LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

南インド・チェンナイぶらり歩き(後編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

ぐるりオールドタウン

付近を徘徊して。

 

f:id:tetsu7906:20200104092349j:image

 

メトロ駅に逃げ込む。


f:id:tetsu7906:20200104092619j:image

 

もう一度近郊電車に乗り換えて

裸足で乗車はOK.


f:id:tetsu7906:20200104092625j:image

 

今度は海岸線に乗車。

遠くに海が見えてくる。


f:id:tetsu7906:20200104092417j:image

 

と思ったら

住宅街エリアの高架線路をひた走る。

海風が気持ちいい。


f:id:tetsu7906:20200104092634j:image

 

ドーム型のおしゃれな駅。

パンタグラフシングルアーム

強調するかのように飲み水コーナー

各駅に設置されている。


f:id:tetsu7906:20200104092829j:image

 

「THIRUMAYILAI」

駅前の大通りの風景。


f:id:tetsu7906:20200104092544j:image

 

そしてヒンズー教寺院へ。

「ラーマクリシュナ・マト」


f:id:tetsu7906:20200104092533j:image

 

こじんまりとして、品格のあるおとぎ話的な

地元に大切にされている感じのする寺院。

街の喧騒から切り離されたすごく穏やかな

空間を味わえる。


f:id:tetsu7906:20200104092654j:image

 

通りに戻って別に道から駅に戻る。

すると奥にカバーレーシュワラ寺院の塔門

見えるが。この位置から拝ませてもらう。


f:id:tetsu7906:20200104092657j:image

 

結構街並みも綺麗で整っている

南インドチェンナイ。

見ての通りオートリキシャも新車的に綺麗。


f:id:tetsu7906:20200104092517j:image

 

シルクなんかも普通に売っているらしい。


f:id:tetsu7906:20200104092501j:image

 

駅に戻って小休止、お茶をする。

なんと5ルピー8円引きセール中。


f:id:tetsu7906:20200104092354j:image

 

今度はコーヒーにしてみる。

そしてやっぱりこの泡立ちがたまらない。

 

 

暑さなんて関係ない

絶妙な香りと糖分。


f:id:tetsu7906:20200104092531j:image

 

休日の昼間だからなのか。べらぼうに

混雑しているわけでもない駅構内。


f:id:tetsu7906:20200104092528j:image

 

扉から身を乗り出すのは決して混雑から

だけではない。

単に涼しく風を感じているという

本能的な行動なのである。


f:id:tetsu7906:20200104092424j:image

 

4駅ほど戻って海沿いビーチを目指す。


f:id:tetsu7906:20200104092457p:image

駅前の景色。ガラスの落書きはご愛敬

外に野良牛なんて言ってはいけない

新生ながいる。


f:id:tetsu7906:20200104092359j:image

 

こちらも何か神聖なものに

落書きがされてた形跡が・・・。


f:id:tetsu7906:20200104092833j:image

 

ベンガル湾一望の

マリーナビーチへ。


f:id:tetsu7906:20200104092428j:image

 

市民、学生の憩い場、世界共通休日な雰囲気。


f:id:tetsu7906:20200104092504j:image

 

結構距離はあったが

マドラス大学横を抜けて。


f:id:tetsu7906:20200104092410j:image

 

その向かいインド版カットフルーツ屋台。

インスタ映え的な盛り付けっぷり。


f:id:tetsu7906:20200104092649j:image

 

彼がかの有名な。

アンナードゥライ???

その記念廟がある。


f:id:tetsu7906:20200104092524j:image
f:id:tetsu7906:20200104092642j:image
f:id:tetsu7906:20200104092825j:image

 

とにかく皆この人を崇拝している感じ。

薄っぺらい知識の外国人はここで退散。

そして初めてここでツアーっぽい数人の

欧米系の外国人に出会う。


f:id:tetsu7906:20200104092637j:image

 

さらにへ足を進める。


f:id:tetsu7906:20200104092615j:image

 

結構歩き倒してもます。寝不足ながら。

そして見えてきたのは・・・。


f:id:tetsu7906:20200104092631j:image

 

戦勝記念塔「1945」という数字が

敗戦国生まれとしては胸に突き刺さる。


f:id:tetsu7906:20200104092537j:image

 

こちらもすごくきれいに丁寧に守られた空間。

ちょっと木陰で水分補給。

リスが周りをうろうろちょろちょろしてます。


f:id:tetsu7906:20200104092601j:image

 

まだまだへ。

チェンナイ人よりチェンナイを

歩き回っている寝不足日本人

 

 

「セント・ジョージ要塞へ」


f:id:tetsu7906:20200104092514j:image

 

日差しと疲労と睡眠不足に限界を感じて

流しのオートリキシャに乗車。

原付2ケツサリーがなんとも美しい。

だんだん飲まれてくるインドマジック。


f:id:tetsu7906:20200104092551j:image

 

やってきたのは

「チェンナイセントラル

ステーション」


f:id:tetsu7906:20200104092407j:image

 

中国の大駅とはまた違う。カオスっぷり。

さすがに混雑しているが

多分これは空いている方であろう。


f:id:tetsu7906:20200104092646j:image

 

駅でもどこでもぐったりお犬様。


f:id:tetsu7906:20200104092622j:image

 

イカにトウモロコシの駅前路上販売。


f:id:tetsu7906:20200104092605j:image

 

再び地下鉄に潜る。


f:id:tetsu7906:20200104092452j:image

 

参考

チェンナイメトロマップ。これとMRTSを併用すればだいたいOK


f:id:tetsu7906:20200104092547j:image

 

青線の1駅「ガーバメント・エステート」

駅から徒歩15分。

HOTEL SREE BHAVAN」

街の定食屋と言った感じ。


f:id:tetsu7906:20200104092608j:image

 

最大で120ルピー

200円以下に収まるメニュー。


f:id:tetsu7906:20200104092404j:image

 

やってきましたのは

南インドのカレーといえばの

ミールスこの色どり、

このボリュームで200円に満たない。

 

そして、

変化にとんだスパイス、酸味、辛みがあって楽しい。というのが適切な表現かもしれない。

もちろん手でいってもたものの

店員さんにやめといたほうが言い的な視線を・・・。

 

 

ここでも親日インド、

店員さんがどこの会社のひと??

とか三菱がドバイからどうのこうのか・・・。

そんな話をフレンドリーにしてきてれる。


f:id:tetsu7906:20200104092508j:image

 

そしてここに来て1日3チャイ目。

やっぱり落ち着くこのお味。


f:id:tetsu7906:20200104092701j:image

体がインド化しようとしてきて

そろそろ陽もくれてくるところ

早めの晩御飯を済ませて。

 

この旅のメインディッシュ。

早すぎる帰国体制に、入る。

 

続く。