LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

【銀座シティホテルステイ&新橋海鮮居酒屋&早朝皇居ラン】~今、東京で果たしたい7つの目的③完~


皇居RUN

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

この立地。

日本屈指の路線価の場所。

 

f:id:tetsu7906:20200702231331j:image

 

そのエリアに佇むまだまだ真新しいホテル。

決してまわりの雰囲気に負けていない

風格のあるホテル。

 

そこに滞在することが

それが5つ目の目的なのである。

 

www.daiwaroynet.jp

 

それが

ダイワロイヤルネット

ホテル銀座」


f:id:tetsu7906:20200702231257j:image

 

シティホテルに属するランク。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

併設でこんなおしゃれキッチンも

入っていたりと。


f:id:tetsu7906:20200702231315j:image

 

チェックインをしておしゃれパッケージの

ドリップコーヒーパックをいただく。


f:id:tetsu7906:20200702231323j:image

 

この空間自体が贅沢、それが銀座エリア。


f:id:tetsu7906:20200702231327j:image

 

そんな場所に与えられた

客室の扉を開けると・・・

 

この空間!この奥行!


f:id:tetsu7906:20200702231319j:image

 

ビジネスホテルとの決定的な違い。

それは非ユニットバス。

 

 

セパレート&

海外仕様天井落下型シャワー。

この差は極めて大きい。


f:id:tetsu7906:20200702231348j:image

 

アメニティ群はこちら。

 

item.rakuten.co.jp

  

「トリプルC」と言う名の

お馴染みペリカン石鹸ブランド。

ちなみにその意味は

Catechin , Collagen , VitaminC3つのC

 

f:id:tetsu7906:20200702231743j:image

 

洗面台付近はこれといって並々な感じで。

 

f:id:tetsu7906:20200702231535j:image

 

さすがにベッドまわり。特に弱点に

なりがちな足元付近の狭さは否めない。

  

f:id:tetsu7906:20200702231500j:image

 

しかしその分対面のデスクゾーン

広大かつシックな雰囲気。

ステイOR(AND)ビジネス

適応しているつくり。


f:id:tetsu7906:20200702231503j:image

 

備え付けのティーセットも

ぬかりない上品さをみせつけてくる。


f:id:tetsu7906:20200702231507j:image

 

窓の外は。

どんなセレブが住んでいるのだろう?

と言いたくなるような風景が広がっている。


f:id:tetsu7906:20200702231512j:image

 

ウォーターボトル2本をセッティング。

 

f:id:tetsu7906:20200702231739j:image

 

実は初めて見ました。

有料放送の支払いをIC端末で

読み取れるような機器を備えたテレビ。

にしてもさりげない大画面TV。


f:id:tetsu7906:20200702231735j:image

 

1Fに入るテナント。ここで過ごす事は

そこで何もしなくても十分な非日常を感じる

ことができる。そんなホテルである。


f:id:tetsu7906:20200702231731j:image

ちょっと足を延ばして新橋まで。

徒歩20分ほどか。

友人のすすめる居酒屋

 

「魚金」グルメ系ブログではないので

さっくっと料理を紹介。

 

f:id:tetsu7906:20200702232535j:image

 

築地?豊洲?直送仕入れの

おつくり盛り合わせ。

色鮮やかな盛り付け。ハケで醤油を塗って

お楽しみくださいとのこと。


f:id:tetsu7906:20200702232519j:image

 

サバのカマ焼き

割りばし分の長さを誇るビッグヘッド。


f:id:tetsu7906:20200702232606j:image

 

こちらもはアジフライ

そのボリュームも圧巻。


f:id:tetsu7906:20200702232415j:image

 

締めて二人で2杯ずつ飲んで

このメニューで7000円少々。

ボリュームはしっかり。

満足度も高いので

次回も十分ありというそんな感想。

 
f:id:tetsu7906:20200702232508j:image

 

ほろ酔い西銀座通り

時間を気にせず悪けるのは

東京に住んでいたとしてもかなりの非日常。

 

数寄屋橋交差点を優雅に横断して

夜のネオンを楽しみながら

帰る道のりも決して悪くない。


f:id:tetsu7906:20200702232609j:image

 

そんな我が家は銀座一丁目

駅前にそびえる。

 
f:id:tetsu7906:20200702232459j:image

 

ぼんやり遠くに

その存在をしめす東京タワー。

そうやって東京いや世界の中心の一つ街で

夜を明かす。


f:id:tetsu7906:20200702232529j:image

 

翌朝。

こんな場所に泊まったのだから

 

せっかくなので毎度のことながら

最後の7つ目の目的

果たすそれは・・・・

 

朝ランそれはつまり。

皇居ラン!

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ということで例の装備を整えて。

早朝の早朝出発。


f:id:tetsu7906:20200702232451j:image

 

NIKE RUN CLUB」

追跡のルートで走行。

およそ6km少々のジョギング。

 

f:id:tetsu7906:20200702232837j:image

 

最初のチェックポイントとして

追加365日カウントダウン看板へ。


f:id:tetsu7906:20200702232403j:image

 

5時台の東京駅。

非リモート軍団の出勤前のこの景色は

ここに泊まったもののみが味わえる特権。


f:id:tetsu7906:20200702232446j:image

 

高層ビルの隙間をかけぬけ。


f:id:tetsu7906:20200702232419j:image

 

反時計回りに走行開始。

東京駅サイドからぐるりと裏手にまわって

江戸城北詰門」


f:id:tetsu7906:20200702232539j:image

 

駐日英国大使館前を通過。


f:id:tetsu7906:20200702232439j:image

 

裏手の丘から下り坂開始の

半蔵門から桜田を眺めて。


f:id:tetsu7906:20200702232522j:image

 

江戸城跡地の石碑を拝む。


f:id:tetsu7906:20200702232355j:image

 

若干コースアウトして、日本で最も重要な事を

決める場所、決めてくれている場所。

午前6時登庁するやつなんているわけもなく。


f:id:tetsu7906:20200702232455j:image

 

その先に警視庁

そして丸の内という構図が何とも言えない。

ただの違法駐車にしか見えない

警視庁パトカー。ドライバーは見当たらず。


f:id:tetsu7906:20200702232407j:image

 

くだってくだって桜田門

ほぼゴールゲートに見立てて

フィニッシュ!


f:id:tetsu7906:20200702232359j:image

 

門を抜けた先に皇居前広場

一望できるベンチで一休み。

1人の日本人として

実に贅沢な平日の朝を過ごしている。


f:id:tetsu7906:20200702232443j:image

 

広場の中は走行禁止

一瞬でも走ってみたものなら

ぎらりと目を光らせた警官から叱責されます!ご注意ください。


f:id:tetsu7906:20200702232516j:image

 

ただの広場ではありません。

国家権力の監視がすぐそばにある広場です。


f:id:tetsu7906:20200702232525j:image

 

天気はいまいちながらも

二重橋はたまた三重橋

美しいフォルムを見収めて


f:id:tetsu7906:20200702232411j:image

 

朝通本格化前に丸の内を立ち去り

再び銀座にむかって折り返す。


f:id:tetsu7906:20200702232504j:image

 

あとはホテル目の前にあるドトール

出来立てのパンを頼んで

ドリップコーヒーを添え、

CNNでも黙ってみていれば

 

f:id:tetsu7906:20200702231727j:plain


もはやちょっとした外国人気分で

「TOKYOど真ん中ライフ」を

堪能できるのではなかろうか。

 

以上が

 

~今、東京で果たしたい

7つの目的~