LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑤(ヤンゴン発券の地へ編)

 

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ラウンジ3件はしごして

バンコクヤンゴン行き搭乗へ。

 

その前に夜中に

どうしても振り返りたかった場所がある。

それがここ。

 

f:id:tetsu7906:20190504143707j:image

 

なんの変哲もないコンコースD4搭乗ゲート。

ただここで半年前、事件が起きたのである。

当時のあの悪夢を振り返り、

今後の旅の安全を祈願して。

ここでしばしたたずむ。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190504143637j:image

 

ここで一つだけ。

先日おきたニュージーランド

モスクでの銃乱射事件。

その報復とされるスリランカでの

イースターでの連続テロ。

 

そのきっかけを起こしたのは

紛れもなくオーストラリア出身者である。

この事実だけ伝えておきたい。

偏見からは何も生まれない。

 

 

本題に戻す。


f:id:tetsu7906:20190504143723p:image

 

これぞ2月末のヤンゴンの気候である。

バンコクとの違い、特筆すべきは

最低気温だろうか。意外と朝は涼しい。


f:id:tetsu7906:20190504143645j:image

 

コンコースDからCへ大横断中。

ザ、スワンナという画をいちまいおさめて。


f:id:tetsu7906:20190504143733j:image

 

ゲートC1Aへ。

ここからが本格的な内容に入っていく。

その機材はそれなりのA330

決して小ぶりではない近距離1時間路線。


f:id:tetsu7906:20190504143654j:image

 

ところがまさかの沖止めバス輸送。

朝ラッシュの都合だろうか。


f:id:tetsu7906:20190504143736j:image

 

手前お隣にはこちら

先日お世話になりました

絶滅危惧種スーパージャンボA380

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

地上から見るとまたその迫力は半端ない。


f:id:tetsu7906:20190504143739j:image

 

搭乗率は5割にも満たないながらも

搭乗階段はそれなりに混みあう。

ビジネス利用のスーツの日本人も

いくらか見受けられる。


f:id:tetsu7906:20190504143730j:image

 

こちらもA330非常口座席の小窓。


f:id:tetsu7906:20190504143742j:image

 

というわけでこちらもバルクヘッド指定。

予約クラスX。そういう問題ではないのか。

この辺りはよくわからない。


f:id:tetsu7906:20190504143651j:image

 

定刻でヤンゴンへ。


f:id:tetsu7906:20190504143648j:image

 

御覧のように

もう一つバンコクより西へ飛び立つ。

その時差は日本より2時間半遅れた時を刻む。


f:id:tetsu7906:20190504143715j:image

 

機内食は朝ということ、

というより短距離路線定番の簡易メニュー。

暖かいものをという点を除いて

それなりの内容。


f:id:tetsu7906:20190504143701j:image

 

食後のコーヒーは

ギザギザカップにそそがれたコーヒー。


f:id:tetsu7906:20190504143711j:image

 

時計を調整、

なんともいえぬ0.5時間ずれた時刻。RGN


f:id:tetsu7906:20190504143657j:image

 

参考までにこちらビルマ語の数字。

全く連想もできない造り。


f:id:tetsu7906:20190504143641j:image

 

そして見えてくる無秩序に流れる河川に荒野。


f:id:tetsu7906:20190504143719j:image

 

若干かすんで見えるヤンゴン国際空港へ定着。

空港のスケールは日本の地方空港より

やや大きめかなといった感じ。

 

入国のほとんどが

外国人だったのようにも見える。

ちなみにここミャンマー期限定、

今年の9月30日入国分まで

絶賛ビザ免除中である。

お帰りの搭乗券の提示はお忘れなく。


そして特に問題もなく。入国。

噂に聞いていたドル調達から

ミャンマーチャットへ両替。

 

f:id:tetsu7906:20190504143704j:plain

 

空港内のこんなローカルコンビニを眺め。

 

f:id:tetsu7906:20190504125713j:plain

 

およそ24時間滞在になるであろうヤンゴン。翌日同一便のチェックをして

 

市内へ。

 

続く。