LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

ANA国際線乗り継ぎ、羽田ANAラウンジぶらり旅。(デリーへの道①)

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

復路

「ROAD TO DELHI」の始まりは

 

okaden-chuggington.com

 

チャギントン仕様のエアポートリムジン

空港へ。

 

f:id:tetsu7906:20200209164320j:image

 

これが噂の「桃太郎空港」


f:id:tetsu7906:20200209164158j:image

 

こんなわけのわからないチケットが

自動チェックイン出来るはずもなく。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

パスポートと恒例の

インド紙ビザを見せてチェックイン


f:id:tetsu7906:20200209164303j:image

 

岡山と言えばの

「マスカット」ラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20200209164155j:image

 

マスカット壁画ロードを抜けると

そこには・・・。


f:id:tetsu7906:20200209164212j:image

 

ラウンジマスカットがある。

 

ラウンジ マスカット|岡山桃太郎空港

 

そこにマスカットジュース

あったかは、定かではない。


f:id:tetsu7906:20200209164216j:image

 

チケット発券時合わせてこんな

スタンプ入りの国際線乗り継ぎバス案内

兼チケット?をいただいた。


f:id:tetsu7906:20200209164313j:image

 

ほぼ滞在時間もなく出発。

ANAラウンジによる暇はこざいません。

 

www.ana.co.jp

 

もちろんこちら

ビジネス乗り継ぎ使えるはずですが

チェックイン時にそのようなご案内は無し。

あまりいないのでしょうかそんな乗客。


f:id:tetsu7906:20200209164201j:image

 

あいにくの雨模様。2019JGC

プレミア到達しておきながら、

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

ちょっと距離置いている鶴丸を横目に


f:id:tetsu7906:20200209164230j:image

 

なんとも767なんて空席だらけの

搭乗率で首都、羽田へ出発。


f:id:tetsu7906:20200209164325j:image

 

山陽・東海道新幹線と争ってます感の

伝わる日本横断ルート。


f:id:tetsu7906:20200209164323j:image

 

地上時に案内のあった

悪天候予想は全く当たらず。

いつも通りの房総からの進入ルート。


f:id:tetsu7906:20200209164332j:image

 

国際線乗り継ぎの方は

こちらへ~の案内に従い、

なんとも隠れ扉感のあるエレベーターへ。


f:id:tetsu7906:20200209164258j:image

 

ということで専用送迎

国際線ターミナルへ。

 

 

そしてこれがすこぶる長い。

案内用紙にもあったように所要20分。

待ち時間含めたら30分近くかかったような

感じがしないこともない。

何しろ羽田2タと国際線タは真逆に位置づけ。それはそうなる。


f:id:tetsu7906:20200209164341j:image

 

18時過ぎに腹ペコで到着、

出発ロビーのやや中央よりにひょっこり現れる

便利なような便利でない動線乗り継ぎ。


f:id:tetsu7906:20200209164306j:image

 

こちらファースクラスのための

ファースクラスによる名物

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

 

日航「F」カウンター


f:id:tetsu7906:20200209164204j:image

 

本日はANAビジネスクラスチェックイン済み

ということでおとなしくこちらへ進入。


f:id:tetsu7906:20200209164237j:image

 

待ちわびています

新生ファースクラスラウンジ

開業を。

 

www.jal.co.jp

 

きっと例の関係で

混雑だけは解消された開幕が予想されます。


f:id:tetsu7906:20200209164220j:image

 

まずは中央より最寄りのANAラウンジを訪問。


f:id:tetsu7906:20200209164248j:image

 

当然ながらはじめましての基本はビジネス、

中級上級会員向けラウンジと言おうか

ANAラウンジ」あがってみる。


f:id:tetsu7906:20200209164232j:image

 

まぁ、たしかに。JGP慣れしてきた昨今。

混み具合といい、メニューといい

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

それなりに上質な内容とでも申し上げます。


f:id:tetsu7906:20200209164338j:image
f:id:tetsu7906:20200209164208j:image

 

なんかの口コミでみかけた一番奥の

エリアはダイニング食事エリアからは最も遠く

食後のひとときを過ごすには最適な環境

といえる。


f:id:tetsu7906:20200209164336j:image

 

こういうクッションが意外とありがたい、

こんなポイントに高評価。


f:id:tetsu7906:20200209164317j:image

 

さて出発は深夜の0時過ぎ。

せっかくなので引っ越す。こんな魅力的な

ややフルラットベンチがあったりする。

結構人気のほぼ満席を頂戴しております。


f:id:tetsu7906:20200209164227j:image

 

出国後左手114番ゲート先にある

ラウンジ群の一角に

ANAラウンジというか

もうここ羽田にはANA以外存在しないので

スタアララウンジ

名乗っていいのではないだろうか。


f:id:tetsu7906:20200209164243j:image

 

こちらは開店時間20時

合わせて並んでみたりする。

まるでデパートの開店前かのような

打ち合わせ中。


f:id:tetsu7906:20200209164144j:image

 

こちらは造りはシンプル単調ながら

混雑がないのがポイントか。


f:id:tetsu7906:20200209164152j:image

 

そして入店?直後、ただちにシャワータイム。

きっちり清掃後の一番シャワーをいただく。

 

どうだろうか、この化粧台といおうか

洗面台といおうか見てお通り幅がすさまじい。

これは成田の2タラウンジでは見られない


f:id:tetsu7906:20200209164345j:image

 

そしてその奥行きがこれ。

とにかく。広い!

というのがこのANAラウンジの

シャワ―ルーム。


f:id:tetsu7906:20200209164328j:image
f:id:tetsu7906:20200209164224j:image

 

そのうえここには。ANAと言えばのエース「雪肌精」が。


f:id:tetsu7906:20200209164148j:image

 

こればっかりはちょっとJALとの差を

感じてしまう瞬間であった

風呂上がりの外にはワンワールド軍団


f:id:tetsu7906:20200209164245j:image

 

出発まであと2時間少々。

あとは少し仮眠をとって軽食をつまんで。


f:id:tetsu7906:20200209164255j:image

 

日付変わって最初の便0:05発。

といってもなんと同時刻で

5便競合の激戦タイム


f:id:tetsu7906:20200209164240j:image

 

NH849便にていざ。


f:id:tetsu7906:20200209164348j:image

 

バンコクスワンナプームへ!

 

いってらっしゃい!!

 

続く。