ワンワールドエメラルドへのゴールテープ~深夜のシンガポールの過ごし方~

 

こんな時間に成田を出発すると。

だいたい東南アジアには日付変わって

どうしょもない時間につく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

お決まりです。

 

f:id:tetsu7906:20191223182412j:image

 

やっぱり第2ターミナル。サテライト

この場所には思い入れがありすぎる。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

事件はすべてここから始まったあの日


f:id:tetsu7906:20191223182424j:image

 

ふり返って搭乗開始。夕暮れの優先搭乗。


f:id:tetsu7906:20191223182438j:image

 

そこには国際線前方のお座席

 

JMBクリスタル(予約) - JALマイレージバンク

 

以上のステータスがあれば

確保されているわけであって


f:id:tetsu7906:20191223182457j:image

 

ごらんのシートピッチというより

スペースが確保される。

これは大きい。中央列の前方などは

尋常じゃない広さ。


f:id:tetsu7906:20191223182334j:image

 

昼だろうが夜だろうが。持ち込んだら最後。

二度と日本の地を踏むことはないでしょう。名物の入国カード。


f:id:tetsu7906:20191223182417j:image

 

地球儀スタイルで目的地を示す。

地球は丸い。闇夜がすぐそこに

迫ってきているのがわかる。


f:id:tetsu7906:20191223182428j:image

 

例の如く。邦画を英語字幕で見る

自主トレ。ほろ酔い離陸。


f:id:tetsu7906:20191223182347j:image

 

小鉢前菜系的になものはいいと思うのですが。


f:id:tetsu7906:20191223182337j:image

 

個人的にはこの顔写真付きのメイン

的なのがいまいちおいしいと感じません。

誰が作ろうがなんであろうが

おいしければよし。


f:id:tetsu7906:20191223182431j:image

 

そして真夜中の到着前にパンと


f:id:tetsu7906:20191223182420j:image

 

コーヒーが支給されまして。


f:id:tetsu7906:20191223182331j:image

 

もはや闇はインドさえも

飲み込んでしまっている。


f:id:tetsu7906:20191223182340j:image

 

これまた何度目かやってきまして

「SIN」

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191223182343j:image

 

そうそうこの折り返しにのって

往路を取ったのでした。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20191223182453j:image

 

さてその過ごし方。

時刻はすでに0時回っているわけで。

今更ホテルに行くのも。市内に行くのも。

という時間である。

到着だけに制限エリア内のラウンジも

使用不可。

 

 

しかし各ターミナルの先の方にこんな

素敵なベットならぬ椅子がある。

ここで小一時間調整する。出国も入国も

関係ないエリア。それがチャンギの良さ。


f:id:tetsu7906:20191223182349j:image

 

ちょっと冷房がきつめな

先ほど前方エコノミーのような

フルリクライニングの再現。


f:id:tetsu7906:20191223182435j:image

 

世界のチャンギ

には申し分のない通信環境。


f:id:tetsu7906:20191223182445p:image

 

2時前に起きまして入国。


f:id:tetsu7906:20191223182441j:image

 

スカイトレインでターミナル間移動。


f:id:tetsu7906:20191223182451j:image

 

噂に聞く結構お得な

シティ・シャトル

乗合的なのなら使ってみてもいいかなと。

しかし今宵は行く当てがない。


f:id:tetsu7906:20191223182326j:image

 

3タの果て、こちらも行きつけ。

プライオリティパス力

非制限エリアアライバルで使えるラウンジ

「Haven-by-JetQuay」

 

www.prioritypass.com

 

ここで朝まで調整する。

  

 

もちろん制限時間は3時間。

これはきっちり守らないといけないし

きっちりマークされています。


f:id:tetsu7906:20191223182403j:image

 

※ルールを守ってしっかり使おう

プライオリティパス。


f:id:tetsu7906:20191223182406j:image

 

ブランケットがあってある程度

冷房調整されている

ここはやはり青空チェアとは

一線を画すわけであって。


f:id:tetsu7906:20191223182400j:image

 

うまく調整して5時半ぐらいに

でるくらいにすると


f:id:tetsu7906:20191223182356j:image

 

6時の地下鉄MRT

始発開門に合わせて動き出せます。


f:id:tetsu7906:20191223182409j:image

 

これが

真夜中のシンガポールの時間調整の小話

 

厳かに

 

そして

ワンワールドエメラルドへ。

 

 

続く。