LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

タイトルなき悲しい旅の記録③

 
タイトルなき悲しい旅の記録。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

本題に入る。

 

ただその記録は残念ながら

途中で途絶える。

 

続ける。

  

  

いつものごとく。母港関西国際空港へ。

 

その前にひとこと。

 

「今、もっとも困難な時を迎えているKIX

1日も早い完全復活を望む。」

 

台風到来前の8月末の関空

 

時に駅前で配布している

ドコモの旅行グッズプレゼント。

 

ドコモの海外利用もちょいちょい

変化しているので情報をしいれがてら

粗品をもらいに1タ4F国際線

出発エリアまであがる。

 

f:id:tetsu7906:20180912183218j:image

 

母港といいつつも1タから

出国するわけでもなく

旅と首の安全を祈願して

ネックピローを1ついただく。

気になる1時間通信についての

情報を仕入れる。

 

www.docomo-kaigai.com

 

これはのちに結構使えることがわかるので

ピローのお返しに一押しおすすめしたい。

 
f:id:tetsu7906:20180912183709j:image

 

ミナミの居酒屋ではなく例のごとく

プライオリティパスの付加サービスで

ぼでぢゅうへ。(これらを無料とか言う方が結構いるが内心年会費払ってのサービスというのが正当。決してプライオリティパスの利用は無料ではない。)

 

 

 

串カツ盛とサラダが定番になりつつある。


f:id:tetsu7906:20180912183305j:image

 

今回は長期ロードに備えて

粉ものをしっかりオーダー。

さすがにデラックス。結構なボリューム。

今回も付帯3400円の99円オーバー。


f:id:tetsu7906:20180912183253j:image

 

1タからの出国を妄想して2タへ向かう。

夏休み明けの出国。

まだまだそれなりにプライス。


f:id:tetsu7906:20180912183213j:image

 

もう一つ時間が余っているので休憩明けの

大韓でビアー&ティータイム。


f:id:tetsu7906:20180912183343j:image

 

例のごとく大盛況。世界の大韓の

器の大きさを今後も期待していきたい。


f:id:tetsu7906:20180912183350j:image

 

ポケモンチェックインは写真だけ。

おさめて通過。


f:id:tetsu7906:20180912183426j:image

 

台風21号の高潮被害、

ほぼ無傷で生き残ったT2へ。


f:id:tetsu7906:20180912183301j:image

 

国際線エリア運用開始して初の利用。

なんとも綺麗すぎる殺風景なT2。


f:id:tetsu7906:20180912183706j:image

 

夕方のこの時間。残すところあと5本、

行先は3都市のみ。


f:id:tetsu7906:20180912183347j:image

 

どうなんだろかこの判定。

母港びいきしてもこの判定には疑問。

そもそもローコストという括りにしたら

ライバルはあまりいないのかも。


f:id:tetsu7906:20180912183044j:image

 

1タの賑わいからしたら国内の地方空港より

ひどい保安検査場の閑散具合。


f:id:tetsu7906:20180912183338j:image

 

これがT2国際線制限エリアのマップ。

これがベストLCCターミナル2018の

制限エリア内である。


f:id:tetsu7906:20180912183047j:image

 

ちょっと早めの到着。現在準備中。

 

到着機材折り返し遅れ。

退屈過ぎるターミナルから


f:id:tetsu7906:20180912183340j:image

 

夕日を背景に

ナショナルフラッグLCCで出国。


f:id:tetsu7906:20180912183314j:image

 

ANA傘下のもとじわじわと成長を続ける。

そんな面影。


f:id:tetsu7906:20180912183703j:image

 

しばしさよなら関西空港。   

一路ソウルへ。

  

これから起きる悲劇はまだまだ知る由もなく。

 

続く。