LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

最下級上級会員JMBクリスタルへの道④(テグ、プサンアクセス編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com  tetsu7906.hatenablog.com

 

タイトル通り。

ここテグで一夜を明かし、プサンへ向かう。

このプサン

本当のクリスタルへの道の入り口となる。

 

f:id:tetsu7906:20190608161139j:image

 

移動手段は大きく2つ。高速バスか、鉄道か。

最安値での移動を意識して

KORAIL鉄道を選択する。

 

http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizbfForeign_pr16100.do;jsessionid=nK2ju0MX7PwD26eivGO4HzzPAS7U8ZfOmsIw0qfrDuv1KUJ7U71qa7nMqdtgqJM5?gubun=1

 

KORAILはネット予約も簡単、空席運賃の確認も日本語表記HPで容易に出来る。

ということで検索してみる。

 


f:id:tetsu7906:20190608161223p:image

 

直通のみで検索すると

ムグンファのITXセマウルの2択である。

最安値ということでムグンファを見てみると

1時間に2本ほどいったところ。

所要時間はおよそ90分といったところ。

セマウルとそれほど大きな違いはない。

確認だけして駅へ。


f:id:tetsu7906:20190608161134j:image

 

閑散とした近代的な駅である。

みんな大好きダンキンドーナッツあり。

発車案内にはソウルORプサンの2択。

わかりやすすぎるご案内。


f:id:tetsu7906:20190608161242j:image

 

みどりの窓口的切符売り場へ。

画面を適当にタッチしてみる。

こんな具合に東テグKTX乗り換えも

合わせて表示される。

KTXに乗り換えても60分ほどかかり

そのコストは2倍を超える。

おとなしく予定通りムグンファを選択。


f:id:tetsu7906:20190608161126j:image

 

切符を購入して少々時間が。

ここで車内用遅めのモーニングを調達。


f:id:tetsu7906:20190608161227j:image

 

写真につられて韓国っぽい

エキナカ具沢山トーストとドリンクを購入。

  

 

購入したチケットが以下。まるで

ピーチを彷彿とさせるレシート型である。

お値段はおよそ750円程度。

座席指定の急行と思えば安く。

距離を考えればやはり安いといっても良い。


f:id:tetsu7906:20190608161122j:image

 

ソウル行きセマウルが通過していく。


f:id:tetsu7906:20190608161144j:image

 

つづいてムグンファ。

機関車に引っ張られる客車である。

これの釜山を行きをまつ。


f:id:tetsu7906:20190608161203j:image

 

もう一つ時間があったので

ワンショットコーヒー自販機で一杯。

自販機充実のKORAILホーム。


f:id:tetsu7906:20190608161234j:image

 

定時運行、着席してテグ駅に別れを告げる。

コーヒーとトーストとともに。


f:id:tetsu7906:20190608161118j:image

 

こちらがそのトーストの中身。韓国の

おかんの手作りローカル感が旨味を増す。


f:id:tetsu7906:20190608161113j:image

 

お隣東テグ駅は新大阪、新横浜的存在か。

地下というか立体駅の下段。

高速バスの乗り換えもある一大ターミナル駅W杯時はこの駅を利用。


f:id:tetsu7906:20190608161154j:image

 

食後のチョコレートドリンク。


f:id:tetsu7906:20190608161129j:image

 

車内は空席が目立ち。

隣席が埋まることもなく。


f:id:tetsu7906:20190608161212j:image

 

朝鮮半島を南へ南へと下るわけで。


f:id:tetsu7906:20190608161207p:image

 

参考までにシートピッチもパシャリと。


f:id:tetsu7906:20190608161231j:image

 

そして定刻、プサン駅へ。

この一つ前の亀田駅で降りるほうが

時間もコストも少々よくなるがここはあえて

オーソドックスに。

  

  

ということで

大田からやってきたということらしい。


f:id:tetsu7906:20190608161150j:image

 

駅前を素通りし地下鉄駅へ。


f:id:tetsu7906:20190608161147j:image

 

一路、地下鉄にて空港を目指す。

日帰り弾丸プサン以来のこの街。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190608161216j:image
f:id:tetsu7906:20190608161157j:image

男は黙って空港を目指す。

 

続く。