インド門から階段井戸、セントラルパーク、そしてスターバックスへ。(デリーでの道⑥)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

デリーウォークを続ける。

世界遺産フマユーン廟を後して

次の目的地は「インド門」

 

f:id:tetsu7906:20200301141727p:image

 

これまた道のりは至って

シンプルそんな街並み。

こんな路線バスも多数見受けられるが、

とにかく歩くのが信条。


f:id:tetsu7906:20200301141703j:image

 

こんなガソスタがあったり


f:id:tetsu7906:20200301141742j:image

 

こんな三輪車が追い越していったり。


f:id:tetsu7906:20200301141618j:image

 

イエローキャブならぬ

イエローグリーンリキシャが列をなす。

それが首都デリー。


f:id:tetsu7906:20200301141735j:image

 

がっつり歩いて

放射上状に広がる通りのど真ん中

そこには大きな広場が現れる。


f:id:tetsu7906:20200301141739j:image

 

「INDIA GATE」

インド門 - Wikipedia


f:id:tetsu7906:20200301141649j:image

 

まだ日没前の時間だけに

人と人のスペースがある混雑感。

物売りや談笑や観光やら入り混じる

そんな場所。


f:id:tetsu7906:20200301141633j:image

 

知識は持ち合わせておりませんが。

とにかく人がおおい。

ちなみに警察官らしき人も多く

そんな変なやからもいない。


f:id:tetsu7906:20200301141724j:image
f:id:tetsu7906:20200301141629j:image
f:id:tetsu7906:20200301141622j:image

 

夕陽に映えるインド門を眺めて、

さらに歩き進める。


f:id:tetsu7906:20200301141732j:image

 

次なる目的地は写真は発着地点逆転してます。

インド門からインドのセントラルパークにある

スタバ!

 

このつなぎもおよそ40分ウォーク。

 

f:id:tetsu7906:20200301144204j:image

 

そしてその道中にある

デリーの階段井戸

「アグラーセン・キ・バオリ」

 

に立ち寄る。しっかり入り口前には

わかりやすくリキシャ軍団がいるのが特徴

それがインドスタイルはもうおなじみ。


f:id:tetsu7906:20200301141721j:image

 

インスタ映えする観光スポット

というやつである。


f:id:tetsu7906:20200301141659j:image

 

街歩きに疲れたら都会の喧騒から切り離されたレンガの壁に包まれてみてはいかがだろうか。


f:id:tetsu7906:20200301141642j:image

 

下っていき、

そして振り返ってみるとこの絵面。


f:id:tetsu7906:20200301141713j:image

 

市民の憩いの場でこの歴史ある

井戸の前で佇んでみるのも良い。

市民猫とともに。


f:id:tetsu7906:20200301141625j:image

 

徐々に都心部になりつつあるそんな街並み。

インドらしからぬ造りの建物。


f:id:tetsu7906:20200301141655j:image

 

道中、両替所があったので

電卓交渉制に順次して少額両替。


f:id:tetsu7906:20200301141710j:image

 

とある最近話題沸騰中のヒンドゥー語の

話せるユーチューバーさんのオープニングに

使われていそうな国旗がもう一つの

放射道路の中心にある。

相当でかい。


f:id:tetsu7906:20200301141707j:image

 

セントラルパーク

だけに夕刻は大変な人でごった返す。

この辺りからインドの首都の本気を

発揮してきているのがわかる。


f:id:tetsu7906:20200301141717j:image

 

歩き倒してやっとのこと、

スターバックスに到達。


f:id:tetsu7906:20200301141637j:image

 

早速店内へ。そして当然の

ベジタリアンメニューの洗礼。


f:id:tetsu7906:20200301141652j:image

 

どこも変わらぬ店内、もちろん

その接客も相変わらずテンション高め。


f:id:tetsu7906:20200301141646j:image

 

ここで絶対に頼むべきは、

「チャイ」と心に決めておりました。

トールサイズのチャイ。350円オーバー。

なかなかの価格。市中の本場の10倍越え、

それなりにボリュームはあるものの。

 

f:id:tetsu7906:20200301142112j:image

 

味は世界のスタバの世界のチャイ、遜色なし。

店内2Fから見るスタバ。

たまにターバンしている人が入り混じる

ただそれだけ。


f:id:tetsu7906:20200301142115j:image

 

お茶&休憩の後は空港線の最寄り駅まで歩く。

そうここから歩ける。

 

f:id:tetsu7906:20200301144230j:image

 

ハンドクラフト・カシミア??店前を通過。


f:id:tetsu7906:20200301142134j:image

 

邪道ですがコンビニ的なお店「24SEVEN」で夜食のお買い物。


f:id:tetsu7906:20200301142109j:image

 

チリ・チキン・サモサ。

買ってみる、そして温めてくれる。


f:id:tetsu7906:20200301142157j:image

 

なのでその場ですぐにいってみる。

カリカリ感はないもののこのグリーンの

ソースの酸味が絶妙に合うサモサ。

ぺろりと小腹を埋めて


f:id:tetsu7906:20200301142128j:image

 

駅へ。

 

f:id:tetsu7906:20200301142121j:plain


そして安心安全の高級宿へ。

 

続く。