LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

JAL&スクートで行くバンコク近郊の小旅行⑩(昼過ぎショートバンコク編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

再びアユタヤ駅に戻る。

 

f:id:tetsu7906:20180630193157j:image

 

13時過ぎ。滞在時間は3時間少々。


f:id:tetsu7906:20180630193055j:image

 

タイ国鉄乗車ルール。参考までに1枚おさえる。

寝台はまだしもエアコンも追加料金。日本は込々だから高いのかも。

 

 

ついでに例の名物アユタヤ版綿菓子サイマイ仕入れる。


f:id:tetsu7906:20180630193211j:image

 

なんとも趣のある時刻表。

13時過ぎの汽車でバンコクへ。

帰りももちろん20バーツ。


f:id:tetsu7906:20180630193124j:image

 

おきまりの汽車。近郊タイプ?


f:id:tetsu7906:20180630193039j:image

 

車内の熱風あまりの暑さに20バーツコーヒーを購入。

やはり氷の存在が何よりもありがたい国タイランド

 

f:id:tetsu7906:20180630194107j:image

 

終点フアランポーンから少し歩いてチャオプラヤー川へ。

シェラトン横の乗り場N3から乗船。


f:id:tetsu7906:20180630193104j:image

 

南へ南へ。サパーンタクシンをさらにこえて南へ。


f:id:tetsu7906:20180630193148j:image

 

この頃には船内の人は疎ら。S2「Wat Worachanyawas」でおりる。


f:id:tetsu7906:20180630193137j:image

 

下船してすぐ涅槃像がおでむかえ。

一日ずーっと日陰で川を眺めている模様。

 

 

向かって左手にすすむ。


f:id:tetsu7906:20180630194742j:image

 

テレビ等でも紹介されている。寺院にあるマッサージ店。

そもそも寺院発症のタイ古式マッサージ

2階にはげしく招き入れようとされるが1階がよりオフィシャル感があるような。

 

1階へ。

 

f:id:tetsu7906:20180630193118j:image

 

こちらがメニュー。繁華街ではご覧いただけない価格設定。

ご覧のようにどこよりも格安。

 

タイ古式マッサージが1時間なんと100バーツ。

 

余計なサービスは一切なし。本気の公式マッサージ。


f:id:tetsu7906:20180630193230j:image

 

「マッサージ師のマッサージによるマッサージのためのマッサージ。」そんな雰囲気。


f:id:tetsu7906:20180630193047j:image

 

エアコンはないがすぐ横を流れる天然のチャオプラヤー川の涼風が部屋の中を吹き抜けていき心地よさが増す。

 

敏腕のバンコクマダムがやってくれる。

 

 

とっつきにくい店だが内容は確か。


f:id:tetsu7906:20180630193129j:image

 

夕暮れ前。ワットアルンへ向けて折り返し遡上。

 

www.bangkoknavi.com


f:id:tetsu7906:20180630193109j:image

 

三島由紀夫暁の寺を目指して近くのカフェでその時を待つ。

 

しかしタイムオーバーやや薄曇りで引き上げ。

 

帰国路モードへ。

 

 

BTSで北上、バス乗り継ぎの復路はドンムアン空港へ。

 

復路は当初の予定通りスクートで帰国。詳細は以下。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

3時間前チェックイン。

 

f:id:tetsu7906:20180701190301j:image

 

よくも悪くもシンガポール経由。

 

8000円の復路便だけに文句はない。

 

まずは真夜中のショートフライト。


f:id:tetsu7906:20180630193114j:image

 

数年前よら圧倒的にプライオリティパスユーザーに優しくなった空港ドンムアン。

 

 

バンコク・ドンムアン国際空港(Bangkok Don Mueang Intl)

 

1タ、2タ合わせて選べるほどの内容。

 

ほとんどがLCCの着発でこのラウンジの充実ぶりには脱帽。


f:id:tetsu7906:20180630193100j:image

 

出国して左側1番近くにあるラウンジThe Coral Executive Lounge」を選択。

 

20時頃客は数人。ラウンジとても広い。


f:id:tetsu7906:20180630193220j:image

 

受付をしてエスカレーターで下界へ。


f:id:tetsu7906:20180630193224j:image

 

何より広い。レガシー上級会員なんてなんの役にも立たない空港でこれは衝撃。


f:id:tetsu7906:20180630193043j:image

 

主な食事抜粋。フルーツの串盛り合わせは斬新。

そして食後に現れた無料マッサージ。

 

 

上半身のみだが最後の最後でタイクオリティに感動する。


f:id:tetsu7906:20180630200525j:image

 

名残惜しいバンコクも残りわずか。出発ゲートへ。


f:id:tetsu7906:20180630193032j:image

 

関空から定刻でやってきたバンコク経由シンガポール便。

 

LCC版以遠権フライト。

これから日本に帰国する人。

これから海外に旅立つ人が不思議な重なりを見せるとき。

 

いざ深夜のシンガポールへ。

  

 

最終話続く。