LCCからレガシーファーストクラスまで。

旅の目的地は、航空券・ホテルの価格次第。

偉大なるスカイスキャナーの力(発地・日付未指定解説編)

 

 

このシリーズ最終節

 

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

tetsu7906.hatenablog.com

 

 

もう単純明快。

 

日本という小さな島国からいつでも、どこでもいいから飛んでいきたい。

 

そういう欲求のある人が使う方法。

 

 発地「日本」

とにかく日本の空港どこでもこい。

 

着地「すべての場所」

国交のある国ならどこまでも行ける。

 

出発日・現地出発日「最安値の月」

平日・休日祝日、盆正月なんて関係ない。

 

という検索となる。

 

 

以下がその画面↓↓↓。

 

f:id:tetsu7906:20180119142328p:plain

 

これ以上に自由気ままなのものはない。

これ以上にノープランという言葉がふさわしい旅はない。

 最強の「どこかにスカイスキャナー」という言葉を

作ってあげたいぐらい。

 

試しにたった今現在(1月19日14時30分頃)のものを検索してみる。↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20180119142939p:plain

f:id:tetsu7906:20180119143221p:plain

 

昨日からジェットスターのスーパースターセールなる早割的航空券が

出回っているのでややあれている。

 

www.jetstar.com

 

上から5段目、東アジア圏内台湾辺りまでは

ほぼ標準的見慣れた価格帯。

 

魅力的なのは、ベトナム以下東南アジアの比較的近距離12000円~13000円あたりで登場していること。

 

以下、日本人に人気のタイ・シンガポールも20000円以下。

 

 

衝撃的価格はそれ以下あたりから、

 

赤道を挟んで南半球オーストラリアが20000円以下。

太平洋を横断アメリカが20000円ほど。

であらわれる。

 

一昔前では全く考えられないような数字。

東海道新幹線。高すぎます。と叫びたくなるようなお値段。

今更言うまでもないが当然往復込々での値段。

 

ここでは、滅多にお目にかかれない「オーストラリア」を選択し

中身をみてみる。↓↓↓

 

f:id:tetsu7906:20180119145525p:plain

 

蓋を開けてみると上記の出発都市。「東京・大阪」

 

最寄りの「大阪」をさらに選択。

 

f:id:tetsu7906:20180119145725p:plain

 

4月の3日から16日にかけて短期留学かと思わせんばかりの日程だが、

関空ケアンズ往復20000円以下」の金額の残骸が現れる。

そして右下の緑の「便を表示」選択。

 

f:id:tetsu7906:20180119145918p:plain

 

御覧のように最安値プランをチェックしてもすでにその運賃は消失。

36000円でも十分安くはあるが。

こんなことも多々ある。それが

「スカイスキャナー。」

世界の航空券は絶え間なく価格を変えて出回る。

 

 

せっかくなのでもうひとつの東京発にもどって検索してみる。

 

f:id:tetsu7906:20180119150136p:plain

 

するとこちらは最初のお値段通りで登場する。

 

f:id:tetsu7906:20180119150248p:plain

 

その取扱い会社が以下に並ぶ。

ここでは現れなかったがお決まりのサプライスが現れれば、それ以下の価格も狙えることは以前に説明済。

tetsu7906.hatenablog.com

 

このように概ね巷のセールから想像ができるものがほとんどであるが、

時にはここにとんでもないものが現れるケースもある。

 

  

こつこつと探す。これに尽きる。

 

以上が「偉大なるスカイスキャナーの力」

その一部の紹介。

 

終わり。