LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

仙台発券?ジャカルタ行き片道11500円、フルキャリア実質無料の旅、最終話(ドンムアントランジットで出来る事編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

仁川ージャカルタークアラルンプールーバンコク   と梯子してきたこの旅最終の

トランジット地点

ここバンコクでの滞在時間はたったの6時間。

 

ではまずこの時刻表。

最近はなんか定時運転率向上してないかの

タイ国鉄


f:id:tetsu7906:20191213140059j:image

 

ここから目指すは

バンコク現代美術館」

通称「MOCA」

鉄道でのアクセスはたったの30分。

ほどよい時間調整に最適な場所では

ないだろうか。もちろん鉄道アクセスだけに、

といってもタイ国鉄だがある程度時間の読める

そんな場所。もちろん復路最悪タクシーでも

十分な距離感。


f:id:tetsu7906:20191213140200p:image

 

わかりにくい鉄道駅へのアクセスルート

この辺りももう手慣れた

ドンムアン駅へ。


f:id:tetsu7906:20191213140157j:image

 

常夏の気温に順応した東南アジア3か国目。


f:id:tetsu7906:20191213140206j:image

 

なんか綺麗に整備されてますのが

よくわかる駅看板。


f:id:tetsu7906:20191213140229j:image

 

ここからおよそ

2駅17分、2バーツおよそ7円。

もはやタイ国鉄の値段については

語ってはいけないレベル。


f:id:tetsu7906:20191213140237j:image

 

見慣れた車両の奥には駅近で有名な「Amari」ホテルが見えている。


f:id:tetsu7906:20191213140204j:image

 

それほどストレスない待ち時間で乗車。「BANG KHEN」駅へ。


f:id:tetsu7906:20191213140120j:image

 

いつもながらのバンコク

天然の風を浴びているうちに到着。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com


f:id:tetsu7906:20191213140117j:image

 

路線図を発券一枚保存。

いつかこれの寝台で北の国境越え

してみたいもの。


f:id:tetsu7906:20191213140219j:image
f:id:tetsu7906:20191213140211j:image

 

途中それらしい建物をみてきたので

線路沿い北方向に戻って進む。


f:id:tetsu7906:20191213140057j:image

 

線路を渡って線路沿いに戻るだけの

シンプルルート。ここから徒歩10分。


f:id:tetsu7906:20191213140129p:image

 

その当時地下鉄駅建設中。BTS

ドンムアンより先まで延伸してくる模様。

そうなると途中バスアクセスが基本のこの

ドンムアンも劇的に変化することであろう。


f:id:tetsu7906:20191213140053j:image
f:id:tetsu7906:20191213140113j:image

 

道中、この辺りの主に遭遇。


f:id:tetsu7906:20191213140146j:image

 

何とも言えないポージングをありがとう。

駅開業したら居心地悪そう。


f:id:tetsu7906:20191213140143j:image

 

とこの近くのプチ露天街

朝からやってるのはありがたい。


f:id:tetsu7906:20191213140123j:image

 

ケンタッキーキラーの唐揚げ屋さんの匂い

やられて早すぎたラウンジ朝食の

穴埋めをする。


f:id:tetsu7906:20191213140133j:image

 

隣りのカットフルーツのお店を梯子して

目的地前で腹ごしらえ。


f:id:tetsu7906:20191213140136j:image

 

そして到着怪しげなそして高度な

美的感性が求められる現代美術館。


f:id:tetsu7906:20191213140222j:image

 

料金は250バーツそれなりに

いい値段はするお水付き。

荷物は受付にお預かり。


f:id:tetsu7906:20191213140103j:image

 

たまには異国の芸術的観点を

学んでみるのもいいと思われる。

1Fから5?6?Fぐらいまで結構

盛りだくさんな内容。

概ね1時間はかかるであろう展示の数々。


f:id:tetsu7906:20191213140154j:image

 

そして何しろ室内だけに天候・気温に

左右された安定した時間調整地と言っていい。


f:id:tetsu7906:20191213140244j:image

 

ということで単純に折り返す。


f:id:tetsu7906:20191213140213j:image

 

そしてチェックイン

ここドンムアンまでわざわざ迂回したのは

ここまでの各地いまいち帰国アクセスに

優しい価格の搭乗券

見つからなかったためである。


f:id:tetsu7906:20191213140251j:image

 

こちらドンムアンも安定して立派な

プライオリティパス用のラウンジがある。


f:id:tetsu7906:20191213140241j:image

 

LCC=格安というわけでない事を証明する

ドンムアンスタイル。

 

www.prioritypass.com

 

ここのイカレーは結構好きです。


f:id:tetsu7906:20191213140140j:image
f:id:tetsu7906:20191213140110j:image

 

そしてパンナコッタ等々

結構充実のスイーツもあり

ここのラウンジで6時間弱の燃料を

自らに投入するのが定番になっている。


f:id:tetsu7906:20191213140149j:image

 

ラストランはLCC

タイ・エアアジア バンコク→大阪 

8120円(イオンCBで6500円ほど)

というフライトでフィニッシュ。

 


f:id:tetsu7906:20191213140234j:image

 

価値あるドンムアン迂回。

ジャカルタ→クアラルンプールバンコク

関西

4000円→8000円→6500円

18500円

という周遊帰国ルートをチョイスした

退却戦だったわけである。


f:id:tetsu7906:20191213140126j:image

 

あとはただひたすらアマゾンプライム

発揮した機内で自力エンタメを楽しむだけ。


f:id:tetsu7906:20191213140247j:image

 

朝と変わらず靄っと感の

バンコク上空をひとっとび。


f:id:tetsu7906:20191213140232j:image

 

A330恐怖の3-3-3

助け合いの精神フライトで。


f:id:tetsu7906:20191213140217j:image

 

帰るのみ。

 

という事でタイトル通り。

 


f:id:tetsu7906:20191213140225p:image

 

11500円のチケットにて
ユナイテッド4000マイル

を獲得。これにカード入会ボーナスを加えてANA区間
実質無料の旅路の完結

というわけである。

 

終わり