LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

タイトルなき悲しい旅の記録⑦

 

これはタイトルなき

悲しい旅の記録である。

 

ただその記録は残念ながら

途中で途絶える。

   

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

続ける。

  

 

現地時間15時30分。

 

f:id:tetsu7906:20180920163432j:image

 

あまり健全ではない国際線2時間前

チェックインを目指して空港へ戻る。

 

ここで使うドコモの力。

1時間だけネット利用。


f:id:tetsu7906:20180920163508p:image

 

1時間300円。

それはドコモポイントで還元される。


f:id:tetsu7906:20180920163439p:image

 

知りたい情報は主にこれ。

QF24便シドニー行きが定刻か否か。

この旅においてウェブチェックインは

すべて不可。

 

定刻の模様で一安心。


f:id:tetsu7906:20180920164322j:image

 

夕刻のごった返すスワンナの人込みを

かき分けNカウンターへ。

意外にもチェックインに徒列なく。

 

例の工程表兼Eチケットを見せて

最終目的地は?と聞かれるも。

見ての通りの説明を仁川同様繰り返す。

 

ここからワンワールド3連続。

ラタムグループ発券が続く。

この旅の本質はここから

始まるのかもしれない。そんな搭乗券。

  

 

ここでなぜかアラスカのマイレージ番号を

提示するも登録不可と言われる。

ワンワールドしか出来ないと言い切られたので(購入時にはアラスカを選択している)

後で登録するから何も登録せずに

チェックインを希望する。

 

しかしここでも説明に時間を要すも、

オセアニア・南米経由マドリードまで。

計3枚の赤い搭乗券チェックイン完了する。

さすがにこれは感動する。


f:id:tetsu7906:20180920163514j:image

 

あとはこの先の旅の安全を祈願して

混雑の想定される出国済ませる。

意外にとすんなりいける。


f:id:tetsu7906:20180920163520j:image

 

搭乗時刻までおよそ1時間。

搭乗ゲートはイミグレ直近のDゾーン。

プライオリティパス利用

 

 

数あるラウンジで選択に迷うも

素直に最寄りの地元ミラクルラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20180920164327j:image

 

すぐさま熱帯の汗を流し、

機内用リラクシングタイパンツに履き替える。


f:id:tetsu7906:20180920163547j:image

 

スワンナのラウンジハズレがない。

エアライン系はもとよりミラクルであっても

広くて清潔で料理も程よい。

スタッフの対応も良い。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

内容的にはチャンギより上と個人的判断。


f:id:tetsu7906:20180920164324j:image

 

シャワーあがりに世界のビールシリーズ、

第三弾みどりのチャング缶を手に取り


f:id:tetsu7906:20180920163448j:image

 

カンタス便のヘビーディナーを想定して

軽めの麺とフルーツで調整。


f:id:tetsu7906:20180920164330j:image

 

カニカマが流行っているというは

本当のようだ。


f:id:tetsu7906:20180920163505j:image

 

ラクルウォーターをお守りに

1ついただき搭乗時刻に

ラウンジをあとにする。

  

 

搭乗ゲート手前で手荷物検査。

カンタス限定の儀式なのかと全員が対象。

 

ラクルウォーターも没収される。

 

階段を降りる。

搭乗もちょうど始まったところ。

 

搭乗券のバーコードを機会にかざす。

 

過去一度も聞いたこともないような

エラー音が鳴り響く。

  

 

ここで突然。

この旅の記録のクライマックスが突如訪れる。

 

続く。