南インド・チェンナイぶらり歩き(前編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

前回最後の写真がこれ。

これはどこかと申しますと・・・。

一般的にイミグレ→手荷物受取→税関・・・

その後の場所

ダイレクトに路上に放り出されます。

 

つまりここには到着エリア的になものは

ありません!

手荷物受取と税関後2か所に両替所。以上。

 

ということでいきなり

現金無しトラブルに。

入口のお巡りさんに事情説明して

両替だけさせてもらう。

 

f:id:tetsu7906:20191229165827j:image

 

なんとか現金を手にして街へ。

こちら目の前地下鉄駅を通過。


f:id:tetsu7906:20191229165749j:image

 

帰りに撮った地下鉄駅にある両替所、

いつからやっているか不明だが少なくとも

10時前後に開いていなかったはず。


f:id:tetsu7906:20191229165510j:image

 

唯一の両替所といってもいい。経由地等で

事前両替して入国することを強く勧める。


f:id:tetsu7906:20191229165810j:image

 

地下鉄なんてぬるい物は使わず、いきなり

噂の近郊電車を使うその運賃表。


f:id:tetsu7906:20191229165722j:image

 

そして時刻表。そのあたりの

秩序は保たれているが


f:id:tetsu7906:20191229165819j:image

 

若干なりとも並ぶ切符売り場、

しかしその乗客数と稼働率

つじつまは合わない。


f:id:tetsu7906:20191229165744j:image

 

タイ国鉄と似たようなタイプの切符

5ルピー10円以下の激安。

世界の国鉄シリーズ。


f:id:tetsu7906:20191229165803j:image

 

列車本数はかなりある。

信号機である程度の安全は保たれている。

しかし窓ガラスと扉はない。


f:id:tetsu7906:20191229165710j:image

 

猛烈な数の扇風機

冷房いらずの風通し。

休日のお昼前だけに意外と空いている。


f:id:tetsu7906:20191229165758j:image
f:id:tetsu7906:20191229165754j:image

 

最近こういう風景に違和感がない。

むしろ日本の風景に違和感を覚える。

よくわからない駅間停車を繰り返し、

みんな気になる前方の様子。


f:id:tetsu7906:20191229165725j:image

 

街の中心部にある駅

「エグモア駅」で降りる。


f:id:tetsu7906:20191229165822j:image

 

駅前オートリキシャ乗り場。

全然アグレッシブな客引きがいないそんな街。


f:id:tetsu7906:20191229165729j:image

 

駅前の賑わっている店で早ランチを。

さっそくこのスタイルを拝ませていただく。


f:id:tetsu7906:20191229165715j:image

 

文化・習慣です。日本なんかより

遥かにきっちりしている手洗い場。


f:id:tetsu7906:20191229165831j:image

 

一説によると自らの手を綺麗に洗い

食べる手食が、得体の知れない器具を使う

食べ方より究極に清潔だと言う説

十分理解できる。

 


f:id:tetsu7906:20191229165718j:image

 

オーダーがよくわからないので

お勧めを頼んでみたら

「サンバライス」

スリランカ名物でした。

 

 

カレー風おじやと言った感じ。

当然SOスパイシーで意外と米やら芋やらで

もちもち食感が記憶と残る味。水はやっぱり

備え付けがあるも現地民も購入している模様。


f:id:tetsu7906:20191229165459j:image

 

食後のチャイをいただき、

フレンドリーな店員さんと日本について

少し話してまったりする。


f:id:tetsu7906:20191229165834j:image

 

カレーのお替りは自由スタイル。


f:id:tetsu7906:20191229165320j:image

 

サンバライスとチャイ、水を加えて

100ルピー。160円ほど。


f:id:tetsu7906:20191229165336j:image

 

名良決済、接客120点

おすすめのお店の外観はこちら

エグモア駅すぐ目の前。


f:id:tetsu7906:20191229165317j:image

 

旅の基本は現地で一食食べて、

会話をしたら自ずと馴染む

というわけであって。

このリキシャ祭りも受入れているものである。


f:id:tetsu7906:20191229165516j:image

 

エグモア駅舎内部

外観からは想像が出来ないぐらい

いま改めてみると思うおしゃれ空間。


f:id:tetsu7906:20191229165841j:image

 

安さは最強ながら

切符を買う手間のみが弱点の鉄道。

次の駅を目指す。


f:id:tetsu7906:20191229165453j:image

 

名物?ルーフトップトラベル

屋根乗りは禁止されていました。


f:id:tetsu7906:20191229165741j:image

 

そこまで人で溢れかえっているインドの

イメージとちょっと違う休日の南インド

海沿いの街チェンナイ。これを飲んだら

旅が終わるというのは事実なのか。


f:id:tetsu7906:20191229165329j:image

 

見所のそんなにない街ではあるチェンナイ

チェンナイフォート駅まで

いってみる。


f:id:tetsu7906:20191229165706j:image

 

駅前から高架橋から一枚。落ち着いている。


f:id:tetsu7906:20191229165506j:image

 

適当に歩きながらバスステーション。

味がありすぎる。

有料トイレも味がありすぎて、

ちょっと通過。


f:id:tetsu7906:20191229165837j:image

 

貴重な見せ場、チェンナイ高等裁判所

目指していたら、どうやらこれは

マドラス法科?大学だったっぽい。

でもまぁなんとなくインドっぽい建物。


f:id:tetsu7906:20191229165806j:image

 

f:id:tetsu7906:20191229170218j:plain

 

という事でこの方抜きにこの国は裁けない

わけであって。ただのこの建物群の外周は

立ちションの後だらけの壁で囲まれている

事実。この国では立ちションは合法か。

 

f:id:tetsu7906:20191229170222j:plain

 

この辺りで前編を一旦は話を切る。

後編へと

 

続く。