LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道⑩(いざスタート地点へ編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

シュエダゴン・パゴダ

この先ほぼ地球の裏側といっていい場所へ

向かうにあたっての安全祈願をすませ、

ホテルへ帰着。

 

f:id:tetsu7906:20190512180609j:image

 

近くのコンビニで購入、

ミャンマービールプレミアムで晩酌をし

翌日にそなえ早めの就寝。


f:id:tetsu7906:20190512180534j:image

 

一応朝食付きながらその開始時間は実に遅く、

コーヒーを一杯だけいただいて旅立つ。


f:id:tetsu7906:20190512180548j:image

 

ホテルの外で野良犬の見送りサービスが

ついております。


f:id:tetsu7906:20190512180522j:image

 

7時過ぎのインド人街。

気温もとても過ごしやすい早朝のヤンゴン

20度ほど。


f:id:tetsu7906:20190512180531j:image

 

こっやってみると結構他民族の融合した

立派な都市にも思えるが

おそらくニュース等見る限りそのほんの一部を見ているにすぎないのかもしれない。


f:id:tetsu7906:20190512180539j:image

 

歩く事5分少々。空港行きバス乗り場。

昨日も何度か通過したスーレ前乗り場。

この画を見れば場所も自ずとどの辺りか

おわかりいただける。

 

 

お値段は500チャット、以前紹介の35円ほど。

一本バスを見送って待つこと30分だろうか。

看板にある本数に疑惑を感じながらも値段相応とありがたく乗車。


f:id:tetsu7906:20190512180542j:image

 

御覧のような最後部席からの車内の様子。

大変綺麗で新しいバス、冷房も寒いぐらい効いている。


f:id:tetsu7906:20190512180559j:image

 

さすがに朝通勤ラッシュ、空港郊外方面に向かうバスと言えどほぼ満員御礼になる。

ただし空港に着くころは空席が目立つほどにもどる。


f:id:tetsu7906:20190512180551j:image

 

外観はこんなバスでした。空港アクセスへのやる気を感じるヤンゴン事情である。


f:id:tetsu7906:20190512180526j:image

 

前日到着とほぼ同時刻に到着。おそらく同じ出発案内を見ていると思われる。


f:id:tetsu7906:20190512180556j:image

 

こちらがそのチェックインカウンター。

NOストレスチェックイン。

 

 

ということでここからすべてが始まる

 

ヤンゴン発券で仕留める1行程JGCへの道」

 

そのEチケットがこれである。

 

f:id:tetsu7906:20190512181206j:image

 

日本航空

バンコク支店ヤンゴン発券

完全ビジネスクラス

ニューヨーク行きである。

 

その経由地は

クアラルンプール、東京、シアトルになる。

 

このルートについては

1話にて紹介済みであるので説明は割愛。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

この行程を三つに分断して消化する。

察しの通りまず第一部して

最弱ビジネス予約クラスでクアラルンプールを経由して東京へ向かうのである。

 

この行程をすべて消化して

晴れてJGCとなる。

 

マレーシア航空(日本航空共同運航便)日本航空アメリカン航空

ワンワールドコラボの

ヤンゴン発ニューヨークへの旅。

 

ここにはじまる。

 

続く。