KL発券復路JGP・ワンワールドエメラルドへの道②(JALプレミアムエコノミーKLアクセス編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

搭乗してこちらの座席を通過。

JAL SKY SUITE Ⅲ(シート) - JAL国際線

結構狭いらしい。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

f:id:tetsu7906:20191021182158j:image

 

今回指定のプレエコ最前列窓側

先ほどのビジネスを大幅に上回る

前方のみ広大なスペース。

これなら窓側でも通路アクセスに

全く問題はない。


f:id:tetsu7906:20191021182326j:image

 

中東の長距離エコノミー的アメニティセット。


f:id:tetsu7906:20191021182318j:image

 

プレエコ最大の弱点。

それは窓側と言っても翼の上に

配置されているゆえ視界は不良。


f:id:tetsu7906:20191021182435j:image

 

なぜだろうか。あの手の機材を見ると

瞬間的にボーナスマイル

頭によぎってしまうサファイアの性分。

JMBサファイア(マイル) - JALマイレージバンク

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

イベリア航空

ボーナスマイルは50%あり。


f:id:tetsu7906:20191021182209j:image

 

昼便の中距離路線と言う感じの

KL行きプレエコで折り返します。

正直とりあえず感のあるシャンパ

開けながら。


f:id:tetsu7906:20191021182337j:image

 

往路に続いての重複紹介。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

やっぱりエコノミーはエコノミーな

プレミアム感は否めない。


f:id:tetsu7906:20191021182431j:image

 

お食事もまぁエコノミーはエコノミー。

決してプレエコは安いとは言えないと思う

そんな感想。


f:id:tetsu7906:20191021182453j:image

 

昼食のスタート。


f:id:tetsu7906:20191021182428j:image

 

顔写真の蓋をオープン。味の変化があって

おいしいとは思うエコノミー機内食


f:id:tetsu7906:20191021182216j:image

 

四国・九州を横断して一路、南西へ突き進む。

かっちかちの抹茶ハーゲンの

自然解凍を待ちながら。


f:id:tetsu7906:20191021182249j:image

 

なぜだろうか。この高い搭乗率

全て同業修行僧に見えてしまうのは

ただの錯覚だろうか。はたまた真実だろうか。

 


f:id:tetsu7906:20191021182340j:image

 

たまには機内エンターテメントを楽しむ

英語字幕に設定。


f:id:tetsu7906:20191021182211j:image

 

到着前にうどん

なんとなくケーキが支給される

 

プレミアムらしいエコノミー。


f:id:tetsu7906:20191021182334j:image

 

この搭乗率では価値あるスペースであった

といっていい。

 

 

その他の席にはそれほどの価値を感じない

という個人的感想。


f:id:tetsu7906:20191021182405j:image

 

世界一の定時到着率でKL入り

 

www.jal.co.jp

 

そして往路とは別物。このフライトでの

獲得マイルは、もはや区間マイルの

200%越え

驚愕の6843マイル

FOPは同数5407に及ぶ。

国内線伊丹成田含めてここまでの

FOP66997へ。

 
f:id:tetsu7906:20191021182322j:image

 

さっさとサテライトからメインへ。


f:id:tetsu7906:20191021182255j:image

 

若干込み合う夕刻入国を突破して

バスステーションへ。


f:id:tetsu7906:20191021182224j:image

 

たまにはKLトランジット節約パターンではなく

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

KLIA2ができる前プレハブLCCターミナル時代

よく使ったセントラル行きバスに乗り込む。


f:id:tetsu7906:20191021182220j:image

 

本数的には頻繁に出ているのは

それなりにまだまだ利用価値はある。


f:id:tetsu7906:20191021182232j:image

 

12リンギット300円少々の

空港アクセス直行なら十分に価値はある。


f:id:tetsu7906:20191021182245j:image
f:id:tetsu7906:20191021182417j:image

 

アウトレット脇をすり抜け。


f:id:tetsu7906:20191021182331j:image

 

高速道路を突っ走る。


f:id:tetsu7906:20191021182228j:image

 

そして夕暮れの渋滞に少々はまりながら


f:id:tetsu7906:20191021182442j:image

 

セントラルへ。そしてKLモノレールへ。


f:id:tetsu7906:20191021182241j:image

 

昔何回かつかったセントラルの低価格ホテルはなおも健在。

 

 

そしてのあたり整備されて

本当に綺麗になったもの。


f:id:tetsu7906:20191021182311j:image

 

ブキビッタンの1つ先のインビ駅で下車。


f:id:tetsu7906:20191021182349j:image

 

そこから徒歩3分、

モノレールからも見えるホテル。


f:id:tetsu7906:20191021182343j:image

 

それが本日のお宿。

「ホテル・イスタナ」

今回はドミトリーではなく

(LINEトラベル経由ブッキング・コムで7000円の2割ポイントバックで予約)

 

 

それなりのステイを意識したホテルをチョイス


f:id:tetsu7906:20191021182235j:image

 

結構日本人向けホテルらしく日本人専用チェックインエリアがある。

かと言って日本語の対応というわけではないが・・・。


f:id:tetsu7906:20191021182438j:image

 

そして客室へ。そしてその眺望は・・・


f:id:tetsu7906:20191021182450j:image

 

ばっちりこの街の代名詞、光り輝く

ペトロナス・ツインタワー

が楽しめる。


f:id:tetsu7906:20191021182315j:image

 

こんなものもあったり、

親日ホテルと言っていい。


f:id:tetsu7906:20191021182154j:image

 

中央ロビーにはこんなラウンジ的空間があり、夜は生演奏等もやっている。


f:id:tetsu7906:20191021182346j:image

 

エントランスから外を望むと、なんとも

イスラム圏に来たのを感じさせてくれる。


f:id:tetsu7906:20191021182410j:image

 

そのお隣にはKLタワーも負けじと

光を解き放っている。


f:id:tetsu7906:20191021182447j:image

 

逆にイスタナに反射するツインタワー。

近所をぶらりしてみる。


f:id:tetsu7906:20191021182424j:image

 

隣りの駅は

ブキビッタンという好立地なわけであって

アラブ人街がすぐそこ。

結構な盛り上がりである。


f:id:tetsu7906:20191021182359j:image

 

本当に採算とれてるのか世界のISETAN

ここにはある。眠らない街の系のオーラが

ひしひし伝わってくる。


f:id:tetsu7906:20191021182308j:image

 

ド定番のアロー通りの屋台はいつものこと

人混み人混み。

なんとも変わらない景色の賑わい。


f:id:tetsu7906:20191021182300j:image

 

特に観光することを目的としていないので

ふらっと歩いてふらっとホテルへ。


f:id:tetsu7906:20191021182421j:image

 

この美しい輝きをしっとりと眺めながら寝る。

それがこの旅の滞在。

 

続く。