールからの深夜便のみ

もう一つロングレンジでその実力を

感じる日々がやってくるのを

願うばかり!


f:id:tetsu7906:20210607153117j:image

 

乗継は1本余裕を見ている、

正確には737の機材を見送っている。

もちろんそれでも振替ご案内便の時刻より

羽田には早着する。

 

そして誰もが好む時間のフライトなのである。

この時間窓に釘付けになっていると

マニュアルかいや本音か絶対にクルーの方が

声をかけてきて共感コメントをされる。


f:id:tetsu7906:20210607153037j:image

 

いつどこでどんなフライトであったとしても

「心奪われると上質な空の

ひとときなのである。」


f:id:tetsu7906:20210607153144j:image

 

もちろんそのタイミングを見計らうかのように

室内灯を絞ってくれる

ナショナルフラッグスタイル🇯🇵


f:id:tetsu7906:20210607153233j:image

 

主翼の先に変わりゆくグラデーション。


f:id:tetsu7906:20210607153202j:image

 

1日で最も美しい瞬間を

誰にも遮られることなく

ゆっくり眺められる瞬間。


f:id:tetsu7906:20210607153121j:image

 

非常口の縦長の窓から見ても


f:id:tetsu7906:20210607153239j:image

 

仮に室内の予備灯が反射して写り込んでも


f:id:tetsu7906:20210607153100j:image

 

その輝きは変わらない。

そんなノスタルジック気分で始まる

この旅のシリーズ第1話はこの辺りで

 

一旦閉じる

 

続く。