LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券の価格次第。

最下級上級会員JMBクリスタルへの道。第3弾⑤(マラッカタッチ編)

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

  

第2の最寄り駅、およそ徒歩10分

KLモノレール「Imbi」駅へ。

 

f:id:tetsu7906:20190806090522j:image

 

日陰で絶大なる効果を発揮する文明の利器

「扇風機」に気の効いた椅子。

これにへばりついて列車を待つ。

 

f:id:tetsu7906:20190806090407j:image

 

KLセントラルで両替しリンギット補充。

朝通勤時間帯、

スーパーの色とりどりのお惣菜的コーナー。

「お好きなものをお詰め合わせください。」

というシステム。

  

f:id:tetsu7906:20190806090534j:image

 

「THE KL SENTRAL」

と名乗るにふさわしい1枚。

 

f:id:tetsu7906:20190806090133j:image

 

KTMに乗って4駅。ぐるりん再びBTSへ。

TBSともいう。

何かとルールが多い多民族国家事情車内。

 

f:id:tetsu7906:20190806090349j:image

 

しかしその分その車内はすこぶる綺麗

快適なわけである。


f:id:tetsu7906:20190806090538j:image

 

こちらももはや常連いきつけの扉。

マレーシアの高速バスの低コストっぷりは

尋常じゃない。そして自動ドアで必ず

歓迎されるホスピタリティの高さ。


f:id:tetsu7906:20190806090431j:image 

これはどこぞの空港の出国の保安検査場前か?

と言いたくなるような豪快な案内板。

バスタ新宿何て比じゃない。


f:id:tetsu7906:20190806090151j:image

 

入口のたくさんあるカウンターの人に

ひと声かけて

行先と時間を告げれば良し。

行先だけでももちろん提案してくれる。

チケット代は10リンギットほど。

 

分かり易すぎる案内に従ってゲートへ向かう。


f:id:tetsu7906:20190806090441j:image

 

運行状況も随時表示されている。

当該のバスがやってくればスタッフが

大きな声で行先をいって呼び出す仕組み。


f:id:tetsu7906:20190806090449j:image

 

格安バス、

意外と恰幅のいい国民が多い国家ならではか。

空席の目立つゆとりの2-2配列。

 

f:id:tetsu7906:20190806090147j:image

 

そのシートピッチはそれなりで、尋常じゃなく倒れるリクライニング付きである。


f:id:tetsu7906:20190806090206j:image

 

こんなバスに揺られておよそ2時間。

前日上空を通過、マラッカセントラルへ。

そこから市内行きの路線バスが見当たらず

善意のタクシー

バス代より高い400円ほ支払って中心部へ。

 

 

そこで降りた場所には

世界中どこにでもありますエリア

きっても切り離せない2国間を象徴する看板


f:id:tetsu7906:20190806090140j:image

 

そこから橋を渡って


f:id:tetsu7906:20190806090419j:image

 

いかにも世界遺産のパンフレットに

のってますスポットへ。

かの有名なオランダ広場から見る

マラッカキリスト教会。

 

f:id:tetsu7906:20190806090428j:image

 

こちらも定番、トライショー、

装飾しすぎて大変重そう。

著作権はそれぞれに。


f:id:tetsu7906:20190806090215j:image

 

そして教会脇の小高い丘をあがっていく

吸い込まれていく雰囲気のある門

くぐっていくと


f:id:tetsu7906:20190806090411j:image

 

そこには

マラッカ海峡&タワーを一望出来るスポット

がある。

オレンジ色の統一された屋根の色がとても美しい街並み、

それがマラッカという結論で良い。

 

そしてここで感じる海風が何よりも心地よい。そんな場所である。


f:id:tetsu7906:20190806090211j:image

 

そんなベストスポットにザビエルさんがおり


f:id:tetsu7906:20190806090527j:image

 

世界遺産の名に恥じぬ先ほどの教会とは打って変わって歴史を感じるセントポール教会

 

f:id:tetsu7906:20190806090345j:image

 

そしてサンティアゴに向かってくだる。


f:id:tetsu7906:20190806090424j:image

 

その他こんなものがあったり。


f:id:tetsu7906:20190806090516j:image

 

こんなものがあったりと。

 


f:id:tetsu7906:20190806090513j:image

 

正面から撮りなおして


f:id:tetsu7906:20190806090201j:image

 

ってな具合に色々端折りながら

俗にいうところのマラッカタッチ

なるものをして

帰りはマラッカセントラル・バスターミナル

行きの路線バスを見つけてきっちり60円。

確かに市内を大きく回って進むので時間は30分少々かかる。

ちなみに乗り場は

この船のほぼ正面のお土産屋前

大変わかりにくく存在している。


f:id:tetsu7906:20190806090143j:image

 

4時半の「KKKL」というバス運行会社

でTBSへトンボ返り。

 

f:id:tetsu7906:20190806090457j:plain

 

待合所にあったベトナムハノイでも

食したこちらのお店。

f:id:tetsu7906:20190806090352j:image

 

ふわふわカリカリメロンパン風。

 

tetsu7906.hatenablog.com

 
f:id:tetsu7906:20190806090403j:image

 

ワンダとともに小腹を埋める。


f:id:tetsu7906:20190806090504j:image

 

そして帰りはなぜか1-2配列のバスでKLへ

 

f:id:tetsu7906:20190806090359j:image

 

舞い戻る。

 

続く。