LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

国際線ビジネス&ファーストクラス 旅の土産アメニティ特集。(後編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

前編に続けて

昨年のアメリカ弾丸ツアーでの出会い。

 

これより続ける。 

 

  

PART5⃣

 

~奇跡の国内線ビジネスクラスアメニティ~

アメリカン航空ニューヨーク・ロサンゼルス線」(2019年)

【APL】

アメリカン自慢のフラッグシップ路線の

ビジネスクラスだけに国内線にして

アメニティつけてしまう心意気。それも

ロサンゼルスを拠点とする靴メーカー

Athletic Propulsion Labsのアメニティ

 

まさかのここにきて靴メーカーとの

コラボポーチが登場するアメリカ独自路線

 

www.athleticpropulsionlabs.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20200501083810j:image
f:id:tetsu7906:20200501083825j:image

 

Amazon.co.jp : Athletic Propulsion Labs

  

PART6⃣

 

~新規就航路線ロングビジネス帰国路線~

「日本航空、シアトル・東京線」(2019年)

【龍村美術織物】

 

 帯、テーブルセンター,和装小物、茶道具、緞帳

などを扱う京都、龍村美術織物

色合い的にもあらゆる場面で使えそうな

大人の小物入れといっていい。

さりげなく鶴丸が盛り込まれているのが

ポイント。ということで日本起点で往路は

スペイン、復路は日本ブランドの

アメニティ日本航空

 

www.tatsumura.co.jp

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083821j:image

 

amzn.to

 

PART7⃣

 

ヤンゴン発券復路丸1日遅延KL行き~

マレーシア航空、

東京・クアラルンプール」

(2019年)

Aspinal of London

ロンドンのデザイナー、製造業者、

小売業者で、男性用と女性用の高級革製品と

アクセサリーを販売。ここで初登場の

英国ブランド。マレーシア起点の往路は

ドイツ、復路は英国アメニティを

取り込んでくるマレーシア航空。

パッと見での高品質感はここまでで

NO.1ではないだろうか。収納力に

難があるもののおしゃれ度は高い。

 

www.selfridges.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083831j:image
f:id:tetsu7906:20200501083828j:image

 

https://amzn.to/3bV1fdJ

 

PART8⃣

 

~短距離路線それでも付くアメニティ~

タイ国際航空

バンコク・デリー線」(2019年)

【マンダリナ・ダック】

 アメニティ史上最もカラフルなバナナ色

いやオレンジ色の個性的ポーチ。

最初見たとき地元タイのブランドではないか

と疑いはなかったが実は。イタリア

革製品ブランド。イタリア・ボローニャ

本拠を置いている。

CAに別の色はありませんかと思わず

要請してしまうほどの一品。

 

www.mandarinaduck.com

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20200501083804j:image
f:id:tetsu7906:20200501083818j:image

 

https://amzn.to/2z3YDeL

 

ということで

ここまでのアメニティsを並べてみる。

f:id:tetsu7906:20200501083814j:image

 

こんな感じで行先、エアライン、クラス

によって千差万別、空の旅のお供

 

アメニティグッズというお話。

 

終わり。