LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

完全無料航空券でソウルへ④(第2ターミナルアクセスぶらり編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

再び1タにもどる。

 

 

スマホのバッテリーを消耗したので充電。

 

WIFIと充電環境はピカイチの空港。仁川。

 

f:id:tetsu7906:20180807102837j:image

 

気を取り直して

 

仁川国際空港

 

新生第2ターミナルへ行ってみる。


f:id:tetsu7906:20180807102826j:image

 

ということでこちらも出発3F8番出口から

5分間隔フリーシャトルバス。


f:id:tetsu7906:20180807102822j:image

 

こっちは展望台に行った時の路線バス。たまたま通過。


f:id:tetsu7906:20180807103145j:image

 

こっちがT2へ向かシャトルバス。さすがにテカテカとってもきれいで大きなバス。

  

 

なんと先ほどの展望台同じルートにさらに半周加えて15分以上はかかっただろうか。

なにしろ滑走路一本分見事に迂回して行くことになる。

信号待ちはないもののはげしく遠い。

この外周フリーシャトルには何か意図を感じる。

 

f:id:tetsu7906:20180807102815j:image

 

ぐるっとまわって出発階に到着。

フロアのド真ん中にカラフルなものが吊るされている。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

同世代なのかなんとなく雰囲気がチャンギのT4に近いつくりにも見える。


f:id:tetsu7906:20180807103057j:image

 

横から見てみると。それはハングル文字を解体したものでした。

さすがにT1に比べればチェックインフロアはそれまで広大でなくコンパクト。


f:id:tetsu7906:20180807102829j:image

 

これもどこかで見たようなシステムと雰囲気。

ただこのターミナル夕方なのにそんなに混雑していない。

  

 

中央の奥へ進む。


f:id:tetsu7906:20180807103149j:image

 

こんなものが現れる。あがってみる。


f:id:tetsu7906:20180807103108j:image

 

制限エリアの免税店ゾーンの上にかかる橋を渡る。

 

「OBSERVATORY」ちょっとした展示がある模様。


f:id:tetsu7906:20180807103119j:image

 

プロモーション・ゾーンへ入ってみる。


f:id:tetsu7906:20180807102920j:image

 

あきらかに滑走路脇にある野ざらし展望台よりやる気を感じるジオラマ


f:id:tetsu7906:20180807102759j:image

 

入り口左手は展望台台体験ゾーン。


f:id:tetsu7906:20180807102840j:image

 

その前にこんな看板が。気になる数字が。


f:id:tetsu7906:20180807102843j:image

 

一番伝えたいのはきっとこれだろう。


f:id:tetsu7906:20180807103101j:image

 

こんなおしゃれな置物があったり。


f:id:tetsu7906:20180807102807j:image

 

いつも主にラウンジの利用でお世話になってます。(プライオリティパス)

   

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

圧巻の水色軍団。(未だ搭乗歴なし)


f:id:tetsu7906:20180807103122j:image

 

T2到着階。

 

About GS25 | GS25 Site

 

しっかり入ってます「GS25」


f:id:tetsu7906:20180807102906j:image

 

THEコンビニ飯。

意外にと色どりお値段悪くなかったので。


f:id:tetsu7906:20180807103115j:image

 

すごく親切だったので。


f:id:tetsu7906:20180807102803j:image

 

こんな内容4000ウォンほど。

先に述べたように空港自体がT1にくらべて閑散

ベンチで騒がしい雰囲気に飲まれず食べられます。

  

 

海外空港コンビニ弁当。

 

流行ってほしい。


f:id:tetsu7906:20180807102833j:image

 

フロアの配分はこんな感じ。

 

https://www.arex.or.kr/main.do

 

あの迂回バス飽きたので帰りはAREXで。


f:id:tetsu7906:20180807103141j:image

 

地下B1に降りてAREX車内へ。

ということでしっかりこちらも延伸されています。

 

しかしそのルートはバスと同じ。

違いはバスより速度は速い。

やや内回りでいくため10分はかからない。

そして有料1000ウォンほど。

 

三度T1へ。

  

 

続く。