LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

10万円。世界一周旅行ならぬ、太平洋一周旅行の計画。⑥最終話

無念の最終話をお届けします。

 

書かせていただきます。この2話は謝罪の意味を込めて序盤のみ「です、ます。」調で書かせていただいております。

 

繰り返しますがもはや実在しない航空券での旅行計画から旅行妄想へとシフトしております。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

当初の予定で参りますと、ロサンゼルス到着場面で。

 

アラスカ航空の獲得マイル数は18128マイル達しております。

 

 

旅行開始から3日目(仁川1泊、機内2泊の日付変更線西へ横断)

 

 

6時20分に到着するラタム航空602便。

 

最後の乗り継ぎ地となるロサンゼルスでは滞在予定6時間15分であった。

 

それなりに何かをしてくることは出来たであろう時間であった。

 

ここでの過ごし方については各種様々な旅行記が存在していそうなので割愛する。

 

当然ここでのプライオリティパスでの過ごし方もしっかり充実した内容となるはずだった。

 

 

ロサンゼルス空港ラウンジ ( Los Angeles Airport Lounge )

 

そして太平洋一周この旅の

「絞めの一本」

 

f:id:tetsu7906:20171114172047j:image

 

それが日本の翼日本航空とラタム航空の共同運航7462便であった。

 

 

絞めはゆったり配列のJALの787がまっていたわけで。それも関空まで直行。

 

JALボーイング787 - JAL

 

その移動距離は太平洋を西へ横断し

9205km=5716マイル。

 

エコノミークラス(V)運賃。

 

f:id:tetsu7906:20171114172152p:image

 

この航空券であればアラスカ航空のマイル加算率は50%

 

つまり2858マイル獲得。

 

そしてこの太平洋一周のでの

アラスカ航空

総獲得マイル数


625+4591+1340+5993+5579+2858マイル

 

20986マイルに達する。

 

10万円以下の

格安航空券で太平洋一周することで

 

アラスカ航空のマイルが

20000マイル加算できる

 

というシナリオであった。

 

 

アラスカ航空の20000マイルの力がいかにこのアジアにおいて、日本航空において偉大であるかは先に述べている通りである。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

つまり考え方次第では、この旅のコストは

限りなくゼロに近い

 

どころか

むしろプラスであったことが

想定された。

 

もはや幻想である。

 

確かにそこにあった。

 

f:id:tetsu7906:20171114172401j:image

 

途中から妄想になったにもかかわらず

 

長編

お付き合いいただきありがとうございました。

 

↓↓↓ 以下参考初回↓↓↓

tetsu7906.hatenablog.com