関空ーシンガポール往復11000円④(シンガポール・チャンギ空港到着編)

 

那覇を定刻で出発。

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

南シナ海を南西へ

5時間に達するか否か。

 

徐々に高度をさげはじめた

車窓ならぬ機窓から

南国の島々が眼下にはいってくる。

 

アジアのハブ

いやもはや世界のハブ。

 

f:id:tetsu7906:20180219151813j:image

 

チャンギの南側上空に一旦寄せてから

インドネシア・バタム島の北側上空を旋回。

おそらく進行左側の窓側なら旋回後

マリーナエリアがみえていたのかもしれない。

 

f:id:tetsu7906:20180219151922j:image

 

概ね定刻で着陸。

 

行きつけのターミナル1へ。

 

www.changiairport.com

 

さっそくフリーWi-Fiにアクセス。

 

 

手始めに3時間限定利用。

※アプリを落とせば24時間可能、

電話番号必須。

 

f:id:tetsu7906:20180219152007j:image

 

迷いなくイミグレへ。入国。

13時過ぎ待ち時間なく入国。

 

そのままスカイトレインT3へ移動。

 

 f:id:tetsu7906:20180219152123j:image

 

T3の制限エリア外に用件が2つある。

 

その要件はこの旅の主目的

 

シンガポールエア

ショー2018」

のチケットの受け取り。

 

www.singaporeairshow.com

 

チケットはシンガポール版チケットぴあ「SISTIC」でネット予約済み。

代金は込々の20SG$、

2000円少々といったところ。

 

www.sistic.com.sg

 

世界ビッグ3のエアーショーを

アジアでこの値段で楽しめるのはありがたい。

土日をからめた航空券で

アクセス11000円なら申し分なし

 

 

なんども受け取り督促してくる

メールの中に受け取り先が案内されている。

 

f:id:tetsu7906:20180219152321p:image

 

その中で1番便利な

「T3のB2フロアのサービス

カウンター」へ向かう。

 

f:id:tetsu7906:20180219152257j:image

 

購入時のクレジットカード

確認メール掲示し、

最後にサインをして終了。

※営業時間が10時(日曜は12時)から

20時となっているので早朝便は注意。

 

f:id:tetsu7906:20180219152855j:image

 

受け取りにこれといって不自由はない。

難点は督促メールが頻繁に

とんでくる点ぐらい。

 

続いて2つ目の用件。

そのまま地下から

T3到着エリア階に移動。

 

プライオリティパス、チャンギ制限エリア外。

唯一のアライバルラウンジ

 

「The Haven by JetQuay」

現地の役で言うとこの従量課金制

ラウンジで遅め昼ごはん&小休憩。

 

f:id:tetsu7906:20180219152406j:image

 

確かにこの看板「従量課金制ラウンジ」

が目印で探すことになる。

 

www.prioritypass.com

 


噂に聞く閑散とした雰囲気。

3名のほど客にスタッフ3名が

暇そうにしている。

 

f:id:tetsu7906:20180219152835j:image

 

利用時間と食事を聞かれて

オーダーしたエビ入りの辛めの麺を投入する。

 ※食事するときは奥の

テーブルゾーンにおすすみください。

 

f:id:tetsu7906:20180219152810j:image

 

小一時間調整して

T2経由地下鉄MTR

市内へ向かう。

  

 

続く。