LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

KL発券復路JGP・ワンワールドエメラルドへの道③(ホテル・イスタナ滞在からKLIA編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

があけるとこんな景色。

 

f:id:tetsu7906:20191021213019j:image

 

ホテルの1階中庭的空間。


f:id:tetsu7906:20191021212951j:image

 

そこにはちょっとしたプールがあって。

まだちょっと時間的に早い。


f:id:tetsu7906:20191021213044j:image

 

ホテルピアノのあるフロントロビーを抜けて


f:id:tetsu7906:20191021212914j:image
f:id:tetsu7906:20191021212945j:image

 

ごはんを調達しに外へ出る。


f:id:tetsu7906:20191021212942j:image

 

近場にはシャングリラがあったりする

それなりのエリア。


f:id:tetsu7906:20191021213015j:image

 

こんな町のパン屋さんがあったりして、

それも結構人気がある模様。


f:id:tetsu7906:20191021213008j:image

 

移動式屋台というか露店があって

手作り感満載のローカル料理が

 

超低価格でいただける。


f:id:tetsu7906:20191021212905j:image

 

色々取り揃えて450円ほど。

ポップコーン、サンドウィッチ、タルトに

ちょっと辛めのマレー風麺料理にミロ。

十分な朝食。


f:id:tetsu7906:20191021212910j:image

 

本格的に明るくなってくる。


f:id:tetsu7906:20191021213024j:image

 

プールへ行ってくつろぐ

 

 

このプールがあるのも何もしないステイ

重要なポイント。


f:id:tetsu7906:20191021212836j:image

 

パビリオンのビルが正面にある

そんな場所。

www.pavilion-kl.com

 


f:id:tetsu7906:20191021212845j:image

 

ということで

時間一杯まで利用させてもらって出発。

参考・KL路線網↓↓↓


f:id:tetsu7906:20191021212927j:image

 

モノレールから見るイスタナ

ちょっと古さはあるが接客は良好、立地も

申し分ない日本人に優しいホテルでした。


f:id:tetsu7906:20191021212855j:image

 

セントラルのショッピングモールにある

日本人なら反応してしまう赤字に白文字。

「ユビソオというか

日本語表記に日本人モデル?


f:id:tetsu7906:20191021212820j:image

 

良い意味で使えそうな

意外と気になる商品も多数

駅に戻って再び地下と言うか地上へ。


f:id:tetsu7906:20191021212955j:image

 

帰りももちろんコスト削減のバスで空港へ。

安定の12リンギット


f:id:tetsu7906:20191021213029j:image

 

帰りは?それともバス会社によるか?

フリーシート!


f:id:tetsu7906:20191021213034j:image

 

時間的に昼時、こんな町の風景に

宗教の壁なんてない。


f:id:tetsu7906:20191021212919j:image

 

ヒジャブウーマン達

ランチタイムである。


f:id:tetsu7906:20191021212841j:image

 

順調な走りで空港へ。向かうはKLIA2


f:id:tetsu7906:20191021212824j:image
f:id:tetsu7906:20191021212812j:image

 

やはりここに来たらあの伝説の旅人

キム・なんとかのあの現場で黙とうを・・・。


f:id:tetsu7906:20191021213012j:image

 

そしてランチはこちら

プライオリティパスの味方

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

プラザプレミアムラウンジ

制限エリア前店でいただく。


f:id:tetsu7906:20191021212832j:image

 

なんとなく気配を消しながら

存在しているように見えなくもない。


f:id:tetsu7906:20191021212902j:image

 

ここマレーシアのプラザ

すごく質がよく感じる。

それこそ本家香港より。


f:id:tetsu7906:20191021212828j:image

 

ゆったりすっきりした昼時。


f:id:tetsu7906:20191021212851j:image
f:id:tetsu7906:20191021212938j:image

 

麺やらパフやら豆やらをいただく。

十分な昼飯である。


f:id:tetsu7906:20191021212848j:image

 

スイーツにコーヒーもいだける

ラウンジの力は偉大。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191021212935j:image

 

本日のフライトはここKLIA2にはあらず。

到着時同様KLIAのほうである。


f:id:tetsu7906:20191021212923j:image

 

ということでご丁寧に50円少々支払って

ターミナル間を移動する。

この点のラウンジの使用には制限はない模様。


f:id:tetsu7906:20191021212859j:image

 

これが本日のフライト、マリンドエア。


f:id:tetsu7906:20191021212817j:image

 

国内線メインターミナルを使用している

航空会社になる。

ど真ん中に国際線出発に対し左端に

国内線の保安検査場がある。


f:id:tetsu7906:20191021212948j:image

 

これがそのSQガールならぬ

マリンドガールである。

LCCのようなLCCでないオーラが

出ていないこともない。


f:id:tetsu7906:20191021212931j:image

 

そして向かうは同国内

ジョホールバル


f:id:tetsu7906:20191021212959j:image

 

いざ出発。

この航空券の詳細は次回へと

 

続く。