LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

KL発券復路JGP・ワンワールドエメラルドへの道①(成田空港出発ラウンジ編)

アメリカンのクアラルンプール発券

 

 

JALクアラルンプール発券

プレミアムエコノミー復路を処理する。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

そしてその先

JGPワンワールドエメラルド

を目指す旅は続く。 

 

 早朝の伊丹。

羽田に負けず劣らず長蛇の列とはこの事。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20191019173009j:image

 

前作宮古島編同様。

もはやそこにストレスの心配はない

ステイタス会員さまへのサービス(ワンワールド) - JAL

ワンワールドサファイア

特典。


f:id:tetsu7906:20191019172816j:image

 

スムーズなチェックインから

カードラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20191019172837j:image

 

そして保安検査からのサクララウンジへ梯子。


f:id:tetsu7906:20191019172949j:image

 

受付カウンター左、

リニューアルオープンのラウンジへ。

JAL、伊丹空港の新ラウンジ公開 席数1.5倍、ダイヤは青汁復活


f:id:tetsu7906:20191019173019j:image

 

色調がすごく落ち着いていて

午前7時過ぎからいただいてしまうビール。

その時差は既におよそ12時間といったところ。


f:id:tetsu7906:20191019173038j:image
f:id:tetsu7906:20191019173041j:image
f:id:tetsu7906:20191019172759j:image

 

締めのトマトジュースを投入して出発。


f:id:tetsu7906:20191019172840j:image

 

JL3004便

国際線機材ながら残念過ぎる旧タイプ仕様。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

もはやJALのエコノミーと言えば

新間隔エコノミーしか受け入れられない体に。


f:id:tetsu7906:20191019172935j:image

 

といいつつもシートピッチは

非常口座席の文句なし。

俗にいうご挨拶が初めてこざいました。


f:id:tetsu7906:20191019172833j:image

 

国内線に転用される787の翼、

JAL、787初の国内線仕様公開 27日から羽田-伊丹線

そういう意味では既に運用されているので

そこに真新しさはない。


f:id:tetsu7906:20191019172819j:image

 

朝ビール後のコーヒーで

1時間少々のフライト。


f:id:tetsu7906:20191019172809j:image

 

一体年間何回来ているこの空港、

成田空港第2ターミナルへ降臨。


f:id:tetsu7906:20191019172904j:image

 

国際線乗り継ぎのための国際線仕様の機材。

そんな客層。

スカイスイート有り機材への復活を望む。

 


f:id:tetsu7906:20191019172829j:image

 

乗り継ぎゲートを介して国際線へ出国。

そこにはステータスなんてものは

意味をなさない。


f:id:tetsu7906:20191019172901j:image
f:id:tetsu7906:20191019172908j:image

 

イミグレを抜けるとそこは

第2ターミナル本館だった。

 

(注:自動ゲート化されておらずパスポートへのスタンプ押印は不可避である。)


f:id:tetsu7906:20191019172806j:image

 

2時間のトランジット

程よい時間と言っていい。

ここはあえてプレエコによる

サクララウンジではなく。

  

 

サファイアによるワンワールドラウンジ

利用する。ということで

アメリカン航空・アドミラルズクラブへ。


f:id:tetsu7906:20191019172845j:image

 

玄関にはいまいちな和を彷彿とさせるために

置かれた盆栽が飾られている。


f:id:tetsu7906:20191019172813j:image

 

シンプルすっきりなフード&ドリンクエリア。


f:id:tetsu7906:20191019173016j:image

 

フレッシュな朝食をこちらでいただく。

ハム&ベーコンが絶妙です。


f:id:tetsu7906:20191019172953j:image

 

こんなところに日本代表

黒霧島がおられました。


f:id:tetsu7906:20191019173005j:image

 

加えてワインリスト。


f:id:tetsu7906:20191019172941j:image

 

サクララウンジと違って機能性より

デザイン性、アメリカ人サイズに合わせられているかのようなラウンジのつくり。


f:id:tetsu7906:20191019172922j:image

 

一番奥はこの眺望。

この椅子に座って飛行機を眺めているだけでかなり優雅なひと時が過ごせそう。


f:id:tetsu7906:20191019173027j:image

 

円卓にこの椅子。その先に鶴丸星条旗

ここはアメリカン航空の家。


f:id:tetsu7906:20191019173034j:image

 

ソフトモーニングをいただく。


f:id:tetsu7906:20191019172853j:image

 

サメの背びれ的な垂直尾翼が茂みから

浮かび上がる。


f:id:tetsu7906:20191019172957j:image

 

アップルじゃないけどアメリカン

パソコンがずらりと並ぶ。


f:id:tetsu7906:20191019172926j:image

 

エスカレーターをあがって次のラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20191019172755j:image

 

出発ゲートに近いサテライトへ。


f:id:tetsu7906:20191019173047j:image

 

こちらも突き当り左手。

サクララウンジを回避して


f:id:tetsu7906:20191019172938j:image

 

因縁のオーストラリアのナショナルフラッグ


f:id:tetsu7906:20191019172915j:image

 

カンタス航空ラウンジへ。

その他あいつも共用されている

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

個人的に縁起の悪いラウンジ

なのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20191019173023j:image

 

適当にドリンク類を


f:id:tetsu7906:20191019173104j:image
f:id:tetsu7906:20191019172857j:image
f:id:tetsu7906:20191019172919j:image
f:id:tetsu7906:20191019172803j:image

 

そして眺望は先ほどのアメリカンの

対面側になる。


f:id:tetsu7906:20191019173013j:image
f:id:tetsu7906:20191019173000j:image
f:id:tetsu7906:20191019172944j:image

 

飲食類眺望に関しても特に目立った

特徴はないAWAYラウンといったところ。


f:id:tetsu7906:20191019172752j:image

 

そして出発のお時間。


f:id:tetsu7906:20191019172849j:image

 

JALプレミアムエコノミー

昼便にてクアラルンプールへ

 

ボーディング。

 

続く。