LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

仙台発券?ジャカルタ行き片道11500円、フルキャリア実質無料の旅④(弾丸ジャカルタ観光編)

  

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

駅を出て右、ここまで進んできた線路を

右手に見ながら平行にもう少し進むと

地下鉄駅があるはず。御覧のように

都市化された道。

 

f:id:tetsu7906:20191208134944j:image

 

いわゆるストリート野良猫

たむろする大都会。


f:id:tetsu7906:20191208134846j:image

 

だいぶお疲れ飲み過ぎのようで。


f:id:tetsu7906:20191208134954j:image

 

徒歩5分ほどで地下鉄駅がある。

朝通の時間帯のわりに空いている。

ICカードを購入しないと乗れない?

よくわからず買ってみる。


f:id:tetsu7906:20191208134651j:image

 

どうみてもIC専用の改札、しかも種類が豊富。


f:id:tetsu7906:20191208135007j:image

 

これは世界共通というより日本的造り。

乗車位置までしっかり。


f:id:tetsu7906:20191208134828j:image

 

ただ一つの違いはヒジャブ率が

高いという事実。


f:id:tetsu7906:20191208134914j:image

 

お手持ちのICカードの裏面をご覧いただければ

わかるこの馴染みある英数字。


f:id:tetsu7906:20191208134930j:image

 

そしてやってくる

日本臭の漂う車両


f:id:tetsu7906:20191208134754j:image

 

ありがとうニッポン指名。

ニッポン?車両のてかてか車内は

Nonスモーキング


f:id:tetsu7906:20191208134857j:image

 

北上出来る次の一駅で下車。

俗にいう試乗体験終わり。

地上には専用軌道のバスも走っている。

こっちのほうが人気ありの様子。

地下鉄はお値段に難ありなのか。


f:id:tetsu7906:20191208134737j:image

 

数km歩いて噴水のある円形交差点に

さしかかる。


f:id:tetsu7906:20191208134706j:image
f:id:tetsu7906:20191208134910j:image

 

こんな銅像もたった美しい

整備された都市風景。


f:id:tetsu7906:20191208134951j:image

 

その先に見える塔。

モナス・独立記念塔。

ジャカルタと言えばこれって奴の1つである。

遠くにうっすらモスクも見えている。


f:id:tetsu7906:20191208134716j:image

 

京都タワーをピシッとした感じだろうか。

単体でその他は広場となっているので

存在感は半端ない。


f:id:tetsu7906:20191208135004j:image
f:id:tetsu7906:20191208134719j:image

 

北側の階段を降りたところに

チケット売り場がある。


f:id:tetsu7906:20191208134712j:image

 

またもよくわからないICカード式の

チケットを購入。流行っている。

らしい・・・。ここでインドネシアルピアの

通貨感覚を誤っていたので

前回の残額で足りるだろう憶測を誤る。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

残5000ルピア、ほぼ無一文になる。


f:id:tetsu7906:20191208134924j:image

 

50円ほどのドリンクさえも買えない・・・。


f:id:tetsu7906:20191208134848j:image

 

とりあえずギリ入場出来たチケットで

塔の上に上がってみる。


f:id:tetsu7906:20191208134946j:image
f:id:tetsu7906:20191208134927j:image

 

お得意の都市公害か、近隣の焼畑的なやつか

結構ガスっていながらもこの眺望。

ここからのアクセスがベターだったか

最寄り駅。


f:id:tetsu7906:20191208134822j:image

 

かなり巨大なモスク。ガスりかたも半端ない。


f:id:tetsu7906:20191208134921j:image

 

ここまで歩いてきた道を振り返る。

結構な高層ビルが立ち並ぶ

もうすぐ首都移転そんな街ジャカルタ


f:id:tetsu7906:20191208134746j:image

 

見える見えぬは別としてあります定番双眼鏡。


f:id:tetsu7906:20191208134726j:image

 

ちょっと話しかけてくるおじさんや

ふらっと遊びに来てる地元民。

そんな公園をあとにしてひとまず駅へ、

というか両替所探しへ。


f:id:tetsu7906:20191208134641j:image

 

一昔前の京葉線の風景かと言わんばかりの

ジャカルタ仕様の205系。

架線なんかもまるっきり日本風に

見えてならない。


f:id:tetsu7906:20191208134843j:image

 

駅の中は近未来風。飲食店や銀行なんかも

はいっているが小型店舗だけに

日本円の扱いは無いとの事。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ちなみにJGW(JALグローバルウォレット)にルピアの取り扱いはございません。


f:id:tetsu7906:20191208134644j:image

 

救いはネット環境。

とあえず地図がある分道には迷わない。

ただし気温は絶好調。真夏の日本より

やや涼しいか。


f:id:tetsu7906:20191208134939p:image

 

やっと見つけた地元銀行で両替。

待ち時間にクーラーの聞いた部屋で

ホットコーヒーは生き返る。


f:id:tetsu7906:20191208134901j:image

 

わずかばかりのルピアを手にして再び駅へ。


f:id:tetsu7906:20191208134831j:image

 

窓口たくさんあるがたまにこんな風に

並ぶ1窓仕様。


f:id:tetsu7906:20191208134654j:image

 

入国しまして3枚目のICカード

前に持ってたやつ使えないか聞いたが

だめらしい?

運賃は恐ろしく安いICカード代も

そこまで気にはならない。

 

f:id:tetsu7906:20191208134710j:image

 

こちらその運賃表兼路線図。

初乗り3000RP(25円)

最大で70円ほど。

恐ろしく安い。

 

f:id:tetsu7906:20191208134648j:image

 

乗車方法が丁寧に現地の言葉で書かれた看板。写真付きはありがたい。


f:id:tetsu7906:20191208134743j:image

 

虫眼鏡必須の運賃表???とにかく細かい。


f:id:tetsu7906:20191208134740j:image

 

高架鉄道ホームへあがってみる。


f:id:tetsu7906:20191208134802j:image

 

車両だけでなく、線路もしっかりしている。

もちろん信号設備も鉄道のあらゆる設備を

総合的に輸出されている感じがしっかり

伝わってくる。


f:id:tetsu7906:20191208134812j:image

 

奈良線の新車205系より輝きを

発している。気になる低めにつけられた

手すり。


f:id:tetsu7906:20191208134934j:image

 

まあ記念にということも含めて揃いました

スリーICカード群。


f:id:tetsu7906:20191208134853j:image

 

中にはこんな機関車もやってくる。


f:id:tetsu7906:20191208134815j:image

 

車内もまるっきり一昔前の

いや一部現役の景色。


f:id:tetsu7906:20191208134805j:image

 

ただちょっとお客さんの宗派が

異なるだけの話。


f:id:tetsu7906:20191208134658j:image

 

ルール意外と盛りだくさん。


f:id:tetsu7906:20191208134838j:image

 

これだけあれば秩序は保たれる事間違いなし。


f:id:tetsu7906:20191208134808j:image

 

路線図のど真ん中、ターミナル駅的な場所で

降りてみる。

なんとスタバとローソンが併設する

そんな本気のエキナカ


f:id:tetsu7906:20191208134758j:image

 

0を2つとって2割引き、

そんな計算のルピア。

物価は申し分ございません。


f:id:tetsu7906:20191208134730j:image

 

住めと言われれば十分生活できる

そんな立派な都市とわかってきました

ジャカルタ


f:id:tetsu7906:20191208134825j:image

 

ここは一転、券売機があって先ほどの

ICに乗車分を券売機でチャージできる仕組み


f:id:tetsu7906:20191208134722j:image

 

どこぞの車庫ではありません。

乗車のための足場と言うのが適切か。

おそらく奥にもっと立派な駅が出来るのか。


f:id:tetsu7906:20191208134734j:image

 

エキナカコンビニのこんなメニュー。

結構みんな食べていたのでつられてみる。


f:id:tetsu7906:20191208135000j:image

 

乗車口足場の第2の使い方

腰掛けて食事をする。


f:id:tetsu7906:20191208134819j:image

 

という方式らしい。こんな視界で

食べるのが現地スタイル。


f:id:tetsu7906:20191208134702j:image

 

こちらもエキナカ食後のスイーツに

東南アジア定番のこれ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

合わせて180円ほどは結構なお値段か。


f:id:tetsu7906:20191208134835j:image
f:id:tetsu7906:20191208134750j:image

 

シングルアーム

へたすりゃ日本の地方より先進的鉄道網。


f:id:tetsu7906:20191208134904j:image

 

群がる乗客。路線によって混雑はピンキリ。

4枚ドア必須の環境であることには

変わりない。


f:id:tetsu7906:20191208134918j:image

 

これにてジャカルタ

弾丸レポートを終える。

 

続く。