LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

仙台発券?ジャカルタ行き片道11500円、フルキャリア実質無料の旅②

 

仙台からのアシアナ航空の旅。

ここに始まる。

 

チェックインはANAの担当。

仙台からの片道発券相当珍しいらしく

少々時間を要して発券。

 

f:id:tetsu7906:20191203201631j:image

 

仁川行き、その先トランジット

ジャカルタ行きのチケットを2枚発券。

これから韓国経由インドネシアに向かうに

あたり仙台で牛タンを食すそんな始まり。


f:id:tetsu7906:20191203201527j:image

 

時代を感じる機材に搭乗。

モニタータイプがそれを物語る。


f:id:tetsu7906:20191203201432j:image

 

ほぼ同緯度?と言わんばかりの水平移動。


f:id:tetsu7906:20191203201551j:image

 

アシアナ機材ラインナップを一応チェック。

結構バリエーション豊富。


f:id:tetsu7906:20191203201441j:image

 

日本の各都市をはじめ結構

手広くやってます路線図。


f:id:tetsu7906:20191203201634j:image

 

アシアナの翼でいざサウスコリアへ。


f:id:tetsu7906:20191203201637j:image

 

簡易機内食にみせて。


f:id:tetsu7906:20191203201624j:image

 

意外にしっかりした内容。

JALの釜山便よりやる気を感じる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191203201614j:image

 

食後のコーヒーをいただきまして。


f:id:tetsu7906:20191203201447j:image

 

定刻順調にインチョントランジット

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

入国せずダイレクトトランジットはお初です。


f:id:tetsu7906:20191203201600j:image

 

今回はアシアナ航空の乗客であるがゆえに。


f:id:tetsu7906:20191203201444j:image

 

ご利用いただけます。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

プライオリティパスによる

アシアナビジネスクラスラウンジ。

いかにものロゴマークが天井で

輝いております。


f:id:tetsu7906:20191203201420j:image

 

あるらしいF専用。ここは謙虚にCの方へ。


f:id:tetsu7906:20191203201531j:image

 

以前アシアナ専用になる前に来た時より

リニューアルされた感のあるラウンジ。


f:id:tetsu7906:20191203201416j:image

 

ゆったりすっきりスペース。


f:id:tetsu7906:20191203201524j:image

 

機内食そしてラウンジ食のはしご。


f:id:tetsu7906:20191203201426j:image

 

くつろぎのオットマン+747ビュー。


f:id:tetsu7906:20191203201435j:image

 

そして退出、搭乗口へ。

 

f:id:tetsu7906:20191203201611j:image

 

大阪を朝一に出て仙台を経由して

もはやこんな時間。


f:id:tetsu7906:20191203201619j:image

 

こんな時間だけに噂の

格安スタアラ・エチオピア航空の登場です。


f:id:tetsu7906:20191203201556j:image

 

その反対側にありがとうロングレンジとは

いかぬともそこそこ長い飛行

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ジャカルタ行きA330.


f:id:tetsu7906:20191203201543j:image

 

まずまずの乗客を運ぶ感じの待合ゾーン。

このチケット果たしてどっちを埋めるための

ものなのか?はたまたその他理由があるのか

いまだ不明


f:id:tetsu7906:20191203201607j:image

 

その機内は前便を凌ぐお疲れ感のあるシート。最後尾2列席を選択。


f:id:tetsu7906:20191203201621j:image

 

お隣はフラッグシップ的380が鎮座。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191203201438j:image

 

そして機材は大型化するもモニターは

縮小するさらなるレトロモニター機材へ。


f:id:tetsu7906:20191203201648j:image

 

なかなかの飛行時間加算率100%の力は偉大。


f:id:tetsu7906:20191203201603j:image

 

なんとかついてます機内エンタメ。


f:id:tetsu7906:20191203201423j:image

 

そして2度目の機内食ビビンバで。


f:id:tetsu7906:20191203201539j:image

 

その食し方をしめした説明文。


f:id:tetsu7906:20191203201521j:image

 

ややコチュジャンあまめの

機内ビビンバの完成。もちろんさりげなく

キムチも添えられています。

らしさのあっても味も良し。そんな感想。


f:id:tetsu7906:20191203201628j:image

 

夕日が沈むころ。東シナ海海上

怪しげな光が等間隔に並ぶ。


f:id:tetsu7906:20191203201429j:image

 

台湾の東海岸脇を南下していくそのルートは

ほぼ日本便と同じ。やや北よりか。


f:id:tetsu7906:20191203201517j:image

 

22時。、着前夜食にピザとコーラで

ジャカルタへ突入モード。


f:id:tetsu7906:20191203201450j:image

 

CAのサービスも良し。食事も良し。

ただ機材的に当たりの無かったそんな

激安フライトを1日かけて完結。


f:id:tetsu7906:20191203201534j:image

 

きっちり4000マイル回収して

いざジャカルタへGO!

 

続く。