LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

ぶらり街歩き、市内アクセス世界遺産ぶらり。(デリーでの道⑤)

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

せっかくなので張り切って

デリー観光をしてみる。

地下鉄の充実しているという点では

非常に歩きやすい街デリー。

 

最初に目指すのは「フマーユーン廟」

 

 f:id:tetsu7906:20200218142150j:image

 

空港から地下鉄を乗り継いで

およそ1時間で最寄り駅へ。


f:id:tetsu7906:20200218142154j:image

 

一般的な都市交通を乗りこなせている人なら

なんてことのない移動。

それは世界共通である。

 

最寄駅からはおよそ2キロ、徒歩25分ほど。

十分アクセス可能なそれは世界遺産


f:id:tetsu7906:20200218141913j:image

 

空港鉄道から悪名き高きニューデリー駅は

地下移動でリスク回避。エローラインへ。

 

f:id:tetsu7906:20200218141229j:image

 

超合理的

車両側面幅いっぱいに合わせたホーム柵。


f:id:tetsu7906:20200218141319j:image

 

ではない場所もあるも、

乗車率は一般的な都市レベル。


f:id:tetsu7906:20200218141410j:image

 

ただやっぱり目立つイエローモンキーの肌色。

地下鉄の綺麗さは下手なアメリカよりうえ。


f:id:tetsu7906:20200218141323j:image

 

最寄り駅に到着。

デリーの地上にはじめて出る。

賑わう街並み。ずらりとならぶ露天。

アジアの屋台は共通である。

 

 

カレー屋で圧倒的に並ぶ露天を

眺めていたらとなりの飲み物やのオヤジが

「うまいぜ食べていけよ」というような

ニュアンスのヒンディー語を発する(推定)。

だいたいこういう雰囲気の場所に外れは無い。

これはただの経験則。


f:id:tetsu7906:20200218141252j:image

 

あつあつのロティ?

常時焼きあがってくるカレー屋さん。

食べず通過することが出来ようか。

白髭のオヤジの食べっぷりがさらに

この店の信頼度を高める。


f:id:tetsu7906:20200218141333j:image


f:id:tetsu7906:20200218141502j:image

 

と言うわけでいってみる。

冷えた豆カレー×豆カレー×豆ヨーグルト

WITH大根っぽいのと熱々ロティー

バターらしきもの。

これで50ルピーおよそ80円。

 

2種類ほど値段があったが

わからなかったので多めに出したら

しっかり返してくれる優良店

間違いない店には間違いない接客なのである。

 

f:id:tetsu7906:20200218141304j:plain

 

言うまでもなく日本人のお口にばっちり

フィットの豆カレー残すことなく完食です。

お腹を満たして歩く事25分。

 

f:id:tetsu7906:20200218141913j:image

 

国境警察??の看板の前を通過する

大国の事情。


f:id:tetsu7906:20200218141239j:image

 

道中もこんな具合にスタンディングで、

「いきなりカレー」が散在している

インドの首都デリー。


f:id:tetsu7906:20200218141513j:image

 

ちょっと誘惑にかられるチェンナイ以来の

オートリキシャ。基本タクシーは限界を

感じた時のみと決めております。


f:id:tetsu7906:20200218141447j:image

 

やはり格差社会を感じざるとを得ないエリアを通過することになるのがそれもまた

本当のインドを見ていることに変わりない。

 

 

5つ星ホテルだけでは語れない

2回目の弾丸インド。


f:id:tetsu7906:20200218141427j:image
f:id:tetsu7906:20200218141312j:image

 

道はシンプル地図通り大通りにさえ出れば

後は道なりに進むだけ。

そこにチケット売り場がある。

 

左に外国人専用、右にインド人専用

振り分け。


f:id:tetsu7906:20200218141347j:image

 

もちろんその意味は10倍を超える価格差

外国人は800円ほど。加えてキャッシュレス

社会の80円ほどの割引有り。

 

こういうやり方はありだと思う。

京都辺りもぜひこれを真似ていただきたい。

そうすれば日本人離れも少しは解消できる

のではないだろうか。


f:id:tetsu7906:20200218141509j:image

 

そして入口もしっかり3パターン。


f:id:tetsu7906:20200218141505j:image

 

世界遺産これだけ見所があります

のご案内全体マップ。


f:id:tetsu7906:20200218141438j:image

 

なんだかドラゴンボールの世界観

近いような建物があったり。


f:id:tetsu7906:20200218141354j:image

 

そんな建物のなかに棺桶1つ

おさめられているわけであって。


f:id:tetsu7906:20200218141232j:image

 

頭上を見上げれば

こんな鮮やかな模様が描かれている。


f:id:tetsu7906:20200218141300j:image

 

と思えばちょっとクラシックというか

オールド感ある建物もそのまま残っていたりと


f:id:tetsu7906:20200218141235j:image

 

インドの街中の喧騒から離れた

静寂かつ高貴な場所を感じられる

観光地である。


f:id:tetsu7906:20200218141434j:image

 

そしてメインがこれ。説明は不要。


f:id:tetsu7906:20200218141336j:image

 

パッと見完全にタージマハル

にわかからしたらこれでも十分な美しさ。

13億人の暮らす国

立派な世界遺産である。


f:id:tetsu7906:20200218141350j:image

 

あまりに美しい庭園。


f:id:tetsu7906:20200218141344j:image

 

中にあるのはこれだけこのため。


f:id:tetsu7906:20200218141456j:image

 

少し角度をつけて

撮ってみてもこの壮観な眺め。


f:id:tetsu7906:20200218141424j:image

 

やっぱり世界共通、出口で待ち伏せする

多言語を使いこなす客引き

振り切って次の目的地へ

 

歩く!

 

続く。