LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

超弾丸!東京(成田)発釜山経由大阪(関西)への帰国パターン。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

サテライト側、

ファーストクラスラウンジへ引っ越し。

朝ラッシュ後のこのゆったり空間

これでこれでよし。

 

f:id:tetsu7906:20200123132734j:image

 

こじんまりダイニングはサクララウンジ

さほど変わらないレベル。


f:id:tetsu7906:20200123132840j:image

 

適当につまんで緑茶を嗜む。

ここの強みは空いている事に加えて

オットマン付きシート

そしてこの開放的窓側座席。

サテライトにはサテライトの良さがある。


f:id:tetsu7906:20200123133131j:image

 

というこで本題というか。

特典航空券7500マイルの国際線部分

 

 

釜山行きの737へ搭乗。

これで2時間少々フライトすることが

このチケットの本来の使命であるが。。。

ここまでの内容からわかるように

その使命は極めて低い・・・。


f:id:tetsu7906:20200123133231j:image

 

半年前に投入されていた

767スカイワイダー。

 

www.jal.co.jp

 

もはやそれは過去の話。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

現実的にはこの昭和を感じさせる機材
これでシートも想像いただける。


f:id:tetsu7906:20200123132906j:image

 

機内食という定義からは外れるのか、

そうでないのか。それは「空弁」

というジャンルに含まれるか定かではないが。


f:id:tetsu7906:20200123133206j:image

 

地上で胃袋は満員御礼なので。

これで十分すぎる短距離路線仕様。

強引なミニシュークリームスイーツ。


f:id:tetsu7906:20200123133122j:image

 

日本の背骨を横断して

日本海へ向かう。


f:id:tetsu7906:20200123132852j:image
f:id:tetsu7906:20200123133049j:image

 

ハードルの高い機内販売メニュー。

今のところ搭乗予定なし。

眺めて想像するだけのお味。


f:id:tetsu7906:20200123132829j:image

 

天候良好のまま、釜山沖海上を通過。


f:id:tetsu7906:20200123132744j:image

 

定時運行いつもありがとうございます。

 

 

関西発宮古島・東京経由

釜山に到着。


f:id:tetsu7906:20200123132804j:image

 

本日はこんなところに立ち寄る時間はなく。

さっさと目的を果たす。


f:id:tetsu7906:20200123133139j:image

 

それはこれの買い付け。


f:id:tetsu7906:20200123133043p:image

 

ひとまず行けるとこまで行ける市街地へ。


f:id:tetsu7906:20200123132959j:image
f:id:tetsu7906:20200123133032j:image

 

10分少々の乗車。


f:id:tetsu7906:20200123133011j:image

 

空港乗り入れ鉄道の最寄り終点駅

「沙上(ササン)」

駅前から物色を開始。


f:id:tetsu7906:20200123133023j:image

 

結構頑張って観光に力を入れているのが

伝わる街。市内へ通過されるだけでは

もったいないという意識が伝わってくる。


f:id:tetsu7906:20200123132811j:image

 

高架下を戻りながら歩くとこんな

カラオケおばさんがいたり。


f:id:tetsu7906:20200123133113j:image

 

釜山のバスタ

的な場所が実はあったりと。


f:id:tetsu7906:20200123132818j:image

 

釜山と言うか韓国の日常を感じるという

目的であれば十分に事足りる

そんな素敵な街であるとすぐにわかる。


f:id:tetsu7906:20200123133005j:image

 

ここは手堅く「emart」

目的のチャンジャを探す。


f:id:tetsu7906:20200123133150j:image

 

入口にコスパの高い5袋入り?辛いラーメンが

300円以下で積み上げらている。

日本で言うところの日清焼きそばだったり

チキンラーメン袋麺。


f:id:tetsu7906:20200123132925j:image

 

ぶっちゃけだいたい赤くてどれが

チャンジャかわからない総菜コーナー。

写真みせてチャンジャを唱えておばちゃんに

聞いて出会ったのがこれ。


f:id:tetsu7906:20200123132753j:image

 

御覧の量り売り。過去にキムチ

このパターンあるもチャンジャはお初。


f:id:tetsu7906:20200123132759j:image

 

カップバージョンも

このお値段1つ70円ほど。


f:id:tetsu7906:20200123132913j:image

 

他にも家電やら何やら何でも

そろいそうなemart

時間がないので程々で引き返す。


f:id:tetsu7906:20200123132858j:image

 

誰かの出待ちしているようだが

よくわからず通過。


f:id:tetsu7906:20200123133110j:image

 

帰り赤絨毯チェックイン

とはいかずこちら。


f:id:tetsu7906:20200123132919j:image

 

韓国軍団キャセイ専用と言う並び。


f:id:tetsu7906:20200123132936j:image

 

超弾丸滞在釜山の復路はこれ。

 

f:id:tetsu7906:20200123134140j:image

 

BX

エアプサン 大阪行きである。

そのお値段総額4500円以下。

 

 

これがこの旅、復路?を宮古島発東京

(ファーストクラスラウンジ)経由釜山行き

特典航空券を発券した理由の一つである。

 

下手すると国内線以下の

国際線航空券が直近でも平気で買える

それが釜山であるがゆえ。


f:id:tetsu7906:20200123132846j:image

 

あとは過去に何度も紹介、

隠れプライオリティパス天国釜山

 

tetsu7906.hatenablog.com

 

定番のルートをたどって帰るだけ。


f:id:tetsu7906:20200123132823j:image
f:id:tetsu7906:20200123133017j:image

 

このレーズン入りスイートポテト

結構つぼでした。


f:id:tetsu7906:20200123133126j:image

 

そして追加された新入りラウンジもついでに。


f:id:tetsu7906:20200123132948p:image

 

エアプサン搭乗者として

エアプサンラウンジへ。


f:id:tetsu7906:20200123132930j:image

 

おしゃれカフェ

的な雰囲気が一番適切な表現。


f:id:tetsu7906:20200123133055j:image
f:id:tetsu7906:20200123132955j:image

 

ごろっと横になれるような空間もあって

リラックス度としては

ここが新入りにしてナンバー1という感想で。


f:id:tetsu7906:20200123133028j:image

 

半島3時間半滞在で大阪へ。

(実質入国時間2時間)

入国審査で答えるならその目的は

「チャンジャ買い付けに」となるだろうか。

 

f:id:tetsu7906:20200123133116j:image

 

あっという間に徳島県鳴門上空。


f:id:tetsu7906:20200123133157j:image

 

朝一で蒲田を出て

成田ファーストクラスラウンジを

堪能し、韓国で買い物。


f:id:tetsu7906:20200123133036j:image

 

美しい夕日を眺めなが着陸体制。


f:id:tetsu7906:20200123132835j:image

 

宮古島から大阪付近を2度に渡り通過して

帰国&帰着。


f:id:tetsu7906:20200123132739j:image
f:id:tetsu7906:20200123132943j:image

 

これが

JGP特典航空券の正しい使い方

と確信してこの話は。

 

終わり。