LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

完全無料航空券でソウルへ②(福岡→仁川tway編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

福岡空港国際線ターミナル

 

赤地に白文字の看板が今回のエアライン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

結構頻繁に利用おなじみ「tway」

   

f:id:tetsu7906:20180803085114j:image

 

お値段は、繰り返すが完全プライスレス。

 

 
福岡ー仁川の移動はゼロ円。


f:id:tetsu7906:20180803085056j:image

 

チェックインす気が失せる行列。

一番端のチェックインカウンターだけが一番盛り上がる。

 

一旦避難。


f:id:tetsu7906:20180803085012j:image

 

こちらが本日の福岡空港着発のラインナップ。

 

アジア専用空港。というより韓国専用空港といってもいい。


f:id:tetsu7906:20180803085037j:image

 

展望スペースへ。雨上がりの福岡空港


f:id:tetsu7906:20180803085103j:image

 

行列の最後チェックイン終了時間ぎりぎりの1時間前に搭乗券を入手しただちに出国。

 

「KOREA JAPAN」 2002ワールドカップを彷彿とさせる懐かしいひびき。

 

出国後右折。


f:id:tetsu7906:20180803085008j:image

 

1円も払っていなくとも。きっちり使えるプライオティパス利用可能ラウンジ。

 

 

 

と言いたいところだが「大韓ラウンジ」きっちり閉店時間につき通過。

 

https://www.prioritypass.com/ja/Lounges/Asia-Pacific/Japan/Fukuoka/Fukuoka-International

 

開いてる時間を狙うほうが難しい。

 

承知のうえだったためチェックイン時間への拘りはなかったわけで。


f:id:tetsu7906:20180803084942j:image

 

止む無く楽天プレミアム国内線同様カードラウンジで代用。

 

www.fuk-ab.co.jp

 

お菓子とドリンクを軽く投入して定刻出発に向けてゲートへ。


f:id:tetsu7906:20180803085128j:image

 

「ラウンジを出るとそこは、千歳だった。」

 

と言いたくなるぐらい日本のお土産なんてもはやどこで買っても同じ。

 

気を取り直して搭乗口へ。


f:id:tetsu7906:20180803084850j:image

 

赤い翼搭乗開始待ち。


f:id:tetsu7906:20180803085053j:image

 

お決まりの737。シートはややリニューアル気味。薄め。ゆとり空間。

 

さすがに格安、ド平日ながらもそれなりの搭乗率。


f:id:tetsu7906:20180803085001j:image

 

こちらtwayの路線網。なかなか手広くやってる感じ。

 

ロシアはもとよりラオスまで。

 

大阪経由のグアム便。就航記念で買ったあのころが懐かしい。


f:id:tetsu7906:20180803085025j:image

 

所要1時間ほど。お決まりのサテライトに到着。


f:id:tetsu7906:20180803085040j:image

 

惚れ惚れするようなアジアのハブの出発。

これに新生第2ターミナルの分も加わる。


f:id:tetsu7906:20180803085033j:image

 

シャトルトレインで空港本土へ。


f:id:tetsu7906:20180803085121j:image

 

宇宙空間にでも飛び出すかのような線路。


f:id:tetsu7906:20180803085131j:image

 

こちらがご案内看板。ちゃんと第2ターミナル側にも貫通している模様。

 

昼過ぎの入国。ストレスなく。


f:id:tetsu7906:20180803084958j:image

 

寄り道のためのW70000とイケメンの描かれた紙を1枚調達。


f:id:tetsu7906:20180803085110j:image

 

ついでに出発まで上がって今後のための予習をして。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

LCCでこれやってくれる器はシンガポールチャンギに続き素晴らしい。


f:id:tetsu7906:20180803084853j:image

 

もう1階うえにあがって振り返る太極旗。


f:id:tetsu7906:20180803084846j:image

 

こちらが1タの展望エリア。コンコースとの間のスペースは広大。


ということで1タぶらりはほどほどにして

  

 

目的地へ出発。

 

続く。