LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

関空ー釜山日帰り6700円で出来ること。③

 

tetsu7906.hatenablog.com

  

tetsu7906.hatenablog.com

  

 

付加価値コーヒーと入国書類。

3000円の支払いで飲む雲の上コーヒー

缶でも旨味が増すわけであって。

 

f:id:tetsu7906:20180521100841j:plain

 

これまた結構疲れてる感のある機内誌たち。

 

f:id:tetsu7906:20180521095242j:image

 

チェジュ航空ネットワークを眺めてみる。

幅広い国々を網羅しているといったところが強みか。

 

f:id:tetsu7906:20180521095317j:image

 

雲の上に出て1時間もすれば半島が見えてくる。

 

本当に近い。少なくとも札幌や沖縄よりは近い。

 

f:id:tetsu7906:20180521095350j:image

 

遅れをしっかり取り戻し正午には金海国際空港到着。

 

GIMHAE INTERNATIONAL AIRPORT

 

イミグレも数人の列を待つのみ。ほぼノンストップ入国。

 

f:id:tetsu7906:20180521095422j:image

 

こんな感じに日本各地を含めた東アジアの各地より

それなりの便数が到着していく模様。

 

今更ながら今回の運賃には預け入れ荷物は含まれていない。

  

 

にしても仁川ではありえない到着後10分以内に入国。

 

考えようでは千歳や福岡、成田T3・関空T2なんかの遥かかなたの

ゲートの国内線よりあっさり空港を出られるかもしれない。

 

f:id:tetsu7906:20180521095437j:image

 

空港を出て右斜め前を見れば高架鉄道の駅が見える。

看板通りの案内に従えばそこから道路を挟んで5分もあれば駅につく。

 

f:id:tetsu7906:20180521095450j:image

 

道路を渡って国際線ターミナルビルを振り返った写真を1枚。

 

止まっているバスが市内へ直行空港リムジンバス。

 

西面・釜山までは6000ウォン。やや割高

 

f:id:tetsu7906:20180521095524j:image

 

低コストに高本数により鉄道を選択。

 

乗り換えは1回、乗車時間は30分にも満たない程度。

 

迷うような要素はない。

 

しかもその値段は300円にも満たない良心的アクセス価格。

 

f:id:tetsu7906:20180521102838p:plain

 

軽電鉄(高架鉄道)から沙上駅で乗り換えて地下鉄へ。

 

その改札。最近民営化したなんとかメトロと同じぐらいのレトロ感。

 

f:id:tetsu7906:20180521095607j:image

 

航空機同様、緊急時備えて非常用設備もしっかり確認したいところ。

 

いずれこれがなくなる日は近いのだろうか。

 

f:id:tetsu7906:20180521095631j:image

 

軽鉄も地下鉄も10分以内はやってくる程度の本数。

 

まだオリンピックの余韻が残っている模様。

 

f:id:tetsu7906:20180521095642j:image

 

韓国交通公社の切符。

 

そしてそのHP、日本語版ありのなんかいい感じである。

 

釜山交通公社

 

f:id:tetsu7906:20180521105502j:plain

 

12時に着陸。13時前には西面のデジクッパ通りに到達。

 

www.konest.com

 

関空を10時半に出てこの近さ。

 

「そうだ。釜山にクッパ食べにいこう。」

 

十分通用する内容ではなかろうか。

 

f:id:tetsu7906:20180521095741j:image

 

昼のピークを過ぎた店内。

 

f:id:tetsu7906:20180521095804j:image

 

みなゆったりとした時間の中遅めのランチを楽しんでいる感じ。

 

f:id:tetsu7906:20180521095813j:image

 

薬味及びキムチの追加は自由奔放。

 

f:id:tetsu7906:20180521095841j:image

 

これが7000ウォンのクッパなかなか本場感が出ている。

 

にんにくロック。

 

釜山ランチはこれにて終了。

  

 

これより早くも折り返す。

 

続く。