LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

ヤンゴン発券最終行程完結②(臨時便日本発マレーシア航空A350ビジネスクラス編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

ヤンゴン発券

その劇的な再終幕は。

 

欠航により始まる。

 

その衝撃的な事実については

先行して投稿しているのでここでは

割愛する。以下↓↓↓参照していただきたい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

時はその欠航後。

およそ24時間が経過している。

 

そのダメーシア、改めマレーシア航空

ビジネスクラス機内へと移る。

ということで激辛口で紹介していく。

 

f:id:tetsu7906:20191117145531j:image

 

これがビジネスクラスを越えた、

なんとなくシンガポール航空を意識した

かのようなクラス名ファースト相当

ビジネススイートクラスのお座席。

 

www.malaysiaairlines.com

 

こうやってみると棺桶かいわんばかりの

細長い無駄の多いスペース。


f:id:tetsu7906:20191117145549j:image

 

そして欠航後、勝手に振り分けられた

うっすい知識の代行チェックイン会社が

指定した席。「5A」

(本来はキングシートという両脇に広大なスペースがある座席を指定)

 

シングルシートなら何でもよい

そういうレベルで決められた席は

もちろんその中でも通路側。


f:id:tetsu7906:20191117145804j:image

 

24時間遅れのコードシェア便はずれ

この便にいまさら歓迎されるいわれはない。

さっそく座席の変更を申し出る。

なにしろ皆さんこんなに待てません

とのことで別便に振り替えているゆえ

乗客は少ない。

 

ビジネス前方ブロック最後列窓側シート

「8A」に移動。

断然こちらのほうがプライベート感が増す。


f:id:tetsu7906:20191117145619j:image

 

シートからの景色でこの感じ。

おわかりいだけるだろう。


f:id:tetsu7906:20191117145649j:image

 

シートピッチはさすがに申し分なし。

 

www.malaysiaairlines.com

 


f:id:tetsu7906:20191117145714j:image

 

お食事ドリンクメニュー、

2月を思い出すそんなメニュー表。


f:id:tetsu7906:20191117145559j:image

 

お決まりの東南アジアルートを

越えていくのだろうか。


f:id:tetsu7906:20191117145535j:image

 

こんな具合に視界に他の乗客が

入り込むことはない。


f:id:tetsu7906:20191117145801j:image

 

結構な頻度で理由はどうあれ

墜落暦有りの航空会社。

しっかり見ておいて損はない。


f:id:tetsu7906:20191117145626j:image

 

台北押しの表紙の機内誌集。


f:id:tetsu7906:20191117145630j:image

 

限られた機材で必死に運営してます、

そんな危機的国営航空会社。


f:id:tetsu7906:20191117145612j:image
f:id:tetsu7906:20191117145726j:image

 

アジアのトレンドもしっかり

おさえてます。


f:id:tetsu7906:20191117145603j:image

 

後方にはわずかなビジネスブロック

そしてエコノミーが続く。


f:id:tetsu7906:20191117145420j:image

 

実はスイートより使いやすいんじゃないのか

疑惑のビジネスクラス


f:id:tetsu7906:20191117145718j:image

 

予定時刻を

さらに余裕で遅延していく航空会社。

とりあえずクアラルンプールまで

運んだらいい、その程度の感覚しか

もはや感じない。


f:id:tetsu7906:20191117145410j:image

 

こちらが当初予定の飛行ルート。

理想的な最短ルートである。


f:id:tetsu7906:20191117145730j:image

 

一応世界のトレンド

フルフラットのお座席にマッサージ機能付き。


f:id:tetsu7906:20191117145700j:image

 

フライトマップの本体が

無地であるこの怪しさ


f:id:tetsu7906:20191117145703j:image

 

そして始まる24時間遅れの機内サービス。


f:id:tetsu7906:20191117145749j:image

 

2日前に発った大阪の空を今更なぜか

折り返している。


f:id:tetsu7906:20191117145553j:image

 

そして始まる機内食前菜。

本当にこれがビジネスクラス

お食事でしょうか?

日本発の和食なのでしょうか?

これとJALのエコノミー機内食

の2択だっら・・・。


f:id:tetsu7906:20191117145711j:image

 

そして続くメインがこれ。

ごはんの不自然な整い方、そしてどこかの

弁当屋の肉かといわんばかりの内容。


f:id:tetsu7906:20191117145623j:image

 

しゃーなしフルーツとミロで。

終わり。これがダメ・・・

マレーシア航空のビジネスクラスの力なのか。


f:id:tetsu7906:20191117145423j:image

 

飛行ルートは明らかに

最短ルートの北寄りにとっている。

俗にいう太平洋ベルトというやつ。

日本列島を横断している。


f:id:tetsu7906:20191117145757j:image
f:id:tetsu7906:20191117145556j:image

 

食事をあきらめ・・・終え、

ベッドモードに。


f:id:tetsu7906:20191117145737j:image

 

懐かしのマレーシア航空柄

ブランケット以上掛布団以下でちょっと就寝。


f:id:tetsu7906:20191117145428j:image

 

誰がどうみても

中国の上空に差し掛かっている。


f:id:tetsu7906:20191117145740j:image

 

世界屈指の超大国の世界屈指の大都市ゾーンの上空を飛んでいると感じる強烈な夜景。


f:id:tetsu7906:20191117145752j:image

 

完全に大陸の上にのっている格好。


f:id:tetsu7906:20191117145822j:image

 

そのままベトナム上空あたりで、

間食ミーゴレンタイム

こっちのほうが色んな意味で

やる気の感じる機内食


f:id:tetsu7906:20191117145431j:image

 

食後にホワイトコーヒーとクッキー1枚。

とにかくこの機材には大したものは

載っていないらしい。


f:id:tetsu7906:20191117145652j:image

 

日本時間深夜1時過ぎ。余裕の大回りルートは遅延をしれっと増幅させている。

こんな怪しい飛行機のWi-Fiなんて

金払ってつなぐことがあろうか。

 

ちなみにこの振り返便になる前、

機内販売事前サービスを申し込んでいる。

これについてCAに尋ねると。振り替えたその便に乗っているにもかかわらず

つんでいない。という衝撃の回答。

その後の段取りも曖昧。

この先トランジットに十分な時間が

あるにもかかわらずその手配は出来ない模様。

 

なるほどその程度のダメ―シア航空

というのも、もはや訂正しない。


f:id:tetsu7906:20191117145644p:image

 

台風が南にあったからということで

信じたい飛行ルート。

なかなかレアなフライトである。


f:id:tetsu7906:20191117145826j:image

 

そしてド深夜のマレーシア

上空へ。


f:id:tetsu7906:20191117145546j:image

 

送り込まれる24時間遅れの旅人たち。


f:id:tetsu7906:20191117145734j:image

 

モニターを叩き壊されたいのかと

いわんばかりのラストメッセージ


f:id:tetsu7906:20191117145723j:image

 

タキシング中

この窓の曇りをみて東南アジアに来た事をを安らかな気持ちで迎えたかった。

そして誓う、JALとこのダメ。

2択であれば絶対に選ばない事を。

今後SQによる徹底した教育を期待し

ワンワールドに恥じぬ働きを期待する。


f:id:tetsu7906:20191117145417j:image

 

マレーシア航空及びその関係会社に

言いたい放題まき散らし

 

真夜中のKLIAでのひととき

続く。